こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「エリザベート」 5月22日マチネ  
ミュージカル「エリザベート」
2012年5月22日(火)マチネ 帝国劇場

2012年版「エリザベート」
新キャストも出ているので、とりあえず2公演、マテさんのトートが見たくて行きました。

初登場
岡田フランツ、そつなくこなしている感じ。思ったより合っていたかな。
バートイシュルが若くて良かった!

平方ルドルフ。ルドルフ以外はどこにいるか発見できず。
歌は上手い。ダンスもそこそこいける。良いんじゃないかな。
元宝塚の青樹泉さんに何となく似ていると思いました(笑)

今井シシィパパ、悪くはないけど・・家庭教師といちゃつくところがちょっと硬い(笑)

席が前方上手だったこともあり・・・マテさんの視線は飛んでくるは、かなりの勘違い席(笑)
マテトート、日本語「ガンバッテル」歌いにくいだろうなーー。
山口トートとも、今回はまだ見ていないけど石丸さんのトートとも違う、ちょっとやんちゃな感じ。
最後通告のところの羽ペンは、投げてしまっていた。

ドルフ逮捕のところは、あまり「ダンス」していない・・・
「悪夢」はルキーニに渡すナイフ?を指揮棒代わりにしている。

ラストはシシィをお姫様抱っこして、棺桶に入れて、最後に上手方向を見たので・・・こっちを見られた??
ああ、勘違い!

歌も特に「上手い」とは感じないのだけど、これは言葉の都合なのかな・・・
日本語はがんばっているし、多分意味は分かっているとは思うのだけど
まだメロディーに乗せきれていないような気がして・・
想像ですけど、本人ももどかしいのでは??
でも・・・何故か魅かれる・・・・
それに「トート」にしっくりきているように思えました。
好みかもしれないけど、私は「また見たい!」です!

シシィの春野さん。
うーーん、もっと歌えるのかと思ったけど、まだ表情も硬いし、「最後のダンス」はじめ、笑っているのかなんだか「にやけて」見えるのがどうもしっくりこない。
それと子ども時代が・・私は受け入れがたいものがありました。
「私だけに」はまぁ良かったですけど・・・・
1幕最後の扇を開くところが・・・・アクションが多くてもったいぶらせるのも・・・
失礼だけど。。。やっぱりお顔が大きいわーー。
意外とがっかりだった。
宝塚で舞台は何回と「初演」はやってきていると思うのだけど、今回はぎこちなさが目につきました。

最近の舞台を見ていて、初日間際に「これから」と思わせるものが多い。
それも「期待」としてみればよいのかもしれないし、舞台は日々成長しているのだけど
決して安くないチケット代を払って見に来るものとしては、
「今後に期待」ではなくて初日に完成されたものを見せてほしいと思う。
春野さんのシシィがこれである程度完成しているのだとすると・・
好きじゃないなーー。

トートダンサーズ、割と粒ぞろいだったような・・・
目立つわけでもなく、かといってもしなかったら・・・寂しい(笑)
自分たちの「立場」をわきまえているように思えました。
寿さんのゾフィ―。凄さが増していた・・・その分最期のシーンが効いていたように思えました。
アンサンブルさんたちも良いです!


変更箇所、忘れているのもあるけど・・
カフェのシーンのボーイさん、お盆を掌で回さなくなった??
少年ルドルフの「ママどこなの」の部屋は模様替え。
ルドルフが持つのも剣じゃなくて「ピストル」
これは・・・最期に持つのも「ピストル」だと暗示しているようで、良いです。
ピストルを撃つと旗が出てきて・・・今回はピストルの先に引っ掛かっていて
トートが取り出して広げていました。そこにはハプスブルグの紋章がありました。

精神病院の偽シシィのヴィンディシュ嬢、シシィから傘を受け取った後、柵の中に入ってからの振りが変わった??
患者の一人が手にキスをしなくなったのか、見逃したか・・・
「ハス。憎しみ」の振り付けが変わった!
コルフ島のシーンは大幅改定。
シシィは座らない、立ったままで侍女からペンと紙を受け取る。
パパはセリではなくて、下手から登場する。
マテトートの「闇が広がる」
タワーから「滑り降りる」のか「梯子段で降りる」のか・・見逃した!!

前回の2010年公演あたりでうすうす感じていて、今回でそうだと思えたのは・・・
「エリザベート」の空気が違う。
そりゃキャストも変わるのですから、違ってきて当然なのだけど、
私は再演から見ていますが、もう、別物と見た方がいいかも。
あっさりしているというか・・・・何かもうひとつ欲しい!
と言っても、これはこれでよいのですけどね!!

【キャスト】
エリザベート / 春野寿美礼  
トート / マテ・カマラス
フランツ・ヨーゼフ / 岡田浩暉   
ルキーニ / 嶋政宏
マックス / 今井清隆   
ゾフィー皇太后 / 寿ひずる   
ルドルフ / 平方元基
ルドヴィカ / 春風ひとみ   
マダム・ヴォルフ / 伊東弘美  
エルマー / 岸 祐二

グリュンネ伯爵 / 治田 敦
シュヴァルツェンブルク公爵 / 阿部 裕
ツッエップス / 大谷美智浩
ヒテンシュタイン伯爵夫人 / 小笠原みち子
ヴィンディッシュ、家庭教師 / 河合篤子

従者 他 / 奥山 寛
市長 他 / 川口竜也  
ゴンドルークル伯爵 他 / 近藤大介
ハンガリーの青年 他 / さけもとあきら
兵士 他 / 白石拓也
ビューブナー男爵 他 / 砂川直人  
ケンペン男爵 他 / 武内耕
シュテファン 他 / 谷口浩久  
ジュラ 他 / 田村雄一
ハンガリーの青年 他 / 俵 和也
ラウシャー 他 / 中山 昇  
叔父 他 / 橋本好弘
兵士 他 / 横沢健司

ヴァイオリンを弾く患者 他 / 石田佳名子
民衆 他 / 石原絵理
マデレーネ 他 / 柏木ナオミ
エリザベートの妹 他 / 木村晶子  
スターレイ 他 / 九路あかり
タチアナ(娼婦)他 / 首藤萌美
女官 他 / 園田弥生
ミッツィー(娼婦) 他 / 谷合香子
女官 他 / 中山旦子
姪 他 / 樋口 綾
死刑囚の母 他 / 真記子
親戚 他 / 水谷祐紀
ヘレネ 他 / 南海まり

トートダンサーズ / 飯田一徳、加賀谷一肇、佐々木信彦、柴一平、白髭真二、千田真司、田極 翼、東山竜彦、


少年ルドルフ / 坂口湧久

指揮・西野 淳
脚本・歌詞・・・ミヒャエル・クンツェ  
音楽・・・シルベスター・リーヴァイ
演出・訳詞・・・小池修一郎
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ミュージカル「エリザベート」2012年5月22日(火)マチネ 帝国劇場2012年版「エリザベート」新キャストも出ているので、とりあえず2公演、マテさんのトートが見たくて行きました。初登場岡田フランツ、そつなくこなしている感じ。思ったより合っていたかな。バートイシュ?...
2012/06/19(火) 23:37:51 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。