こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝塚宙組「華やかなりし日々」「クライマックス」 5月13日
宝塚宙組「華やかなりし日々」「クライマックス」
2012年5月13日(日)11:00~ 15:00~ 宝塚大劇場

東京公演も後1週間ほどとなりましたが、今更ながら宝塚大劇場の前前楽、前楽のレポなぞ・・
かなり忘れていますが(爆)
13日の11時公演はセディナ貸切でした。
大空祐飛さんと野々すみ花さんのサヨナラ公演となりました。
同時退団する風莉じんちゃんをツレの影響でチェックチェック。

「華やかなりし日々」
女の子をスターにして、自分は去っていく・・・、どこかで聞いたような、見たような話ですが。
ゆうひ君がラスト近くに赤いバラの花束を肩に背負って出てくるのが「かっこいい」かな。
今度専科に移動になる北翔海莉さん(みっちゃん)と祐飛君のからみが多く、
みっちゃんが二番手扱いなのか?と思ったら・・・やはり凰稀かなめさんは、出番は少ないけど、ポイントとらえていましたわ~今回はすっかり引き立て役でしたな。
先の赤いバラの花束は、スターになった娘へのプレゼントなのか、銀橋においてオケ側に降りていく時に「さらば」のポーズあり・・・こういうところが決まるのでしょうね。
その花束を拾うのがかなめさん。トップの引き継ぎを暗示しているようですね。
話はハッピーエンドでもなく、サヨナラ公演にはちょっと何か足らない・・・

じんちゃんチェック・・
市長役で出ていて「おっさん」しています。

「クライマックス」
あんまり覚えていないけど・・・
「モン・パリ」の歌で目に浮かんだのが「宝塚BOYS」
違う意味でちょっとウルウルしてしまいました・・・・
初舞台生のラインダンスはひよこのようでかわいかった!

じんちゃんチェック・・・冒頭からシンガーグループで歌っています。
「クライクライクライ」
歌で要所要所を締めていました。
中づめでも、パンチの効いた歌を歌っています・・・「クライクライクライ」じゃないけど「暗い暗い暗い」
暗いよ~~~~~
コーラスの先導のような位置づけ。良い場面もらっていましたね~
黒燕尾のダンスも参加でした。
そして・・・同じく退団する百千糸さんと花露すみかさんと3人のエトワール。じんちゃんは三角の頂点にいて最初に歌います。歌は・・・「誰も寝てはならぬ」のアレンジ?
じんちゃんのエトワールは初めて?歌が上手いのに男役だからかな。
とにかく今までの公演のことを思うと見せ場が多かった!!

15時の公演は・・・ツレの某ジェンヌさんのご縁で見ることができました。
2階のB席だったけど、前はクリアーだし、良く見えるし、満足満足!!
そしてサヨナラショー
「カサブランカ」
「ファンキーサンシャイン」・・ここのその他の衣装って月組の「レビュー・オブ・ドリームズ」の時のに似てない?
「誰がために鐘は鳴る」からマリアの歌をすみ花さんが銀橋で歌い、祐飛君も台詞で参加。
「トラファルガー」の「VICTORY」を祐飛君、かなめちゃん、みっちゃんと歌い継ぐのはかっこよかった。
「引き潮」・・花組の「Red Hot Sea」から・・・このシーンの床照明がきれいで、2階席で良かった1!
祐飛君とすみ花さんのデュエットダンスは良かったよ~何故かうまく見える・・・(爆)

他の退団者の歌。
百千糸さんは「NICE GUY!」から・・(後でわかった)
藤咲えりさんは。。。「バレンシアの熱い花」かな。
花露すみかさんは、「アパショナードⅡ」から。

そして・・・後ろ向きでせり上がってきたのが・・・じんちゃん!!
哀愁がただようかのような背中がいいねーー
「エクスカリバー」から「未来へ」
じんちゃん初舞台の作品、そして宙組誕生の作品。
じんちゃんは宙組誕生とともに宝塚を生きてきたのですね~~
最後は4人で歌っていましたが・・・もっと聞きたかったなーー。

祐飛君の「ヴァレンチノ」と「誰がために鐘は鳴る」
そして・・・小夏が喪服で赤ちゃんを抱いて登場すると、下手から悠未ひろさんの専務が・・・
「みずはらくぅぅん」というと客席から笑いが(笑)
ここで・・・涙だーだーで笑っていた人も多かったのでは・・
そして・・・・祐飛君の銀ちゃん「主役は俺だ!」
寿組長の監督の「カット!」のあとはみっちゃんヤス・緑のジャージで「銀ちゃんかっこいい!!」
「蒲田行進曲」
組子さんたちが何組かに分かれて、「銀ちゃん」に寄っていくのが微笑ましかった。
じんちゃんはここはいなかったので、千秋楽は階段下りの準備かな。
ということで・・・大いに盛り上がってサヨナラショーは終わりました。

祐飛君の挨拶で「あまりしめっぽくならないように・・・」ということで
なるほどねーー。
祐飛ファンには美味しかっただろうねーー。

大空祐飛さんと野々すみ花さんのコンビの良さは・・・私はどうも何が良いのか良くわからなかった。
祐飛君のこもるような歌い方とすみ花さんの鼻にかかった歌い方が好きじゃなかったからかな・・・

風莉じんちゃん
ツレがじんちゃんチェックをしていると聞いて、んでは・・・と見るようになったのだけど
見つけるのは意外と簡単でした。
「おっさん」を見つければいいのだけど、とにかく下半身がどっしりとしていて軸がぶれない。
「おっさん」なのである。
これは専科のおっさん役をこなす方々にも匹敵するものです。
宝塚では「かっこいい男役」が良いのでしょうけど、女がすべての「男」を賄う宝塚では
「おっさん」は必要不可欠。
未沙のえるさんの後釜に・・とひそかに期待していましたが、ああ残念!!
未沙のえるさん、汝鳥伶さんなど、軸がしっかりしているから、何をやってもプレないのである。
男役さん・・トップの男役といえど・・・かっこいいのだけど、下半身フラフラな人も何人かいたよ。
こういう「おっさん」キャラを演じられる人が減ってきましたねーー。
じんちゃん・・・同期のみっちゃんにお花をもらって送られたかったのかな・・・

千秋楽・・入り待ちしながら当日券の抽選にも並びました。
ツレははずれて、私は・・・エスプリホールの中継は大丈夫な番号を当てましたが・・・
指をくわえて見ていたツレに・・・いやいや、前楽を見られたお礼に譲りました。
入り待ちは・・・・
多分、こんなにギャラリーが集まるトップのサヨナラは最後じゃないか・・・・
周りの人とそんな話をしながら見ていました。
じんちゃは、「いってらっしゃーい」の声にとびっきりの笑顔で手を振って入っていきました。
祐飛君は「銀ちゃん」のようなファッションでした(笑)
銀ちゃん・・・好きなのだそうですが・・うん、かっこいい!!

ツレにランチをごちそうになって、帰途につきました。
疲れたけど・・楽しかったよ!!


【出演】
宙組
寿つかさ、鈴奈沙也、大空祐飛、美風舞良、悠未ひろ、北翔海莉、風莉じん、大海亜呼、
凰稀かなめ、鳳翔 大、花露すみか、蓮水ゆうや、凪七瑠海、純矢ちとせ、愛花ちさき、
七海ひろき、鳳樹いち、花音 舞、風羽玲亜、天風いぶき、野々すみ花、藤咲えり
花里まな、天玲美音、澄輝さやと、綾瀬あきな、舞花くるみ、百千 糸、すみれ乃麗
月映樹茉、凛城きら、松風 輝、夢莉みこ、愛月ひかる、星吹彩翔、瀬音リサ、愛白もあ、
蒼羽りく、結乃かなり、雪乃心美、夢涼りあん、美月 悠、風馬 翔、花咲あいり
桜音れい、星月梨旺、愛咲まりあ、咲花莉帆、春瀬央季、桜木みなと、実羚 淳
彩花まり、朝央れん、涼華まや、七生眞希、真みや涼子、伶美うらら、留美 絢
和希そら、瀬戸花まり、秋音 光、美桜エリナ、花乃まりあ、里咲しぐれ、夢月せら、
貴姿りょう、夢なつき、留依蒔世、花菱りず、水香依千、秋奈るい、朝日奈 蒼

98期生A班
暁 千星、遥羽らら、潤奈すばる、穂稀せり、麗 泉里、蒼真せれん、華雪りら
叶海世奈、瀬南海はや、桜花りな
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
宝塚宙組「華やかなりし日々」「クライマックス」2012年5月13日(日)11:00~ 15:00~ 宝塚大劇場東京公演も後1週間ほどとなりましたが、今更ながら宝塚大劇場の前前楽、前楽のレポなぞ・・かなり忘れていますが(爆)13日の11時公演はセディナ貸切でした。大空祐飛さんと野...
2012/06/26(火) 05:23:31 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。