こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム「黒い三連星」のガイアは名古屋弁?
BSの有料放送「アニマックス」。(加入当時はCSだったのですが)
加入したきっかけは「勇者王ガオガイガー」
劇団四季の高井治さんが挿入歌を歌っていたので、その回目当てに入りました(爆)
歌が流れたのは3回。まだまだオペラな歌い方でしたが、こんなアニメに?意外といい感じに入っていました。

と話はそれではなくて、最近録画して見ているのは「機動戦士ガンダム」
いわゆるファーストガンダム。っていうか私の中でガンダムはこれしかないので(笑)

本放送をリアルタイムで見ていたのだけど、当時「今までとは違うロボットアニメだから見なさい」と友達からの指令により見ていました。
確かに違う・・・
それまでは、勇ましく戦っていた主人公だけど、これは戸惑いながら戦っている。
しかも、発進時のGやら、やられた時の死の恐怖。「おかあさん!」と言って死んでいく兵士。
さらに人類の進化としてのニュータイプなど。
当時のマニアの間では評価は高かったのですが、視聴率は上がらず、大人の事情もあり途中打ち切り。
その後、再放送で火がついて、いまだにシリーズものが続いていますね。

ブライトさんは白目がなかったはずなのに、時々白目付(笑)

さて、表題の黒い三連星
補給に来たマチルダさんが、やられてしまう回の「迫撃 トリプルドム」で、
地球に到着してマ・クベと話している三連星のガイアの台詞に
「んんん?」
今頃気が付いたのか!!と言われるかもしれないけど
微妙に名古屋弁?岐阜弁?
制作が名古屋テレビだから、ありえるのだけど

「シャアと我々とはわけが違うて」(途中略)「まぁええ」

文字だけではニュアンスが伝わらないかもしれませんが、
いや~~~名古屋弁のイントネーションやったがね。

この放送、都合が悪い言葉は消しているのか、時々一瞬音が消えています(爆)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。