こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
綾野剛さん・・・・「カーネーション」
NHK連続テレビ小説「カーネーション」
ほぼ毎日、お昼休みに見ていますが、先週は見られない日が多かったのでBSの土曜日に一気にやっているのを見ました。

糸子と周防さんの恋、ミシンを踏む周防さんの後ろから抱きつく糸子のくだりは切なくて・・・奈津の結婚相手の桜井さんのラサール石井さんの「幸せにしてやりたいんです」で、もう・・・泣けたよーーー

ところで周防役の綾野剛さん、調べてみたら岐阜県出身だとか。
ドラマでは長崎弁をしゃべっていましたが、三味線とともに苦労されたらしいです。
公式HPにはインタビューも載っていますね~~~
こちら

ちょっと影があるような「ヤサオトコ」っていうか、かっこいいというより「ちょっとええやんか!!」
今までに映画・ドラマと出演されているようで、芝居もしっかりしているし今後も注目していきたいです。
それにしても・・・ネットで出てくる長髪の写真。これが基本のファンの方には「違う綾野さん」なのでしょうか・・・ふふふ。

「カーネーション」は他にも、とぼけてるんだか何だか「はぁ?」のお母さんの麻生祐未さんや、いかにもほら吹いてまわりそうなほっしゃん。さん、(何だか変な表現・・・)
小原家に集まって、糸子を説得しようとしつつ、子どもらに泣かされていた時の木之本のおっちゃんの泣き方とか、ちょっとおかまちっくな恵さんの六角精児さんとか、いろいろツボにはまっています。

あんなミシンは・・・そういえば八幡の前の家にあったな・・
母も洋裁をやっていて、注文服を作っていました。「オーダーメイド」ですな。
母の洋裁の先生も厳しいけど、洋裁以外には優しい先生で、今頃二人は別の世界で見ながら何か作っているのかも・・・
見ていると洋裁をやりたくなります。
スポンサーサイト
山口祐一郎さん、石川禅さん、ラジオドラマに出演
禅さんつながりのお友達から情報です
山口祐一郎さんと石川禅さんがラジオドラマに出演です

FMシアター NHKラジオ・FM

『LET IT PON!~それでええんよ~』

(松山局制作)

【放送日】
2012年2月4日(土曜日)22:00-22:50
--------------------------------------------------------------------
作:木皿泉
演出:小野見知
技術:高橋光市
音響効果:鈴木希弥

---------------------------------------------------------------------

出演:柊瑠美 白石加代子 山口祐一郎 石川禅
栗田桃子 石住昭彦 児玉萌々 合田絢子
金沢映子 下池沙知 浅場万矢 東迎昂史郎

---------------------------------------------------------------------
あらすじ:ある日出会ったのは、人間の姿をしたタヌキ…!
研修医の田沼楓は、「幸せな人生を送らなければならない」と医者になった27歳。しかし、担当患者が亡くなっても立ち止まることも許されず、むなしさを抱えたまま毎日をやり過ごしていた。ある日、楓は一人のお婆さんを担当する。そのお婆さんの周りにはいつも多くの人が訪れ、悩みごとの相談をしては帰っていく。実は彼女は、気が遠くなるほど長い月日を生きてきた大狸だった。彼女との不思議な語らいの中で、「生きるうえで一番大切なことは何か…」楓は少しずつ気づき始める。
タヌキの伝説が数多く残る四国を舞台にした、心温まるファンタジードラマ。

公式HPには収録時の写真も載っています
こちら
「ラ・カージュ・オ・フォール」 1月21日マチネ
「ラ・カージュ・オ・フォール」
2012年1月21日マチネ 日生劇場

2008年12月からの公演で市村ザザ・ファイナルとか言われていましたが・・・
やっぱり再演(爆)リターン公演だとか・・・

前回と同じく、怪しいカジェルのお姉さまたちは「男」ばっかり・・・

鹿賀さんと市村さんのコンビ。台詞がちょっと聞き取りにくい・・マイクも入っているの??な感じで、
立ち位置によっては聞こえにくかった。
それでも芝居の「間」やタイミングは息が合ってるな。
鹿賀さんの台詞は前回よりも聞きやすかったように思えたけどね。

でも。。。鹿賀さん、市村さん、真島さんは「歳食ったなーー」(爆)
でも市村さん演じる「ザザ」は歳をとってだんだん舞台に立つのも辛いような状況のようなので
これも良いかな・・・・
スパンコールいっぱいで、客席いじりがあるドレスは、「これ、重いのよっ」って言っていたようにホントに「重たそう」だわーー

カジェル達のショータイム、パワフルで結構きれいで、前回より見ごたえがあったように思いました。
ラインダンスもあるし・・・新納君のシャンタル・・・足が細い!!!きれい!!!
アクロバットから回転まで、誰がやっているのかはわからなかったけど、不気味だけど(爆)すごい!!

真島さんの「ハンナ」の鞭打ちも良い音出ていたけど、ほんとに打ち付けた音?だよね・・・???

ジャン・ミッシェルの原田優一君は、そつなくこなしている。真面目さも出ているのだけど
もう少し「ちょっと変わった家庭」で育てられたっていうところが欲しいなーー。
アンヌの愛原実花さんは、登場からジュテで出てきて、クルクルくとシェネするのも綺麗だし、踊れる人が良いなーー。
前回の島谷ひとみさんは・・・踊れてなかったし、歌も・・・・・・・何が良かったのだろう。。。

ジャクリーヌの香寿たつきさんとダンドン議員の今井清隆さんは前回よりパワーアップしていたような・・森公美子さんはもう言うことないけど・・・途中市村アルバンに素になって笑っていたのか・・・
何度も横を向いていた顔を、市村さんに正面に向かされていた(笑)

キャストにはずれなく、聞き取りにくい以外は(爆)安心してみていられました。

「私は私」は哀愁度upしていたのか・・・泣けてきました。
今回、心に響いてきたのは「今この時」
「今この時を、しっかり生きて愛して、いついつまでも 大事にして今を今を今を」

震災後、未来が見えないとかも良く聞きますが・・・
震災が無くても未来はみえなくても当たり前だと思う。
明日のことは・・誰にもわからないのだから。
「今」を大事にする・・
手拍子も入るこの曲が、今回は特に心に気響きました。
他にも「砂に刻む歌」や「見てごらん」など、どんな形であろうと「家族愛」が描かれていて、
忘れかけていたものを思い起こさせてくれるようで、ジーンときました。

最後に、白いスーツ・アルバンもパンツスーツで二人で肩を組みながら後ろ向きに去っていく姿は、
未来を見つめているようで良いな~!

それにしても市村さん、ヒールがちょっと低くなった??かもしれないけど、しっかり履きこなしていましたね。

指揮は塩田明弘さん。
ずーっと音楽監督として携わっていたのですが、今回は指揮者として、しっかり芝居にも参加!
そして飛ぶ、反る、踊る(笑)ダンシング・塩田、健在でした。

初演から参加している人もいて、こんなメンバーで見られるのも最後なのかな・・・

楽しかったです!!

【出演】
ジョルジュ(「ラ・カージュ・オ・フォール」経営者)/ 鹿賀丈史
ザザことアルバン(ジョルジュの情婦) / 市村正親

ジャン・ミッシェル(ジョルジュの息子) / 原田優一
アンヌ(ミッシェルの恋人) / 愛原実花
ジャックリーヌ(レストラン経営者) / 香寿たつき
ダンドン議員 (アンヌの父) 今井清隆
ダンドン夫人 (アンヌの母) 森公美子

ハンナ(カジェル) / 真島茂樹
シャンタル(カジェル) / 新納慎也

ジャコブ(ザザの侍女) / 花井京乃助
ルノー(カフェの主人) / 林アキラ
ルノー夫人(カフェの女将さん) / 園山晴子
フランシス(舞台監督) / 日比野啓一

メルセデス(カジェル) / 大塚雅夫
デルマ(カジェル) / 石丸貴志
フェードラ(カジェル) / 美濃 良
オデット(カジェル) / 香取新一
モニク(カジェル) / 水野栄治
ロシン(カジェル) / 富山 忠
ニコル(カジェル) / 附田政信
クロクロ(カジェル) / 佐々木誠
ビデル(カジェル) / 杉山有大
アンジェリク(カジェル)/ 白石拓也

栗林昌輝、土器屋利行、鯛中卓也、小野寺創、高木裕和、山本真広、福山健介、村上 聖
橋 桂、多岐川装子、浅野実奈子、首藤萌美
「オペラ座の怪人」25周年記念公演inロンドン 映画
「オペラ座の怪人25周年記念公演inロンドン」の映画・・というか映画間で録画中継
宝塚のトップさんラスト公演の中継を映画館で見るような感覚かな。

友達、何人かから「良いよーー」と言われていたけど、なかなか時間が作れないまま
名古屋の期間は終わってしまったのだけど、各地で延長ているとかで東京に行った時に時間もあったので、
品川プリンスシネマのラスト上演時間に行ってきました。

客席は8割くらいは埋まっていたかな。

「ほんとに素晴らしかった!!!」
この作品って、こんなに悲しくて切ない「愛」の物語だったのね・・・・

とっても良かったのはクリスティーヌ。
この作品でクリスティーヌに感情移入できたのは初めてかも。

「Think Of Me」
出だしから戸惑いつつ、だんだん自信に満ちてくる変化が良いですね。
マダム・ジリーが杖を「トンっ!」と叩くところは、四季版だとクリスティーヌに近づくメグをけん制するかのようだけど、「自信を持ちなさい」とでも言いたげなマダム・ジリーなのです。
このマダムもファントムに怯えるところも良いです。

カルロッタ・・・おデブちゃんですが、あれだけの声を出すにはこれくらいでちょうどいいかも。
ピアンジが・・・しっかりはずして、実力ではなくてカルロッタの取り計らいで出られるのが良く伝わってきます。

クリスティーヌがファントムに魅かれていく過程も良いし、
「All I Ask Of You」ではラウルに魅かれていく・・・
「墓場にて」はファントムとクリスティーヌにラウルも入って三重奏となる。
そして「The Point Of No Return」
劇中の役の表情から、ファントムに気づいて「素」になるところのタイミングが良くわかって表情がぱっと変わる。
ファントムも穏やかそうな表情をしていても、ラウルが現れると厳しい表情になる。
そして・・・・ラスト・・・キスされて戸惑いつつも二人を逃がす。
クリスティーヌがラウルを引っ張っていたように思ったけど・・
一旦戻ってきたクリスティーヌには「やっぱり戻ってきてれたのか」
とでもいいたげな嬉しそうな表情に
クリスティーヌが泣きながら、指輪を返して、ファントムの手を両手で握る。
ラウルのところに戻るのだけど、半信半疑なラウル
クリスティーヌの手を取って歩き出すまで及び腰で不安そう・・・・

ファントムの最後の言葉は「Night」・・・・夜なのである。

そこに現れるメグも仮面を手にしながら、どこかにファントムがいるのじゃないかと探すようなしぐさがこれまたいいです!!

今まで四季版を見てきて「謎」な行動や表情の変化の無さに理解に苦しむシーンがかなりはっきり見えてきて
さらにどこかで「謎」も残す・・・・
ダンサーの見せどころもあるし、アンドレ、フィルマン他アンサンブルに至るまで「役者」なのである。
流石、シェークスピアの国だな・・・

その後は、アンドリュー・ロイド=ウエバーはじめスタッフ、歴代キャスト。
ロイド=ウエバーの挨拶などの後、マイケル・クロフォードとサラ・ブライトマン出てきた。
サラが歌うのだけど・・・ちょっと衰えが・・・
「The Phantom Of The Opera」を歴代4人のファントムが歌い継ぐところは圧巻です。
「The Music Of The Night」は今回のファントムも入れて5人のファントム。
良かったです!!

舞台装置も、上下する橋や映像を効果的に使って、「Overture」でファントムがオルガンを弾いているところは良いなーー!!
シャンデリアは落ちてこないのだけど、発火したりするのでこれでOK>
火も使っているようだけど「墓場」でファントムが発する「火」はクリスティーヌとラウルの行く手を阻んでいた。そうだ!!これだ!と納得。

舞台ではある休憩部分はなく、約3時間。
ちょっと疲れていて、うとうと~~になったところもあったけど、飽きはしなかった。
そして、エンドロールは、名前も英語で延々と続いていただけ・・・
それでも終わるまで座っていた人が多かったなーー。

名古屋でもまた上映があるようで、これはお薦めです!!

これを見てしまうと。。。劇団四季はいかに「歌っているだけ」で芝居していない!!
特に某クリスティーヌは・・・・・

劇団四季でも特別上映会があったようだですが、これを見た高井治さん、クリスティーヌ・・・どう思ったでしょうね。
といっても以前は四季でも芝居っけがあってよかったのですけどね。

しばらくは、いくら「生」の舞台で「生演奏」でも四季のは見なくてもいいかな・・・・
そのうちにまた見に行こうかな(笑)

1月25日にブルーレイとDVDが発売になります。
初回限定の豪華版もあるようなので、早速予約しました!!
テレビで見るとまた印象が変わるかもしれませんが、止めたり戻したりして
また楽しめるかな。

「チャリティーコンサート」参加者募集
「レ・ミゼラブル」や前回の「ラ・カージュ・オ・フォール」にも参加されていた、指揮者の井村誠貴さんがチャリティーコンサートをやられます。

参加者も募集されています。

以下、井村さんのところからの引用です。

*************************************:

第2回 東日本大震災 復興チャリティコンサート

音のちから「集」復興のちから

開催決定!!

日時:2012年5月5日(祝)15時開演(11時ゲネ)
練習:5月4日(祝)13-21時(場所未定)
場所:大阪ザ・シンフォニーホール
曲目:レスピーギ:「ローマの松」より
   フォーレ:「レクイエム」より
   エルガー:威風堂々第1番「合唱付」

   ほか

参加費(義援金):15,000円(チケットノルマ2,000円×5枚分を含む)

義援金目標額:300万円

義援金送付先:未定


指揮:牧村邦彦、藏野雅彦、高谷光信、井村誠貴


オーケストラ、合唱、スタッフ募集

音楽人として復興の手助けをして下さる方、プロ、アマ問いません。

定員
オーケストラ150名
合唱96名
スタッフ10名
指揮者4名

計260名


パートのバランスの関係で、定員に成り次第締め切らせて頂きます。


申し込み詳細

練習日は1日です。プロ・アマ合同です。アマチュアの皆様にもご参加戴けますが、1日の練習で準備できる方でお願い致します。

申し込みアドレス
charity20120505@gmail.com

記入事項

・お名前
・楽器またはパート(声部)
・所属団体名(または卒業大学)

必ず上記三点をご記入の上返信下さい。

バランスの都合上、募集を締め切る場合もございます。お早めにご連絡下さいませ。

皆様のお力を、今一度お貸し下さい!
そして、あの感動を再びシンフォニーホールで響かせましょう!

井村 誠貴

********************************************


チャリティコンサート出演者募集!

昨年の東日本大震災から間もなく一年。日本人として今出来ることを考え、昨年5月にチャリティコンサートを開催。260名に及ぶ「心...」が寄せられ430万円という想像を遙かに越える成果をあげました。

そして

第2回チャリティコンサート

現在約80名の仲間が参加して下さっています。

是非!貴方もチャリティコンサートに参加されませんか?

「もうチャリティはした」
「一年過ぎた」

いえいえ、大切なのはこれからです。多くの団体が一度限りの支援で終わる中、私達はこのチャリティコンサートを五年計画で立ち上げました。

「復興は終わっていない」
「咽もとも過ぎていない」

今私達に出来ること

「継続」

です。

オーケストラ、混声合唱、スタッフの参加を心よりお待ち申し上げます。

ホームページが出来ました!
ご覧戴けると幸いです。

http://www.eonet.ne.jp/~imura/

参加申し込みは
charity20120505@gmail.com

お名前
楽器(パート)
所属

を明記の上、お申込み下さい。

締切は、2/14を予定しております。

皆様のお力、今一度お貸し下さい!続きを読む
作成: 井村 誠貴

音楽関係者の皆様、ご協力いただけるようでしたら。よろしくお願いします!!
『ペコちゃん焼き』 シャメとゴマのおバカな毎日、その224
シャメとゴマのおバカな毎日、その224
『ペコちゃん焼き』

も一つ去年の話。
ディズニーランドに行く一日前、時間があったので行ってみたところは。。。
不二家の神楽坂のお店。ここにしか売ってないのが「ペコちゃん焼」

peko-1
季節限定と今月?限定と、チョコ、チーズなど全部で6種類。
自分用に2個と、友達用にと買って、1個はすぐに食べて(爆)あとはホテルで・・・
peko-2

ゴマ 「ペコちゃんやって」
シャメ「・・・うーーん。味は・・クリームは上手いな」
皮はどこでもあるのと同じような感じで。これと言って特徴無・・・。
peko-3
何でも、たまに「ポコちゃん」がいて、これがプレミアだとか。

この日はあちこちでライトアップを見ました。
新橋の蒸気機関車
shinbashi-1

ゴマ 「サンタさん、乗っとるよ」
shinbashi-2
シャメ「ほんまや」

帝劇から有楽町駅までの丸の内の通り。
shinbashi-3

他も見に行きたかったけど、今回はパス。
また来年・・ってか今年行けたらね。
『ディズニーランドはクリスマス 後編』 シャメとゴマのおバカな毎日、その223
シャメとゴマのおバカな毎日、その223
『ディズニーランドはクリスマス 後編』 

「プーさんのハニーハント」に来たら・・・
シャメ「ありゃ、休みやでっ」
ゴマ 「ほんとや・・・・」
tdl2011-5
しょげるゴマ
tdl2011-6
シャメ「この前乗ったからまた今度なっ」
ゴマ 「うん・・・・」

毎回何かが「お休み」で今回はプーさん。残念だけど仕方ないね。

プーさんのお店に入っていたら、お店のおねーさんが「ただ今、花火があがっております」と言ったので、
お勘定をさっさと済ませて外に・・・
tdl2011-7
ゴマ 「わーーい!!花火や」
シャメ「きれいやなーー」
tdl2011-12

去年は岐阜の花火も中止だったので、ここで見られて良かったね。

その後に行ったのが・・・ゴールデンカルーセル」
tdl2011-8
一番外の馬に乗って、ご機嫌の二人・・・だったのだけど、回り出したら・・
ゴマ 「寒いよーー!!!」
そうだよ、前回は「夏」だったけど、今は「冬」
そりゃ寒いわなーーー(笑)

シンデレラ城の中を通って、プラザあたりで写真を撮って
tdl2011-11

「カリブの海賊」に行ってからお土産を見ながら「ペニーアーケード」へ
ワンコインで釣ったのが・・・これ
tdl2011-10
ゴマ 「ピンクのくまちゃん」
シャメ「ゲットだぜ!」
狙っていたのとは違うのが釣れたけど、1回で釣れたのでこれで終わり。

今回は夜バスの時間も迫っていたので22時で退散。

ゴマ 「また来ようね」
シャメ「そやな、また来たいな」

tdl2011-9

またね~
「サンセット大通り」大阪あり
「サンセット大通り」の大阪公演が7月にあるとのこと(チラシより)

安蘭けいさん主演で関西地区がない訳は、ないかな~

他の出演者も一部決まっているようですが、なぜ表に出てこないのか?
『ディズニーランドはクリスマス 前編』 シャメとゴマのおバカな毎日、その222
シャメとゴマのおバカな毎日、その222
『ディズニーランドはクリスマス 前編』

また去年の話です
11月28日「ダンス・オブ・ヴァンパイア」を見に行った後に、ディズニーリゾートに向かいました。
18時から入れるアフター6で、シーは10周年だからシーに行こうと思ったけど、舞浜についたのが19時。
うーーん、起伏があり、不慣れで迷子になるシーより、ランドかな・・と
「ディズニーランド」に行きました。

この時期は「クリスマス」
tdl2011-1
大きなツリーもありました
tdl2011-2
シンデレラ城も・・・こんな感じ
tdl2011-3

パークに入ったら間もなくパレード時間。
そこで屋台で「ターキーレッグ」を買って腹ごしらえ。
そのままパレードが見れそうなところに移動して、ピザを食べながらパレードを少し見てから
「ホーンテッドマンション」へ

ゴマ 「やっぱり行くの? ほっとけマンション」
シャメ「ホーンテッドマンションやでっ! ええかげん覚えんかい!」
ゴマ 「きゅ~~~」
tdl2011-13
中に入ったらまたハローウィーン&クリスマス仕様

途中で「黒いそり」が止まって、「えっこんなとこで止まるの??」と不安なゴマ。
はしゃいでいるシャメを横目に、何やら出てくるとキャーキャー言ってたゴマだけど・・
途中で「あっ○村さん」とまた聞きなれた声にちょっと安心。
最後に勝手に乗ってくる「おばけ」に上に乗られて「速く降りてよーー」(笑)
シャメ「面白かったなっ!」
ゴマ 「う・・うん」
まぁそれなりに楽しかったようです。

次は、前回お休みだった「イッツ・ア・スモール・ワールド」
tdl2011-4
ゴマ 「楽しーねーー」
シャメ「ゴマ、今回は良かったな」
ゴマ 「うん!!」
これはかなり気に入っているゴマ

さて次に行こうとしたところは・・・・

続く
『牛、おったよ・・・(高山で)』 シャメとゴマのおバカな毎日、その221
シャメとゴマのおバカな毎日、その221
『牛、おったよ・・・(高山で)』

去年の話です。
11月に郡上八幡に行ったついでに高山に行ってきました。
ちょうど、「飛騨牛まつり」だったかな?やっていたの、いろいろ食べてきました。
ラーメンと飛騨牛の串焼き。
takayama2011-11-1
飛騨牛コロッケは売り切れで、丸焼きも食べてきました。8時間くらい焼いていたらしい。

そうこうしていたら・・・高校生が牛を連れてきて、ご披露。
takayama2011-11-2
ゴマ 「あっ、牛やーーー」
シャメ「でかいなーー」

ってことで記念写真
takayama2011-11-3

近くの公園にSLも展示してあったので
takayama2011-11-4

高山市内の怪しげな昭和の博物館にて。。。
ゴマ 「ここにも牛おるよーー」
シャメ「それは犬」
ゴマ 「きゅ~~~白黒の牛かとと思った」
ワンちゃんの真似して・・・
takayama2011-11-5

この日は時折雨も降って、行き帰りに何度か「虹」を見ました。
takayama2011-11-6

そのうち一つは、虹の下をくぐったようになって・・・
「OVER THE RAINBOW」ならず「UNDER THE RAINBOW」????
『りんごやでっ』 シャメとゴマのおバカな毎日、その220
シャメとゴマのおバカな毎日、その220
『りんごやでっ』

先月、お友達からリンゴが送られてきました。
箱を開けたら。甘~い香りが広がって・・・
ringo-1
ゴマ 「わーい、リンゴやよ」
シャメ「モミジの葉っぱも入ってるで」
と覗き込んでいた二人

ゴマ 「いやん」
ringo-2
シャメ「ゴマ、落っこちた」
・・・・・・

リンゴを出して
ゴマ 「シャメ君の、きいないね」
ringo-3
シャメ「『きいない』って何や?」
きいない・・・黄色い。おばあちやんや母が言っていたので八幡弁?

黄色のリンゴはちょっと珍しいなーー。
シャメ・ゴマ「おいしーよーー」
ありがとうございました!

「きいない」ついでに・・・
先日、近くのスーパーでやっていた駅弁大会で買った
「ドクターイエロー弁当」
dryellow

ゴマ 「ご飯、きいないよ」
シャメ「カレー味やで」

ご飯がカレーピラフ、カレースパゲッティ、オムレツ、スコッチエッグ、にんじん、サツマイモ、インゲン。
ちょっと野菜が少ないかな。ごはんがいまいち・・・・

シャメ「入れ物だけやな」
陶器でできていて、立派でした。
『モラルもルールも、仕上げ、見てきたよ~~』 シャメとゴマのおバカな毎日、その219
シャメとゴマのおバカな毎日、その219
『モラルもルールも、仕上げ、見てきたよ~~』

「ダンス・オブ・ヴァンパイア」大阪公演。千秋楽になんとか行けました。

ロビーにあった・・・
2011-0112-3

ゴマ 「あっ、かまれとる(噛まれている)」
シャメ「誰も入ってないで。ゴマ入ったら?(笑)」
ゴマ 「痛いで、嫌」
シャメ「あっそう(笑)」

さて、カーテンコールでのダンス。
何度か練習して・・・・
2011-0112-2
ゴマ 「これ、もらって振ってきたよーーー」
とご機嫌。
何とかうまく踊れていたようです。
ゴマ 「モラルもルールもまっぴらぁあああ。クコールさん『またねー』ってだしとったよ」
シャメ「そりゃ、またやるんかもなっ」
ゴマ 「あるといいねーー」

ということで。
シャメ「練習したご褒美」
ゴマ 「わーーい、黒ゴマぷいん」
シャメ「プリン!」
ゴマ 「・・・・ぷりん」
2011-0112-2

夕飯に行ったバイキングのレストランで、いただきました。

でも、このレストラン、野菜中心だけど壁に貼ってあるメニューのうちほとんどが「無かった」
先は短いな・・・・・・

「ダンス・オブ・ヴァンパイア」  1月12日、千秋楽
「ダンス・オブ・ヴァンパイア」
2012年1月12日 大千秋楽 梅田芸術劇場・メインホール

「行けるかどうか・・」微妙でしたが、大阪に所用もあり、朝も何とか起きられたので行ってきました。

もう一度見たかったのは森山開次さんのヴァンパイアダンサーが見たかったけど、叶わず・・・ちょっと残念。
新上さんも良いから良いけどね。

大阪の初日から「あんまり調子よくない」と聞いていた伯爵様・・・
上から登場のシーンで、思わず「これって、録音??」と思えたほど、帝劇とは違っていた・・・
うーーん、なんというか、辛そうというより何とか声を引きずり出している感じ・・・
ロングトーンはまぁ良かったけど、調子悪いなんてものでもなく「別人」・・・・
これを初めに見ていたら「こんなものか・・・」と思ったかな。
2幕の墓場での「抑えがたい欲望」は新上さんのダンスも絡んで良かった!!

シャガールがマグダを噛んだ後に血を見て「なんじゃこりゃーーー」(爆)
客席から笑いは無かったけど・・・あれのパロディだよね・・・あれ・・・「太陽にほえろ」

ヘルベルトは風呂場でアルフレートを襲って、教授に「退治」されたあと「最後までうっとおしいじじいだな」ってなことを言って去って行った・・・・(笑)
教授は「初対面なんですけど・・・」(笑)

クコール劇場はオケが「蛍の光」の演奏。(ツレに「『蛍の光』ぢゃないから」と言われたのだが・・(爆))
ちょっと寂しそうにうちわで履きながら、あちこちであいさつ。
プラカードが出てきて「クコール劇場 完」裏を向けたら「またねーー」
そうか・・またあるのか(笑)

今回は「悪夢」のシーンのシンガーもダンサーも良かった!!
ダンサーさんが揃っていたし、見ごたえがあった。
サラの化身、1幕の滝沢さん、もう少しキレがあったように思ったけど・・・
知念サラは、口に何か含んだような歌い方にげんなり。遠くからだと表情の変化が全然わからないので単調に見えた。
浦井アルフレートは、最後まで「へたれ」
禅さん教授は・台詞ためすぎ(笑)でも楽しそうだった。
ヘルベルトはカーテンコールまでアルフレートにちょっかい出していたなーー
シャガールは、サラを追って行ったあと、宿に運び込まれてか、死んだはずなのにお腹が上下運動・・(笑)
しんどいのか―――!!

それとあいさつでは、コング桑田さんが「間違えちゃって・・心残りがあるので、再々再演の選挙にはぜひ一票を!」と言ったら、次々と「私にも・・」発言(笑)

最後に山崎育三郎君、森山開次さん、高橋愛さんも私服で出てきました~~
開次さん、えらく張り切っていたけど・・・(笑)

カーテンコールのダンスは。。入るときにサイリウムの棒をもらったりのだけど、カバンの中で開演前からすでに発光!!どうなったかな・・と思ったら、何とか持ちこたえていた!
途中客電も舞台も電気が消えて・・・きれいだったよーー。

何度かアンコールにこたえて出てきてくれた出演者さんたち、サイリウムで何やってるのかわかってしまうのよね。

祐さんの挨拶にも出ていたけど「強行日程にもかかわらず・・」そうだったのか・・・
オケのホルンが危なかったのと音響が…ハウリング起こしていたところもあったので、何とかしてほしいなーー。

最後は、ほぼスタンディングだったと思うけど、楽しかった―――!!
ああ、終わっちゃったよーー。


【出演】
クロロック伯爵 / 山口祐一郎
サラ / 知念里奈
アルフレート / 浦井健治
シャガール / コング桑田
レベッカ / 阿知波悟美
マグダ / Jennifer
へルベルト / 馬場 徹
クコール / 駒田 一
アブロンシウス教授 / 石川 禅

ヴァンパイアダンサー=伯爵の化身 / 新上裕也

麻田キョウヤ、安部誠司、奥山 寛、加藤貴彦、さけもとあきら、島田邦人、鈴美 明、武内 耕、
松澤重雄、山名孝幸、横沢健司
石原絵理、一倉千夏、碓氷マキ、柏木ナオミ、樺島麻美、河合篤子、鈴木結加里、穂積由香、水谷祐紀

ヴァンパイアダンサー
加賀谷一肇、西川 卓、西田健二、東山竜彦(アルフレートの化身)
佐伯理沙、坂井朋子、滝沢由佳(サラの化身)、皆川まゆむ、横山博子(サラの化身)

指揮 / 西野 淳

【スタッフ】
音楽:ジム・スタインマン  
脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ  
演出:山田和也 
澤穂希さんと津田恒美さん
話題が遅れましたが、サッカーの澤穂希選手が2011 FIFAバロンドール賞(年間最優秀選手賞)の女子選手賞最優秀選手賞を受賞しましたね。
佐々木監督も最優秀監督賞とフェアプレー賞で3冠とか。
おめでとう!!!

澤さんが着物で授賞式に出席していたのは良かったですね。
「日本とわかるから」とかおっしゃっていましたが、まさにそのとおり!!
スピーチも短い中に明瞭で良かったです。
隣にいたアメリカのワンバック選手が、そっと背中を押していて、喜んでいたのも印象的でしたが、澤さんがアメリカにいたときに一緒にプレーしていたのですってね。

こんな日が本当に来るなんて・・・
長年、いろいろ苦労しながらつかんだ栄冠。それも「仲間がいたから」と一人でつかんだわけではないこともしっかり主張していて、良いですね。
それと、この賞はプレーだけではなくてプレー以外の態度なども審査の対象になっていたらしいですね。
ワールド杯の決勝戦での澤選手の決めたゴールがすべてを物語っているような気がします。

今年はオリンピックもあり、まだまだ期待されるけど、がんばってください!!


プロ野球の殿堂に元広島の北別府学さんとともに津田恒美さんも入られたとのニュースに、胸が熱くなりました。
亡くなって早くも・・・・18年?息子さんもすでに「大人」・・・

「最後のストライク」というドラマにもなっていましたが(戸井勝海さんも出ていた・・・)、
「炎のストッパー」もついに殿堂入り!!!
嬉しいです!!

感動で泣けてくるニュース2つでした。
『モラルもルールもまっぴら、それから』 シャメとゴマのおバカな毎日、その218
シャメとゴマのおバカな毎日、その218
『モラルもルールもまっぴら、それから』

シャメ「クイズです。『もらるもルールも、まっぴらぁぁ~~』
で、ゴマはどこが違ったのでしょう?」

v-1
ゴマ 「えっ、どこが違うの???」
シャメ「わからんのか?
    ①「『もやゆもゆーゆも』ではない!「モラルもルールも」やでっ」
ゴマ 「きゅ~~~」
シャメ「② モラルで引っ込める手が反対。先に右手を引っ込める」
ゴマ 「きゅ~~」
シャメ「最後に『きゅ~~~』はいらない!」
ゴマ 「きゅ~~~」
シャメ「はい。また練習なっ(笑)」

v-2

ゴマ 「きゅ~~~~がんばるもん」

今日もまたパソコン見て練習しながら「クコール劇場」を見て腹を抱えて笑っていたゴマ。
ゴマ 「これ、おもしろいねーー」
シャメ「練習は??」
ゴマ 「きゅ~~~~」

やっぱり「きゅ~~~」なのである(爆)
『あけましておめでとうございます』 シャメとゴマのおバカな毎日、その217
シャメとゴマのおバカな毎日、その217
『あけましておめでとうございます』

シャメとゴマ、今年もお年玉をもらいました。
otoshidama-1

ゴマ 「名前書いてあるよ」
シャメ「今年はいくらかって聞かんのか?」
otoshidama-2
ゴマ 「うん、一緒やもん」
シャメ「あっそう・・・」
otoshidama-3
ゴマ 「でも、何に使うの?」
シャメ「教えねー。募金しにいこ」
otoshidama-4
ゴマ 「あっ、ゴマちゃんも」

ってことで、少し募金してきました。

今年の年賀状ネタは・・・
nenga2012
「シャメ、ゴマ、去年成人式でした」

今年もよろしくお願いします! 
名古屋巴里祭
今年の「名古屋巴里祭」に鈴木綜馬さんが出演とのこと・・・

各地でも行われる「パリ祭」とは違う団体なのか???
良くわかっていないけど。

7月14日を「パリ祭」と言うのは日本だけで、映画「7月14日」の邦題「巴里祭」のヒットによるものだとか。
石井好子さんが「シャンソンの祭典の日」にしたとか・・・

7月14日はバスティーユ襲撃の日ですね。
このバスティーユの襲撃も「ここに武器が集められている」ってなデマで始まったとか。
ベルリンの壁崩壊も、元は間違った発言じゃなかったかな?
まぁ歴史的な重要事項は、こんな「誤解」から生まれているようですね。

忘れちゃいけない、オスカル様の命日(爆)

今年の「名古屋巴里祭」は7月27日だそうです。
訃報、林光さん
作曲家の林光さんが亡くなられました。

林光さんと言えば・・・NHK大河ドラマの音楽では「国盗り物語」「花神」
オペラシアターこんにゃく座の座付き音楽監督、作曲家でもあり、宮沢賢治作品の作曲もありました。
劇団四季でも「ドリーミング」の「光のアリア」など

そして、日本語の創作オペラも数々作られていました。
その中でも私が関わったのは、岐阜での国民文化祭で上演された「鏡の森の物語」
合唱で参加しましたが、譜面を見ると突然4/4拍子かと思うと5/4拍子!
覚えるまで変調子に苦労しましたが、今でも歌えたりします。

打ち上げにも参加されていて、サインをお願いしたのですが、無口で仏頂面(そうみえました)だったのが「劇団四季の「ドリーミング」の光のアリアが好きです」と言ったら、にっこりされたのを今でも覚えています。
「花神」のテーマ音楽も好きだったなーー。あれで「林光」を覚えたのでした。

ご冥福をお祈りします。

鈴木綜馬さんの出演情報
鈴木綜馬さんの出演情報が出ていました。

ミュージカル「サンセット大通り」

日時: 2012年6月16日(土)~2012年7月1日(日)

会場: 赤坂ACTシアター

キャスト: 安蘭けい、彩吹真央、鈴木綜馬 他(敬称略)

料金: S席:12,600円 A席:6,300円
※全席指定・税込 ※未就学児童入場不可

チケット発売: 2012年2月25日(土)一般発売予定

主催: TBS/ホリプロ

音楽 アンドリュー・ロイド=ウェバー

赤坂ACTシアター

綜馬さんと安蘭けいさんの初共演!ついに来ました~~~~嬉しいです!。
他の出演者も気になりますが、ロイド=ウェバーの音楽なので歌える人が来て欲しいです。

綜馬さん、ロイド=ウェバー作品は久しぶりですよね。。。。って前は芥川英司時代?(爆)

劇団四季がやるのかと思っていましたが、志村幸美さんが亡くなってから候補者がいなかったのでしょうかね。
ロイド=ウェバー作品は最近はホリプロがとっていますね。
勢力地図が変わったのか??
鈴木綜馬さんのラジオ出演・・もう明日だよ!
鈴木綜馬さんがラジオに出演されます。

ってもう明日なんですよーー。

1月2日 14:20~15:55、NHKラジオ第1
「新春おめでたバラエティー」
生放送です。
NHKの「スタジオパーク」ですので観覧ができるようです。

13:00にスタジオパーク館外にある入り口横(コンコース)にお集まり、そこで抽選が行われ、当選された方々がスタジオパークのブース内で番組をご観覧頂けるそうです。
残念ながらはずれてしまった方々も、ブースの外からガラス越しにご観覧頂けるとのこと
綜馬さんのブログから引用しました。

私は・・・うちでラジオかな(笑)
2011年、舞台の投票、よろしく!!
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

早速ですが、2011年に公演された「舞台」・・・あなたの「マイ・良かった」と「マイ・良くなかった」
そして「マイ・良かった俳優」と「この人のこの役が良かった」の投票を募集します!!

携帯からは見られないのでごめんなさい!

あなたの独断と偏見で(爆)投票して下さい。思い入れ、思い込み、OK!  
各誌の「ベスト」ものの結果に満足していないあなた!ゼヒ1票を!!    
たくさん見ていなくても1つだけでも良いんです!  
「舞台」であれば、コンサートでも何でも良いですよ!
ライブ中継ってなのもの(笑)             

期限2012年1月31日まで

演目、俳優が違えば何度でも投票していただけますが、1演目、1個人については1回でお願いします。
項目は増やせますので、どんどん追加してください!!
コメントもぜひ入れてください!!

よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。