こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミュージカル「ドラキュラ伝説」 4月12日、初日
ミュージカル「ドラキュラ伝説」
2008年4月12日(土) 17:00~ 初日  中日劇場

[キャスト]
ドラキュラ伯爵 (吸血鬼)/松平 健
ヴァン・ヘルシング(アムステルダム大学名誉教授) /鈴木綜馬 
ミーナ・マリー(ハーカーの婚約者) /剱持たまき 
ヴァンパイヤー(ドラキュラ伯爵の手先)/ 真織由季、初風 緑、初嶺麿代
アーサー・ホルムウッド(ルーシーの婚約者) /藤本隆宏
メフィスト(悪魔) /園岡新太郎
ジャック・セワード(ルーシーの叔父で精神科医) /安崎 求
執事(ドラキュラ伯爵に忠実に仕えている)/光枝明彦
ジョナサン・ハーカー(弁理士)/ 大澄賢也
ルーシー・ウェステンラ(ミーナの幼友達) /紫吹 淳

【アンサンブル】
饗庭大輔、香取新一、笹木重人、楢原潤也、町田正明、森田浩平
市川紗也子、柏木ナオミ、小牧祥子、坂本法子、白木原忍、丸山知津子

〔スタッフ〕
企画・原案:赤坂雅之、演出:藤井大介(宝塚歌劇団)
作詞・脚本:高橋知伽江、作曲:青木朝子
振付:広崎うらん


松平健さん主演のミュージカルは18年ぶりだとか。
舞台ではやはり時代劇と「マツケンサンバ」、テレビでも「将軍様」と時代劇のイメージしかなようなマツケンさんですが・・・・

目当ては鈴木綜馬さんのヘルシング教授と光枝明彦さんの執事。
今までにない「ドラキュラ」の物語だとかです。

ドラキュラがなぜ吸血鬼になったのか・・・・
そしてヘルシング教授はなぜドラキュラを追いかけるのか・・・
トランシルバニアからロンドンへなぜやってきたのか・・・・

ネタパレあり(笑)
愛に生きたドラキュラ伯爵の悲しくも切ない物語であり、そして・・・楽しい!!

舞台に「枠」が作ってあり、このあたりはやはり宝塚(爆)
そして釣り物のバラのモニュメントが小ぶりの緞帳でもあり、隠し幕のようでもあり。

年をとったヘルシングが訪れた墓は・・・・
しょっぱなから登場の綜馬さん、ソロ歌もあり、つかみはOK(笑)
そこから過去に戻り最後はまた墓場へ・・・
最近この時間の使い方が多いです。

ドラキュラの執事の光枝さん・・・ちょっとオカマ入っていて、「魔法すてたマジョリン」のニラミンコのようでもあり「夢から醒めた夢」のデビルのようでもあるけど、またちょっと違います。
こまめにドラキュラの世話をしているあたりは「普段からやってんじゃないの?」と思えるほど芝居が細かい!!目が離せないです!
ドラキュラの手先のヴァンパイアーはきれいなおねえちゃん3人、この3人がストーリーテラーのようでもあり、つなぎをやっています。

亡くなった愛する妻、アマンダの生まれ変わりを探し続けるドラキュラ伯爵。
食べ物は「血」・・・それを集めるのがヴァンパイアのお姉さん達。
なぜ吸血鬼になったかの鍵はメフィスト・・・・・
伯爵はロンドンに行くことにして、その手続きにやってきたのがジョナサン。
婚約者、ミーナの写真をもっていたのだが、その写真を見た伯爵は・・・!!!
「アマンダ!!」
ロンドンにやってきた伯爵・・・ヴァンパイアたちの血集めは、事件となりロンドンのニュースとなっていた。
ルーシーはその餌食となり瀕死の重態に。
その状態を見たヘルシング教授は「ドラキュラがいる」と確信して探す。

ついに「アマンダ」を見つけて、その元に「飛ぶ」伯爵。
そう飛ぶのです!!!マツケンさん「飛びます!飛びます!!」
ミーナもアマンダとして目覚め、再会した二人。
その結末は・・・・・・・・・・

ここまでにしておきます(笑)

最後にヘルシング綜馬さんの歌い上げの歌あります。その前の光枝さんには泣かされそうです。
締めはやはりマツケンさん!

舞台の転換と進め方はあきないです。このたあたりは見せ方がうまい宝塚の技法が生きているかと思いました。

歌える人には「歌」を、踊れる人には「ダンス」を、アンサンブルさんたちもソロがあったりします。

マツケンさん・・・・イメージ違います!!
が・・・・「客人だ」とか言うあたりは。。。。やっぱり「徳田新之助」・・・・(爆)

垣根の向こう側でせり上がりがあるのですが・・・まるで「ミス・サイゴン」のトゥイ(爆)
でも存在感あり!!声がちょっとガラガラしていたのが気になりましたが。・。大丈夫かな~~~

賢也さんが前作「ウエディングシンガー」と「婚約者」ということで役はかぶるようにも思いましたが、今回はかなり真面目・というか誠実(爆)、歌もありダンスもあります。あっ・・服ぬがされます(笑)
紫吹さんも、セクシーなドレスから、すそが広がるドレスなど、衣装も豪華。。。ダンスもあります!
たまきちゃんは・・声がちょっと細くなったかな~~~
メフィストの園岡さんが・・・・!!!怖いメイクで、夢に出てきそう・・・(笑)はまりそうです(笑)
安崎さんは、さりげないところが良いです。
ヴァンパイアの3人、セクシーです!!見せ場多くておいしいです!!初嶺さん、まだちょっと「男役」声です。

綜馬さんは・・・出番は少ないですがインパクトあります。ソロがあるのと歌が聞き応えあるように思います。これはうれしいです!!

ところどころ「レ・ミゼラブル」「エリザベート」「ミス・サイゴン」などいろいろ思い出されるしーんが、こっそりあり、密かに楽しい・・・
「わははっ!!」と笑うのではなく「くっくっくっ」と笑えます。そして・・・

全体的に見せ方がうまいので、飽きなかったです。
宝塚の男役をほんとの男性がやっていると思ってもいいかな、それてせいて違和感はないです。
そして、まだまだ練り上げられる可能性もあり、これからも楽しみです。
また見に行きたいです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。