こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
訃報
コーラスグループミルフィーユの本番前
ツレから「ヒゲクマ先生が亡くなった
とメールがあり、ヒゲクマ先生って誰???と「?」マーク付きまくっていましたが
漫画家の和田慎二さんの訃報でした。
えっえっ・・最近まで描いていたよね・・・とちょっとパニック!!!

ネットのニュースでは
『「スケバン刑事」の原作者』
とされていましたが・・・
確かにそうだけど、漫画家として実績がある人ですので、それはちょっと寂しい気もしました。

「超少女明日香シリーズ」好きだったなーー
今連載されている「傀儡師リン」とともに結局未完になってしまった。

いろいろ調べていたらどうやら急に亡くなったらしい。
画風が年と共にでもあまり変わらず、どの絵も似ているように見えていた今の漫画の中で、
「ホッ」とできた漫画家さんでもありました。

4月にはアニメ演出の出崎統さん、5月には美術の中村光毅さんが亡くなられて、
今日の新聞には声優の小林修さんの訃報が載っていました。

出崎さんは「エースをねらえ」「あしたのジョー」「宝島」「ベルサイユのばら」などの演出は、止め絵を多用し、光の入り方など、当時、他の作品とは違う世界を醸し出していた。
キャラクターデザイン・作画監督の杉野昭夫さんとのコンビは絶品だった。
うつむいて口元は微笑むパターンが多かったけど「宝島」のラストシーンのシルバーは、忘れられない。

中村さんは「機動戦士ガンダム」「伝説巨人イデオン」「風の谷のナウシカ」などを作られていましたが、
固まったイメージというより「こんな絵も描くんだ!」と多彩だったように思います。

小林修さんは「宇宙戦艦ヤマト」のドメルや「さらば宇宙戦艦ヤマト」のズオーダーなど適役のイメージはありましたがいい声!!

60代の訃報が続き「まだ早いよ!」
次の世界で、またアニメを作っているのかな・・・

そしてもう一方
オットー・フォン・ハプスブルク氏
オーストリア・ハンガリー帝国最後の皇帝の長男で、元欧州議会議員。
98歳。
ハプスブルグ家の血筋の方ですね。
「ハプスブルグ」が思ったより近い時代だったのかなと感じました。

7月7日に降る雨を「催涙雨(さいるいう)」または「洒涙雨(さいるいう)」といいますが、
漫画「日出処の天子」(山岸凉子)では「灑涙雨」と書かれています。
「なみだをそそぐあめ」なのだそうです。
今日は雨・・・、織姫と彦星が流す涙は地上でも流されているようですね。

ご冥福をお祈りします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。