こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝塚月組 「MAHOROBA」「マジシャンの憂鬱」 9月3日
宝塚月組「MAHOROBA」「マジシャンの憂鬱」
2007年9月3日(月)  宝塚大劇場

出演:瀬奈じゅん、彩乃かなみ、霧矢大夢、大空祐飛、遼河はるひ、城咲あい、出雲綾、嘉月絵理、他月組生
  専科・・矢代鴻、萬あきら、未沙のえる

月組公演のショーを謝珠栄さんが振付・演出するということで見に行きました。
「MAHOROBA」と言うタイトルからして「ヤマトタケル」かなと思っていたら、そうでした(爆)
ヤマトタケルのクマソ退治から東国遠征あたりをショーの時間を1つの物語としていました。
和ものダンスなので和服にブーツには慣れてきました(笑)
違和感が無いわけでもないのですが、タカラヅカならありかなと・・・
静かな音楽とともに何人かが出てくる演出は、謝さん好きですねーー。
スサノオの萬さん、ツクヨミの未沙さん、アマテラスの出雲さんが時々出てきて、時にはコメディ担当(笑)
時折台詞のようなのも入りますが、歌詞が時々聞き取りにくかったのですが、ショーの進行に特に気にはなりませんでした。

剣を使ったアクション的なダンスもあり、TSミュージカルファンデーションで見た「AKURO」や「風を結んで」を思いうかべるようなところもあり、ちょっと違うところでうるうる・・・
そうだ「今ちゃんかっこよかったよなー」「平澤さんや、駒田さんも決っていたよなー」「綜馬さんは踊ってなかったけど今ちゃんの形は決まっていたな」とか・・・

あさこさん(瀬奈さん)、キリヤン(霧矢さん)、ゆうひ君はじめたからジェンヌの形も決っていました。遼河さんは背も高くて見栄えがしました。
宝塚なのだけど、少しいつもの「タカラヅカ」とは違う感じがして、これも良いなと、舞台の使い方はやはり上手いと思いました。

「マジシャンの憂鬱」はまさに「ミュージカル!」
台詞から突然歌いだすのだもん(笑)それでも許せました(笑)
コメディタッチで、台詞の間が良くて、台詞のやり取りの中でちょっと
意外な答えがでてきて笑えました~~。

マジシャン・シャンドール(瀬奈)は透視ができると話題になり、依頼者がぞくぞく。実は仲間たち(大空他)が裏でリサーチしていた。あたるはずだわ。
そんなとき、特別に訓練されたボディーガードのような女性3人、ヴェロニカ(彩乃)たちにに拉致されるシャンドール。
その先には皇太子(霧矢)が自動車事故で亡くなったイギリスしゅしんの皇太子妃の死の真相を透視してくれというもの。ヴェロニカたちは皇太子妃のボディーガードで、イギリスから一緒に来た。
シャンドールは事故現場で「事故でした」というつもりが銃で襲われ、皇太子はますます「事件」だと確信する・・・そんな中「皇太子妃は生きている」ということにしようとしたら・・・とある人物に襲われ地下墓地へ・・・
そこにいたのが墓守夫婦(未沙。矢代)に守られていた記憶をなくした皇太子妃(城咲)・・・
皇太子妃暗殺の犯人もつかまえて、旅に出るシャンドール。ヴェロニカは・・・・

皇太子妃が自動車事故で亡くなるという話はダイアナ妃の事件のパロディのようでもあり、宝塚では良く使われる話と思いました。

ただ・・・何故埋葬された皇太子妃が生きて助け出されたのかが今一つわからなかった・・・

専科の矢代さんと未沙さんが墓守夫婦出てていたのですが、良い味出していて、目が離せませんでした(笑)
皇太子妃の存在をはじめは強気に「知らん!」が、ばれると「しっとるーー」に変わりちょっと弱気・・・(笑)

シャンドールが「シャンドン」に聞こえて、えっ「ファントム」??あっ、違った(爆)
キリヤンの話し方が「劇団四季調」になっていて台詞がはっきり聞こえてきました。お姉さんに教えてもらったかな???(笑)
かなみちゃんの台詞はちょっともたっとしたところがあったなー。

今回でさよならの副組長の嘉月さん、もう少し出番がほしかった!!
謝さんの振付ににたところがあって、芝居の方も?と思っていたら平澤智さんの振り付けでした。納得!

お芝居が後とはいえしっかりロケットもショーもあり、リフトはわたるさんのさよなら公演の時と同じかな?
大階段降りの「エトワール」代わりが大空さんでした。
話の展開に少々??なところもりましたが、あさこさんがかっこいい役で良かった!!コメディの方がいいなぁぁ~~~
公演も後半だからか、手拍子が入るところもあり、それなりに盛り上がっていましたが、1階席後方は空いていました。
そういえば出雲さん、組長だったよね。まだ「宙組」のイメージが・・
「ファントム」花組の「カルロッタ」のために一度専科に移ったのかも。出雲さんのカルロッタは好きです!

今回は道具の動きも見ていたのですが、そういえば宝塚って、道具の出し入れも出演者。黒子さんが目立つところに出てくることはないです。時々ちらっと「手」とかみえますけどね(笑)

あっと言う間に終わりました!!
今年はTSの公演がないので「MAHOROBA」を見て少し満足。
「MAHOROBA」の時代は「AKURO」とのつながりなのかな?とふと思いました。

月組次回作は「ミー&マイガール」。もしかしてあさこさん退団?(爆)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ヤマトタケル・・・ここ半年なぜか、古事記・日本書紀が、マイブームな私です。早速チェックします!

 関係ないですが、私の大好きな21世紀歌舞伎組の、来年の中日劇場は「ヤマトタケル」。三年前にやったばかりなのに・・・。とは思いますが、熊襲征伐のアクションシーンとかを旦那に観せたいので、行くんですがね・・・
 
2007/09/06(木) 18:24:58 | URL | 社本 #-[ 編集]
>しゃもちゃん
「ヤマトタケル」はいろんなジャンルで舞台化されているのですね。
21世紀歌舞伎組も再演ということは人気があったのかな。
歌舞伎のアクションシーンもかっこいいですよね!
それは楽しみですねーー。
2007/09/07(金) 16:11:10 | URL | ごま #mk53IokM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。