こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
綾野剛さん・・・・「カーネーション」
NHK連続テレビ小説「カーネーション」
ほぼ毎日、お昼休みに見ていますが、先週は見られない日が多かったのでBSの土曜日に一気にやっているのを見ました。

糸子と周防さんの恋、ミシンを踏む周防さんの後ろから抱きつく糸子のくだりは切なくて・・・奈津の結婚相手の桜井さんのラサール石井さんの「幸せにしてやりたいんです」で、もう・・・泣けたよーーー

ところで周防役の綾野剛さん、調べてみたら岐阜県出身だとか。
ドラマでは長崎弁をしゃべっていましたが、三味線とともに苦労されたらしいです。
公式HPにはインタビューも載っていますね~~~
こちら

ちょっと影があるような「ヤサオトコ」っていうか、かっこいいというより「ちょっとええやんか!!」
今までに映画・ドラマと出演されているようで、芝居もしっかりしているし今後も注目していきたいです。
それにしても・・・ネットで出てくる長髪の写真。これが基本のファンの方には「違う綾野さん」なのでしょうか・・・ふふふ。

「カーネーション」は他にも、とぼけてるんだか何だか「はぁ?」のお母さんの麻生祐未さんや、いかにもほら吹いてまわりそうなほっしゃん。さん、(何だか変な表現・・・)
小原家に集まって、糸子を説得しようとしつつ、子どもらに泣かされていた時の木之本のおっちゃんの泣き方とか、ちょっとおかまちっくな恵さんの六角精児さんとか、いろいろツボにはまっています。

あんなミシンは・・・そういえば八幡の前の家にあったな・・
母も洋裁をやっていて、注文服を作っていました。「オーダーメイド」ですな。
母の洋裁の先生も厳しいけど、洋裁以外には優しい先生で、今頃二人は別の世界で見ながら何か作っているのかも・・・
見ていると洋裁をやりたくなります。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。