こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コロッケコンサート2008 岐阜
ものまねエンターテイメント! 「コロッケコンサート2008」
2008年2月2日(土)夜の部  岐阜市民会館

ものまねのコロッケのコンサートに母と行ってきました。
司会者の方がまずごあいさつ・・・司会からしてすでに「ギャグ」(笑)

バンドメンバーは4人と男性ダンサー2人、ひとりは「マイケルジャクソン似」の方で、もう一人は「マイケルが飼っている猿?」(笑・と紹介されていました、名前忘れました。)TDLやTDS、USJでも振り付けをしている名古屋出身の方でした。
どうしても・・・ダンサーさんに目が行く(爆)

コロッケさん・・・・テレビで見るより太め・・・(爆)

キラキラ、のスパーんコール一杯の衣装や、面白いかつら(爆)早替えの衣装などもあり。

ものまねネタは・・・
郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎(地元でやるのは勇気がいるとか)、ちあきなおみ(イントロだけ)、美空ひばり、田原俊彦、SMAPの中居君、森進一(問題のあの曲・・・)、美川憲一・・「さそり座の女」だったのですが、ご当地ソングとして「柳ヶ瀬ブルース」・・・これはできないそうです(笑)
トークもちょいとはさんでみたりして、次々と出てくるのですが、曲は1コーラスあるものもあり、途中でおちゃらけで終わるものあり。

特別ゲストとして「天国から・・・淡谷のり子さん!!」
天使の羽をつけて、キックスケーター?にのってスーターと現れて、フラフープのような輪で縄跳びしてみたりと元気な淡谷さん(笑)
腰を曲げてなかなか曲にいかなくて・・・ちょっとくどいかなーへと思ったこのコーナー。

そのあとは「アコースティック・コーナー」としてビアノの伴奏で次々とまた歌う(笑)
さだまさし、田中邦衛、松山千春、長渕剛、勉強中のコブクロとすぎもとまさよし、吉幾三、などなど。トークも交えて、時々「リクエスト」を取るのですが、強引に別の曲にして、「用意していた曲で」(笑)、ひとりにつき1曲しか覚えてないようです。

ロボット五木ひろし、と最後は自分のオリジナルソング。
「曲が終わりましたら『アンコール』というコーナーがありますので(笑い)帰らないように」とアンコールの要求かよっ!をユーモアたっぷりに説明(笑)

アンコールは「アゲアゲ・エブリナイト」北島三郎にアフロのかつらに紅白を配した羽織袴。
かつらを取ったら、北島ヘアー(笑)ダンサーも4人増えていたのですけど。。。。。

母は、せっかく歌を聞いているとふざけて終わってしまうので「歌をもっと聞きたい」と言っていましたが、ホントに「エンターティナー」で、お客の反応がわかるからこういうライブが好きなのだそうです。、
途中で、マイクスタンドや譜面立てを持ってきたスタッフに「がるーー」と犬の真似して驚かせると、スタッフさん、思いっきりこけていて(笑)こういうのも演出と思いますが、こういうところにも手抜きがないのはさすがですねーー。

歌っていたり、トーク中でも自分でもおかしいのか、笑含みなこともありました~~~
とにかく、「何でか笑える」のは特長を上手くとらえていて、それもまた「コロッケ流」で、うんうん、そうそうと頷けるのですよね。
歌も上手いです!
とにかく・・・・かなり笑いました。お腹の傷跡痛いです(笑)

コロッケさん、テレビに登場当初はアフロヘアーに、顔まねや形態模写だけで歌は歌っていなかったです。
いつの間にか、「声」まで真似るようになっていました。
そして、顔の筋肉が柔らか~い!身体もけっこう柔らかーい!
顔が自由自在に「変化」できるのも訓練なのでしょうかね。
努力を惜しまない方だと思いました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。