こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝塚星組「スカーレット・ピンパーネル」8月4日
宝塚星組「スカーレット・ピンパーネル」
2008年8月4日(月)13:00~ 千秋楽   宝塚大劇場

【出演】
安蘭けい、遠野あすか、英真なおき、万里柚美、にしき愛、朝峰ひかり、紫蘭ますみ、美稀千種、立樹遥、百花沙里、涼紫央、柚希礼音 他 星組生

原作:バロネス・オルツィ、脚本:ナン・ナイトン、作曲:フランク・ワイルドホーン
潤色・演出:小池修一郎

ブロードウエイミュージカルを宝塚版にして、「ひとかけらの勇気」という楽曲も特別入った作品。
1794年のパリ。フランス革命・・バスティーユの襲撃により王政は廃止され、ジャコバン党により貴族が捕らえられるなどの恐怖政治の中、「スカーレット・ピンパーネル」とよぱれる一団が密かに貴族達をフランスからイギリスへと貴族を逃しているという。
そのスカーレットピンパーネルはイギリス貴族、パーシーブレイクニー。
その婚約者でコメディー・フランセーズの花形歌手、マルグリット・サン・ジュスト
革命闘士であるショーヴランはマルグリットの旧知の仲で、以前はマルグリットも共に戦っていた。
ショーヴランに脅迫されて、貴族の居所を知らせるマルグリット。
イギリスに渡り、婚礼の夜にマルグリットに疑いを向けるパーシー。
パーシーは信頼のおける仲間達と、「スカーレット・ピンパーネル」一団を結成して、王太子ルイ・シャルルを救い出そうとまたフランスに渡り、怪しいベルギー人・・グラパンに変装してロベスピエールに近づく。
マルグリットとは溝ができ、ショーヴランもピンパーネルを躍起になって探しているのだが・・・・・

なんというか・・・痛快冒険活劇!!
ショーヴランがすっかり悪役となっているところで、最後はスカッとして終わる。
「レ・ミゼラブル」のジャン・バルジャンとジャベールが重なって見えました。

マルグリットを疑いながらもどこかで信じていたいそぶりを見せるパーシー。
変装していた怪しいベルギー人のグラパンかまた面白い!!
マルグリットが、コメディーフランセーズで歌う「ひとかけらの勇気」を聞いて、変装しているにもかかわらずふとパーシーに戻っているグラパン。

そしてラスト近くで・・・・グラパンの変装をときパーシーに戻る時の客席の歓声もすごかったです(笑)

とうこさん(安蘭けいさん)の歌が良い!!そしてあすかちゃんも、レオン君もがんばっていましたが・・・
少々この2人の歌になると音量が上がっていたような・・・・
とにかく全体にも「歌」がんばっていました。

中に日替わりアドリブ゜があり、イギリスの宮廷舞踏会に行くというショーヴランに「衣装を貸そうか?」というパーシーが毎回いろんな衣装を言うらしい。
今回は・・・「グレーのスーツで・・・髭つけて。。。三人で・・いち、に」どうぞとショーヴランに何か言わせようとしている・・・なかなか相手にならないショーヴランにまた「いち・に・・・」最後にはショーヴランは「さん!!」とやけになっていっていました(爆)
パーシーは上手袖に引っ込む時に「おもろーー」・・・世界のナベアツでした。

その前に・・・ブレイクニー邸で絵を描いてもらうときのポーズは「ポニョポニョ」でした。

最後に・・・ミクロンの桟橋で、マルグリットにけられるグラパン。
捕まえていたメルシェ(祐穂さとる)に「ポットだけにぼっとしていちゃいかん!」と・・・(笑い)
祐穂さん(愛称ポット)。。「はっ、すみません!」爆笑!!!
今回で祐穂さん、卒業なのですよね。

他にもグラパンのアドリブ満載で、パーシーの影を消していたのかとも思われました。
王太子さま・・・・かくまわれていたマリーの部屋で飛び出す時に・・・こけていた・・・

ダンスが宝塚らしくなくてかっこいいなと思っていたら「桜木涼介さん」!!
東宝版「エリザベート」のトートダンサーの桜木さんではないですか!!!
今回、宝塚に初参加との事。小池さんがつれてきたのかな???

桟橋での剣の対決もかっこよかったです!

オリジナルものを見ていないのでなんともいえないですが、
宝塚は宝塚のよいところが出ていて、「ひとかけらの勇気」もあらゆるところでモチーフとして使われていて、曲を印象付けたと思います。
他の曲では「炎の中に」は今井清隆さんのCDで聞いて「良いな~」と、気にいっていたので、
これもパーシーと仲間達の歌でよかったです!!
そしてショーヴランが歌う「君はどこに」(WHERE'S THE GIRL?)も良かったです。
レオン君・・・がんばっていたのだけど、ちょっと若すぎる・・かな(爆)それはまぁいいとして、ここはもう少し歌える人で聞きたかったな~~~

とはいえ「謎解き」といっても見ているほうにはわかっているのですけど・・・ショーヴランがスカーレットピンパーネルが誰かと気づくところや、最後の逆転劇など、見ていてハラハラしたり爆笑したり、楽しかったり・・・ちよっとほろっとしたりと、実に「楽しい」作品でした。
うーーーん、曲がぐるぐる回っているのでどうやらはまったらしい・・・

1日前に見た「エリザベート」といい、小池作品に縁があります。

組長の英真なおきさんが「とうこが気持ちよく歌って(笑)その背中を見ながら組子一同がんはりました」というようなことを挨拶で言っていて、とうこさんも「楽しく・・・楽しかったのは私だけだけだったりして(爆)・・・・千秋楽を迎えられました」と・・・

そして・・・・今回卒業の祐穂さとるさん・・・・笑顔で大階段を下りてきました。
組からはとうこさん、同期生からは琴まりえさんからお花をもらっていました。
感慨深そうにしていたら組長さんから「まだ東京があるからね」(笑)といわれていました。

今年の今のところのマイ・ベスト3に入ってくる作品でした!!
やっはり『スカッ』と終わるのが・・・いいなぁぁぁ。
だから「スカッレットピントはねーる」(爆)
東京も・・・行く事にしました(爆)
まとまりがなくてすみません~~~
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ずいぶん、ご無沙汰しております。(汗)

私も来週観劇予定なんですが、ごまさんの詳細レポはとっても参考になり、みどころを予習することができました。
かなり期待大!のようですね。

それにしても東宝版「エリザベート」のトートダンサーの方がご出演されてるっていう情報に一番驚きました。
その場面、今から楽しみです。
2008/08/17(日) 10:39:37 | URL | misato #-[ 編集]
>misatoさん
こちらこそ、ご無沙汰しています!
「スカピン」お薦めですよ!!

それと・・・トートダンサーの方は「出演」ではなくて「振付」です。紛らわしい書き方でごめんなさいね~~m(__)m
1幕かなりの割合で「振付」に入っていますので、見る前にパンフでチェックされても良いかと思いますよ~~~
2008/08/17(日) 22:00:35 | URL | ごま #-[ 編集]
>ごまさん

私の早とちりでお騒がせ致しました。m(__)m
頭の中は、すっかり「宝塚BOYS」の世界でしたよ~。
さっそく開演前にパンフをチェックして、かっこいい振付を堪能したいと思います。
2008/08/17(日) 23:16:58 | URL | misato #-[ 編集]
>misatoさん
「宝塚BOYS」・・・ちょうど今お向かいの劇場でやっていますものね!

東京はパンフに舞台写真も入っていると思いますよ。
楽しんできてくださいね!!
2008/08/19(火) 02:53:11 | URL | ごま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。