こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バーンクーバー、フィギュアスケート・男子
やりましたね1!高橋大輔選手、銅メダルですね!!

4回転は転んでしまいましたが、その後をしっかり立て直して、・・・伊藤みどりの銀メダルの演技依頼の感動物でした!!!!
前日のテレビでは、松岡修造氏が「4回転は回避して、確実にメダルを取って欲しい」とかっていっていたとか???
4回転に挑むかどうかは、それまで努力してきた本人(時にはコーチ)が決めることとで、外野がとせうこういえる問題では無いはずだと思います。
高橋君は「オリンピックでの4回転」にこだわってきたわけですし、こういうところも伊藤みどりとかぶって見えてしまいました。
そして失敗した後の後半のトリプルアクセル。そして華麗なステップ。
失敗しても、ある程度は納得できる銅メダルだったようですね。本人はフリーの順位には不満が残っていたようでしたけど、表彰台で見せたなきそうな顔で、またうるうるう~~~~

冒頭の「起きる」「けっつまずく」「気が付く」「頭をかく」・・・そして表情とパントマイムを生かしてストーリーを演じきり、「道」の世界に引き込まれました。

小塚選手も4回転成功!!トリプルアクセルの失敗は悔しかったようですけど、8位入賞。すごいです!!!

織田信成選手。
氷に立ったときから「緊張した子役ちゃんが舞台に立っている感じ」
いつもの表情ではなかったですが、靴紐が切れる不運もあり、残念でしたが、最後まで諦めずに滑ったのがよかったです!中断後のジャンプもきれいでしたね。
それと、終わったあとのインタビュー、しつこい!!織田君を泣かせたのは貴方だよ!!

日本の期待を背負った3人。よくやったと思います!!

解説の本田武史さんも感無量だったのでは?言葉が詰まっていたように感じました。


伊藤みどりも高橋君も自分の限界に「挑戦」していった姿が心を打ったのでしょうね。
いまだに伊藤みどりの「トリプルアクセル!!」のシーンを見ると泣けてきます。
高橋君の演技もまた見たい!!
「オペラ座の怪人」もやってくれないかなーー。

こう書くと、金メダルを取った人に荒川静香さんは?となりますが、私の中では印象が・・もうないのですよ。
金メダルを取ったときでさえ「へえーとったんだ」程度。。。ひとり冷めていました。
何がよかったの??何に挑戦したの???失敗しなかっただけ?イナバウワー・・そういえばやっていたよね。
申し訳ないけど、もう一度見たいとは思わないので・・・・。

それにしても・・4回転を回避して、安全策をとったほうが点が多くなる今の採点方・・・
「4回転は必要なくなる」とかプルシェンコも言っていたようですが、今後の技術の発展には暗雲立ちこめるのでは。
いろいろと疑問が残る今のフィギュアスケート。
地域の対決も採点方法にかかわっているようで、何だかいやな感じがしました。

そういうのを振り切るほどのスケーター、出てこないかなーー。

松岡修造氏。「技術以外にも表現力が評価される競技だと思っています」
いや、貴方が思わなくてもすでにそういう競技ではなかったのでしょうか????
伊藤みどりの頃には「芸術点重視」で、技術が優れていたみどりちゃんは不利だった・・・
松岡氏の発言には「はぁ?」と疑問符をつけたくなります。
何だかとんちんかんな発言の人?????なのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。