こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇団四季「アイーダ」 12月6日、「踊ろう」イベント
劇団四季「アイーダ」 
2007年12月6日  新名古屋ミュージカル劇場
『踊ろう』イベント日

[キャスト]
アイーダ  秋 夢子    アムネリス  江寿多知恵
ラダメス   渡辺 正    メレブ     有賀光一  
ゾーザー  飯野おさみ  アモナスロ  川原洋一郎  
ファラオ   前田貞一郎  ネヘブカ   松本昌子 

【男性アンサンブル】
谷本充弘   塚下兼吾  川東優希  富澤和磨  黒木 豪  鶴原谷 圭
影山 徹   海老沼良和  
【女性アンサンブル】
伊藤 恵  西田桃子  西村麗子  杏奈  市川友貴  須田綾乃  オ ユナ

「踊ろう」イベントにつられて取っていたチケット。
キャストはアムネリスの江寿多知恵さんがお初なのと、アンサンブルに西村麗子さんが入っていました。

舞台の方は・・・・
主役3人のバランスが良くないと思いました。
アイーダとアムネリスの声が似ているのかかぶって、2幕冒頭の三重唱は二重唱に聞こえる・・・
1幕で3人にメレブが入るところでは、メレブの声が一番良く聞こえるって・・・・いままででは「ありえな~~い♪」現象でした。

秋アイーダはお疲れなのか、歌声が一部不安定、いつもはあまり感じなかった「訛り」を感じました。
渡辺ラダメス・・・顔はいいですよーーでも、何かこの役には頼りないというか、物足りないというか。「よっ、ねーちゃん僕と遊ばない?」のように軽く感じてしまうのは声のせいなのか・・・
江寿多アムネリス、歌は上手いです。感情のひょうげんもまぁいいです。
が・・・・品がない。1幕のプールのあとの水色ドレス。足の両脇にスリットが入っていて、色っぽいのですけど、ここから両足がかなり見える!!ちょっと待って!!いくらお転婆な王女様でもそれはないだろ・・・アイーダより太めだし(爆)
きゃぴきゃぴしているところは良いですが。。。。。。
それと日本語が変というか、舌っ足らずなしゃべり方が時に台詞を聞こえずらくします。
お顔は五東さんに似ていた。
声が低いのと高音の伸びが今一つ。「真実をみた」は感情移入できませんでした。
アムネリスは今まで誰が来ても「ハズレ」とは思いませんでしたが、申し訳ないですが「ハズレ」・・・これからがんばってください。

アンサンブロさん達がまとまってきて、やっと安心して見ていられるかな。
でも今の『アイーダ』では「観に行こうよ」と誘えないです。

劇場ロビーが・・・・すでに「マンマ・ミーア」の世界。大阪にも出ていた「ドナのホテル」があったり、コーナーが作られていたり、マンマ一色。
宣伝なのでしょうけどまだ「アイーダ」続いているのですよね。見切りをつけられたかのようで、だんだんとあまり良い気分ではなくなりました。
程々にして欲しいです。

イベントは「踊ろう」
事前にあった注意が「靴」、バレエシャーズなど生地の薄いものはダメで、スニーカーがよいとのこと。いつものスタイルで良いか(爆)
受付時に席とグループが決っていて、席で待っていると「ピラミッドを作ろう」の「アナザー・ピラミッド」のダンスとともに「ゾーザー軍団」の8人がトレーニングスーツ等でダンスをしながら
登場。
皆で踊るのは、ここの部分!!かなり難しそうですが、そこは「短縮バージョン」(笑)

谷本さんの軽快で楽しい司会でメンバー紹介。

4つのグループに分かれていたので、軍団のお兄様方は2人ずつついてくださいました。
舞台と、客席とロビーに分かれて、私たちはロビーで練習。
振りを少しずつ教えてもらいながら・・・えーっと初めのほうは???と、頭の上に????をつけながらも、結構な人数がいたので、前と後ろを入れ替わったりして、練習しました。
ターンが2回転を1回転とか、ところどころ省いてあったり・・・
「シェー」のように片足で立って千手観音のような手の動きのところはなかった!!あそこすきなんだけど・・・・
なかなか振りが入らないうちに、音楽がついたら・・・これまた速いってばよ~~~~~~ついていけない。。。。。初めと後しか揃っていない( ̄□ ̄|||)がーーん!
それでも軍団の先生方は上手におだてながら、何度も丁寧に教えてくださいました。
「わからないところ・・・・なにがわからないかが解らないかな?」そのとおり・・・(笑)

そうこうしているうちに「舞台でやりましょう」な順番になり、舞台でやってみるも・・・人数が多くて半分ずつ。後方の紗幕や舞台袖にはさわらないようにと。。。
「後方の人、動くかなーい」
と言われてもついつい、一緒に動いてしまいます。
滑らないので1回転ターンが難しい。勢いで回らなくては。。。
だんだん入ってきて、次は客席の間で、舞台の人たちを見ながら練習。
途中で「初めに後ろを向いてからかっこよくはじめよう!」ということで1つプラス。

そして・・・ついにグループごとに発表。
ここで・・・ゾーザーさまの飯野さん登場。一緒に踊って下さるとか!!
舞台では1回リハーサルがあり、次は本番さながらな照明も入って雰囲気抜群!
この照明で後ろにいると顔はわからない(笑)

私たちは最後でしたが、まぁ何とかできたかな。
動きがなかなか面白いのと、やっぱ照明はすごくきれいでした。

最後に飯野さんからごあいさつがあり、終わりとなりました。
楽しかったです!!!
軍団の皆様、ありがとうございました(^o^)/
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
アイーダ踊ろうイベントお疲れさまでした。
あのゾーザー軍団のダンスを、短縮バージョンとはいえ
実際にやってみるなんて、貴重な体験ですね~☆
難しそうだけど私もやってみたーい!
(でもたぶん絶対ついていけない・笑)
これで、ごまさんの忘年会&新年会対策はバッチリでしょうか(^^)。
2007/12/08(土) 16:48:42 | URL | きみこむ #GZyZ8Xus[ 編集]
舞台の上にあげていただけるなんて・・・
「踊ろう」のイベントだけ参加したいわ~
ダンシングスニーカー持参で行きまっせ!
帝劇でもやらないかな、シカネーダーと踊ろう
とかね!
2007/12/08(土) 17:38:39 | URL | りこ #-[ 編集]
>きみこむさん
はーい、良い体験でした!
かっこ良いダンスのはずが・・・ぶざまなダンスになっていたかと思います(爆)鏡で見ていないのが救いです(笑)

うちに帰って復習しましたが・・・ところどころ忘れています。
京都はあったようですが、福岡ではやらなかったようですね。
大丈夫です、ついていけますよ!
他の演目で機会があればぜひです!!
2007/12/12(水) 01:34:42 | URL | ごま #mk53IokM[ 編集]
>りこさん
そうなんですよー、舞台に上がれるだけでも「もうけもの!」
帝劇で「シカネーダーと踊る酒場の踊り」とか良いですねー!!ぜひとも「私が誰だかご存知か?」からやっていただきたいですわーー!!

ダンシングスニーカー、使う機会が無いので買ってないです(爆)こういう時便利なのですけどね。
普通のスニーカーだとターンの時にひっかかるのですわーー。
2007/12/12(水) 01:37:03 | URL | ごま #mk53IokM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。