こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゴマの誕生日、2012年』 シャメとゴマのおバカな毎日、その229
シャメとゴマのおバカな毎日、その229
『ゴマの誕生日、2012年』

今年のゴマの誕生日、3月22日には「本日の主役」を付けてもらいました。
gomabd2012-1
シャメ「ゴマ、これもつけて」
gomabd2012-2
シャメ「おっ、似合うでっ」
ゴマ 「そう?そう?」
シャメ「なんちゃって王子様やでっ」
ゴマ 「王子様・・

「王子様」にかなりうれしいゴマ。ってことでご機嫌
gomabd2012-3
シャメ「ゴマ、いくつになったんや」
ゴマ 「えっと・・21」
シャメ「ほぉぉぉぉ、そうなんや。」
といってもまだ「子ども」(笑)

ってことでもないけど夕飯に回転ずし。
ゴマの好きな「ビントロ」
gomabd2012-4
ゴマ 「わーい」
シャメ「ネタがちょっと小さないか?」
ゴマ 「そうかな」
とお構いなく食べるゴマ。
ゴマ 「おいしーよー」
シャメ「良かったな」
ゴマ 「うん!」

この日、携帯電話を変えに行って、スマートフォンにしました
説明やら手続きで、帰りが遅くなったので回転ずしに食べに行ったのでした。
スマホは・・・・慣れないためか、文字がうちにくいし、
携帯でできた「あれ」ができない!!

それでも探し物やナビは役に立つわーーー。
しばらく使ってみます。

スポンサーサイト
お彼岸
今日はお彼岸の中日ですね。

昨日、母のお墓詣りに行ってきました。
何となく行きたくなったので、中日前に行きました。
父にも声をかけたけど「明日行く」って・・・

途中でお花を買いに寄ったお店で、以前お世話になったお稽古事の先生にばったり!
先日来「どうしていらっしゃるか」と気になっていたのでびっくり!
いやーー、母が合わせてくれたのかな。
昨日出かけて良かった!

夜から花粉症でしくゃみと鼻水がすごくって・・
やっぱり「昨日のうちに行っておけ」ということだったかな。

一昨日もお久し振りの友達にも会えたし、ここの所気分が良いです!
宝塚月組「エドワード8世」「Mysty Station」、千秋楽
宝塚月組「エドワード8世」「Mysty Station」
2012年2月18日(土)11:00~ 3月5日(月)千秋楽 宝塚大劇場

遅くなりましたが・・・・
月組トップコンビ、霧矢大夢(きりやん)と蒼乃夕妃さん(まりも)の退団公演。
2月に見て、千秋楽も見てきました。

「エドワード8世」タイトルロールなのだけど・・・
龍真咲さんのアナウンスで始まったり、冒頭は葬儀のシーンからだけど・・・死んだはずのエドワード8世がしゃべりだすので「こりゃコメディ?」かと思ってしまった(爆)
舞台は・・・特に山もなく淡々と進むので、作品自体としては「う~ん」なのだけど、
最後のエドワード8世・きりやんの歌には泣かされた。
今の地位を捨てて、シンプソン夫人と共に新しい生活を始める。
今の地位・・トップの地位を捨てて、新しい世界に羽ばたくきりやんとシンクロしている

退団する青樹泉さん(もりえ)から王位を継ぐヨーク公アルバートの一色瑠加(まい)さんへと歌い継ぎ、ヨーク公も役として「王」という新しい生活が始まると・・・やっぱり退団公演だ!
作品としてよりも「宝塚の退団公演」としては良いなと思いました。

「Mysty Station」
霧の駅・・・霧矢の霧ですね。
何度か手拍子が入る曲もあり、全体的に明るい感じ。
途中、専科から出演の磯野千尋さんはギャングのボスのような役で、一樹千尋さんはなんと!!
「女」で歌っています。
ラインダンスは、銀橋できりやんが歌っているので、印象は薄いし、テンポもスロー。
銀橋に立つきりやんを組子たちが見つめるところや、スーツにコートを羽織って、
まりもちゃんとすれ違い、大階段を登って途中で振り向く・・・
ここが「ああ、もうサヨナラなんだ」と思わさせられました。
退団者、まりもちやんを除く7人でのシーンもあり。

黒燕尾のダンスはもっと見たかったなーー。
きりやんとまりもちゃんのデュエットダンスはリフトもあり。きりやん頑張ったよーー!!

終わってみれば両作品とも、派手さはないけど、実直なきりやんらしい作品となっていたと思いました。
まりもちゃんも星組時代から見ていますが「男前」(爆)で気が強い役が良く似合っている。
今回のシンプソン夫人も、良かった!

サヨナラショーは
「ジプシー男爵」の冒頭のデュエットダンス。
このダンスは見ごたえあり!
もりえちゃん以外の退団者のメドレー
もりえちゃんの「紫子」の風吹の歌。洋風衣装に着物を片袖通したスタイル。
続いてきりやんの紫子の歌。その後きりやんがトップになってからの曲
まりもちゃんの「ダンスロマネスク」で赤いドレス。歌はまさお君(龍真咲)このシーンはまりもちゃんが休演したのですってね。

きりやんの「ノバ・ボサノバ」の「シナーマン」。新人公演のナンバーでしたが圧巻でした。
彩星りおんさんは男役さん従えて「STUDIO54」
ドレスがロングスカートのようで、前だけ無いタイプでかわいかった!
「スカーレット・ピンパーネル」からはきりやんとまりもちゃんで結婚式の「あなたこそ我が家」
きりやんの「目の前の君」を途中から。
まさおショーブランで、組子さんたちも何人か出て「栄光の日々」
スカピン好きとしては、これにはうるうる====でも「ひとかけらの勇気」ではないのね・・・
あれはやっぱり安蘭けいさんのためのものだからかな。

他の退団者で「ONE」の曲
黒燕尾は最初はまさお君中心でタカラヅカの歌。
この黒燕尾のダンスは良かった!
きりやんのソロで「STUDO54」の曲。ここで客席からペンライトが振られてた。
最後は「You Raise Me Up」

きりやんがしっとりと聞かせてくれたよ。

挨拶は、二人目ののんちゃんが・・・言葉は上手いのだけど淡々と長くて・・途中で時間が気になってしまった。

もりえちゃんへの同期のお花が「星組の十輝いりす」と言われて・・・
そっか・・まさこちゃん、宙組から星組に変わったんだ!

まりもちゃんが
「自分の言葉であいさつするのは初めてなのでちょっと緊張しています。
男前と言われて、娘役なのに・・(笑い)
悩んだ時もありましたが、でもそれが私らしいかと貫かせていただきました。
そんな私を大きな心で受け止めてくださった霧矢さん。この方の隣でなければこんなにも輝けなかった。
月組は本当に温かいところでした・・・・感謝の気持ちでいっぱいです。」
と途中笑わせてくれて、涙ぐみながら話していたまりもちゃんの挨拶は良かった!!
星組から月組

きりやんは緑の袴。階段下りの音楽が「すみれの花・・」じゃなかった。
初舞台のロケットの音楽だとか。
同期のお花は鳴海じゅんさん。白いバラの花束でした(80本あったそうで、80期か)
「大きな夢と書いてひろむという名前は、ふらりと立ち寄った本屋さんの赤ちゃんの名づけ本からなんとなくタカラヅカらしいなと選びました」と
名前の大きな夢にちなむ挨拶で、良かったです!!

きりやんは途中、病気で休んでいた時期があり、トップになれるのかなと心配でしたが
プレお披露目の中日劇場で大きな羽を「これ、本当に重たい!」と言いながらも背負っている姿には、
組長の越乃リュウさんではないですが、泣けてきましたよ~~~
こうして大劇場最後の舞台を見られたこと、私も幸せに思いました。

代表作は・・・うーーん、トップとしてあまり作品に恵まれなかったように思いました。
「紫子」「スカーレットピンパーネル」「アルジェの男」「我が愛は山の彼方に」は再演ものだし。
スカピンは、申し訳ないけどやっぱり星組が好きなので・・・とうこさん(安蘭けい)のパーシーが良いな。
きりやんも歌も芝居も上手いけど、真面目なんだよ。もう少し「遊び」があっても良いかなと。
「ジプシー男爵」が良かったかな。「エドワード8世」も良いなーー軍服が良く似合っていたし。

80期で最後の一人となったきりやん。
瀬奈じゅん(あさこ)さんとのトップ、二番手コンビもよかったのですが、
花組時代に出会っていたのですね。
トップになってから、もっと支えてくれる二番手がいても良かったのに・・・
何だか一人で背負っているような良く頑張っていたなーーそんなイメージがありました。

専科の一樹千尋さんがきりやんの挨拶の時に泣いていらした。
もりえちゃんも「退団される皆さんが幸せだと言われますが、ほんとーうに幸せです!」
最後に「月組恒例、ジャンプ」
きりやんが「専科一樹さんそるーなさん、飛びますよ」と言っていたら、
一樹さんが屈伸運動(笑)
月組バン「ザイ」でジャンプしてきました。

きりやんは涙なく、明るく宝塚を去っていきました。

この日は雨模様。
そんな中で入り待ちもしてきました。
雨対策はしたつもりが、けっこうべたべた。

組長さんが音頭をとって、「キリヤ、キリヤの掛け声を皆様お願いします!」と
いつもの「アフロヘアー」ね組子ちゃんたちもアフロヘアー
岸和田出身のきりやんに合わせて、だんじりのお囃子の音楽も用意していたのだけど
音が小さい(笑)
組長、マギーさん、あちょうさんの騎馬の上にきりやんが乗って「キリヤ、キリヤ」のコールの中、
愛犬のフィンチもサヨナラ仕様の衣装を着て、きりやんに抱かれていました(笑)

きりやんは拡声器を持って、ギャラリーの方も向いてくれて、待っていたカイがありました!!
まさに「Mysty・・・」以上に雨。。。。。
これもきりやんらしいかな。


【出演】
月組
越乃リュウ、霧矢大夢、花瀬みずか、一色瑠加、青樹 泉、星条海斗、憧花ゆりの、妃鳳こころ
龍 真咲、萌花ゆりあ、綾月せり、光月るう、夏月 都、華央あみり、明日海りお、美翔かずき
沢希理寿、蒼乃夕妃、響れおな、彩星りおん、宇月 颯、琴音和葉、玲実くれあ、瑞羽奏都
紫門ゆりや、白雪さち花、貴千 碧、有瀬そう、咲希あかね、篁 祐希、華那みかり、千海華蘭
煌月爽矢、鳳月 杏、貴澄隼人、真愛涼歌、風凛水花、花陽みら、輝城みつる、星輝つばさ
紗那ゆずは、星那由貴、都月みあ、翔我つばき、愛風ゆめ、隼海 惺、天翔りいら、珠城りょう
香咲 蘭、煌海ルイセ、美泉 儷、夢羽美友、紫乃加りあ、晴音アキ、愛希れいか、輝月ゆうま
朝美 絢、楓 ゆき、早桃さつき、麗奈ゆう、美里夢乃、優 ひかる、春海ゆう、夢奈瑠音
咲妃みゆ、叶羽 時、茜 小夏、桜奈あい、蒼矢朋季、颯希有翔、

専科
一樹千尋、磯野千尋


未沙のえるさんの舞台
2月に宝塚を卒業された未沙のえるさん。
次の舞台が決まったようです。

明治座創業140周年記念 『大江戸緋鳥808』
8月4日~27日

出演:大地真央、湖月わたる、貴城けい、未沙のえる

スタッフ
原作:石ノ森章太郎 原作「くノ一捕物帖」より
演出:岡村俊一


TSミュージカルファンデーション
「客家(はっか)」

2012年11月上演
天王洲 銀河劇場

出演:水夏希、吉野圭吾、坂元健児、伊礼彼方
未沙のえる、平澤智、今拓哉、畠中洋
照井裕隆、渡辺大輔、小林遼介、吉田朋弘、上口耕平 他

演出・振付:謝珠栄
脚本:斎藤栄作
音楽:玉麻尚一
主催・製作:TSミュージカルファンデーション

文中、敬称略

大地真央さんは同期なので呼ばれたのかな・・
謝珠栄さんとも宝塚つながりなので、ご縁があるところからでしょうか。

TSは今ちゃんも吉野圭吾さんも出るので楽しみです!
東日本大震災から1年
あちこちですでに語られていますが
東日本大震災から1年。もう1年たちましたね。

昨日は午後から劇団の稽古に行っていました。
稽古をしていた施設の館内放送で、「14:46になります。できる方は黙とうを」との放送に
稽古を中断して皆で黙とうしました。

震災に限らず、台風の被害、噴火の被害、大きな震災の陰に隠れて忘れ去られている地域もあると思います。

1年を振り返る特集番組なども組まれていますが、被災地からの本当の声はと届いているのでしょうか?
NHKの番組で、「できるだけ本音を伝える」というものがありましたが、現場からはそれでも伝えきれていないというようなコメントがあったように思いました。
テレビに出るからと無理をして「がんばっています」と言っている人も多いのじゃないかな。

とある番組で「津波の映像があります。ストレスを感じる方は視聴をお避け下さい」
ってなコメントがありました。
これ、良いなと思いました。
正直、津波の映像は・・・もう見たくないです。
あまりにも何度も繰り返されて映されて・・・辛いです。
被災地の残されたバスを「教訓として残す」という意見がある中、
「思い出すから嫌」という地元の意見が多数あったと聞きました。
それはそうですよ。

辛い一年を語らせる、お涙ちょうだい的な番組にも嫌気がさしてきました。
「ふんばろう」ってなスローガンにも何か違和感あり。ふんばれているのか?

震災直後は「がんばる」と言っていたのが、長期にわたってくると、やはりどこかでがんばれなくなってきている。でも何かをきっかけにまた「がんばろう」と思うようになる。
そのサイクルは人それぞれで・・・1年たったから、けじめがつくというものでもない。
震災じゃなくても大切な人を亡くした人。1年や2年で何か「けじめ」がつきましたか?
変わってきましたか?
私は・・母が亡くなって3年たって、やっと少しずつ何かが変わってきました。
ふつうに生活できても3年・・・
何もかもなくした方々にとっては、もっと歳月が必要だと思います。
無理にけじめを付ける必要も、落ち着く必要も、気持ちを変えようとする必要もないのです。
かといって、いつまでも同じわけではないので、そのうち変わってきます。

最近特に「がんばってください」「一日も早く○○できるように祈っています」などという言葉を安易にかけていいものなのかと悩みます。

これからどうすればいいのか・・・
不安の方が大半を占めていると思います。
政府は、支援の手続きを迅速にできるように手配すらできないようです。

仙台にパンダの話はどうなったのでしょうか?
ジャニーズさんが寄付金を出すとか?
当初は「募金」を利用するような話でしたが「パンダのために募金したのじゃない」という意見が多く寄せられたそうです。
パンダにかかる費用・・・ジャニーズさんがお金を出すとしても、そのお金も他にもっと必要なところがあるのではないでしょうか?
仙台までパンダを見に行く費用は、誰が出してくれるのでしょうか?

いろいろと疑問は残りますが、今後も長い「支援」も必要となってきます。
指揮者の井村誠貴さんも去年からチャリティーコンサートを開催されて、「最低でも5年」と言われていています。
同じ指揮者の曽我大介さんも「KIbou」という曲を作曲されて、各国のオーケストラで演奏されて、石巻の学校に楽器を送るプロジェクトとして実を結んだそうです。
曲はこちらを・・・
"KIbou"

震災直後「音楽家として無力だ」とおっしゃる方々が多かったのですが、音楽の力は、予想以上に「力」になっています。
舞台も同じで、どこかで「力」を与えてくれます。

宝くじが当たったら「貯金」するのではなく、使おうよ!それで経済を回して、景気を良くして、
どんどん支援できるようにしないと・・・

震災を忘れられているのでは?とニュースに出ていましたが、
忘れているのではなく、私たちも日々の自分の生活に追われるのです。
でも、どこかで引っ掛かっていると思います。
阪神大震災でさえ、まだまだ忘れることはできません。

その時にがんばれる人ががんばって、支援もできる人ができることから・・・
少しずつ少しずつ、先はまだ長いです。無理しないで続けていければと思います。
NHKスタジオパークを見逃したら・・・
3月8日のNHK「スタジオパークからこんにちは」綾野剛さんの回を見逃したら・・・

NHKオンディマンドで有料で、210円ですが見られます。

スタジオパーク綾野剛さん

第2回東日本大震災チャリティコンサート2012
指揮者の井村誠貴先生から、お知らせです。

**************************

第2回東日本大震災チャリティコンサート2012

charitycon-1


チケット販売開始!!
...
チケットの販売を開始致します。既にお問い合わせが殺到しております。購入ご希望の方は、お早めにお申し込みください!

お問い合わせ
大阪アートエージェンシー
電話番号:078-414-3186
  FAX:078-414-3187
E-メール:osaka.art.agency@gmail.com


ホームページからもお申し込み戴けます。
http://www.eonet.ne.jp/~imura/concert.html

昨年の震災直後に行われたチャリティコンサートでは、超満員のお客様と共に、430万円にも及ぶ義援金募金をする事が出来ました。

このチャリティの大きな特徴は、出演者全員が、一律5,000円の義援金募金をして参加している事です。プロ・アマ関係なく全員の想いが結集しています。

今 私たちに できること
それは『継続』です。

このチャリティは一過性のものではなく、少なくとも5年間は『継続』をして行こうと考えています。一人でも多くの支援の輪が広がればと願っています。

日時:2012年5月5日(祝)15時開演(14時開場)
場所:大阪 ザ・シンフォニーホール
【当日13時より座席指定開始】

曲目

第1部「亡くなられた方々への鎮魂歌」

モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス
プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」間奏曲
アルビノーニ:アダージョ
フォーレ:「レクイエム」より


第2部「被災された方々への応援歌」

グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
源田俊一郎:「ふるさとの四季」より
エルガー:行進曲「威風堂々」第1番(合唱付き)
レスピーギ:交響詩「ローマの松」より

指  揮:牧村邦彦・藏野雅彦・井村誠貴・高谷光信
管弦楽:復興支援オーケストラ(176名)
合唱団:復興支援合唱団(96名)

入場料:無料(但し、2,000円の義援金を預からせて頂きます)

皆様から頂戴する義援金は、全額、東北に贈られます!

作成: 井村 誠貴

******************************


よろしくお願いします!!
スタジオパークの綾野剛さん
やっとやりました!
NHKの「スタジオパークからこんにちは」
綾野剛さん。

リアルタイムで見たかったのですが、残念ながら仕事・・・
録画してみました。

期待度高かったようですね。
ギャラリーも3時から待っていた人がいたとか・・・どこにでもいるけど、お疲れ様でした。

「カーネーション」の場面は、この糸子さんに「好きでした」と言われた後のくだりと
ミシンを踏んでいる周防さんの後ろから抱きつく糸子さんを抱きしめて
「やめましょか。おい、店ばやめましょか」のシーン。
糸子さんとの別れのシーン。

「カーネーション」も、いま映像を見て、いろんな人に助けてもらったのだと実感している。
「カーネーション」では、存在するように努めていた。
長崎弁は「素直に大変でした。」
役をすべて含めて愛せるように・・

話は俳優になったきっかけから「カーネーション」、初テレビど、
きっかけは「スカウト」とか。モデルなら・・と思って。役者になろうと思っていたわけでもないとか。

初演技の「仮面ライダー555」で23テイク・・・OKでたらめちゃくちゃうれしかった。
誰かにつかんでもらいたかったのかも。

そんな話が出ていました。

監督からのメッセージとして、俳優・表現者にとって最も必要なもの、雰囲気があった。
スタッフに怒られても必死に食い下がる強い気持ちがあった。
など・・・

思い出のバナナジュースをスタジオで作って飲んでいました(笑)
「見た目が白でうまそうなものが好きで、コーンポタージュも好きで、子どもの頃、コーンポタージュとバナナジュースと両方頼んだら母親に『どちらかにしなさい』と言われて、たかがバナナジュースでこんなに怒られるんだ・・、今思うとわかるような気がする。ぼんやりとしたもの」だそうです。

先のことより「今」を大切に・・・ってな話も出てきました。

「セカンド・バージン」で鈴木京香さんの息子役だった・・・と知った時に「えっ???」
周防さんとイメージ違いすぎ!!!!

綾野さんは、どちらかというと、周防さんのイメージに近くて、少しはにかみながら、物静かに語る口から出る言葉が
「美しい!!!」
いや~~~言葉を選んでいるという訳でもなく、しゃべり方というより「表現」ですね。
自然とこういう表現ができる人なんだ!!若者としては今どき珍しい!!

2回延期になったのですが、2回目の時にわざわざスタッフルームまで来て、ツイッターにメッセージを残されたそうです。
「せっかく(見に)来て下さったのに、気持ちに答えたい」とのことです。
「暮らしの中のニュース解説」から戻ってきた近田穴にうんさーに「お疲れ様でした」と言われていたりと、
気配りが嫌味なくできる人ですね。

今の人気もわかっているようで、かといってそれにおごることなく「ありがたいです」

役に対して「役を愛せるように」というのは鈴木綜馬さんもおっしゃっていましたので、
こんなところで自分も知らずに魅かれたのかも。

ファンに対しても、「気持ちにこたえたい」と言われるところが、うーーん、良いねーー!!
そして、自分がおかれている立場をしっか理解して、自分が何をするべきなのかもわかっている人ですね。
ここは誰かさんとはえらい違いだーー(爆)

特に役者になりたくて勉強をしていたわけでもなく、成り行きで(と言っては失礼ですが)やり始めた役者、
でも、役に対してはどうしようこうしようと計算しているわけではなく、本能で役に取り組んでいるように感じられました。
反対にこんな真摯な姿勢が、役にもいい感じで反映されてきているように思いました。


視聴者からのリクエストにこたえて、周防さんの台詞を披露してくださいました。
糸子さんに対しての台詞
「好いとっと」・・・・

ギャラリーからも「キャーーー!!」
いやテレビ見ながら「キャーー!」な人も多数いたのでは。
私も「ひゃーー!!」でした(笑)

まだまだいろんな引出を持っていそうな綾野剛さん、これからも注目していきたいです。


この日の放送、女性アナウンサーの中川緑さん、相手と同時に話そうとしたときに「ごめんなさい」ととっさに出てきたり、慣れていないので突っ込めなかったのかもしれないけど(爆)、人の話を取ってしまうキャスターが多い中、相手の話を折ることなくきっちり聞かせてくれて、良かったです。
「ミュージカル シラノ」のロクサーヌ
来年1月の日生劇場「ミュージカル シラノ」
ロクサーヌに濱田めぐみさんと彩吹真央さんのWに決まったようです。

そうっすか~Wですか~
どちらも歌は大丈夫ですね。
「笑顔で」のセリフに合う笑顔を見せてもらえるかな
機動戦士ガンダム「黒い三連星」のガイアは名古屋弁?
BSの有料放送「アニマックス」。(加入当時はCSだったのですが)
加入したきっかけは「勇者王ガオガイガー」
劇団四季の高井治さんが挿入歌を歌っていたので、その回目当てに入りました(爆)
歌が流れたのは3回。まだまだオペラな歌い方でしたが、こんなアニメに?意外といい感じに入っていました。

と話はそれではなくて、最近録画して見ているのは「機動戦士ガンダム」
いわゆるファーストガンダム。っていうか私の中でガンダムはこれしかないので(笑)

本放送をリアルタイムで見ていたのだけど、当時「今までとは違うロボットアニメだから見なさい」と友達からの指令により見ていました。
確かに違う・・・
それまでは、勇ましく戦っていた主人公だけど、これは戸惑いながら戦っている。
しかも、発進時のGやら、やられた時の死の恐怖。「おかあさん!」と言って死んでいく兵士。
さらに人類の進化としてのニュータイプなど。
当時のマニアの間では評価は高かったのですが、視聴率は上がらず、大人の事情もあり途中打ち切り。
その後、再放送で火がついて、いまだにシリーズものが続いていますね。

ブライトさんは白目がなかったはずなのに、時々白目付(笑)

さて、表題の黒い三連星
補給に来たマチルダさんが、やられてしまう回の「迫撃 トリプルドム」で、
地球に到着してマ・クベと話している三連星のガイアの台詞に
「んんん?」
今頃気が付いたのか!!と言われるかもしれないけど
微妙に名古屋弁?岐阜弁?
制作が名古屋テレビだから、ありえるのだけど

「シャアと我々とはわけが違うて」(途中略)「まぁええ」

文字だけではニュアンスが伝わらないかもしれませんが、
いや~~~名古屋弁のイントネーションやったがね。

この放送、都合が悪い言葉は消しているのか、時々一瞬音が消えています(爆)
綾野剛さんの「スタジオパーク」は3月8日
2度も中止になった「スタジオパークからこんにちは」綾野剛さんは

3月8日(木)13:05~

になりました。

今度こそは!!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。