こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また、がんばろっ!!
ここのところパソコンの調子が良くなくて、リカバリーをすることにしました。
しかし!!
データの保存で手間取ってしまい、まだ進んでいません。
それにいろんなことが重なって、イライラ~~~
ついに切れました!!

行き詰った時に良く見るブログが治田敦さんの「はるパパブログ」
ここにまた素敵な言葉が書かれていました。

「神様はその人に乗り越えられない試練は決して与えないのよ」

そうなんだーー、これも一つの試練なのだ。

今日(もう昨日)、母の分骨した遺骨を母のふるさとに納めてきました。
私はしばらくはうちの仏壇においておきたかったのですが、父が「いつにするんや」
とうるさくて・・・・
陽気も良くなったので、本家のおじさんや先方のお寺さんとも日を決めて。

母の里に納めることは母が存命中にくれぐれもと言っていたことでしたので
約束を果たせたかなーと。
自分の親や兄弟姉妹と同じところにいるのが一番いいのかも。
父方と母方の親戚が集まり、無事済ませられたことで少しホッとしています。

父は出かけたがらないし。。。
「うちで一人でいてしゃべらないと、気が変になりそうや」
と言いますが、そんなら出かけてしゃべればいいのにぃぃぃぃぃぃ!!
一緒にいるとこっちまで暗くなるので、私は自分のペースで生活しています。

今おかれている状況を、何かのせいにしたり、誰かのせいにするは簡単なことです。
「悪者」を作り出して、そこに向けさせる・・・そう「ウイキッド」のように。

父のことは、何を言っても前向きにはならないので「あっそう」で済ませています。
自分で気がついて動かないかない限り、自分に都合の悪いことは誰かのせいにするので無駄です。
いとこが「遊びに来てください」と言ってくれても、返事もしないのには、腹が立ちます。
「自分で立ち直ってね」


最近、決別したのか?な人からメールやら、偶然の出会いでまた「ふれあい」を持つことができたことがいくつかありました。
相手から歩み寄ってきてくれた時、ここで否定するのは実に簡単。
でも、複雑な思いをかかえながらも、こっちもそれに答えると、なかなか良い結果になっています。

世の中、自分の基準がすべての基準と思っている人、多くないですか?
さらに、それに気がついていない。。。
最近の「切れる」行動が、自分の気に入らないことは拒否する。
子どもを「しかる」ことも「自分の思うようにならない」ことを「しつけ」と勘違いしているのじゃないかな?
と疑問に思うこともよくあります。
自分にもあるので気をつけなくては・・・

「相手の立場に立って」
と良く言われますが、それは・・・自分じゃないのだから無理。
でも「思いやりを持つ」ことは誰にでもできることです。
優柔不断なのだと思いますが、その時に「うんもう!!」と怒っていたことも、
時間がたてば「まっいっか」・・・さらに歩み寄ってくれれば歓迎!!
「許す」とか「許さない」とか、そんなに白黒つけなくても、真ん中のグレーでもいいじゃないか。
日本にはグレーを表現するのにいろんな言葉があると言っていた人がいたけど
、そのとおりだなーー。

いろんな人がいるからこの世の中が成り立っている。
自分の基準に合わなくたって、あたりまえ。

さぁ気を取り直して、明日からまたがんばろっ!!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うちの母も似た感じですよ~(笑)
年とともに丸くなるどころか、頑固になって愚痴っぽくなってきました。
聞く方もストレスになるので、時々友達と愚痴りあってます。
同じ年代の友達も似たような問題を抱えてるので、最後は「お互い頑張ろうね」で別れます。

人生しんどい時もあるけれど、お互い、ハクナマタ~タ~♪で切り抜けましょう!
2009/05/26(火) 21:50:25 | URL | リフ #WzzJX4NY[ 編集]
>リフさん
やっぱりあの年代は、柔軟さもないですよね。
はぁぁぁ、今日も「二度手間だからやらなくていい」っていってるのに・・・気を使うところが違う!!

ぐちってスッキリで、がんばりましょう!!
2009/05/27(水) 13:44:52 | URL | ごま #mk53IokM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。