こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「坂の上の雲」いよいよ第3部!
NHKのドラマ「坂の上の雲」、3年計画のラストの年となりましたね。
ツレ曰く「次を待ち望んで死んでいった人もいるやろー」・・・・。
再放送をしているようなので話はつながりますが、3年はちょっと長すぎますね。・

テーマ曲っていっていいのか「Stand Alone」。毎年歌っている人が変わりますが、今年は「麻衣」さんのようです。
誰??と思ったら作曲の久石譲さんの娘さん・・・おお「ナウシカ」のランランラララランラン♪の子ね~~~
私としては広瀬役の藤本隆宏さんに歌ってほしかったな・・・去年の「スタジオパーク」で歌っていたのが素敵だったし、男でもいいやん!!

コーラスでも、練習中の曲です。
久石さんにしては、素直な音の曲だなと思っていたら間奏はやっぱり「久石節」だった(爆)ついついピアノの間奏に聞きほれてしましますが、なかなか難しいです。

ドラマつながりで、2週連続でやっていた「蝶々さん」
前半は垣間見たので再放送を録画して、後半も録画してみましたが・・・
篤姫つながりの宮崎(字は違うのだよね)あおいさんと、ともさかりえさん、野田秀樹さんと川平慈英さんも出ていました。
武士の娘として誇り高く死んでいった・・・のですね。
泣けました。

「ミス・サイゴン」も蝶々夫人をベースにしたとかって聞きましたが、なぜキムが自殺するのかが訳が分からなかった。
「ミス・サイゴン」はアメリカバンザイであまり好きじゃないのですが、こういう「武士の誇り」のような日本人的感覚は欧米で理解できていたのだろうか・・・
単に「悲劇」として取り入れていたような気もします。

ドラマは「家政婦のミタ」が面白いですね~~~

BSではありますが市村正親さん初主演の『王様の家』も面白いです。
この秋のドラマはちょっといいねーー!
スポンサーサイト
「ダンス・オブ・ヴァンパイア」初日
「ダンス・オブ・ヴァンパイア」
2011年11月27日 17:00~ 初日 帝国劇場

レポの前に・・・
せっかく書いた宝塚のレポがupできてなくて、消えたかと思ったら。。。とんでもない日付で入っていた
ということで、本来の日付でupしました。

さて本題(笑)
三演目となりましたこの作品。冬の話なのに今までは暑い「夏」の公演でした。
舞台と同じ、初めての「冬」公演です。

全体的に・・・ダンスの振り付けが変わりました!!
ヴァンパイアダンサーたち、伯爵の化身。そしてフィナーレのダンス。
新キャストにチェンジの役から

山崎アルフレート
気弱な基本はありますが、教授に反抗的な顔をしたり、反抗的に叫んだり、泉見君とも浦井君とも違う「アルフレート」をほぼ完成させていました。これは変化するとしても楽しみです!

高橋サラ
うーーん、個人的には「アイドル」の歌い方としゃべりがダメでした。
かわいいのと、赤のドレスは似合っていたけど一部黒?紺?とのチェック柄が入っていて、これがカジュアルに見えて、まぁアイドルさんにはいいかな・・・でも安っぽく見えた。
歌は低いところはいいけど高音はふらふら。低音もなんだか波打っているよう。
アルフレートとのデュエットも、声はかわいいけど・・・・・・・・・・消されてしまっている。
ヴァンパイアになってからはドスを利かせていて、この変化をつけたのは○。
途中参加を考慮しても、初演の二人のサラがかなり作り上げていたことを考えると・・・もっと鍛えてきてほしかった。
今後、どうかわるか・・・ってもう見る機会はないので確かめられないのが残念です。
1回しか見ない人もいるのだからね~~~~
アルフレートの噛み付くところ・・ジャンプして飛びついて、そのまま・・背の差があるから??

ジェニファーマグダ
個人的には「こんなマグダが見たかった!!」
色っぽいけどいやらしくなく、歌もちょっと言葉に訛りはあるけど、これもOK!!
キュート・・かな。

コングシャガール
歌がちょっと厳しい・・けど「お父さん」、身体のわりに(失礼!)動きが機敏で、時々踊っている姿がキュート。
そんなシャガールとマグダのカップルもシャガールとレベッカのカップルもいいなー。

馬場ヘルベルト
前回までの吉野圭吾さんがあまりにはまっていたので、期待していなかったけど・・・
「こうきたかーー!」
吉野さんとはまた違うヘルベルトで、元気がいい!!
登場シーンでの足を伸ばして屈伸してのカバン取りは無かったけど、アルフレートにいきなり迫っているし、
お風呂のシーンの衣装は黒のキャミソール。
お風呂場のカーテンが開くと・・・おお!!かなか色っぽい。
吉野さんほどの妖艶さは無いけれど、演技も「余裕」すらみえた。
最後にお尻みせて「これで勘弁して!」には笑える!!
お風呂の下には赤いテニスラケットとボールもあってミュージカル「テニスの王子様」出身者ということだからだろうか、そのうち「小道具」として使われるのではないかな。
これはキャストチェンジ成功だと思いました。やられたぁ~~~
また見たくなりました!

サラの化身、1幕と2幕ではちがっていたようですが、今ひとつキレがない・・・・

伯爵の化身の新上さんのダンスは変わっていた!
ヴァンパイアダンサーアルフレートの化身を省くと、均一しているかな。
「夜を感じろ」のシンガー松澤重雄さん、麻田キョウヤさん、河合篤子むさん、鈴木結加里さん
このメンバー、良いです!

他に・・・
禅さんアブロンシウス教授。
コミカル度とまじめ度それぞれup。

山口クロロック伯爵。
歌い方が・・変わった。というかもうこのような歌い方しかできなくなったのか。。。
歌にも「お茶目」度up。
鬘が・・お友達いわく「剃り込み」(笑)、私は白髪交じりのもみ上げの細長さが気になった・・
マイクが前より口に近くなっているように思いました。
が・・聞かせどころのポイントは押さえてある。

墓場での「押さえがたい欲望」でショーストップに近い拍手があったけど、それがピタリ!と止んだ。
「ダンス・オブ・ヴァンパイア」ファン・・・たくさん来ているねーー。
その後の教授の台詞で、なぜか泣けてきた・・・・・

カーテンコールの挨拶は石川禅さん、山崎育三郎君、高橋愛さん、山口祐一郎さん。
禅さん以外は牙をつけていたのでしゃべりにくそう。。。。
祐さんにいたっては「二階からもみえるようにと牙が長い(笑)」
禅さんが「暑い夏にクーラーをつけてやるのと、寒い冬に暖房をつけてやるのとの違いがわかるかも。。。でも、暑いです」(笑)コートも暑そうだ・・・

そして、今回最も変わったところ・・・カーテンコールでみんなで踊るダンス(笑)
司会の駒田さんから「馬鹿息子が・・」と段取り無くいきなり指名された馬場ヘルベルト。
それでも躊躇無く、しっかり教えていて「とどこおりなく・・・」(笑)
ほんとに怖いもの無しなのか、すでに場数を踏んでいるからか(お友達談)とっさの判断が上手いです。

公式ブログでも紹介されていましたが、新しいダンス、覚えていきましたよーー!
指揮の西野淳さんも相変わらず最後には「牙つき」(笑)
オケの音がちょっと軽くなったように思いました。

それから
上手通路・・今回美味しい!!

やっぱり・・・・楽しいよ~~~~

【出演】
クロロック伯爵 / 山口祐一郎
サラ / 高橋 愛
アルフレート / 山崎育三郎
シャガール / コング桑田
レベッカ / 阿知波悟美
マグダ / Jennifer
ヘルベルト / 馬場 徹
クコール / 駒田 一
アブロンシウス教授 / 石川 禅

ヴァンパイアダンサー=伯爵の化身 / 新上裕也

麻田キョウヤ、安部誠司、奥山 寛、加藤貴彦、さけもとあきら、島田邦人、鈴美 明、武内 耕、
松澤重雄、山名孝幸、横沢健司
石原絵理、一倉千夏、碓氷マキ、柏木ナオミ、樺島麻美、河合篤子、鈴木結加里、穂積由香、水谷祐紀

ヴァンパイアダンサー
加賀谷一肇、西川 卓、西田健二、東山竜彦(アルフレートの化身)
佐伯理沙、坂井朋子、滝沢由佳(サラの化身)、皆川まゆむ、横山博子(サラの化身)

指揮 / 西野 淳

【スタッフ】
音楽:ジム・スタインマン  
脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ  
演出:山田和也 
宝塚月組「我が愛は山の彼方に」 11月23日
宝塚月組「我が愛は山の彼方に」「Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)」
2011年11月23日 11:00~ 中京大学文化市民会館 オーロラホール

霧矢大夢さん、蒼乃夕妃さんの退団が決まってからの(なんちゃって)全国ツアー
チケットは取っていたのだけど、「トライアングル」が刈谷であるからと一度はあきらめていたのですが・・
時間を見ていたら・・「行けるやん!!」
ということでチケットを譲っていただき行きました。

今までは星組で上演されていましたが月組では初めての上演ですが・・・
少人数ではありましたが、女真国に行ってから、チャムガの婚約者は出てこないし、
万姫は連れ去られたかと思ったら、次の場面では「高麗に帰れる」ってな話になっているし・・秀民の部下?の玄喜はこの公演からの役かな?
名古屋弁のセリフもあったりして一時の清涼剤だったなーー。

話も説明的台詞が多くて、淡々と進むだけだったけど、ラストの高麗・玄喜と女真国のウルムチとの剣の戦い、
秀民とチャムガの立ち回りなど、見せ所あり。立ち回りは秀民の方の顔が見えるような動きになっていました。
そして・・・チャムガの「万姫は我が妻にあらず」と死んでいく、
秀民は万姫に告げる台詞が聞かせどころなんだよねーー

この話、主役の朴秀民より、適役のチャムガの方がかっこいいのだよね。
でも、秀民役は心の内面の芝居が大事のようで、とても難しいと思います。
宝塚的にはチャムガが主役のようにも思えますがラストの「芝居」と「歌」に重点がおかれているようですね。

キリやんの秀民、この言葉を告げたら万姫はどうするか、わかっていながら告げたのか?
とにかく秀民は「優しい」
万姫もその優しさが心苦しいようにも思える。
そんな心の「叫び」のような「チャムガは万姫は我が妻だといった」の台詞が良かった!!
その後の歌も聞かせてくれるので、この芝居・・・最後だけでもいいんじゃない?(笑)
ってそんなわけにもいかないかな。
龍真咲さんのチャムガはきれいだったけど、やはりもう一つ芝居の深みが欲しいなーー。
キリやんとのキャリアの差が出たかな。
あと、もう少し途中がなんとからんかな・・・

「ダンス・ロマネスク」
大劇場のは見ていないのだけど、少数でも十分楽しめました。
客席降りもあり、「かもめ」のシーンもほぼ全員出ていた?
近くに越乃リュウさんが来てくれた~~~

思いがけず、お友達親子にも会えて、行ってよかったです!!

【出演】
越乃リュウ、霧矢大夢、青樹 泉、憧花ゆりの、龍 真咲、綾月せり、夏月 都、美翔かずき、
蒼乃夕妃、響 れおな、彩星りおん、宇月 颯、白雪さち花、千海華蘭、煌月爽矢、風凛水花、
花陽みら、真凜カンナ、星輝つばさ、紗那ゆずは、星那由貴、翔我つばき、隼海 惺、
天翔りいら、香咲 蘭、煌海ルイセ、美泉 儷、朝美 絢、早桃さつき、美里夢乃、麗奈ゆう、
春海ゆう、叶羽 時

専科
磯野千尋、一原けい


「ダンス・オブ・ヴァンパイア」間もなく初日!
「ダンス・オブ・ヴァンパイア」3演目の初日が間もなくですね。
先日、友達とブログの話になったのですが、最近あんまり見てなくてね・・・

やっと見てきたら・・・
フィナーレの振り付けが変わるって・・・
「覚えるまで繰り返し見て勉強しなさい!」
と動画が張り付けてありました。

フィナーレの振り付け

ははは、案外声が高い振り付けの上島雪夫さん(笑)
山口祐一郎さん・・・手がいい加減だがね!(笑)

そのしばらく前のブログでは、祐さんのご挨拶・・・でコウモリのリー君が・・・・
噛まれてるし(笑)
ドアップの祐さんと不気味な笑いがマッチしていて、思わず飲んでいたお茶を吹きそうになった(笑)

で、初日から新しい振り付けで「踊る」らしい・・・
前回までの振り付けも出るって?
さて、どっちだろーーねーー(笑)
『いだきものなど、9月』 シャメとゴマのおバカな毎日、その214
シャメとゴマのおバカな毎日、その214
『いだきものなど、9月』

9月にお友達からいただいもの。
バームクーヘンと紅茶。
博多に行った時にいただきました。
okashi-201109-1
ゴマ 「バームクーヘン、おいしいよーー」
シャメ「お茶もええ香りやでっ」

高知の方から・・・
okashi-201109-4
ゆずのマーマレードは程よい甘さで美味しかったです。
かつおめしはまだ食べてないです。

シャメ・ゴマ「ありがとう!!美味しかったよ」

山上路夫さん、レコード大賞作詞賞
山上路夫さんが日本レコード大賞の作詞賞を受賞されました。
おめでとうございます!
対象曲は ふくい舞さんの「いくたびの櫻」
NHKドラマ『隠密八百八町』の主題歌でした。

山上さんは、鈴木綜馬さんの「若者は待っている」の作詞者です。
ってことは・・・・チャンスがあったのかも。。

山上路夫さんといえば・・・
アニメ「ベルサイユのばら」のオープニング「薔薇は美しく散る」とエンディングの「愛の光と影」も作詞されています。
他にも、名曲がありますね。
そういえば「若者は待っている」はちょっと昭和っぽかったですね・・・・

若者は待っている若者は待っている
(2011/04/27)
鈴木綜馬

商品詳細を見る





『中に入れてよ~』 シャメとゴマのおバカな毎日、その213
シャメとゴマのおバカな毎日、その213
『中に入れてよ~』

チョコレートを一人で食べてしまいかけたゴマ
「ってくもーー!! 一人で食べて! この前はつまようじで遊んでいたし、外に出て反省しなさい1!!」
と・・・ついに怒られてしまいました。

ゴマ 「入れてよーー
soto-1

そこに帰ってきたシャメ
シャメ「どないしたん?、そっち開いてるで」

soto-2
反対側は開いていたのだけどね。

ゴマ 「ねーちゃんに出されたの」
soto-3

ゴマ、チョコレート全部食べようとしていたよ。
シャメ「何やて?」
ゴマ 「1個残しておいたよ」
シャメ「で、他は食べたんか?」
ゴマ 「うん」

soto-4

ゴマはシャメについていこうとしたけど・・
シャメ「中に入ったらあかん! しばらくそこにおれよ!!

soto-5

ゴマ「えーーー!!」

soto-6

シャメ「チョコレート、一人で食べようとした罰やっ!!!
と窓も閉められてしまった・・・

soto-7

ゴマ 「入れてよ~~、外寒いよ~ もうしましぇん

しばらくしたら入れてもらえたけど、
ゴマの「もうしましぇん」はあんまりあてにならない!
少しはこりたかな、ゴマ。
ゴマ「きゅ~~~~」
『今度はチョコレートを・・』 シャメとゴマのおバカな毎日、その212
シャメとゴマのおバカな毎日、その212
『今度はチョコレートを・・』

お友達からチョコレートをいただきました。
シャメ「これ、美味いでっ」
ゴマ 「うん、おいしいよーー」
okashi02-2

シャメがちょっいと出かけたら・・・
ゴマ 「まだたくさんあるよ」
okashi02-3
ってことでついつい、いくつか食べていたゴマ・・・
良いのかな~~~

さて、どうなる????
(続くかも・・・)
『つまようじ』 シャメとゴマのおバカな毎日、その211
シャメとゴマのおバカな毎日、その211
『つまようじ』

うちの「つまようじ」は鳥さんのこんなのに入っています
入れ替えのため出しておいたら・・・
ゴマが目を付けない訳はなく(笑)早速遊んでいました。

yoji-1

ゴマ「こうやって、しっぽのところを上げればいいんや」

yoji-2

ゴマ「あっ、出てきた」
と…いくつも出していたら

yoji-3

シャメ「何しとん?」

yoji-4

ゴマ 「シャメ君のも出してあげたの」

yoji-5

シャメ「おおきに・・・ってそんなにいらんでっ!」
ゴマ 「シャメ君、たくさん使えばいいやん」
シャメ「いらん!」
ゴマ 「えっ、そうなの? 楽しいよーー」

yoji-6

シャメ「楽しいよーーって・・・ったくもーーー、こんなに出して。おもちゃやないでっ!」
ゴマ 「きゅ~~」

ゴマ、また怒られたね。
仕方ないのでつまようじは、使いましたよーー。
鈴木綜馬さんの来年の舞台
鈴木綜馬さんの来年の舞台。

「MY ONE AND ONLY (マイ・ワン・アンド・オンリー)」

出演:ビリー/坂本昌行、イーディス/大和田美帆
大和悠河、鈴木綜馬、川平慈英 他

東京公演 2012年 3月10日(土) ~24日(土) 青山劇場
大阪公演 2012年 3月29日(木) ~4月1日(日) シアターBRAVA!
チケット発売日  1月21日(土)~

お友達のメールでは「ニコライ皇太子」の役とか。
綜馬さんのブログを見ると、題名はカタカナ?英語でも出ているのにカタカナ?(爆)
ちょっとらしくない・・・・

追記
「ニコライ皇太子」というより綜馬さんのブログに書かれていたように「ニコライ王子」の方が良いようですね。

ロシアの王朝は1917年に崩壊していますが・・・・このお話は1927年のようです。
あんまり「歴史」を厳密に考えなくてもいいってことかな。。。。
『いただいたお菓子 10月』
シャメとゴマのおバカな毎日、その210
『いただいたお菓子 10月』

先月いただいたお菓子

ハロウィーンのかぼちゃ???
okashi-201110-1
ゴマ 「かぼちゃのおばけやよ」
シャメ「ハロウィーンになると出てくるなっ」

これは食べるのがもったいなかった1

ドーナツだけど・・・
okashi-201110-2
ゴマ 「これ、油っこくないよ」
シャメ「うん、うまいでっ」

えっと・・なんだったか忘れちゃったけど、(ごめんね)
どちらもおいしくいただきました。
シャメ・ゴマ「ありがとう!!」
「さど☆まさし 題名のある音楽会」 完全版
テレビ放映 情報

「さど☆まさし 題名のある音楽会」
11月20日(日) 10:00~11:45 NHK BSプレミアム

 9月30日に兵庫県立芸術文化センターで行われた、東日本大震災復興
 祈念チャリティー・コンサート さど☆まさし「題名のある音楽会」
 ※11月3日(木)NHK総合テレビで放送し切れなかった楽曲やイン
 タビューを追加した、豪華ロングバージョン。

※放送日時等が変更になる場合もございますのでご了承くださいませ。

舞台「ガブリエル・シャネル」
12月21日 23:00〜26:00 NHK-BSプレミアム
シアター・コレクション

公演(2011年5月:日生劇場)舞台中継
「ロミオ&ジュリエット」 10月10日
ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」
2011年10月10日 マチネ/ソワレ 梅田芸術劇場メインホール

すでに1か月以上過ぎてしまいましたが、「ロミジュリ」
マチソワで両ロミオ・ジュリエットを見てきました。
ダブルキャストは石井一彰さんだけ見られなかった。

マチネ
ロミオ:城田優、ジュリエット:昆夏美、ティボルト:上原理生、マキューシオ:良知真次
死:大貫勇輔

ロミオとジュリエットの背の違いには「おおっ!」と思いましたが、ロミオが後ろからジュリエットを抱きかかえるところなどは良いねーー。昆さん、歌も演技も初々しくて良かった。欲を言うならもう少し表情の変化が欲しい。
城田ロミオ、悪くはない。ルックスも背の高さもあっていいのだけど・・何かちょっと物足らない。

ティボルトの上原君。アンジョルラスからの転身は成功かな。
こんな人ならキャピュレット夫人も誘惑したくなるかもってな「ワイルド」な感じが出ていました。

マキューシオの良知君もいつキレるかわかんない危なっかしさがあり、浦井君が成長したよなーーな落ち着いた演技が印象的でした。
ヴェローナ大公の中山さんの歌が良い!!
パリスの岡田さんもかるーーい感じが良かった。
キャピュレット卿の禅さん。髪をオールバックにして後ろでまとめていて・・
こんなヘアースタイルは初めて見た!!冷たいのだけど「家」を守るためというのが伝わってきた。
やっぱ歌が良いねーー。
キャピュレット夫人の涼風さんはこういった品がない役が良く似合っていた。
モンターギュ夫人のドレスのモコモコは触ってみたい(笑)歌が少ない・・
ロレンス神父の「アロマテラピー」も時代にはあっているらしい。

今回の一押しは、乳母の未来優希さんと死・・・
未来さん「女」になって2作目?貫禄あって歌も合っていたし、良かった!!

「死」は・・・目が釘付けになった!!
ふと気が付くと「そこにもいた」、ロミオにまとわりついていたのですね。
冒頭でコートを脱ぐところもスマートだし、ロミオのまたの下のくぐったり、2幕ではロミオとの辛みが
「エリザベート」の「闇が広がる」みたいだったし(笑)
背中の十字架は書いてあるようだった。
アミアミの透けた上着を着ても抜いても「セクシー」でしなやか。ポーズもびたっと決まる。
ちなみにラストは「ジーザス」だったなーー(笑)

ソワレ
ロミオ:山崎育三郎、ジュリエット:フランク莉奈、ティボルト:平方元基、マキューシオ:良知真次
死:中島周

山崎君のロミオを最後まで見ると、私はこっちの方がしっくりきた。
フランクさん、歌がちょっと惜しい。高音が出てないけど表情の変化は良い。
ティボルト平方さんは、上原君の後ではちょっと薄い・・けど悪くない。
死の中島さんは・・・ピルエットの軸がずれていたり、フラフラしているところがあったけど
大貫さんよりもしなやかさが出ているところもあった。

ロレンス神父のところで「アロマテラピーだ」と神父がカーテンを振り回した後、ロミオが「髪がボサボサ」とアドリブ(笑)
他のシーンでも「髪ボサボサ」がでていました(笑)

最後のロミオとジュリエットが死ぬところで・・泣けたよーー。
残された者たちの歌でも泣けた!

両方を見て・・・
好みでしょうけど
ロミオ・山崎育三郎、ジュリエット・昆夏美、ティボルト・上原理生、死・大貫勇輔・・かな。

宝塚版をみていたので動物柄の衣装は特に嫌じゃなかった。
「携帯」「フェースブック」「キャリーバック」など現代のものもあの音楽には合っていると思いました。
ロミオは携帯を壊されてしまって、神父様からの「メール」を受け取れなかった 。
神父様はこの便利な「メール」を送って届いたものと決めて安心していた。
いくら便利な道具があっても壊れてしまっては・・・何の役にも立たない。
そんな現代社会への「警告」のようにも思えました。

アンサンブルさんのダンスも良かった!
歌が、影コーラスのようでパンフには名前だけでプロフィールも写真もなかったのが残念でした。

特にはず外れキャストもなく、ジュリエットに新人を使ったのは、先入観なく、ピュアなジュリエットを見せられたようで良かったと思いました。
曲の感じと雰囲気が「マンマ・ミーア!」を思い起こさせるところが何度かあり。
そういえばパリスの岡田亮輔さんは「スカイ」をやっていたよね。

若手中心で、脇をベテランが固めて、いい感じにまとまっていました。

この夏は「三銃士」は「おっさんじゅうし」でベテランさんが活躍して、こちらは若手組が台頭して
競っていたようにも思いました。
好みとしては・・・「三銃士」かな(笑)
でも、見てよかった作品です!

CDがそれぞれロミオのバージョンで出るということで、劇場で予約販売をしていましたが、
できたらDVDが欲しいなーー。
CDでは「死」の出番が無い!
CDは発売されてから考えます。

【キャスト】
ロミオ / 城田 優・山崎育三郎
ジュリエット / 昆 夏美・フランク莉奈

ベンヴォーリオ / 浦井健治
ティボルト / 上原理生・平方元基
マキューシオ / 良知真次・石井一彰

パリス / 岡田亮輔
ロレンス神父 / 安崎 求
キャピュレット卿 / 石川 禅
キャピュレット夫人 / 涼風真世
乳母 / 未来優希
モンタギュー卿 / ひのあらた
モンタギュー夫人 / 大鳥れい
ヴェローナ大公 / 中山 昇
死 / 中島周・大貫勇輔

【ダンサー】
穴井豪、飯田一徳、大野幸人、小山晴己、鈴木明倫、末廣 昇、仙名立宗、遠山大輔、遠山裕介
永野亮比己、西田健二、三井 聡、宮垣祐也、六車和也、廻 修平
新井希望、岩江蓮花、碓井菜央、尾久葉ゆい、小嶋亜衣、佐伯理沙、鈴木貴絵、高橋里衣
玉城晴香、松田尚子、MEDUSA、矢野祐子、吉江麻里菜、吉元美里衣

【コーラス】
家塚敦子、池谷京子、今泉由香、三木麻衣子、未来優希
笠嶋俊秀、中山 昇、西野 誠、ひのあらた、山口正義


作 / ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出 / 小池修一郎
振付 / TETSUHARU
フィギュアスケートNHK杯 男子フリー
いよいよラストの男子フリー。
録画して見ましたが・・・別のことをしながらだったのでじっくりは見てないです。

4回転飛んでいたベルネル選手への拍手と歓声がすごかった!!
やっぱり4回転って・・・まだまだ確実に飛べる人が少ないのだよね。プルシェンコって凄かったんだーー!!

町田樹君、ジャンプの失敗などもあったけど、がんばってたね。
小塚崇彦君、4回転が両足着氷だったよう・・うーーんおしいなーー。
「ナウシカ」の音楽に良く乗っていたように思いました。
「ナウシカ」のこのアレンジは初めて聞いたけど良いねーー。

ラストの高橋大輔君
練習で4回転フリップ成功させていたけど、本番は・・ああ残念!!
でもあの高得点はすごいなーー、ジャンプ以外でもしっかり得点できるってことですかね。

男子は4回転、女子は3-3のコンピネーションが高得点へのカギになりつつあるけれど、
ステップやスピンや流れ、曲との調和、細かい演技なども取りこぼしできないようですね。
ステップやスピンなどの良さって、今一つわからない・・・(爆)
でも、流れがきれいかどうかくらいはわかるよ!
いろいろわかってくるとまた面白くなりますね!
「日経 おとなの OFF (オフ)」
本屋さんで何気に物色していたら見つけたのがこれ。

日経 おとなの OFF (オフ) 2011年 12月号 [雑誌]日経 おとなの OFF (オフ) 2011年 12月号 [雑誌]
(2011/11/05)
日経おとなのOFF

商品詳細を見る


「第九入門」と書いてあったので買ってきました。
まだ全部読んでいないのですが、初心者にも、ちょっくら知ってる人にもなかなか面白い記事が書いてあります。
第4楽章だけのDVDもついていて、お値打ち感あり。

岐阜の第九の指揮をされた井村誠貴さんもお薦めされていました(笑)

「なかなかええでーー!」
フィギュアスケートNHK杯 男子シングル・女子フリー
今日もスケートの話題。
女子シングルはテレビで見ていました。

浅田真央ちゃん、トリプルアクセルは飛ばなかったけど、その他の3回転を成功させてフリーでは1位でしたね。
飛びたかったようですが、今はまだ不安定のようで、今回は安全策で正解かも。
もっと自信をつけてまた挑んでくるでしょうね。

鈴木明子さん、ジャンプが抜けてしまいましたが、他の要素で加点されたようですね。
本人も「申し訳ない」と言っていましたが、いやいやショートプログラムの貯金も「力」のうちですから、
二人とも良かったよーー!!

3位になったロシアのレオノワさん。ショートプログラムも良かった、フリーはまた違ったイメージだったけど失敗が惜しかったなーー。
今後が楽しみです!

男子は録画してみました。

町田樹君、トリプルアクセルがすごくきれいだった!!
ころんじゃったのが惜しいけど、また期待の新人さんが出てきましたねーー。
小塚崇彦君は4回転を回避したけど、思うように加点がでなかったようですね。
高橋大輔君・・・・いやーーまた一つ「美しく」なりましたねーー。
ショートはダントツでしたが、満足していない様子。
まだまだいけるね!!
他の選手がちょっと格差がついてしまったように感じました。

観客の拍手がすごいですね。
テレビなので実際はもっとすごいのかもしれないですが、日本の選手にはひときわ大きいのですが
外国の選手にも、転んでも温かい拍手。終わっても大きな拍手!!
身内びいきかもしれないですが・・・こういうのも見ていて気持ちがいいです。

「ニューヨークに行きたい!!」 初日
ミュージカル「ニューヨークに行きたい!!」
2011年10月29日 初日 帝国劇場

帝劇100年記念作品も折り返してきましたね。
「三銃士」の余韻を残しながら、ミレディ・瀬奈じゅん、アトス・橋本さとしのコンビのコメディらしい。

予習なしで行きました(爆)
開幕前から何やら競馬場のあの「ファンファーレ」・・・何かな?
と思ったら「ミー&マイ・ガール」のように指揮者の塩田さんの司会で、オケの楽器と演奏者紹介。
階段でやっていて、人だかりができていて一部分身動きとれず。
荷物をロッカーに入れたりしていていよいよ開幕です。

オケBOXがせりあがっていた!!
これも「ミー・マイ」と同じ。

話は・・
リサは人気キャスター。スタイリストのフレッドとそのパートナーのコスタと共に忙しく働き回っている。
老人ホームにいた恋仲になったマリアとオットー。二人はニューヨークで結婚するために逃げ出した。
リサはマリアの娘。オットーのの息子アクセルは子連れのフリーカメラマン。
二人がホームに呼ばれて、このままではホームから退所になると聞かされて、連れ戻しに行く二人。
珍道中の末に豪華客船のスィートルームで鉢合わせる4人と子ども・・・
なんだかんだとありましたが、最後はハッピーエンドってな話です。

1幕はドタバタたらたらと続いたけど、2幕は締まるところもあってよかったです。
子どもが出てきて女の子かと思ったら、男の子・・・ん??どこかで見た?
吉井一肇君・・先日映画で賞をもらった子や!そして「レ・ミゼラブル」でガブローシュもやっていたらしい。
覚えがないけど・・・名古屋で見ていたよ(笑)
吉井君が上手い!!
2幕冒頭ではオケの指揮もして、塩田さんがうれしそうに見ていた。

瀬奈さん、とさとしさんは「そのまんま」(笑)
瀬奈さん、男っぽいしぴったり!最後の赤のドレスは「マイ・フェア・レディ」???
うーーん、ちょっと似合っていないような
さとしさんは、ちょっと汚らしくてちょい悪で息子の方が賢そう。
二人のやり取りのテンポが良いし、枕投げなぞは本気でやっていたのでは(笑)
アドリブが増えそうだなーーー。

マリアの浅丘さん・・・雰囲気とかはいいのだけど、歌がちょいと厳しいのと聞こえてこない。
席の成果と思ったら、別々のところで見ていた友達に聞いても「聞こえない」とか・・
それに歌が多いよーーー。
でも、床を這いずって隠れたりして・・イメージと違ってこれは良かったです。
フレッド泉見君、おかまである。「ダンス・オブ・ヴァンパイア」のアルフレートに女を加えてください(笑)
なかなか似合っていた。
戸井さんは久々の帝劇だよね。歌もうまいけど、歌が少なくてちょっと残念。でもさり気にスパイスになっている。

村井さんはダンディだし、浅丘さんを自然にエスコートするところがさすがです。
船長の阿部さんと、船員の武岡さんもいい味出でいました

アンサンブルさんたちは良く踊り良く歌い。まさに「ミュージカル」。

ドイツ生まれのミュージカルなのだけど、アメリカな感じ・・・
「クレイジー・フォー・ユー」な感じがして明るい。
ヒットしたらしいけど、どちらかというと暗いイメージのあるドイツ・オーストリア産。
この明るさが新鮮で受けたのかも。
歌詞にはクンツェさんもいる!

子役ちゃんもうひとりは石川新太君、少年ルドルフだ!!

とにかく瀬奈さんとさとしさんのやり取りだけでも面白い。友達も言っていたけど「ベストカップル」
脇もしっかりしているので芝居としては安心してみていられました。
台詞が全体的にもちょっと聞き取りにくかったけど、
先に見た「ロック・オブ・エイジス」よりはずっと聞きやすかった。
初日のお祭りっぽいノリもあったかもしれないけど、
私は面白くってて好きだなーー。

振り付けに大澄賢也さんが入っていた!帝劇では初振り付け??

カーテンコールで・・瀬奈さんが手を間違えた!それを見ていた村井さんがまた間違えた?(笑)
まぁこんな調子も許せるなーー。
残念ながら・・1回しか見られないかな・・・・・

余談・・・アクセルっていうと「アクセル・フォン・フェルゼン」(笑)


【キャスト】
リサ / 瀬奈じゅん
アクセル / 橋本さとし
フレッド / 泉見洋平
コスタ / 戸井勝海
オットー(アクセルの父) / 村井国夫
マリア(リサの母) / 浅丘ルリ子
フロリアン(アクセルの息子) / 吉井一肇 (W 石川新太)

阿部裕、武岡淳一、小原和彦、加賀谷真聡、神田恭兵、坂元宏旬、千田真司、
武田晴彦、谷口浩久、俵和也、寺元健一郎、中島康宏、村瀬美音、
彩橋みゆ、岩崎亜希子、大月さゆ、木村晶子、後藤藍、後藤祐香織、園田弥生、
樋口綾、保泉沙耶、望月理世、やまぐちあきこ

指揮:塩田明弘

音楽 / ウド・ユルゲンス 
歌詞 / ミヒャエル・クンツェ他
演出 / 山田和也
振付 / KAZUMI-BOY、大澄賢也、田井中智子 
フィギュアスケートNHK杯 女子シングル
NHK杯を見ると「フィギュアスケートの時期になってきたな」と感じます。

復活できるか浅田真央ちゃん・・・
去年よりは表情が良いですね。
トリプルアクセルは失敗してしまいましたが、笑顔が出てたのと、ジャンプだけに頼らないプログラムになっているようで、それも流れが良くて、いい感じでした。
佐藤コーチは根気良く「修正」してきているように思いました。
真央ちゃんの弱点は、トリプル・トリプルが飛べないところかな。
トリプルアクセルを失敗してしまうと、後がない・・・
今期はまだまだ「試行錯誤」のようですが少しずつ着実に進化しているように思いました。

それよりも・・・鈴木明子さん
いやー、感動!!
トリプル・トリプルも決めて、派手さはないのだげど、確実に決めてくるところ
ステップ、スピン共にレベルアップしてきましたね。
高得点でショートプログラムは1位でしたが、フリーも気負わず、リラックスしてやって欲しいです!
『プリン大好き!』 シャメとゴマのおバカな毎日、その209
シャメとゴマのおバカな毎日、その209
『プリン大好き!』

先日「大北海道展」で買ってきたプリン。
瓶が細長くて、付いていたスプーンも柄が長かった。

pudding-201110
ゴマ 「ちょっと・・・届かんのやけど・・・」(届かないのだけど)
シャメ「じゃあ、おいらだけ食べるでっ」
ゴマ 「えーーー、そんなーー。ゴマちゃんも食べる!!」

はいはい。
ってことで口まで持っていってあげましたわ~~

プリン大好き!なふたり。
このプリンは美味しかったけど、後から買ったのは・・いまいちだった

今日は「2011年11月11日」
ゴマ 「何かあるのかなーー」
シャメ「1が4つ並んでるんや」
ゴマ 「で、何があるの?」
シャメ「いろいろ(笑)」
ゴマ 「いろいろって何?」
シャメ「ゴマ、うるさい」
ゴマ 「きゅ~ シャメ君におこられた」

好奇心旺盛だけど、何でも聞きたがるゴマ。
一応相手はするけど、だんだんわずらわしくなってくるシャメ。
シャメ「ほんま、かなわんわーー」
『ヴェルサイユのティラミス』 シャメとゴマのおバカな毎日、その208
シャメとゴマのおバカな毎日、その208
『ヴェルサイユのティラミス』

東京へ行った時、観劇が終わって「ニューヨークに行きたい!!」の初日お祝いってことで、お友達数人と「食べに」行ってきました。
おしゃれなヤキトリ屋さん!

「だーいすき!!」・・だよね。お二人さんも(笑)

そこで、最後のデザートメニューにあったのが
「ヴェルサイユのティラミス」・・・・
一人が「フランスとイタリア?」・・・そうだよね。

お店の人に聞いたら「ヴェルサイユ」というこだわりの卵が使ってあるそうです。
残りが人数分なくて、あるだけ頼んで、みんなで分けっこして食べました。

ゴマ 「わーい!!てらみす」
とゴマが出てきたらお店の人に「ゴマちゃん?」と言われてちょっとご機嫌なゴマ
シャメ「ティラミス!!」
20111029
Mちゃんの手も一緒に(笑)

くどくなくて、ちょっとあっさりしていて美味しかったです!

シャメ・ゴマ「また行こうよーー」
ってお店の名前と場所・・・わかんないんだけど・・
いつもお世話してくださるMちゃんに聞いておこう。
ありがとねーー
「ロック・オブ・エイジス(ROCK OF AGES)」 
ロックミュージカル「ロック・オブ・エイジス(ROCK OF AGES)」
2011年10月29日 マチネ 東京国際フォーラム ホールC

鈴木綜馬さんが出るというので見てきました。ロックか・・・ちょっとイメージ違うけど(笑)


1階ロビーにお花が沢山かざられていました。
さすがにテレビなど手知名度がある人が多いからかな・・・
客席に入ると舞台からスモーク・・・マスクしましたが、幕のかわりにでもなっているか
いつになったらこの霧、晴れるやら・・・と思っていたら開幕したらほぼ消えていました。

全編既存の「ロック」の曲を使っているそうです。
聞き覚えのあるものもちらほら。

バンドが下手に入っていて、舞台装置は上部に橋がかけてあって、上手側には階段、その下に「バーカウンター」。装置は動きなし。
上部の端がけっこう効果的でした。

音響が悪いのか台詞と歌詞が・・・良く聞こえなくて。
と思っていたら綜馬さんは結構クリアーに聞こえていた。
特に島谷ひとみさん・・・聞こえん!!!
で話の進み具合が良くわからず。幕間にプログラムを見てようやくつかめてきた。

綜馬さんの役どころは、ロックに反発して、街を浄化しようとする「大人」ドイツから来た「ヘルツ・クライマン」
衣装もスーツで。でもところどころで踊っていたり、バーカウンターをバレエのバーのようにして。
えっと。。なんていうのかわからないのだけど、「飛び打ち」と言っているけど、バーを両手でつかんで、
ジャンプしながら足を交差させる・・そんなんまでやっていたよーー(笑)最後はヘルツ氏も皆を理解して、一緒に踊っていた!
「アリバイのない天使」の田中さんに似たような役かな?と思いました。
一人浮いているような役ではあるけれど、すっかり溶け込んでいました。

スモークのおかげで目は痛い・・台詞・歌詞聞こえない・・「楽しむ」までいかなくて
なたぎさんと川平さんの掛け合いなどは面白かったけど、西川さんの決め台詞が聞こえないし、
良かったのは・・・いろんな役をやっていたバーのバイト?のおねーちゃんとか
最後に「中学生」と言ってパンツ見せる人。
歌もパンチがあって、よく声もとおっていて良かった!!明星さんかな。

歌はみなさんお上手ですけど・・・島谷さんは「ラ・カージュ・オー・フォール」から歌も演技もあまり成長が見られなかった。
misonoさんは・・・時折「学芸会」、なたぎさんと川平さんは元気!!
脱線アリのようで、そこは面白かったけど、今一つわからないところもあり(笑)
「レ・ミゼラブル」にも出ていた藤田玲さんが、違う印象でこちらも面白かったです。

話の内容は現代にも通じるところがあって、いろいろあるけど自分の「夢」のために突き進め。
ってとこかな。
かといってもう一度見るまでもなく・・・1回でいいか。

バンドのリードギターのおにいちゃんがかっこよくって、ついつい目が行ってしまいました
バンドも演技に加わっていたし、ノリノリ!

カーテンコールで・・・
西川さんが挨拶をされましたが
「よく立たず、叫ばずに我慢していたよね」・・・・って????
あっ西川ファンに向けて???
最後に「消臭力!」って叫んでいたけど・・何で???パンフの最後に広告が載っていたけど
CMに出てるの???
訳がわからず・・・見に来ているのは西川さんのファンだけではないはずだけど
何だか「共演者」無視しているのか?なあいさつにも一つ印象悪くして帰りました。

それと…プログラムの大きさが、イレギュラーとでも言おうか・・・
ほぼ正方形で一辺がB4より大きい・・・持って帰るのにも片付けておくにも「じゃま」
カラフルすぎて見難い。出来たら買いたくない大きさで2500円・・・高い。

ロックファンと、西川さんファンは楽しめるかな。
また「主役さんのためだけの舞台」でしたかな・・・

【キャスト】
西川貴教、島谷ひとみ
山崎裕太、高橋由美子、misono、藤田玲 、石橋祐、明星真由美、なだぎ武、鈴木馬
川平慈英

KEN、大嶋吾郎、marron、鈴木佐江子、久保田陽子

【バンド】
ギター / Leda(元 DELUHI)、
ギター / 中村康彦
ベース / 渡辺大
ドラムス / LEVIN (元 La'cryma Christi)
ピアノ / 前嶋康明

作 / CHRIS D'ARIENZO
演出・上演台本 / 鈴木勝秀
エリザベートが決まった
10月29日に東京に行ってました。
「ロック・オブ・エイジス」と「ニューヨークに行きたい!!」をから帰りました。
レポは後日に。

帝劇に行くまでにお友達から教えてもらいましたが
「エリザベート」決定!
瀬奈じゅんさんと春野寿美礼さん!
おさあさコンビ復活だけど、舞台では共演じゃないんだよね~
稽古場では一緒だよね。

他はまだですが、チラシのトートの後ろ姿は・・前にもあったよな・・
山口祐一郎さんに違いない! 決まりかな。

「クンツェ&リーヴァイの世界コンサート」セカンドステージ。
昨年、すぐに完売してしまった「クリコン」
2012年、2月~3月、東京、博多、大阪、名古屋とあります。
「エリザベート」の宣伝ツアーかな。

渋谷に誕生する劇場「東急シアターオーブ」
『ロミオ&ジュリエット』 2012年10月6日~21日(予定) オリジナル版

『ウィーン版ミュージカル「エリザベート」20周年記念スペシャルガラコンサート』2012年10月下旬
『エリザベート』のガラコンサートをヨーロッパで活躍する豪華メンバーによって上演。

『~TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY~エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』 2012年11月上旬~中旬
『エリザベート』の宝塚版ガラコンサートを宝塚OGによって行なう。宝塚歌劇100周年記念公演の一環となる。

など。ラインナップ出ていますね。
「ロミオ&ジュリエット」も来日キャストのようですね。

ここしばらく寒暖の差が激しくて、疲れもなかなか取れずに「身体ついていかないよーー」
それと部屋の整理を始めたのですが、なにせ母が亡くなってからやってなくて(爆)
いよいよ置き場がなくなってきたのですが、捨てるのか取っておくか、仕分けしなくてはいけないものが山ほど。
整理はそれ以前からやってないので、かれこれ5年分くらいあるかも。
今後使わないものは思い切って捨てるかな。
チラシの山とか・・・

そんなわけで、疲れてなかなかパソコンまでたどり着けません(T_T)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。