こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「The Musical AIDA アイーダ」 2009年8月29日 初日
「The Musical AIDA アイーダ」 
2009年8月29日 15:00~初日 東京国際フォーラム Cホール

【出演】
アイーダ/安蘭けい
ラダメス/伊礼彼方、アムネリス/ANZA
ファラオ/光枝明彦、アモナスロ/沢木順、ウバルド/宮川浩、神官/林アキラ

男性キャスト
饗庭大輔/青山航士/乾あきお/小川善太郎/角川裕明/加藤貴彦/
KENTARO/杉野俊太郎/附田政信/遠山裕介/中尾和彦/橋本好弘/
ひの あらた/水越友紀

女性キャスト
家塚敦子/岩崎亜希子/伽藍 琳/金城尚美/栗原朗子/小林風花/陽色 萌/
本多加奈/武藤歌奈子

脚本・演出/木村 信司(宝塚歌劇団)
作曲・編曲・音楽監督/甲斐 正人
振付/麻咲 梨乃
アクション/渥美 博
指揮/井村 誠貴

フォーラムの1階ロビーにはお花の数がすごかったです!

宝塚の「王家に捧ぐ歌」を見ているので、それをふまえての感想となります~

「王家・・・」は当時男役2番手だった安蘭けいさん(とうこさん)を女役のアイーダにして、
振り付けにマイヤ・プリセツカヤさんを迎えるなど、話題はあったものの
とうこさんの女役がネックだったのか、チケットは完売していなかったので
また買足せばいいかなーーなんて考えていたら
初日が開いたらあっという間に売れてしまった!!!
宝塚のオリジナル作品としては、全編にわたって歌がほとんどで
メッセージもありと、異色な作品とはいえ良い作品でした。

宝塚のオリジナルが外部に出るとは・・・予想外ではありましたが、
出すとすれば、とうこさんの主演となれば可能性が高い作品かと思いました。
ある意味「挑戦」「冒険」ですね。

うーーん、上手く表現できないのですが・。・・・宝塚以外で「宝塚」は見たくないのですよ。
そんなところがもやもや~~~っとなってまどろっこしい自分がいました。
タカラヅカのきらびやかではないのですが、芝居が「タカラヅカ」色
宝塚版をそのまま持ってくるのは・・・何か違和感がありました。
宝塚の作品を出すには、もう少し練って欲しいなーと思いました。
宝塚の台詞は何かと「説明台詞」が多く、時にはまどろっこしい・・・
よく言えば「わかりやすい」
それと、曲がアイーダ中心になり、1幕最後の曲にもアイーダのフレーズが増えていました。
時間の制約がある宝塚と違って、特に延ばす必要も無いのだから
要らないシーンもあるのではないかと思いました。
山があるのかないのか・・・・1幕はある意味淡々と話が進むだけ締りがない。
しかも歌のフレーズが増えて、くどいところも。
2幕ではやっとアモナスロのたくらみや、ラダメスの告白、などで盛り上がり、
そしてラストへと・・・・これはいいと思います!

男性を入れたことで声に重みが出て、歌も深みがありました。
宝塚を見慣れていると違和感はあまり無いのかもしれないですが、
アンサンブルさを使いこなしていない!!!
宝塚のその他大勢とするには少ないアンサンブル。
もっと「男性」としてのダンスを魅せて欲しかったです。

それとメインの3人。とうこさん以外のキャリアの無さが出て、とうこさん一人勝ちに思えました。
ファラオ、アモナスロ、ウバルド、神官は予想通り、期待以上のものを見せてくれました!!
それが救いといえば救いでしょうか。

以下ネタばれあり~~~


装置はピラミッドがセンターにあり、これが開閉します
大掛かりではなく、シンプル。転換も基本的に出入りは無し

衣装は、ファラオ側は鮮やかなブルーが基調になっているようです。
ラダメスなど戦士は上半身裸。皆さん鍛えていますね!!
アイーダの衣装も軽い感じになっていますが、2幕の戦いで敗れたエチオピアでの衣装は
ちょいと優雅過ぎないかい?
最初と最後の牢獄にもぐりこむところの、片方長袖の衣装は好きです!

「アイーダ」が主役になったため、歌はアイーダの曲が増えています。
「アイーダの信念」は冒頭にフレーズが増えて「私に見えたもの」になっています。
ラダメスが歌う「世界に求む」は「王家に捧ぐ歌」となっています。
男性陣の歌がアレンジされています。キーも合っていないのかそのままなのか歌いづらそうなものもありました。
個人的には戦闘のシーンで歌う「友よ~」がアレンジされたのは・・・残念!!

「スゴッ、ツヨ」はアレンジされてコミカルではなくなりました。が・・・振りが盆踊りみたいで違う意味で笑えました(爆)
「誰も誰もひたすらに踊れ」はなくなっていました~~~ありゃ残念。

「凱旋」のダンス・。・・・・
やっぱり宝塚だ~~と思いました。
人数も少なく踊れる人もいるのだから、もちょっとなんとかならんのかーーー!!

最後のラダメスが牢に入れられるところがピラミッドの上から下ろすようになっていて、
これは予想はできましたが、なかなか良いです!!

アイーダの歌が増えたことで、ラダメスに惹かれた心の動きがわかるようになりました。
わかりやすくなりすぎて、、、、ダラダラしているようにも思いました。
そして「アイーダ」が主役になったために、1幕ラストのラダメスの「良いとこ」がアイーダ主体になり、
山が霞んでしまったすのようにも思えました。

2幕のラスト近く、アムネリスの「ラダメス!!!」の叫び以降、牢獄でのアイーダとラダメスなど最後は泣けます!
メッセージ性を残したところも良かったです!

アイーダ
もうすっかり自分のものにしていますね。
まだまだ宝塚の頃の動きがそのままなので、この作品に関してはそれもいいかと。

アムネリス
幼く見え、美しい歌声と書かれていたのも見ましたが、時折ハスキーになるので「美しい」とは思えず、威厳も無くオーラも薄く、迫力に欠ける。
遠目で見ても「どこにいる?」と存在感は見られませんでした。
キャスティングを見たときにこ予想はできましたが、予想通り。
これも良いのかも知れないけど、私は不満でした。。

ラダメス
伊礼君、鍛えてきましたね~~~!!見栄えはよく、かっこいいです!!
歌も「エリザベート」の時より響くようになり、力強さも増していました。
見てくれもいいけど、イケメンすぎてか「強い将軍」には見えず。
そこは意外性でもっていけそうですが、アイーダとの並びの姿は良いのですが、
まだまだ演技が荒く、アイーダに負けてる・・・
釣り合いが取れていないです。
単体でみるならOKなので惜しいなーー。
時々手の動きが「沢木化」しています(爆)
アイーダはラダメスの強さより顔のかっこよさに魅かれたか!!!

ファラオは威厳あり!
唇が赤いのは、この時代だからかなと。
アモナスロは狂ったように見せていたあと、正気だと見せるところの変化は良いです。
でも手の動きはやっぱり「沢木さん」だった(笑)
ウバルドは、ねっと~~~りしたところは無く意外とあっさり。
男性が演じるのだから、これで良いと思いました。
神官のアキラさん、高音が響いて良いですねーー!!
ちょっとオカマチックに見えるところも(爆)

アンサンブルさん、KENTAROさんが「ダンス・オブ・ヴァンパイア」じゃなくて、ここにいた!!
もっとダンスを魅せて欲しいなーー。
ラダメスの「友」の役でもあり、ラストのラダメスの処刑の所は、
辛そうで、牢に入れられるところで下を向いて打ちひしがれている姿に涙が出ます。
それは角川さんも「友」の役で同じでした。

エチオピアが攻めてきたことを伝える「伝令」
ファラオに命懸けで伝えるは良いけど、階段で死んでそのまま逆さま。
これはとっても見苦しい!仲間よ早く下ろしてやれよ!ファラオにも失礼だよ!!

エジプトに新たに囚われたエチオピア人が3人って~そりゃ少なすぎ(笑)

アンサンブルが少ないのは仕方ないにしろ、それを補うものがない。
ここで劇団四季のアイーダ語るのは反側かもしれないけど、
完全に負けています。

ラダメスは若いツバメ、アムネリスはおこちゃま。
とはいえ、役者さんひとりひとりを取るにはといいのですから、バランスが悪いと思いました。

そしてたらたらと時間稼ぎをしているかのように思えて、くどい。
友達いわく「子どものためのミュージカルをみているよう」
なるほど!!説明が多くてわかりやすい!
宝塚って役の名前を必ず言わせますね。
これは必要かと思いますが、たとえば「ファラオの娘、アムネリス様」が何度も出てきたりするとくどいのです。

とはいえ、宝塚の中にもまだまだ良い作品があるので、これをきっかけに外部に出すのも良いかと思います。

ラダメスはせめてアイーダよりキャリアがある人で
アムネリスは美しさ、気品、存在感、威厳がある人で・・・
宝塚のとき檀ちゃんは、歌が厳しかったですが(爆)良かったなーーー!!
それとダンスももっと「男性」らしいものにして欲しい!!

なんだかんだと自分の理想を語ってしまいますが、
良いところもいくつかあり、宝塚色を薄くして、そのあたりが改善されると
外部に出した作品として、もっといい作品になってくると思いました。
1幕はさめてしまっていましたが、2幕はちょいと引き込まれました。

この公演期間中にどれだけ「育つ」か、それも楽しみでもあります。
といいつつもまた大阪公演を見に行きたい!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。