こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『くまモン・・・はまってるよ(笑)』 シャメとゴマのおバカな毎日、その 272
シャメとゴマのおバカな毎日、その 272
『くまモン・・・はまってるよ(笑)』

最近はまっているもの・・・
201301-kumamon-1
「くまモン」

中から出てくるのは・・・
201301-kumamon-2
シャメモン?(笑)と・・・
201301-kumamon-3
ゴマモン(笑)

くまモンのトートバックです。

で・・ツレから色違いが届いて・・・
kumamon-7
シャメ・ゴマ「どっか行こうよーー」
玄関先でバックに「はまって」待っています(笑)

はいはい、夕飯の買い物ね~
ゴマ「きゅ~~~」
スポンサーサイト
ああっ、車が~
昨晩、車で買い物にでかけました。
「行きはよいよい、帰りは恐い」
目にあいました。って恐ろしい「怖い」ではないのですが。

お店の駐車場で、車に乗ってさあ帰ろう!とエンジンをかけようとしたけど
かからない!
アクセルをふかしながら~一応モーターは回っているようだけど、
やっぱりかからない。数回やってもダメ。

どーしよう~
車置いて歩いて帰るのか?
あっ、上着着てないから寒い!
ツレに電話してみた。
「JAF を呼べ」
あっ、なるほど。
で。電話してきてもらった。

バッテリーでもないようで、
最近の車はコンピューターで管理されていて、
コンピューターに繋げてみないとわからないことが多いらしい。
ベルトが切れてるとか、見てわかるものもあるらしいけど、
叩いても直らないってことね~(笑)

レッカー車に前輪を乗っけて、私はJAF の車に乗せてもらって
家の駐車場に連れてきてもらいました。
車屋さんまで。移動が必要ならまたきて下さるそうです。

会員になって、初めて利用しましたJAF
車屋さんは、月曜日にきてもらうようお願いしました。
これをきっかけに、他にも壊れそうな予感~(--;)
ドラマ「父の花、咲く春~岐阜・長良川幇間(ほうかん)物語」
岐阜を舞台にしたドラマです。

「父の花、咲く春~岐阜・長良川幇間(ほうかん)物語」
4月3日(水)22:00~22:59
NHKBSプレミアム

【出演】桐谷健太、蓮佛美沙子、野村又三郎、柴川菜月、日野陽仁、
    林 隆三、岩本多代、伊藤 蘭 ほか

NHKのHP

あらすじ(HPより)
「岐阜市に残る伝統に、男芸者の花が咲く」
病気の母(伊藤蘭)が、最後に息子の次郎(桐谷健太)に会わせようとしたのは、伝説の幇間と呼ばれた梅次(野村又三郎)だった。
梅次が自分の父親らしいと知った次郎は、行方不明の梅次を探す。そして、次郎が出会ったのは、美しい芸妓の梅花(蓮佛美沙子)、粋な呉服屋の山藤(林隆三)、置屋の女将・ 晴代(岩本多代)ら、悲しみを背負いながらも笑顔で生きていこうとする人々だった。そして次郎が知る父の真実とは・・・

*幇間【ほうかん】・・・「幇間」とは、間を幇ける(たすける)男の芸者。かつて豊臣秀吉に仕え「御伽衆(おとぎしゅう)」と呼ばれる芸者たちがいたそうです。当時、男であった芸者は、後に「幇間」「太鼓持」と呼ばれるようになり、宴席の「間を幇ける(たすける)」存在として、芸舞妓とともにお座敷には欠かせぬものとなりました。しかし、時代とともに幇間の数は次第に減り、今では岐阜市に一人、全国でも数名が活動するだけとなりました。

*置屋【おきや】・・・芸妓舞妓が暮らす家のこと。

*岐阜の花柳界・・・岐阜城が見下ろす長良川沿いの町には、かつて多くの商人たちが住まい、流通の要となっていました。今も「川原町」と呼ばれる地域には古い町並みが残り、その名残を見ることができます。岐阜の芸舞妓は、お座敷だけでなく鵜飼の舟遊びの供として、目利きの旦那衆に育てられ、その伝統を今も受け継いでいます。

**************************************

岐阜には「喜久次さん」という素敵な幇間がいます。全国でも数名となったお一人だそうです。
「太鼓持ち」のイメージとはちょっと違う・・・
まぁドラマを見ればわかるかな・・・

岐阜の長良川が出てくるようです。
うちからわりと近いです(笑)
宝塚月組「ベルサイユのばら」3月24日
宝塚月組「ベルサイユのばら ‐オスカルとアンドレ編‐」
2013年3月24日11:00~、15:30~ 東京宝塚劇場

宝塚で見た後、友達の話など聞いて、みりおちゃん(明日海りお)のオスカルが見たくなって、東京行決定!(笑)
取っていてたチケットはまさお君(龍真咲)オスカルだったのでさてどうしよう・・・
千秋楽は取れていたので、前楽が手に入れば一日で見られるし、月組最後のみりおちゃんも見られる。
でも他の日は結構前席・・・迷っていたら友達に「楽でしょう」と言われて
楽日にしました。

11:00~
オスカル・・明日海りお
アンドレ・・龍真咲

ちょっと寝不足気味ではあったけど何とか見ました。
みりおちゃんのオスカル・・コムちゃんにやっぱ似ている~~
まさお君のアンドレは・・ちょっとイメージが違うのだけど悪くはない。
ブルーのアイシャドウが目じりから下の方まで入っている。
優しい感じになっている・・・

まず全体的に、さすがは楽日、芝居が濃くなっている・・うまくなっている。
特に群衆で動くところは少しずつではあるけど「個性」が出ている。
けどまだ、同じ動きも多いな・・・
このあたりはテレビの「カフェブレイク」でみやちゃん(美弥るりか)が「どう動いていいのかわからないみたいで・」と指示していたとか。
うーーん、でもね、舞台に立つための勉強していて、自分がどう動けばいいか、考えている人と考えられない人といるのか??このあたりは甘い!!

みりおちゃんのラストオスカルにして初見になってしまった。
ジェローデルが「身を引きます」で涙・・
ジェローデルがオスカルより早く敬礼を解くとツレに言われて見ていたけど
やはり早かった。
でも、次にすぐ台詞もあるからじゃないかな?
みりおちゃんは、まさお君の時よりも長く敬礼していたな。

マロングラッセの「パリに行かないで・・」ってな台詞の時も涙声だった。
ロザリーのちゃぴ(愛希れいか)も、オスカル様とのシーンは涙ぽたぽた~~~
そっと涙をぬぐうみりおオスカル・・このあたりで周りからもすすり泣き~~

民衆に発砲するかどうんの橋の下、ジェローデルがひっぱたかれて、倒れる・・・
「シトワイヤン、ゆこーーう!!」で客席から大きな拍手・・・拍手するんか――(爆)

迎えに来たアンドレの馬車に乗る時の駆け寄り方がかわいい!!(爆)
馬車ねーー、宝塚より高く上がるような気がしたけど・・
このクレーンの裏方が見えにくくなっていた(爆)

「パリ・ジュテーム」の時の足の上りが少し中途半端だったような。。。
「ボレロ」は特にミスもなかったと思ったけど。。。ミスしてもわかんないし。
みりおちゃん、オスカルの時はロングヘアーで、こちらの方が背中がすっきり見える。
宝塚よりしなやかになっていたし、二人ともしっくりしていた。
特に最後の方にまさお君がみりおちゃんの腰を支えて振るところも、ぎこちなさが減っていた。

まさお君アンドレ・・・ちょっとやはり線が細い。
好き嫌いになると思うけど、嫌いじゃないけど、「包み込む」にはちょっと細いような気がする。

当然ながらパレードもみりおオスカル、まさおアンドレの順。

15:30~
オスカル・・龍真咲
アンドレ・・明日海りお

いよいよ千秋楽です。
といっても3回目なので、何が違うのかは・・・わかるかなーー。

まさおオスカル、みりおアンドレ、こっちの並びの方が好きだな~~
私の席からは、人の頭でワインに毒を入れるところが全く見えず・・・(T_T)
そんな場所でした。
まっ仕方ないけどね。

みりおアンドレ・・・途中で泣くかな―と思っていたけど、泣かなかった。
まさおオスカルの方が何度か目がうるんでいて「今宵一夜」もうるうる目・・・
かなり泣いていたらしいけど・・・
そういえば涙声だったのと、オスカルと顔を合わせた時に、アンドレが涙拭いていたかな~~
ここの暗転が・・カーテンが閉まるのがゆっくりだったような・・・音楽も伸ばしていたような・・
気のせい??

まさおオスカル、衣装で口紅の色を変えている??
(ファンの方で解る方、教えてくださいm(__)m)
プロローグが赤くて、庭では少しベージュが入った赤のようで、ブルーの軍服も抑えた赤で、
赤の時はもう少し赤っぽくて、白の時も鮮やかな赤だったような気がしたけど
単にはげたから付け直したとか・・・

ジェローデルとの敬礼は、ジェローデルの台詞が始まると解いて手がゆるーーとなっていた。
ジェローデルにほほ叩かれても倒れこまないのね。
父上に叩かれた時は。。。倒れ方が女やでっ(爆)

ちゃぴロザリー、オスカル様が死ぬ時に、さりげに剣のベルトを外しているね。
死んだときの「嫌ーーーーーー!!」が良くなっていた。

台詞にいろいろつながるようなところがあって・・・・ちょっとジーンときました。

マチソワ(でいいのかな)通じての突っ込みどころ(笑)
ヴァイオリンを弾くシーン、あの弓の動かし方ではあの音は出ない。
足もくっつけていては、弾きにくいのじゃないかな?
ちなみに漫画は立って弾いている。
ここは演出なのか・・・不自然。
一番突っ込みたい!!(爆)

フェルゼンはオスカルを罵っただけになっていて・・・
あれでは「嫌な奴」で終わるで~~~あまりに薄すぎでもったいない。
宮廷シーンを少ししか出さなかったのは良いと思います。

「見えていないのか!」は3回出てきますねーー
アラン、衛兵隊員(誰?)、オスカル
ちなみに漫画のオスカルは『見えてないのか、見えてないのか』と続けて2回いう。

アンドレもアランに「言わないでくれ、お願いだーー」
ここねー、やっぱり思い出すのは
「オペラ座の怪人」のファントム(笑)
『行け、行ってくれ。お願いだぁぁぁぁ~~~』

馬車は・・やはりごめんねーー笑えた~~~
下手な遊園地のアトラクションを見ているより良いな~~
オスカルが安全ベルトをはめるのも、いいやん!

ブイエ将軍も、ただいじめているようにもみえる。
もう少し理屈に合った言動が欲しい。

「伝統」とでも言いたいような台詞も動きもあるけれど、くどさが少し無くなって
見やすくなった気がしました。
伝統を受け継ぎつつ、やはり時代に合うように変えなくては・・ね。


ショー部分
黒燕尾のダンス、みりおちゃんの足がおっさん!(笑)
銀橋に並んだ時に、みりおちゃんの癖があるって、まさお君が言っていたけど
何だったのだろうね~~~
「言うと辞めるから」って言わなかったけど。
正面向くときに、いったん横からカシっ前に向くところ?足を何かやっているとか・・・

楽は退団者が胸にお花をつけていたので、あちょう(華央あみり)、あまりら(天翔りいら)、よくわかった。
ゆめ(愛風ゆめ)はお目目が大きいのが良くわかりやすい。
あーさま(花瀬みずか)のエトワールも良かった!

ひととおり終わったら
緞帳の前で組長さんのあいさつ、今後の予定など。そして組み替えになるみりおちゃんからもあいさつ
「明日海」と呼ばれていた・・・・泣くのかな~~~と思っていたけど、何とかこらえて
組子への感謝の言葉で一瞬間があり「すみません」(笑)
お客様にも感謝の言葉
「花組に参りましても自分の信じる道を理想の舞台人を目指して、努力を怠らず、頑張りたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」と
一瞬詰まった時に、ダメかな―と思ったけど何とかこらえていた。

組長の越乃リュウさんが、うんうんと何度も頷いて聞いていたのが印象的でした!

そして退団者が一人ずつ大階段を降りてきてお花をもらってあいさつ。
天翔りいら、愛風ゆめ、華央あみり、花瀬みずか、の順
あちょうさん(華央あみりさん)に組からのお花を渡したのがみりおちゃん。
オフホワイトのバラの花束。
あちょうさんは受け取ったら、そこから1輪をみりおちゃんに
「えっ?」ってな顔をして今にも泣きそうになりながら戻っていきました。
リボンのようなのもついていて、サッと取り出したところを見ると、
仕込んでいたのね~~あちょうさん。粋な計らいに客席からも拍手と「わー」ってな声が出ていました。
ここ舞台からも笑い声が・・・多分組長の越リュウさん。
戻ったみりおちゃん「もらっちゃったよ」とでも言っていそうで横にいたみやちゃんにも見せながら
何か話していた。みやちゃんもうれしそうだったよーー。

あーさまへの同期は一色瑠加さんだった。
ベージュのパンツスーツで髪はボブっぽくて、少し女っぽくなっていた。

まさお君からの挨拶でも組み替えするみりおちゃんに触れたらみりおちゃんにスポットが当たり
『オスカルの台詞にもありますように幼い頃よりずっと私のそばにいてくれた。
そしてそれを当たり前のように思ってきた。それがどんなことだったか。
今改めてみりおには、感謝の気持ちでいっぱいです。
そして「決してどこにも行かぬと約束してくれるか」という言葉は叶わなくて、
寂しい思いもありますが、私も皆様と同様、花組に行ってもみりおの事を影ながら応援したいと思います。
皆様、花組に組み替えした明日海りおもどうぞよろしくお願いいたします。』
ここでお辞儀をしていたまさお君。
みりおちゃんもお辞儀をして、周りにもちょっと会釈のお辞儀と、あちょうさんで隠れていたのか
まさお君にも斜めからちょこんとお辞儀・・私の位置からは「誰に?」な感じだった下と
ニュースを見たら、まさお君にか~~
まさお君の言葉の途中で泣きそうだったけど・・・こらえていた~~

この時にあちょうさんが、にこにこしながら聞いていたよ。
インタビューで「新人公演も一緒にやってきて、主演に出られて嬉しい」ってなことを言っていたあちょうさん。
みりおちゃんのことがかわいかったのだろうね。

カーテンコールもあり、退団者も一言ずつ。
そしてまた幕があがり、客席ではスタンディングも・・
最後は「月組恒例・・・まだですよっ! ジャンプを」
「掛け声は・・組長さんに・・・」
で組長の「月組バンザイ、ザイでジャンプ」と指示があり。
皆でジャンプして終わりました。

通われた方々、お疲れ様でした!


月組さん、まさお君もこれからが正念場ですね。
素はボケてるちゃぴだけど、舞台に上がるとしっかり舞台人しているので、ちゃんと支えていけるでしょう。
また組み替えで二人来るしね。

各組、カラーがどんどん変わっていくけど、組み替えで成長している人は多いから
みりおちゃんもがんばってほしいなーー
まさお君はキラキラしているトップさんでまだ若いからこれから・・・
お芝居がかなり上手くなってきているし、あいさつも上手い!
まみさん路線。。かな。
みりおちゃんは、歌い方がきりやんに似ていて、ダンスはふとあさこちゃんに似ていると思えた時があった。
それぞれ、受け継いでいるなーと感じました。
でもやっぱり「知らない組」になりつつあるなーー(爆)

宝塚の楽は、組み替え挨拶なかったよね。
無しなのかな??
でも、楽の前に花組の「BASARA」の製作発表もあったので、みりおちゃんもある意味吹っ切れ
次に進まなくては・・・なところもあったのでは・・・・


「ベルサイユのばら」についてはまた後日。

(文中、敬称略アあり)


【出演】
月組
越乃リュウ、花瀬みずか、星条海斗、憧花ゆりの、妃鳳こころ、龍 真咲、萌花ゆりあ、
綾月せり、光月るう、夏月都、華央あみり、明日海りお、美弥るりか、美翔かずき、
響れおな、宇月颯、琴音和葉、玲実くれあ、瑞羽奏都、紫門ゆりや、白雪さち花、
貴千碧、有瀬そう、咲希あかね、千海華蘭、煌月爽矢、鳳月杏、貴澄隼人、真愛涼歌、
風凛水花、花陽みら、輝城みつる、星輝つばさ、紗那ゆずは、星那由貴、都月みあ、
翔我つばき、愛風ゆめ、隼海惺、天翔りいら、珠城りょう、香咲蘭、煌海ルイセ、
美泉儷、夢羽美友、紫乃加りあ、晴音アキ、愛希れいか、輝月ゆうま、朝美絢、楓ゆき、
早桃さつき、美里夢乃、優 ひかる、春海ゆう、夢奈瑠音、咲妃みゆ、叶羽時、茜小夏、
桜奈あい、蒼矢朋季、颯希有翔、蓮つかさ、海乃美月、ひめ乃礼絵、蒼瀬侑季、朝霧 真、
佳城葵、姫咲美礼

専科
汝鳥伶
『キティちゃん・・なんやけど・・・』 シャメとゴマのおバカな毎日、その 271
シャメとゴマのおバカな毎日、その 271
『キティちゃん・・なんやけど・・・』

去年、劇団仲間のありさちゃんにもらった・・キティちゃん?
ゴマ 「キティちゃん、何かかぶっとるよ」
kitty-1
シャメ「ゴマみたいなアザラシか?」

ゴマ 「こんなんやよ」
kitty-2
シャメ「かわええやん」
ゴマ 「背中はこんなの」
kitty-3
ゴマ「かわいいねーー」

顔文字君みたいなのをかぶっていて、
ゴマのお気に入りです(^o^)丿
鈴木綜馬さんのライブのちらし
鈴木綜馬さんのライブのチラシがとどきました。

4月13日

20130413ビューイーゼル

4月14日

20130414NAM HALL01


よろしくお願いします!
共演者追加 鈴木綜馬さんのディナーショー
鈴木綜馬さんの大阪でのディナーショー
共演者が追加です。

4月13日(土)
大阪 「ル・ビュー・イーゼル」(フ レンチレストラン)でディナー・ ショー
大阪帝国ホテル横、OAPタワー1F (Tel: 06-6135-0055)
大阪駅より帝国ホテ ル/OAP行き無料シャトルバス運行。
共演者:絵莉千晶、天翔りいら(元宝 塚)
受付18:00 食事18:30 8,000円(予約制)
コンサート:20:30頃(多分、食事時間が押しますので、終演が 遅くなるかも。)
問合せ先:石田Tel: 090-3700-4057)

天翔りいらさん、昨日宝塚を卒業されましたね。
『新しいお友達やよ』 シャメとゴマのおバカな毎日、その 270
シャメとゴマのおバカな毎日、その 270
『新しいお友達やよ』

コーラスグループ「ミルフィーユ」で一緒のけいこさんからいただきました。
ゴマ 「ゴマちゃんに似てる?」
シャメ「似とるでっ」(笑)
itadaki-1
ゴマ「新しいお友達やよ」
ゴマの弟分かな

別の日には・・
社長がお菓子を買ってきてくださって、みんなで少し早い誕生日を祝ってくれました。
シャメ「ゴマとねーちゃんもやでっ」
itadaki-5
ゴマ「チーズのお菓子や」
シャメ「エクレアももらったでっ」
一つはおうちで撮影用に(笑)といただきましたが、うちに帰ってすぐ食べてしまいました~~
ゴマ「きゅ~~~」

それと・・・
国体の時に買ったみなもちゃんのお菓子。
賞味期限がもうすぐだった(笑)
ゴマ「きれーな包みやね
itadaki-2
シャメ「中も『ミナモ』やでっ」
itadaki-4
岐阜清流国体のマスコットキャラクターです
ゴマ 「久しぶりに見たよね」
シャメ「そやな」
ゴマ 「ミナモ、今どこにおるんやろ」
itadaki-3
シャメ「疲れて休んどるんやないか?」
ゴマ 「そうかな~~」

イベントが終わると、どこに行くのでしょうね。
ゴマ 「また会えるかな」
シャメ「どうやろなーー」
ゴマ 「きゅ~~~」

『ゴマの誕生日』 シャメとゴマのおバカな毎日、その 269
シャメとゴマのおバカな毎日、その 269
『ゴマの誕生日』

3月22日はゴマの誕生日でした。
おやつにはいちご
シャメ「たくさん食べろよ」
ゴマ 「うん!」
20130322-6

夕飯にはおさしみ
20130322-5
ゴマ「おいしーねー」

シャメからは
シャメ「これ、プレゼントやでっ」
20130322-1
ゴマ「ありがとう!!何かな――」
20130322-2
あけてみたら・・・
ゴマ「わーい!!パンダやっ!!」
20130322-3
シャメ「ゴマ、欲しがっとったやろ」
ゴマ 「うん!!」
20130322-4
ゴマ 「シャメ君、ありがとう!!」
シャメ「うむ!」

ホワイトデーのお菓子を売っているところにいたパンダを
「いいなー」とみていたゴマ。
それで買ってあげたのね~~シャメ。
ゴマ、良かったね。
ゴマ「うん!!」
これでも22歳・・・
シャメ「別れやな」
ゴマ 「???」
シャメ「22歳の別れ」
ゴマ 「きゅ~~~~~」
シャメ君、古い・・・・・


大空祐飛さんの舞台
元宝塚宙組トップの大空祐飛君の舞台が決まったようです。

「唐版滝の白糸」
唐版 滝の白糸』
作=唐十郎 演出=蜷川幸雄
キャスト:大空祐飛/窪田正孝/平幹二朗 ほか
2013年10月
会場=Bunkamuraシアターコクーン
一般前売=7月下旬~8月上旬予定

所属事務所もエイベックスに決定

11年ぶりの「女役」だそうですが、月組の「長い春の果てに」以来かな。
そういやぁ、見に行ったっよ。
ドラマ「極北ラプソディ」二日目
山口祐一郎さんが出たドラマ「極北ラプソディ」
今回は出番多かった!
かっこええやん!!

あんなふうに頼まれた舞台を受け入れてきたのかな~
なんてね(^-^)
ドラマ「極北ラプソディー」
山口祐一郎さんが出るってことで見ていたドラマ「極北ラプソディー」
あっ、祐さん出た!背中やん!走ってる!顔出た!
……えっ、これだけ??
明日に期待しよう~。

高橋昌也さんが、おじいさんになっていて、ビックリ!
でも年からして、こんなものかな~
山口祐一郎さん出演ドラマ、明日から
山口祐一郎さんが出るドラマ
いよいよ、明日から2夜連続です!

「極北ラプソディー」
3月19日(火)、20日(水) 22:00〜23:13
NHK総合テレビ
アカデミー賞授賞式 総集編(字幕)
明日だけど~

3/17 11:30〜13:10 NHK-BSプ レミアム
「第85回アカデミー賞授賞式 総集編(字幕)」
鈴木綜馬さんのライブ、詳細
鈴木綜馬さんのライブ

先日のお知らせ分の詳細がきました。、

4/12(金)
ラウンジ「キーノーツ」
神戸 ポートピアホテル、南 館3F
(Tel: 078-302-1123)
開場&食事:12:30
コンサート:13:30
チケット: 6000円(食事付 き)
主催/共演者:拵井(かこい) 加代子
進藤薫 (シャ ンソン)
問合せ Tel/Fax:078-741-0812 拵井(かこい) 迄

4/15(月)
ライブハウス「アートクラブ」
大阪 心斎橋アクロスビル7F
(Tel: 06-6212-2870)
オープン:18:00~ チャージ:2,800円+700円~(ドリンク)
19:00までの来店はチャージ 1,800円に割引
ステージ:19:30~ 21:00 ~ 22:10~ (3回)
共演者:葉月ルミ、青木小夜子 (シャンソン)他
問合せ先:石田(Tel:090-3700-4057)又は、お店まで

(文中敬称略)
小春日和?????
最近急に気温が上がって、ぽかぽか陽気なところがあるかと思うと
北海道は吹雪~~~
日本は長細い(笑)

それとともに聞こえてくるのが
「小春日和」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
えっ?????

「小春日和」は秋の季語です。
晩秋から初冬ともいわれますが
さだまさしさんの「秋桜」にも
「こんな小春日和のおだやかな日は♪」
と出てきます。

間違いやすいとは思いますが
春って言われなくても「春」なんだってばよーーー(笑)
出てくるたびに突っこみたくなる(笑)
訃報、納谷悟朗さん
俳優で声優でもある納谷悟朗さんが亡くなられました。

「ルパン三世」の銭形警部、「宇宙戦艦ヤマト」の沖田艦長

「地球か、なにもかもみな懐かしい」
さびしいなー
ルパン三世をおっかけて逝っちまったか。

ご冥福をお祈りします。
鈴木綜馬さんのライブ、関西・名古屋
鈴木綜馬さんの関西方面でのライブが決定しました。
名古屋の「エルム」でも出演があります。

4月12日(金) 
 神戸「キーノーツ」
ポートピアホテル、南館3Fラウンジ (Tel: 078-302-1123)
     共演者:拵井(かこい)加代子
           進藤薫 (シャンソン)
      問合せ先: 主催、拵井(かこい) Tel/Fax:078-741-0812  
      詳細は問い合わせ先へお願いします。

4月13日(土)
 大阪 「ル・ビュー・イーゼル」(フレンチレストラン)でディナー・ショー     
       大阪 帝国ホテル横、OAPタワー1F  (Tel: 06-6135-0055)
        大阪駅より帝国ホテル/OAP行き無料シャトルバス運行。。
      共演者:絵莉千晶(元宝塚)他
      受付18:00 食事 18:30  8,000円(予約制)
      コンサート:20:30頃(多分、食事時間が押しますので、終演が遅くなるかも) 
      問合せ先: 石田Tel:090-3700-4057)
 

4月14日(日)
 京都 「NAM HALL」
      平安神宮北のミニホール (Tel: 075-741-8576)
        JR京都駅、阪急4条河原町、京阪3条よりバス
      開場:14:30  開演:15:00  3500円 
      共演者:山田直毅(シャンソン、ポピュラー)
          田中良和(クラシック、ポピュラー、日本の歌)
      問合せ先: 石田(Tel:090-3700-4057)
         
4月15日(月)
 大阪 ライブハウス「アートクラブ」 
       心斎橋アクロスビル7F (Tel: 06-6212-2870)
      オープン:18:00~   ステージ:19:30~(2回)  
      チャージ 2,800円+700円~(ドリンク)
19:00までに入ればチャージ 1,800円に割引
      共演者:葉月ルミ(シャンソン)他
      問合せ先: 石田(Tel:090-3700-4057)又は、お店まで


4月9日(火) 
 名古屋の「カフェ・コンセール・エルム」のライブ
       名古屋市千種区吹上2-4-5 mss会館内 
      19:30~、20:30~、入れ替えなし。
      5500円+ドリンク
      問合せ等: 052-733-0085

(文中敬称略)

ぜひ、お出かけください!
「フル・モンティ」に鈴木綜馬さんがでます!
来年 上演のミュージカル「フル・モンティ」に鈴木綜馬さんがでます!
保坂知寿さんも!!
どうなる、日本版(笑)!
ミュージカルベストテン
雑誌「月刊ミュージカル」のミュージカルベストテン
2012年度のがのっていましたが、
作品は
1位「ダディ・ロング・レッグズ」
2位「サンセット大通り」
3位「オーシャンズ11」

男優
1位、井上芳雄
2位、松本幸四郎
3位、市村正親
3位、田代万里生

女優
1位、濱田めぐみ
2位、安蘭けい
3位、松たか子

鈴木綜馬さんが5位にはいっていました。

まだ詳細はみていないので、取り急ぎ。

ここのベストテンはあまりあてにしたくはないのですが、
それでも綜馬さんのトラップ大佐以来のベストテン入りで5位は嬉しいところです!
『お雛様の日』 シャメとゴマのおバカな毎日、その 268
シャメとゴマのおバカな毎日、その 268
『お雛様の日』

3月3日は雛祭り。桃の節句。
晩ごはんは、赤飯とはまぐりのお吸い物、あじの塩焼き、海鮮サラダ。
シャメとゴマは男だけど・・・(笑)

20130303-1
シャメ「赤飯はスーパーで買ってきたんやでっ」
ゴマ 「おいしーよー」

赤飯にはゴマ塩(笑)
20130303-2
シャメ「ゴマの仲間か?(笑)」
ゴマ 「ちょっと違うけど・・・」

いつのまにか、節句用の食材がスーパーに並びます。
はまぐりなんて、前はあまり売ってなかったよ。


数日前、お雛様を出していたらゴマが一応(笑)手伝いに来た。
でも、手伝うと言いつつ、邪魔していたようだが・・・

ゴマ「きゅ~~~首が取れた!!!! どーしよーー
20130303-3

シャメ「何人か取れるんやでっ」(笑)
ゴマ 「そーなんやー、戻って良かった!」
20130303-4

首が取れたところから、藁がみえました。
身体は藁で土台を作っているようです。
○○年も前のだからね~~(笑)

桃の節句は五節句の一つで上巳(じょうし/じょうみ、3月上旬の巳の日)の節句とも言います。
五節句は旧暦で
人日(じんじつ)、正月七日「七草がゆ」
上巳(じょうし)、3月3日「桃の節句」
端午(たんご)、5月5日「端午の節句」
七夕(たなばた)、7月7日「七夕祭り」
重陽(ちょうよう)、9月9日「菊の節句」
重陽はしなくなりましたね。

劇団四季「美女と野獣」 1月25日
劇団四季「美女と野獣」
2013年1月25日(金)18:30~ 積水ハウスミュージカルシアター四季劇場「夏」

先月見てきたものから。
そういえば最近宝塚が多いなーー。四季のレポって書いてないし(爆)

四季劇場「夏」は初めて行きます!
たいていお初物は早くに行くのだけど・・「美女と野獣」だしと行かなかった。
行かなかった訳は、ビーストにとせうしても「芥川ビースト」を求めてしまうから(爆)
今回は初演から見ているという友達を誘って行きました。この劇場もきているそうなので連れて行ってもらいました。

今回は佐野さんビースト、里咲さんベル以外はチェックしないで行きましたが・・・
あらっ、98年の名古屋で見ていた頃のキャストさんが・・4人も!!
佐野さん、里咲さん、松下さん、野中さん
早水さんと百々さんも前からみているので安心してみていられるキャストでした。
それにしても、何年??(笑)みなさん相変わらず!里咲さんはきれいだし、佐野さんは足細いし~~~

「美女と野獣」自体は京都の楽以来。その時のキャストも
佐野さん、松下さん、百々さん、長橋さん、川原さんが出ていました。

「美女と野獣」を見ると感想が「回想」と重なってしまうので毎回同じに近い(笑)

「Be our Gest」で手拍子が出ていたし、ジャンプ回転でも拍手、
でもルミエールにスポットが当たる前の拍手がちらほら、ここしないの??
京都ではショーストップに近いものがあったけど・・・

千秋楽までカウントダウンだったけど、何度も緞帳は開くけど特別カテコもなく、
ちょっと寂しかった。
みんなで「Be our Gest」歌いたかったな。

帰りに寄ったグッズ売り場に人だかり。
劇場は流石に四季。見やすかったです!

四季劇場「夏」
大井町の駅から近いのだけど、私道の近道があって、そこは通っちゃいけないとか、
帰り道も迂回するようにと係の人がいましたが、ここで迂回させるのはちょっと酷だぜ!
いく時も、そこに見えているのだよ劇場~~~

[キャスト]
ビースト / 佐野正幸    
ベル / 坂本里咲
モリース(ベルの父) / 松下武史   
ガストン / 野中万寿夫
ルミエール / 百々義則
ルフウ / 布施陽由
コッグスワース / 青羽剛
ミセス・ポット / 早水小夜子
タンス夫人 / 倉斗絢子
バベット / 長橋礼佳  
ムッシュー・ダルク / 川原信弘
チップ / 牧野友紀

[男性アンサンブル]
小出敏英、菊地智弘、柳隆幸、松出直也、安東翼、高橋徹、塩山力、
南圭祐、寒河江幸弘

[女性アンサンブル]
菅谷有希、高橋沙耶、礒辺愛奈、渡辺由紀乃、石井亜早実、高橋えみ、
染谷早紀、石井絢、原口明子、大石眞由
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。