こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇団四季「アイーダ」 11月8日、「歌おう」イベント
劇団四季「アイーダ」 
2007年11月8日  新名古屋ミュージカル劇場
『歌おう』イベント日

[キャスト]
アイーダ  秋 夢子    アムネリス  佐渡寧子  
ラダメス   渡辺 正    メレブ     有賀光一  
ゾーザー  飯野おさみ  アモナスロ  川原洋一郎  
ファラオ   前田貞一郎  ネヘブカ   松本昌子 

【男性アンサンブル】
谷本充弘   塚下兼吾  川東優希  富澤和磨  黒木 豪  鶴原谷 圭
影山 徹   海老沼良和  
【女性アンサンブル】
伊藤 恵  西田桃子  松下沙樹  杏奈  市川友貴  須田綾乃  オ ユナ

『歌おう』のイベントにつられ取った日なので、またまたC席です。
今日の「お初」は渡辺ラダメス、川原アモナスロはお久かな??
アイーダも今井さんから秋さんになっていて、冒頭の博物館シーンで「おやっ?あっそうか、秋ちゃんだった・・・」でした(爆)

渡辺ラダメス・・・・う~~ん。声が若くって、歌に無理に「ドス」を利かせているようにも思えます。髭で顔はまぁよいですが荒っぽいところがない・・・・「おぼっちゃま」みたいでした。台詞が自然でアイーダに「聞こえたぞ」と言うあたりもとっても嬉しいそうで良いです。
「勝利目指して」の最後の「危険おっかーして♪」の「お」は阿久津さんのように上がっていました。
身体は鍛えてあるようでしたが(爆)これからですね。

川原お父様・・・ちょっくら「デビル」の影が見えないでもないけど、どっしりした感じが良かったです。

さて、イベントの方は、受付で席番とアンケートを書いた紙と、質問を書く紙・・・これは始まるまでに書いて提出!
一旦ロビーに出てからまた客席へ・・・待つ間に靴をスリッパに替えました。

あらかじめ席が決められていて、5つのグループに分かれていました。
俳優さんは谷本充弘さんの司会で、歌唱指導は佐渡寧子さん。ピアノがダンサーなのにピアノも弾ける(すごいな!)川東優希さん、他に松本昌子さん、伊東恵さん、塚下兼吾さん。

佐渡さんの指導で、まず準備体操。身体を楽にして、肩の力を抜くように腕をプラプラ、にんじんを引き抜くように(笑)屈んで腕と肩甲骨を動かす。
発声練習は唇をぶるぶるさせて声をだしたり、音をだんだん上げながらサイレンのようにまたゴスベルのリズムを取るように声をだす。
そして、口をあけて上を向いて。。、、そのまま口の大きさや顎の形を変えないように正面を向いていく・・・・なるほどこれをやると「喉」が開く感覚がわかります!!
そして。声を遠くに飛ばす!!

歌は、1幕最後の「神が愛するヌビア」の短縮版。
歌いやすそうでもあり、いつもハモって歌っていたので(笑)正当キーで歌いました。
ボードに歌詞が書かれていて、いつくか分割してピアノの伴奏で歌い、大切にする言葉や、フレーズで強弱をつけるなど指導もありましたが、最終的に「好きなように歌って下さいね」(笑)でした。そして本番でも使うようなテープ演奏で仕上げ。

さて・・・ボードもはけて、グループごとに舞台上で「発表」。ヌビア人になって、エジプト人を憎んで2階席あたりを睨みつけて。。とか(爆)
グループが進むごとに「ここで手の振りをつけてみては?」とかで、だんだん好きなように身体を動かしてみたりと楽しそう~~~
最後の方になると「歌詞カードはずしましょう」とか・・嫌、そればできない!!「できなーい♪」
客席の後部に先ほどのボードが登場、大きな懐中電灯で歌詞を追ってくださいました!
2階席には人??エジプト人だ!!他の俳優さんのようでした。

私も思いっきり歌ってきました!!
音楽と照明も入って、歌っていても感動!!

そして質問コーナー。
ここで登場したのが「名古屋で生まれた新ラダメス」渡辺正さん!
箱に入った質問用紙を一人ずつ選ぶ・・

松本さん
・2幕のはじめの「どうしたらいい」でアイーダとアムネリスの立ち位置が変わるのは意味があるのですか?」これは私じゃないほうがいいということで
佐渡さん「聞いたことが無くて・・・・・『どうしたらいい?』(笑い)ラダメスが三角形の頂点で愛情が変わったということかな?」

もう一つ松本さん
・舞台上の電気が消えたとき、人や物にぶつかったことは無いか?からないか?
「今まではないけど、危うい時はありました!出る順番が決っていて、ダッシュではける時に前がつかえると危ない。気をつけてがんばります。」

塚下さん
・普段から喉の手当てを気をつけていることは?
「喉を潤うように・・・加湿器とか、寝る時にマスクをするとか」
ぬれマスクが出ているけど、結構苦しいとか(笑い)

伊東さん
・テンションを高めるためにどうしているか?
「テンション高めると私は空回りをするので、集中します。その方がいいです(笑い)具合が悪い時とかは仲間とおしゃべりしたりして・・・」
他から「音楽聞いている」谷本さんが「筋トレしていると、身体が温まって、(最初のパワフルなシーンが)できる」

川東さん
・歌の練習は何時間くらい?
「歌は毎日発声と歌で30分。歌自体は15分か10分で、あとは個人でレッスン」

佐渡さん
・役になりきるために心がけていることは?
とここで渡辺さんに振る佐渡さん
渡辺さんは・・・「えーー?・・・・えーー?(笑い)・・・2週目だからね、えーーー?」(笑い)「ラダメスはマッチョなイメージを作るためにアーノルド・シュワルツネッガーの映画を見たり「北斗の拳」とか」『お前はすでに死んでいる』(と突っ込まれて(笑))
佐渡さんが「身体から入っていくのが大きい手ですね。初めて衣装着た時に似合わない・・・(笑い)と言われていたのが似合ってきた」(笑い)

渡辺さん
・役にどういった気持ちで取り組まれているか、役をひきずったことなどありませんか?
渡辺さん「恋をしたことが無い人間が。アイーダと出あって・・・ゴロゴロ変わって行って最後は透明な心になる。アーノルド・シュワルツネッガーをイメージしてネッガーネッガー(笑)ラダメスの台詞なんて、自分じゃ言えないって・・(笑い)
回り見えなくなってブツブツ台詞言いながらいると怪しい人みたいだとか(笑)」ひきずってますねと突っ込まれていました。

佐渡さんと渡辺さんは以前にも共演したことがあるそうで佐渡さん「変わったね~~」(笑い)

谷本さん
・生まれ変わったらアイーダとアムネリスとどちらになりたいか?(大笑い)  
ここで真面目に考えている谷本さん「黒いアイーダも言いし、白いアムネリスもいいし・・・」とひとしきり悩む谷本さん。。。。「メレブになりたい」(笑い・拍手)メレブ、良いですよーーねっ。

ということで終了しました。

いやーー渡辺さん、まだまだ四季に染まっていないというか・・天然というか、大いに笑わせてくださいました。
一人でもって行くかと思っていたら、最後の美味しいとこ取りは谷本さんでした(笑)

1時間の予定でしたが段取りのこともあると思いますが、少し延びましたが、歌うイベントも質問コーナーも楽しかったです!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。