こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「三銃士」 9月28日 大千秋楽 博多座
ミュージカル「三銃士」
2011年9月28日 大千秋楽  博多座

ミュージカル「三銃士」、博多座公演千秋楽。
終わってしまいました・・・・(T_T)

もっと見たかったのですが、東京は懐具合と(爆)8月の行事が多かった。
福岡は、観劇の他にもいろいろやりたかったので、結局千秋楽の1回となりました。

福岡の楽は、東京ほどの「暴走」もなかったのですが・・・・
楽だけではないところもあるかもしれないので、
ガスコーニュ地方でのダルタニャンと仲間たちの「今日がその日」の歌の歌詞で「拍手」のところで客席から拍手!!
ダルタニャンの剣がロシュフォールに折られて飛ばされるところが、ジャガイモ号を飛び越え、後ろの小屋の屋根の向こうまで飛んで行った!!
後から「飛ばしすぎ」とか言われていました。

決闘のところでの三銃士はヒソヒソ話。ロシュフォールに「そこまでだ。ずいぶんでかいヒソヒソ話だな」と言われていた。

アトスの「クリスタルの天使」はショーストップ。

ロシュフォールの転がった目玉・・『新しいビー玉だ』ポルトスが口に入れて「ペッ」と吐き出すまね。アトスも続き、最後にはアラミスも入れて3人で(笑)

コンスタンスとバッキンガム卿の待ち合わせの居酒屋?でのダルタニャンの「コンスタンス」ジェイムズとついにキス!喜ぶジェイムズはその後何度も唇を尖がらせてキスの請求?(笑)客のおデブさんともキス・・その後唇拭いていたダルタニャン(笑)

狩りのシーン、首を傾げたりして、お茶目にはしゃいでいるようなリシュリュー。

パリを去るバッキンガム卿とジェイムズ。ジェイムズの最後の台詞は「閣下はいつも真剣でした・・・(略)・一人はみんなのために」拍手

2幕、パリへ急ぐ三銃士とダルタニャンの銀橋渡りでは手拍子。

ロシュフォールの原慎一郎さん
目つきが「悪者」っぽくて、アクションも軽やか。吉野圭吾さんよりは大きなかたいなのですが、いい感じになっていました。
大きながたい、これがほんとに隊長らしくて、一度だけみたなら代役とは思えないほど、堂々とした演技でした。
国王から「枢機卿の相手をするように」と言われた後の嬉しそうな顔も良かったです!

カーテンコールで、三銃士はそれぞれ思いがあったようで、必死に涙をこらえているようでした。
そんな中で瀬奈じゅんさんは淡々と(笑)山口祐一郎さんは、感謝の言葉の後、
「吉野圭吾さーん、ちゃんとみんなで楽を迎えられましたよ。
原慎さん、ほんの数日でよく頑張りました。」ここで客席から大きな拍手!!
「圭吾、お前のおかげで松澤さんは大変な思いをされましたよ」
松澤さんが控えめに前に出てきていました。

博多だけ見られた方々にはちょっと申し訳ないのですが、吉野圭吾さんの「心」と共に「三銃士」のカンパニーが博多座公演をやってこられたのだな・・・と胸が熱くなりました。

ちょうど千秋楽のカーテンコールの模様も「三銃士」のブログにupされています。
吉野さんもこれを見て、笑って泣いているのじゃないかな・・・・

原さんの代わりに「親衛隊」に入った青山航士さんも井上芳雄君から紹介されていました。

震災後の公演にはそれぞれいろんな思いも重なっていたかと思います。
「三銃士」はさらに吉野さんの降板もあり、東京よりますますチームワーク良く、言葉にすると薄っぺらくなってしまいますが、伝わってくるものは「一人はみんなのために。みんなはひとりのために。」それ以上のものでした。
石井一孝さんも言っていましたが、こんな豪華なメンバーでできる公演もめったにないかも。
「役者」として豪華でもあるけど、皆の心も豪華でした。

ただ作品としては・・・あれもこれもつめ見込みすぎて、焦点がぼやけてしまった。
ダルタニャンの話なのか、三銃士の話なのか、ミレディの話なのか、首飾りの話なのか・・・・
盛り上がった場面はあったのですが、話の筋としての盛り上がりは・・・ミレディとアトスの最後のところ?
リシュリューの失脚とダルタニャンの銃士就任?
脱線部分に気を取られてついつい本筋を忘れそうになっていたけど、これはこれで好きです!(笑)

お疲れ様でした。感動をありがとうございました!!

今回の博多行・・・ちょぃと珍道中になったのでこの話はまた・・・書けるかな――(爆)

余談
石井一孝さんのブログを見て吉野圭吾さんへの思いなど・・・もう、また心打たれてうるうる~~~~していました。


【キャスト】
ダルタニャン / 井上芳雄
アトス / 橋本さとし
アラミス / 石井一孝
ポルトス / 岸祐二
ミレディ / 瀬奈じゅん
リシュリュー枢機卿 / 山口祐一郎
アンヌ王妃 / シルビア・グラブ
コンスタンス / 和音美桜
ロシュフォール / 原 慎一郎
バッキンガム公爵 / 伊藤明賢
ルイ13世 / 今拓哉
役者・ジェームス / 坂元健児

青山航士、安部誠司、奥山 寛、加賀谷一肇、川口竜也、島田邦人、杉山有大、橋本好弘、東山竜彦、藤田光之、松澤重雄、山名孝幸、横沢健司
石田佳名子、碓氷マキ、柏木ナオミ、樺島麻美、九路あかり、鈴木結加里、水谷祐紀、安田貴和子、柳本奈都子

指揮 / 西野 淳
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。