こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィギュアスケート、女子シングル
ハラハラドキドキの数日間でしたが、結果かがでましたね。

浅田真央ちゃん、銀メダルおめでとう!

本人は納得の演技ではなかったようですが、全てこなしていたとしても、あのキムヨナには追いつけなかったのでは・・と思えます。
フリーもそれぼと「完璧」という言葉がぴったりの演技だったと思います。
悔しいけど(爆)すごいよ^~~~
納得の金メダルだと思います!

安藤美姫さんも、よくがんばっりましたね。
もう少し点が伸びても良いんじゃないかな?とも思いました。
それより「感動」したのが鈴木明子さん!!!
私は出先でしたので、携帯のワンセグで音は消して見ていましたが、音が無くても本当に「伝わってきた!」のですよ!!
自己ベストの得点も出たようで、やれることはやったのでは。
2人とも入賞おめでとう!!

男子シングルも思い返してみると、ライサチェックの金メダルも「ミスなし」ですよね。
プルシェンコは大技成功していたものの、他のジャンプが以前の彼とは違っていた。
表情がついてきて「ロボット」から「人」になったような感じではありましたが、その分ジャンプの細かいミスが銀メダルとなったのでしょうね。

女子もキムヨナのSP、フリーを見てもどちらも「演じている」・・・特にSPのボンドガールは表情も豊かで、決めポーズまである!
フリーも緩急をつけて、飽きさせない。
真央ちゃんは、どちらの曲も「単調」・・・
トリプルアクセルは成功したけど、3回転3回転はない。フリーの「鐘」は重厚ではあるけど、同じパターンが繰り返されて、どこか飽きてくる・・・
そんな中で、エレメントをこなしても、素人目には「これ、さっき見た??」と錯覚してしまいます。
SPの「仮面舞踏会」も曲に緩急がありそうななさそうな・・・・
両方をストーリーとして演じたキムヨナに比べて「一生懸命滑っています」な真央ちゃんは、すでにそこで「差」が出ていたのではないかと思います。

そして4年間、同じコーチについていたキムヨナに比べて、コーチがいない時期もあったり、試合にコーチが来なかった真央ちゃんは、精神的にもどこかに不安をかかえていたのではと感ぐってしまいました。。。考えすぎかな?
ミスが無かったとはいえ、誰かが転んで転がり込んできた金メダルとは違って、しっかり「実力」で取りましたね。

ともかくこだわっていたトリプルアクセルを全部で3回決めたのはすごいですが、「技術だけではダメ」というのを思い知らされました。
伊藤みどりさんがトリプルアクセルを飛んだときに
「フィギュアはスポーツだ」ってなことを言われていましたが、当時はまだ「芸術性」も重視されていて、だんだん技術も重視され、今では「確実性」が重視なのでしょうかね。

それにしても。。試合直後のインタビュー、泣き出してしまった真央ちゃんにいつまでも聞いているんじゃないよ!!インタビューの人。
織田君の時と一緒じゃないかい!!
答えられないのだから、もっと気を利かせろよーー!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。