こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「エリザベート」8月14日、ソワレ
ミュージカル「エリザベート」
2008年8月14日 17:00~   中日劇場

エリザベート・・・・・・涼風真世  
トート・・・・・・・・・・・・武田真治
フランツ・ヨーゼフ・・・石川 禅  
ルドルフ・・・・・・・・・・浦井健治
少年ルドルフ・・・・・・石川新太

武田トート、禅さんフランツ、今回初見です。

武田トート、は祐さんトートとはアプローチから歌から動きから何から何まで「違い」ます。
同じなのは。。。歌詞だけ???(笑)ってなくらいタイプが違います。
ウィーン版のトートとも違います。内野トートとも違います。
もちろんなのですが(笑)
2006年時と同じ印象・・・・小悪魔(笑)
今回は「ストーカー」もつけようかなというくらい、シシイに執拗に迫ってくる感じです。

歌の迫力はないですが、動きは軽快!!
ちなみに祐さんが唯一(笑)踊る「ルドルフ逮捕」のあたりは踊っていないですが、軽やかに動き回っています。
冒頭の登場シーンから、衣装の胸がかなり空いていて色っぽい!!
前回評判になっていた、カフェのシーンの「チャーリーとチョコレート工場」は・・・帽子が変わっていました(笑)中折れ帽というのでしょうか・・・・男性が良くかぶる帽子になっていました。
ちょっと残念・・・(爆)(何見に行っているのだよーーー!!!)
そんなこんなで、いたずら好きの小悪魔がシシィに恋して一直線な感じのトートでした(笑)
このタイプも良いかな~~~

「闇が広がる」は歌は浦井ルドルフに負けている・・・がかばれーー!!
ルドルフのアプローチが変わって、初めはひざをついて歌っています。
背の関係???(爆)
1幕最後の三重唱は禅さん一人勝ち(爆)
2幕のラストも涼風さんがひそかに少し背を縮めているようでした。

厚底ブーツは少し低くなっていたように思います。
それと・・・メイクが濃い???川平慈英さんかと思った!!!
背は祐さんに比べると小さいのは一目瞭然なんだけど(笑)
2006年はとても歩きにくそうだったのが
今回は割りとすたすたと歩いて、動きも軽快!!
歩きにくい厚底にしなくても・・・・小さくてもいいじゃん!!(爆)

禅さんフランツ・・・
歳の重ね方が良いです!
ルドルフに「血を分けた息子に・・・」のところは怖い!!!
夜のボートは哀愁たっぷり。。。なんだけど、2階席から見た限りでは表情の変化は乏しいのだけど
歌での表現が豊かなのです。

綜馬さんが先日の「トークショー」(爆)で言っていましたが
「禅ちゃんは仕事が早い」
「皇帝の義務」で書類にサインするのが早い!!(笑)
結婚式の後のダンスも、シシイと別れてくるくる回りながらはけていきます。

1幕最後は・・・リヒテンシュタイン一人になってから「皇后はどこに・・・」と聞きます。
綜馬さんフランツ・・もだったかな???今度確認(爆)
間の取り方がゆったりです。

「夜のボート」では涼風さんと禅さん、『MA』でも夫婦だったよなーー
今回は「冷めた夫婦」ナンだよなー、と見ていました。

少年ルドルフ・・・・プロローグは歌が怪しかったけど、「ママどこなの~~」は良かった!!

フランツはどちらも良いし、トートは・・・まぁ好みでしょうね。

そうだ
「闇が広がる」の前・・・
群集に向かって浦井ルドルフは「おいっ!」、伊礼ルドルフは「なっ!」だったかな・・・どちらも足で「ドン!」と床を叩くのはなくなりました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。