こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「オペラ座の怪人」8月20日
劇団四季「オペラ座の怪人」 
2010年8月20日 13:30~  新名古屋ミュージカル劇場

何度か見に行っていますが(笑)千秋楽決定の発表があった日にいっていました。

2011年1月30日が千秋楽。
そろそろ決まるかなーとは思っていましたが、いざ決まると寂しいですね。

さて、今回は前方下手端から・・・
一度ここから見たかった!(笑)

何が良かったって・・・
「Music of the Night」でファントムが正面。
そのあと仮面を取られて、クリスティへーヌに詰め寄るところの表情が見たい!
「The Point Of No Return」でファントムがこっち向く!

かなり満足でした(笑)
いやーー、「ファントムが私を見ている!」と勘違いしてしまいそう(笑)

そうそう、ラストで椅子に座ったファントムが振り向くと、
格子を降りてきているメグと目が合うようですね。
「はっ!」としたメグの表情と、マントを引き剥がす時に少しためらう「流れ」が見えました。
そういえば続編では、ファントムはメグほを舞台に立たせているようですね。
「なるほど」と思いました。

平良さんのフィルマンも声が良くって、良いですね。
「プリマドンナ」の前で、ピアンジに突き飛ばされて、あわや舞台から落ちる??

飯田ラウル
「サウンド・オブ・ミュージック」でロルフをやってるよりいいかも。
七重唱でも歌詞が良く聞こえて、ラストの三重唱もラウルパートが良くわかりましたが
席のせいかも。

高木クリス
なんというか・・表情時にはいいのだけど、全体的に乏しい。
「Music of the Night」でファントムをにらんでいるだけのようにみえて、つまらない。
クリスティーヌの表情でこんなに「Music of the Night」の印象が変わるのかと思いました。
ワンテンポ遅れてくるのはわざのなのか?
ラウルとの「All Ⅰask of You」でも合ってない。
「悲しみの涙今」はしっかり音はずしていました。
だらーっとしていて、もう一度見たいとは思わない。
けどあたってしまう・・・・・。

寺田さんのルフェーブルと警察署長は「目」の動きが良いです。
アンサンブルさん達も良かっただけにクリスティーヌのために
何だかなーーナ舞台でした
好みかもしれないけど・・・・・


【キャスト】
オペラ座の怪人 / 高井 治        クリスティーヌ・ダーエ / 高木美果 
ラウル・シャニュイ子爵 / 飯田達郎   カルロッタ・ジュディチェルリ / 種子島美樹  
メグ・ジリー / 磯谷美穂          マダム・ジリー /戸田愛子
ムッシュー・アンドレ / 林 和男     ムッシュー・フィルマン / 平良交一 
ウバルト・ピアンジ / 半場俊一郎    ムッシュー・レイエ / 斎藤 譲  
ムッシュー・ルフェーブル / 寺田真実  ジョセフ・ブケー / 金本和起
【男性アンサンブル】
増田守人、畠山典之、伊藤潤一郎、町田兼一、柏田雄史、野村数幾、瀧山久志
【女性アンサンブル】
暁 爽子、諸 英希、古屋敷レナ、古川瑞恵、梅崎友里絵、吉村和花、菊池華奈子、河村 彩
榊原玲子、久保田彩佳、簱本千都、松ヶ下晴美、
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。