こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オペラ「ひかりのゆりかご」 11月2日
オペラ「ひかりのゆりかご」-熊になった男
2008年11月2日(日) 長良川国際会議場 メインホール「さらさ~ら」

【出演】
中鉢 聡
渡辺文子、鈴木美緒、大和田晴美、井上白葉、市川和彦、杉野正隆、和下田大典、依田雄士、
庄 智子、江口浩平、出口麻美、津田俊輔、志村文彦、小川茂子、清水一皓、秋本 健、岡山 肇、阿部伸勝、山田智恵、二村千恵子、大梅慶子

オペラ「ひかりのゆりかご」合唱団、郡上八幡少年少女合唱団
しろとり少年少女合唱団、大和少年少女合唱団
郡上踊り

総監督:井戸輝雄、音楽監督・指揮:坂本和彦、演出・台本:高木 達、作曲:吉岡弘行


劇団仲間が出るというので見に行きました。
創作オペラで、舞台が郡上八幡、主役が中鉢さんというのも興味をそそりました。

4月にプレイベントもあり、宣伝していたのかというと。。。あんまり見なかったなーー。

リストラされて、恋人にも結婚を言い出せない弱気な青年が、ふとしたことで「熊」になってしまった。
病院に入院中に、正体不明の少女・ハニーと出会い、恋人と・・・別れた???
子ども達と交流したり、精神科医の実験台にされたり、教祖に祭り上げられたり。
少女とともに、教祖の元から逃げて、やっと「人間」に戻った後は・・・

まぁそんなあらすじ。

テーマは「親子愛」と現代のかかえる問題。リストラ、いじめなどが盛り込まれていました。
郡上踊りを出して、郷土色を濃くしたのは良いのですが・・・どうして「郡上八幡」だったのか・め
豊かな自然・・かな?

郡上踊りの「節」をうまく使って、太鼓の音で「歌」にしていたのは良かったです。
歌手は中鉢さんはじめかなりの「歌い手」が集められていて、良かったのですが
それぞれの出番が少なく「もったいないなーー」が実感です。
どうもはっきりとしない部分があり、あれこれが中途半端で消化不良でした。

中鉢さん演じる「熊崎富男」さん。
熊になった時も人間そのまま(爆)
歌詞の中に「恋人にも捨てられ・・・」というのがありましたが、
いつ恋人に捨てられたのか???
熊から人間に戻るきっかけが・・・たぶん洞窟の中で顔にかかった「しずく」だと思うのですが、
そのあとの台詞から、「僕は熊だった」とすぐに悟るのがなんだか不自然。
台詞部分のテンポもよくないのと、言葉の使い方が古くさく感じました。
富男が倒れたのは、猟師が打ったタマのせいらしく、猟師たちが責任のなすりあいするシーン。
「セーフ」なる言葉が多用されていましたが、これも、面白いわけでもなく中途半端・・・
恋人の静さんも・・・・「捨てられた」らしいけど、最後にまたよりを戻していたら、良かったのに・・

場転なども無駄に時間を使っているのでは?と思う部分と、「そこって消幕でもつけたら?」と
思えるほどスムーズでもなく、素人さんがやっているみたいでした。
富男とハニーが教祖のとこから逃げるシーンの雪原???らしきシーン。
布とムービングライトを使って綺麗だったのですが、それだけの時間が長くて、最後には嫌になってきました。他の装置の準備時間なのか、衣装変えなのか・・・ハニーの衣装に比べて、やけに「軽装」
変な教祖の衣装(「マグマ大使」のゴアみたいだった(笑)ってこれ分かる人・・・・(笑))
この着替え時間?にしては長すぎる。

舞台のセンターのスペースが、かなりの傾斜がついた「八百屋」で、ここまで傾斜をつける必要は?
高い部分は「台」の代わりにもなるけど「歌」中心のオペラで、この舞台では歌いにくいのじゃないかと心配になりました。

1幕最後の緞帳が降りるところ・・・キャストの皆さん。(特にドクター)緞帳下りてから動こうよ!!
みっともないでーーー(爆)
これを筆頭に、袖にはけるところですでに「素」になっている人多し。
合唱団は「歌」は良かったです。
場面によっては「役者」としてでいたのが、出来ている人とそうでない人の差があり
「そうでない人」が目立ってしまっていました。
こちらも「はける」のが・・・・・「素」
子どもたちも元気良く良かったのですが、とまどっているまがまるわかり(笑)

会場が響かないせいか・・・その分言葉がわりとはっきり聞こえてきました。
中にはオケに「声」を消されていた人もあり。

中鉢さん。実物を見て聞くのは初めてでしたが、想像より太め?(ごめんなさい~~)
台詞と歌の声のギャップは仕方ないとして(笑)良かったですが・・・・ラスト近く。父親とわかりあったところで抱き合う間かと思ったら・・・・握手をしたかしないかで、スーッと横を通って後ろに控えていた子どもをエスコート・・・
それはちょっと違うんじゃない???(爆)

男性陣とハニーの鈴木さんがいい声でした!
母熊役の「女性」の人は・・・ちょっと弱かったかな。

そして和下田大典くん。
いやーーびっくり!!上手くなったというか・・・私が最後に聞いたときは、まだバリトンともテノールともつかず、中途半端な声だったのが、しっかり「バリトン」の声になってきていました。
出番は少なかったけど、部分によっては中鉢さんより響いていて(バリトンだからちょっと有利かな)良かったし「芝居」も上手くなっていた。
身内の贔屓目かもしれないけど(爆)成長振りが見られたのは嬉しかったです!

それより・・・プログラムを見て・・・笑った!!
和下田大典・・・ワゲタダイスケが「Masanori Washitada」・・・・・・あんた誰??(笑)
合っているところが「da」だけって・・・(爆)
しかも役名も、説明には「雅行」なのにプロフィールには「正行」
他にもバリトンの人が「テノール」になっていたり・・・
訂正の紙も入ってなくて、これはかわいそうを通り越して「失礼」だわ!!

初日ということもあったのかも知れないけど、何とも「段取りが悪い舞台」
13金の舞台をみているかのよう・・・13金はも少し段取り良いと思うのだけど。。。。(爆)
一緒に行った劇団仲間いわく「イベ大みたい」
「イベ大」とは・・・「イベント大学」といって岐阜市がやっていた舞台の裏方養成講座のようなものです
私は関わったこともなく、発表を「見た」だけるなるほど・・・・

4000円というチケット代を思うと、舞台に立っている人が「プロ意識」を持っていた人とあんまり持っていなかった人の差もあり、全体的にちょっと高く感じました。
製作側に関わっている団体などを見ると、かなり力をいれていたようなのですが、そのわりに宣伝されていなかったこと。
新聞によると、8月にこれを東京に持っていくようなのですが、それまでにはもっと練り上げて欲しいです。

大半のメインのキャストのみなさんの歌がすばらしかったのが、せめてもの救いでした。

製作側の意識は高いようでしたが「見せる」ことにもっと意識を持って欲しかったです。
東京と岐阜との稽古で、全部があわせられたのが本番直前だったらしいですが、そんなことはわかりきっていることで、言い換えれば・・・よくここまで出来たなーというところでしょうか。
そんなこんなで、段取りの悪さなど裏方の「アラ」が見えてしまって、突っ込みどころ満載でした(爆)

ひとまず・・・わげちゃん、お疲れ様でした!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わお~~~!!
翌日観に行きましたよ!
サブタイトルが「熊になった男」だったので、民話調の話かと思いました。
やっぱり和下田さんて読み方違っていたんですね。おかしいなと思いました。彼、とてもいい声でした。あのシーンしか出ていなかったのが残念です。
子供たち。出てくるのは可愛いのですが、なんとも元気がなくて、振り付けも何もなくただ立って歌っているだけで寂しかったです。でも子供と歌う中鉢さんはとても楽しそうでした。
加奈子ちゃんの役割は何だったのでしょう?(もしかしてあの子、去年の各務原でのNHKのど自慢で優勝した子・・・?)ソロもなく可愛そうだったな・・・
キャストがチラシ・パンフと違っていたのですが、訂正版はいただけませんでした。
でも、最後にハニーと両親が再会して歌ったときは感動して涙ウルウルでした。主役食われちゃったかな?(爆
2008/11/07(金) 14:58:55 | URL | じゅんじ #-[ 編集]
>じゅんじさん
翌日行かれたのですね!!
キャストも違うので、両日見たかったのですけど、3日は都合が悪くって残念でした。

いろいろ突っ込みたいところありましたよね(笑)
そうそう書き忘れたけど、ハニーと両親の和解シーンはなかなか良かったです!!!
ハニー役の人も2日はすごく良かったですよ!!

子どもたち・・・こう、こっちも「素」に戻ってしまうのが残念でしたよ。加奈子ちゃんはwだったので、私が見た日は違う子でしたよ。
2008/11/08(土) 04:04:41 | URL | ごま #mk53IokM[ 編集]
加奈子ちゃん、二日目も大梅さんでした。訂正はなかったけど・・・。もう一人の子はどうしちゃったんでしょう?
2008/11/08(土) 07:31:46 | URL | じゅんじ #-[ 編集]
ありゃ~。加奈子ちゃんはそうだったのですか~
Wなのに当日のキャストも出てなくて、チラシが無かったらわからない(爆)ところでしたよ。
手落ちが多いですよね。
2008/11/08(土) 13:57:46 | URL | ごま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。