こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国宝 薬師寺展
9月15日に岐阜市歴史博物館で開催されている「国宝 薬師寺展」を見てきました。

yakushijiten-1

岐阜と薬師寺のご縁は結構深くて、長老、現管主、現執事長の三方が岐阜県出身。
壬申の乱の折には大海人皇子(天武天皇)を助けた美濃三人衆(村国連男依、和珥部君手、身毛広)もいる。

とにかく岐阜で「国宝展」が見られるのも珍しいのと薬師寺は何度か行っているのですが
特別な期間しか見られない「吉祥天女像」も来ていました。
麻布に描かれた仏像としては最古のものとか。絹はよくありますが、麻布ってのも珍しいですね。

他にも「国宝」がいろいろ。仏像好きには「聖観世音菩薩像」が良かったです!

薬師寺のお坊様による「講和」もあり、各務原の薬師寺別院出身の若いお坊様でしたが、軽快な口調で楽しく聞きました。
薬師寺の教えとして、「修行」・「修」は、ゆがんだ目を「修復」して「行く」もので、あれこれ愚痴を言ってないで、正しい見方に直していきなさい、ってなお話で、ちょっと「ぐさっ・・・心当たりがある」と思いながら聞いていました。

そして観光と見物、見物はただみるだけ、観光は光を見出すように心にとどめる・・んだったかな・・・
要するに「ただ見ただけで帰らないように」ってな話でした。

最後に、写経の「薦め」といえば聞こえは良いですがも薬師寺は檀家がないので、修復等にかかるお金をあつめるために「写経」をお願いしている。ただお金を置いて行ってもらうのも「めっちゃうれしい」けど、それまでになってしまう。
また来てもらうためにも写経したものを納めておくと、建物が「国宝」になった時に納められた「写経」も国宝になる・・・なるほど・・・・
なかなか有意義でゆったりとした時間を過ごせました。

吉祥天女像の如意宝珠を持った左手は、指が6本あるとか・・・
後から見てきましたが、そう見えますね。

特別展は1階、2階でも関連した展示物が出ていました。

10月2日まで。開催当初は人もまばらだったようですが、だんだん来る人が増えてきたそうです。
何でもそうですが、終わりの方は混むのよね。

博物館を出て右手に金華山。
yakushijiten-2

そのまま進んでいくと「板垣退助像」
演説中に暴漢に襲われて「板垣死すとも自由は死せず」といった場所ですね。
「遭難場所」です。

yakushijiten-3

このあたりは「岐阜公園」といって、以前は動物園と淡水魚水族館もあったのですよ。
淡水魚だけいる水族館は全国でも珍しかったらしいです。
動物園にはペンギン、クジャク、猿などもいて、トラもいたことがありました。
小学校から写生に行きましたよ。

今では「公園」だけになっていて、信長の居住地跡なんてのもあります。

山内一豊と千代の婚礼の地・・だそうです。
yakushijiten-4

池もあって、小ぶりの滝も・・・
yakushijiten- 5

ここからロープウエイで山頂に行くと「岐阜城」があります。
博物館の奥にはギフチョウで有名な「名和昆虫博物館もあります。

岐阜市の歴史的な「観光地」といえば、鵜飼とここくらいかな・・・
近くに大仏もあるのですよ。
竹で編んで作った「かご大仏」としては全国で一番大きいらしいです。
以前は日本三大仏のひとつになっていましたが・・・奈良と鎌倉と・・あと一つはあちこちにあるようですよ(笑)

余談
壬申の乱を扱った舞台。国民文化祭のイベントとして、市民参加のオペラ「鏡の森の物語」が各務原市でありました。好きな時代でもあったので合唱で参加しました。ソリストも地元にゆかりのある方も多かったです。
作曲・林光さん、脚本・山元清多さん、演出・加藤直さん、振付・夏貴陽子さんと何とも豪華なスタッフでした。
曲は難解で、音符は読めないのでひたすら耳で覚えましたよーー。でも覚えてしまえば妙に心地よい音楽でした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
げに、まっこと
乾(板垣)退助は・・

どこのヒト?
一応「土佐藩」ですが・・地元では全く人気がなく、岩崎弥太郎と双璧をなす!?(笑)
同じポーズ(爆)の銅像が、高知城にもありまして、コドモの頃これを見て「あ、百円札のおんちゃんや!!(笑)」まぁこの程度。
実家のすぐ近くに「立志社」跡の石碑もたっていたりしますけど、まあ龍馬さんの陰に隠れて印象が薄いことこの上なし。

土佐では<上士>(山内家の家臣=あくまでも国替えでやってきた進駐軍=よそ者)はいまだに嫌われ者(爆)
土佐はやっぱり”長曽我部”のもんよね(笑)
2011/09/24(土) 10:54:33 | URL | 百円ショップ #-[ 編集]
>百円ショップさん(爆)
あらっ、板垣さんは人気がないのですか・・・すでに岐阜市でもあまり知られていないのではないかな?とも思うのですが・・・

山内さん、こちらの地方から行かれたのですよね。長曽我部さんは元々の土地の人ですよね。戦国時代に領地が取られた???
2011/09/26(月) 03:01:46 | URL | ごま #mk53IokM[ 編集]
違ぁ~う!!

戦国時代に四国を平定したの!!

それが秀吉に忠義を尽くしたばっかりに、関ヶ原、大坂の陣以降、タヌキおやぢにしてやられたわけぞね!

だいたい、あのヤマノウチは、もともとは信長の家臣やったものが、サルにおもねり(爆)、あげく家康に取り入って、掛川の城主から土佐24万石に成り上がった典型的な<出世本位>の日和見大名!(爆)

地元ぢゃ総スカンぞね!!

ばぁちゃんの実家が、山内侍(土佐では逆に上士がこういう風に蔑称される:爆)の出で、土佐には他にない苗字やきに・・(苦笑)。尾張・美濃地方はけっこうあるらしい

2011/09/27(火) 12:23:01 | URL | 百円ショップ #-[ 編集]
>百円ショップさん(爆)
あらっ違った??不勉強で申し訳ないです。
山内さんは嫌われているのですね。
でも、「高知」「岐阜」とご縁がいろいろあるのは山内さんのおかげでしょうかね。

今は亡き声優の曽我部和行さん(のちに曽我部和恭)は長曽我部元親の末裔だとか・・・本に書いてありましたわ。
2011/09/29(木) 03:18:49 | URL | ごま #mk53IokM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。