こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3000人の第九 in岐阜 本番終了
「三銃士」千秋楽、吉野圭吾さん怪我についてなどのレポを書こうかと思っていたのですが、少々反響があるようなので先に「第九」の話をば・・・・

8月28日、本番終了しました。
いろいろ書いてきましたが、まず自分の目的として「第九のリハビリ」と「井村誠貴さんの指揮を“見る”」ということに関しては大変満足しています!
やはり腹筋は少々きつくて、背筋をかなり使いましたので、今日(29日)はくたくた・・・

そして、見に(聞きに)来て下さった皆さん、来られないけど応援してくださった方々、指揮の井村誠貴さん、合唱指導の永田先生(中島先生と杉本先生とは接点がなくてすみません)、ピアニストの方々、岐阜県交響楽団の皆さん、ソリストの4人さん、スタッフの皆様、そして岐阜JCさんには感謝感謝です。

JCさんにつきましては・・・正直言いたいことはたくさん(爆)
今回はほぼ裏方に徹してくださったので、感謝です。
練習しても歌えなかった方々がいましたが、努力しても日の目をみないことがあることも実感されたのではないでしょうか。良くあることですけどね。
今回の経験を経営にも他のことにも生かして下さったらいいなと思いました。生意気ですみません。

27日・リハーサルの日、前日に見てきた「三銃士」の千秋楽のことが頭から離れず、家のことを片付けて、晩御飯の用意もして(五目御飯と玉ねぎのお汁だよん)自転車ででかけました。
その時口ずさんでいたのは、頭の中でぐるぐるしていた「ひとりひとりは皆のために、皆はひとりのために、剣をかざせ力合わせ立ち向かえどこまでも♪」
「三銃士」の歌ではありましたが、これから立ち向かうべく(爆)「第九」にもちょうど気分的に合っているなーーと、「第九」の復習ではなく、これを歌っていきました。

着いた席は、指揮者である井村さんの全体が見えるところ・・・(笑)
電子ピアノの伴奏で(ピアニストさん、電気系の楽器は慣れていないらしいです)永田先生指導により「第九」と「ふるさと」の練習。
それと「M」もアンコールで歌うとのこと。
指揮者の正面にスクリーンがあって、その映像が微妙にずれているらしい。

岐阜県交響楽団(岐響)さんが入ってスタンバるまでしばし時間があったので、自転車を会場の近くまで移動させておきました。
岐響さんの演奏で「第九」の練習ですが。。。立つタイミングが今一つ揃ってない・・「でけへんかったら、明日、特訓やで」と井村さんから言われました。
正面にスクリーン、井村さんは「恥ずかしい・・ちゃうちゃう、ずれて気持ち悪い」と・・そうだよね。
あっそうそう「ここオケのヒソ練やから」と井村さん言いながらも、後から「合唱、聞いてたか――?」って・・ヒソ練じゃなかったんかい!(爆)聞いていたけどね。
そんな突込みもいれたいところもあって、合唱の練習は終わり。
気になったのは近くにあったスピーカー。突然音が出てきてびっくり!!
終わってから気が付いたのだけど、このスピーカーが実は曲者だった・・・・

本番当日、お弁当と着替えを持って、お茶もちょっと余分に持っていきました。
お茶は冷やしておこうかともおもいましたが、冷たいものは喉に厳しい時があるので常温で持っていきました。
リハーサルの時に、ちょっと喉が引っ掛かったので、のど飴も忘れずに。

オケのゲネ?をやっていたのでしばし待機。
ゲネ途中で入ったので「静かに・・」第3楽章から4楽章に入ったところで一旦切って、また3楽章終わりから開始。
井村さんが、3楽章は指揮棒を持っていなくて、切ったところからは指揮棒を持っていらしたので本番は??時になりつつ、さて、ゲネ・・えええっと発声練習なしにいきなりてすか???立つタイミングは割と合ってきたのか、特訓はなかった。カーテンコールの打ち合わせ。ソリストさんと合唱指導の永田先生、1部のソプラノの松波千津子さんラインナップ。
合唱団は拍手しない部分がほとんどの予定。
アンコールの「M」の部分。JCの担当者も登壇して井村さんから「泣きなさい」(笑)と・・
「ふるさと」も終わって、後のカーテンコールは一通り打ち合わせたら、あとはその時の井村さんの気分で(爆)ということで。
記念撮影をするらしいけどその前に打ち合わせ。
井村さんが指示しているうちに「撮影のスタンバイして」・・・ってこんなこと指揮者に言わすなよっ(爆)
合唱は・・・
井村さん「アルトさん、人数多いので、遅れます(笑)遅い人手あげて」手を挙げる人少し「うっそー!そこもそこも」(笑)遅いって意外と自分ではわからないのよね。「遅くなったら振るので、危ないと思って」
アルト「はい」、「声が小さい!(大阪弁)」「はい!!」井村さん「ありがとう」
「ソプラノさん、今日はがんばってはる!(って聞こえたけど)」拍手・・
井村さん「男性」、男性陣「はい」、井村さん「がんばりや」(笑)
記念撮影って・・・カメラどこ???わからないうちに終わったみたい。
「では本番、お願いします」で終わって、休憩。
お弁当を食べて、トイレに行って、とかしているといよいよ本番の時間。

客席が埋まってきたところで、観客の皆さんと「M」と「ふるさと」の練習
一番有名なところ・・・と「M」の説明も少しありました。

さて本番。
東日本大震災の死者に対して「哀悼の意を表し」(不謹慎ですが、思わず突っ込みたくなった・・byガンダムファン)黙とうと国歌斉唱。
えええっと、国歌斉唱って聞いてないけど・・・・
歌えない訳ではないから良いけど、こういう段取りって聞かされていないのよね。

1部は團伊玖磨さん作曲、江間章子さん作詞の〔交響詩「長良川」~ソプラノと管弦楽のための~〕
松波千津子さんのソプラノで、Ⅰ「川のうた」とⅡ「火の宴」
スクリーンが客席後方にもあって、私の席からも見られる位置だったので、ちらちら見ていたら見慣れた光景・・
あっ『郡上八幡』だ!曲の中にも「春駒」や岐阜の「おばば」も入っていて、そういえば聞いたことあるなーー。

休憩のあといよいよ「第九」です。
そうそう、井村さん、燕尾服にピンタック入りの白のシャツ、白のタイ(蝶ではなかったような・・・)ヘアースタイルをキッチリ固めてセットされていましたが、どこで「乱れる」か(爆)

のど飴を1個口にほりこみました。合唱が始まるまでにはとける予定・・・

ベートーヴェン作曲 交響曲第9番 ニ短調 作品125 「合唱付き」

いろんな作曲家が「交響曲第9番」を作っているはずですが、ベートーヴェンのだけは「第九」として親しまれているのは「合唱付き」もひとつの理由かな。素人もがんばれば「参加」できるクラッシックも少ないかと思います。
人の声も「楽器」とされていたと聞いたことがあります。

1楽章~3楽章、井村さんの指揮を堪能させていただきました!
ヘアーは・・・すでに第1楽章で後ろ部分は乱れていたような・・
前髪は結構固まっていたので、かき上げるのは今回はほとんどなかったような気がしました。
ってかかき上げてる間はないか?(爆)
相変わらずしょっばなから「エンジン全開ーーー!」(笑)
このあたりでこんな動きするのじゃないかなー、なんて思っていたら「あったり――」なんてのもあったりして
意外なところもあったりして・・

パワフルで情熱的かつ繊細で優雅な指揮 
(でも時々わかりにくい!・・・こっそり(爆))
を見せてもらいました!!

1楽章終わって拍手あり、顔を拭いて2楽章、終わったらまた拍手あり。
3楽章に入る前にソリストさん登場。
井村さん、指揮棒を持ってないけど、どこで持つのかな?とか思いながらも、合唱団が暗譜なら「僕も暗譜で」とかおっしゃっていたけど・・・譜面台無い??、指揮棒はいずこ???
なーんて思いながら見ていたら、最後の方で指揮棒をスッと持たれました。

3楽章から間髪なしに4楽章に入るのだけど、また拍手あり・・・・まっいっか。
オケだけの部分があって、いよいよソリストと合唱団の登場場面。
立つタイミングもかなり良かったように思いました。
4楽章に入ったころに・・・横のスピーカーも入って・・・・えっ???
スピーカーで音を拾ってくれるのは嬉しいけど、生とまた微妙にずれて、しかも他のパートの声が聞こえにくい・・ほぼ聞こえない。他のパートに乗っかって歌っているところもあったので、やばいよーーー。
ほんとに井村さんの指揮棒頼り・・・自分の声も信じるしかない。
それでも、リハーサルで心配していた喉が引っ掛かることもなく、ロングトーンもかなりいけたのと、尻すぼみにもならなかったので、まぁ良かったかな。

歌が終わっても演奏は続く・・・最後のあがきじゃないけど、一番「きつい」らしいラストも終わって・・
井村さん・・はぁはぁはぁはぁ・・・しばらくつづき「ああしんど」って言っていたような(爆)
客席を向くまでに、かなりの間がありました。
ほんとに汗びっしょりなんだろうな。。。。。

カーテンコールでソリストさん前に出て、打ち合わせ通りなのだけど。。。合唱団からも拍手があって、えっしないんじゃなかったの???

「M」のところを皆さんで歌ってJCの方のあいさつもあり(泣いていたのかどうかは不明・・)、最後に「ふるさと」

この「ふるさと」の前奏と転調する間奏も良いねーーー。
3番の歌詞の「山はあおき・・・川は清き・・」って岐阜のことのようだよね。

客席に小さな子どもがいて・・・・かん高い声にはちょいとまいりました~~~
楽譜は持っていた人もいたけど、次の機会があったらがんばってね!!

一通り終わって、合唱団の解散式。
合唱指導の永田先生からも大きなミスはなく、声も良く出ていて、80点、及第点を頂きました。
そして、これを機会に今後も「第九」を歌って県内を第九で盛り上げてほしいとのことです。
井村さんからは「ばんざーい・・・はぁぁぁぁ(お疲れのご様子)」
「僕にとって宝物になりました、岐阜で出会っても無視しないように・・・大阪にも来てください。
次につなげてください。」
やはり譜面は持たず、暗譜で指揮をされていたとのことです。
他のスタッフの紹介もあり。解散となりました。

この後レセプション・・・打ち上げですねーーー。
この打ち上げは井村誠貴さんと永田昌彦先生の発案で行われて、チケットも井村さんの手作りらしい・・裏に井村さんからのメッセージが書かれていました。
募集当初200人は集めたいとのことでしたが、490人集まりました。
JCは関知してなくて、井村さんは、JCの人達にたくさん来てほしかったのじゃないかな。。。

井村さん、お着替えされて黒のタキシードに赤の蝶ネクタイと赤い腹巻(って何ていうのかな?)、早速、乾杯の後、ソリストの松波さんとソプラノの国光とも子さんのご挨拶などもあり。
永田先生からは、本番の後抱き合ったら「汗びっしょりで、嫌や」とか(笑)
井村さんについて、「音楽性が一致していて、ほんとに『マエストロ』。若いのにこんなに裏方まで気遣いがあり、こんなマエストロは初めてだった」と絶賛でした。

そうかーー、ミュージカルだと指揮者は大道具の出入りのタイミングや音響、照明まであらゆることを把握しておかないといけないだとシオタクターこと塩田明弘さんもおっしゃっていたな。
オペラも同じ?
JCのことをやたらよいしょされていたわけではなく、本当に裏方のことをわかっていらっしゃるから、ほんとに『感謝』されていたのだよねと思いました。
私もいろんなイベントや公演で裏方をやってきています。「やってあたりまえ」なことばかりで光はぜんぜん当たりませんが、裏方にはそれも「あたりまえ」なのです。お金も黙って自己負担はざらにあります。
表からはわからない作業がほとんどなので、感謝されることも少ないです。
でも、一人でも「ありがとう」と言われるのはとてもうれしいですね。
そういうところも理解してくださっていたのかと思うと、これまた嬉しい限りです。

そして、誰かが壇上で話していると、ちゃんと聞いていて下さる井村さん。
その合間を縫って、サインと写真撮影のオンパレード。
永田先生はじめ、合唱担当の中島先生、杉本先生もモテモテでした。
井村さんは最後は送り出しもして下さって…ありがとうございました!!!

レセプション会場では、以前所属していた「岐阜第九合唱団」(すでに解散)の人たちからも声をかけていただき、また思いがけないお友達にも会い「井村さんのファンになったよーー」ということでこれも嬉しかったです!!
食べる物の追加ができないということらしく、ちょっと足らなかったのを井村さんが心配していらしたそうです。

「一体感」は。。。先に書いたように、多分、オケの音が聞きやすいようにとの気遣いで設置されたのではないかというスピーカーのおかけで、他のパートが聞こえず、残念でしたので「感動」もやや薄かったですが、感動したのは井村誠貴さんの指揮。いつも背中越しにしか見られないのに、「死にそうな」(爆)いや「死にもの狂い」な指揮をじっくり前から見られたことは『感動』でした

また「第九」もお誘いをいただいたので歌う機会が増えました。

JCの皆さん、改めまして、ありがとうございました!
またこういう機会があったら・・・やっぱり歌いたいだろうなーーー。
なんだったら、裏方手伝いもしますよ~~~~(爆)
「絆」は・・・
うーーん、個人的にはちょっと・・・別の意味で「つながり」は感じました。
3000人集めるのも大変だったとは思いますが、最終手段としてのあの集め方では
それと井村さんのおひざ元の「堺」からも応援に来てくださっていたようですが、
遠くから来て下さったのに何の紹介もなかったのもどんなもんかな。
他にも応援団体はあったのでは???
隠しているわけでもないとは思いますが、そのあたりには不信感は残りました。

それはさておき、関わったすべての皆様に感謝です!

余談・・・
井村さんからの歌い方のたとえの「針」
「まち針」から「針に糸通す」に代わっていました(笑)誰かに聞いたかな?

JCのHPの更新が進んでないのよね。
あそこに載せている井村さんの写真を見たら「詐欺やん!」とも言いたくもなるけど(笑)あれは一度、痩せられた時の写真かな?

帰ってから・・・余韻に浸りながら「AIDA」のDVDを早送りで、井村さんの指揮部分だけ見てしまった!
そうだ、あの時は「長髪」だったよ(笑)

帰りがけに「花火」を見ました。
いつもの花火大会に比べると小規模ではありましたが、第九を歌った仲間たちと見た花火は、忘れられないと思います。
そういえば・・渦巻き型花火があがり、思わず「ブラボー―!!」(ここ、山口祐一郎さん風にね(爆))
うちわは持っていくの忘れた・・・
スポンサーサイト
訃報、滝口順平さん
声優で活躍されていた滝口順平さんが亡くなられました。

独特の「声」で悪役も多かったですが、どこか憎めない『悪役』
日本初の吹き替えもされて、イメージを壊したくないと顔出しも少なかった・・・

声をきけば誰かがわかる声優さんがまた一人行かれてしまいました。

ご冥福をお祈りします。
リニア鉄道館に行った時のこと
「リニア鉄道館」に行った時のこと・・・

あおなみ線で「金城ふ頭」まで行くのですが、JRの施設に行くのに「トイカ」が使えず・・
一応改札の窓口にツレが聞きに行ったら、「ここは違う!」とかって、タカビーでつっけんどんな返事だったらしい
「あおなみ線なんか、乗るか!!」という気分にさせられたけど、これでしか行けない・・・
せめて「使えなくてすみません。」くらい言えば気持ちよく切符も買えただろうに・・・

乗ってから出発まで待っていたら、ドアが閉まる間際に、座っていた人があわてて立ってドアのところに・・
「何かな?」と思ったら、手押し車を押した腰がほぼ直角に曲がったおじさんだった。
乗らせてあげたのねーー。
で・・・席は空いてなくて、でもこういう人って、座るとかえってダメだってこともあるし、
座席の近くに寄ってこないので、周りの人たちも私たちも「どうしていいものか・・」と戸惑っていた。
結局そのまま、「金城ふ頭」へ・・・・

「リニア鉄道館」にも、おじさんいた!!
帰りのあおなみ線にも・・いた(笑)

あおなみ線に乗る前に、笠寺から名古屋までの車中。
対面になっている席の通路側にそれぞれ座っていたら「金山」で私のお隣の人が降りられた。
「つめた方がいいかな?」と言ったら「次やし、ええやろ」とツレが言うので
「次は『尾頭橋』やよ」と言ったら「乗ってくる人、おらんやろ」
ってことで、そのまま座っていたら『尾頭橋』では結構乗り降りがあって
「ほら、乗ってきたやん!」と言ったら・・・ツレの隣にいたおじさまに「プッ・・」っとふかれて笑われた・・(笑)
「すみません」と私が言ったら、ニコニコされていたおじさま。
ツレとの会話は忘れたけど、知らない人とのこんな光景は久しぶりだよーー。(笑)
ちょっと和みました。

荷物をコインロッカーに預けてみたら・・小さい方のロッカーで間に合いそうなので移動。
帰りの電車の中で。・・・
「あっ、パンがない!!!」
東京で買ってきた「小麦ブラン」がない!!!
ロッカー移動したときに、移し忘れたか――
私が「ロッカーの管理に電話しようか――」と言っていたもののツレに言われてやめた。
小麦ブランは二人とも前に食べていたので、まっいっか・・・
ロッカーの中に香ばしい匂いがただよっていたことでしょう。
「三銃士」からの帰り道・・・
帝劇での「三銃士」千秋楽。
大いに盛り上がった気分で新幹線に乗ったら、大雨の影響で三島ー新富士で運転見合せですって

新横浜の手前でホームに入れずに停止。

お弁当を食べてヤレヤレしていたところで、車中一泊を覚悟してうとうと~
食料はあるし、N700の窓際なので電源もある。まっいっかと思っていたら、何とか動き出して90分遅れで名古屋に到着。岐阜に向かい、日付が変わってしばらくして家に到着しました。

明日は「第九」のリハーサル。
ソワレの「ドラキュラ」をあきらめて帰ってきたのだけど、見てから帰っても同じような時間だった?
いや、休めた分よかったかな。
ハードスケジュールになるけど「三銃士」は行って良かった!
レポはまた後程。

ロシュフォールの吉野圭吾さん。21日に怪我をされて、そのまま出演されていましたが
演出も変えていたようで、階段落ちはもちろん無し。
でも、初めて見ても違和感ないように作られていました。
途中、腕を切られて負傷するシーンで、足も負傷していたとか。ジェームズに足を踏みつけられていたとか・・
吉野さん、それでもターンして、マントもきれいにひるがえして、キックも入れて、怪我をしているとは思えないほどの熱演でした。
カーテンコールでもひときわ大きな拍手、そして井上芳雄さんから「吉野圭吾さんから皆さんへ」
ということで吉野さんから「21日の公演中にアキレス腱を痛めて、博多座には行けなくなりました」と・・
涙交じりにごあいさつがありました。
アクシデントとはいえ、周りの協力のもと千秋楽を迎えられたことへの感謝、キャスト、スタッフ、オーケストラ、観客への感謝、辛くて悔しい気持ちを押し殺してのあいさつとも取れました。
博多座で待っていた方々には申し訳ないですが、じっくり治して、次の舞台でお元気な姿を見せて欲しいですね。

3000人の第九in岐阜
3000人の第九も23日で最後の練習日となりました。

前回は16日でお盆のため行けず。2週間空いてしまったけど、風邪と熱中症もどきがようやく治ったので良しとしようか。

合唱の先生と指揮の井村さんの指導でしたが、井村さんの指揮が何か違う?
「厳しく行きます」と言われたけど、やっぱ何か違う

後からタネあかしをして下さいましたが、「怒りの第九」
歌う方から何も伝わってこないから、本番は誰かのために歌うように心がけて下さい、とのこと
井村さんのテンションも上がってないので自分の問題ともおっしゃっていましたが、私も本番週と言うのに全然テンションも上がらず
そんな時に「帝劇の100年」で、震災後のレミゼカンパニーから稽古場からのメッセージの模様が最後に流れたのを見て、ネットでも見ているけど俳優さんの顔が鮮明に映ったので、込み上げて来るものも伝わってきて、ちょいとテンションも上がって来ました。
前回の井村さんの練習の時には「レミゼ」のTシャツを着ていらしたこともあり、今回はやはり「何かつながる」と勝手に思っています。

本番後、レセプションがあるとのこと。
受付で案内の紙はもらったけど、申し込みはどこ?何も言われなかったのでそのままにしていたら、井村さんから参加者が少なかったら無しになること、やらちょいと意味不明の話で、その日に聞いてその日に申し込みはちょっと厳しい人だっていると思うのだけどな~

あまり満足のいく仕上がりでもないようです。

第九に限らず、歌うのは「肉体労働」(爆)
ここに来て鼻に響かなくなってきているので、やばいよ~
それとまた腹の傷痕が痛み出したので、腹筋が半分ほどしか使えず、背筋に頼っていると終わるとぐったり疲れています。

初めての夏本番。がんばりまっす!
帝国劇場100年~夢の舞台のすべて~ 再放送は8月27日
帝国劇場100年~夢の舞台のすべて~

21日の放送を録画してみていましたが
「レ・ミゼラブル」の稽古場風景と、鹿賀丈史さんの「裁き」は林アキラさんのピアノ伴奏での歌。
チャリティー公演のでの鹿賀丈史さん、今井清隆さん、別所哲也さん、山口祐一郎さんの4人で歌い継ぐ「彼を帰して」が・・・良かった!いや「良かった」なんて言葉では足らない・・・
何よりも、鹿賀さんと山口さんが隣同士で歌っているってだけで、泣けてくるよーー。
こんな日が来るなんて・・・見たかったなーーー。

「三銃士」の舞台も出ていました。
ミレディとロシュフォールの言い合いをリシュリューが止めて「やかましい」のシーンが出ていて、これは嬉しかった!!
ロシュフォールの眼帯の中の「秘密」も・・・(笑)(メイクしてない)
稽古シーンの吉野圭吾さんと井上芳雄坂さんのアクションシーンも美味しいねーー。

浦井健治さんと山崎育三郎さんとは井上さんとの対談。

井上芳雄さんの歌、「僕こそミュージック」は帝劇の「三銃士」の舞台からでした。

「レ・ミゼラブル」関係からは、震災の被災の招待公演と終演後のロビーの様子。
別所さんと森公美子さんが、一人一人激励していた模様には、もらい泣きしました。
カンパニーからは震災後の稽古場から岡幸二郎さんがメッセージを幕に書いている模様も映り、最後はネット上でupされていた「ピープルズソング」の激励。
小さな画面では見にくかったけど、俳優さんの顔がわかって、これも嬉しい映像でした。

他には松本幸四郎さんからのメッセージ、高橋恵子さんからのメッセージと朗読などありました。

とりわけ「レ・ミゼラブル」ファンには、いろんな思いが引き戻されたのではないかな。

再放送は 8月27日 12:00~13:30 BSプレミアム

BSが見られない方、ごめんなさい。見逃した方はぜひ!!
『「リニア鉄道館」に行ったよ』 シャメとゴマのおバカな毎日202
シャメとゴマのおバカな毎日202
『「リニア鉄道館」に行ったよ』

「三銃士」の帰り、ツレと夜バスで名古屋まで帰ってきました。
朝は笠寺のスーパー銭湯へ、朝の3時間コース・朝食付きで入ってきました。

そして行ったのは「リニア鉄道館」
あおなみ線で「金城ふ頭」まで行って、入場に並ぶのかと思ったら、入場券を買う自販機で並んだだけですぐには入れました。

シュミレーションは・・・パス
ゴマ 「えー、やらないの?」
パス!

中に入ったら
ゴマ 「わーい、電車がいっぱい!新幹線もおるよ」
電車ばかりじゃない!と突っ込まれた(笑)

こんな眺めは・・・
linear-1
壮観なんだけど、柱がじゃま。

ゴマ 「これ、東京行やよ」
シャメ「直角座りやなっ」
ゴマ 「直角になるよ」
シャメ「・・・なるかよっ」
linear-2
一応記念写真。

別のの中に入ったら
linear-3
「座らないでください」
ゴマ 「なんで座れんの?(なぜ座れないの?)」
シャメ「ゴマが汚すで」
ゴマ 「きゅ~~~」
スプリングが痛むからだって
シャメ・ゴマ「ふーん、そうなんや」

振り子電車の「しなの」の前でも
linear-4

お昼は会場で売っていた「駅弁」
ツレが「味噌カツ、えびふりゃ~」、私は「復刻・昭和39年新幹線開業弁当」

外に電車があって、私が電車の番号を間違えて言ったら
「117系やん」だって・・・快速の車両として使われているものでした。

さて、食べよっかな――
linear-5

ツレのが気になるゴマ
ゴマ 「あっ、えびふりゃ~や」
linear-6
シャメ「どれどれ」
linear-7
人の弁当が気になる二人・・・
えびふりゃ~、おすそ分けにくれたけど、食べきれないので返品(笑)

自分のは魚のフライとかかまぼことか卵焼きも入っていて、少しおすそ分け。
卵焼きはいまいち・・・ってか「今」の味だった。
ちょっとした「旅行気分」

ツレ曰く「空いている時に来たい」・・子どもも多いしね。

そうそう、館内に「椅子」が置いてあって、新幹線の座席
「こだまのグリーン車」の座席らしい。
とあるコーナーの座り比べてみて、みたいなところにも置いてあったけど
これが何の座席なのかが書いてなかった・・・・
ところどころちょっと抜けていたね。

「ジオラマ」もじっくりまた見たいな。
ゴマ 「また来たいね」
シャメ「また来ようぜ」
「三銃士」7月30日 ソワレ
ミュージカル「三銃士」
2011年7月30日 ソワレ  帝国劇場

初日に見て『また見たい!!』ということで、ツレを誘って見に行きました。

初日以来、少し慣れたからかテンポ良くなっていた。
それと笑いを取るところのメリハリが出てきたのと、剣さばきが良くなっていたように思った。

アドリブはどれがアドリブなのかわからなかったけど(笑)
サカケンのジェームズ?ジェイムズ?がやっぱり面白い!!
台詞のタイミングが抜群で、真面目の中に一人「ギャグやってんのか?」なのだけど
そのばかばかしさが良い!!

吉野さん・・今回歌ってない???
ダンスと剣捌きは上手い!!
2幕で「銀ちゃんの恋」のような階段落ちがあるのだけど・・・
8月21日の公演で怪我をされたようで、階段落ちちがなくなっているらしい・・
怪我は大事ないといいですけど・・・


馬の「じやがいも号」他人にすりすりしたり、書類?をのぞき見したり、おもしろい!
首の下の方がかなり開いているのね。

瀬奈さんのミレディはかっこいい!!ダンスが、もっと踊れそうなのだけど、
衣装が「皮」らしいので動きにくいのかな・・・
2幕は・・・不憫だ!最後に塔?から落ちて行くところが・・・またかっこいい。
アトス・・・もうちょっと何とかしてやれなかったのか?と突っ込みたくなる。

アトスの橋本さん、他の人と比べると歌は厳しいが、それでも以前よりはかなり歌えてきていると思う。

バッキンガムの伊藤さんは歌はやっぱちょっと厳しいけど。。。背が高くてかっこいいので許しておくか。

三銃士の歌は、石井さんが一番高音だからかもしれないけど、良くと思って聞きやすい。
3人合わせてもなかなか良いです。

ルイ13世の今ちゃん。
前回見逃したのか、ちっちさんに言われて見たのが「かぼちゃパンツ」(笑)
ああ、狩りの時のパンツねーーー、あれかーー!!
(注・「かぼちゃパンツ」は私が思い込んでいたらしい。ちっちさん、ごめんねーー)
出番が少ないし、歌もデュエットだけだけど、最後がおいしいよーー。

祐さんのリシュリュー・・・台詞が多いのでいつか「作詞」ならず作台本?なんて期待しちゃうけど(笑)
それはないと思いたい。
ロック調の歌。客席からの手拍子はわずかだった。
三銃士の歌で手拍子が出ていて、終わってからのトークで「拍手がうれしかった」とのこと。
ついていけなかったので、次回はがんばろうかな。

1幕はドタバタ喜劇。2幕はシリアス。そんな感じだけど、私は好きだな。

稽古ではどうやら「フェンシング」にかなり時間を割かれていたのではと思うけど
アンサンブルもいいねーー。ひとり小太りちゃんのーが浮いている。髪型もなんか違うんじゃない?
女性陣は顔の区別ができない・・・ごめんねーー。

2幕の首飾りの「箱」の争奪戦のテンポも良くなっている。
ただ、あれもこれも詰め込みすぎている感じがしないでもない。
「王妃の首飾り」がポイントだけど、いきさつも省けないし・・・難しいところかな。

救い処のないミレディが可哀そう・・・
コンスタンスも死んでしまうのも・・・哀れよのーー。

最後にもう少し「救い」があるといいかな・・・・

終演後に三銃士とダルタニャンのトークあり。
キャストが募金活動をする日もあり。
で、終演後のトークのメンバーも募金メンバーによっては変わるらしい。

行けるものなら・・・もっと見たいよーー!!

余談
サカケンこと坂元健児さんとカズさんこと石井一孝さんのブログが面白い!!



【キャスト】
ダルタニャン / 井上芳雄
アトス / 橋本さとし
アラミス / 石井一孝
ポルトス / 岸祐二
ミレディ / 瀬奈じゅん
リシュリュー枢機卿 / 山口祐一郎
アンヌ王妃 / シルビア・グラブ
コンスタンス / 和音美桜
ロシュフォール / 吉野圭吾
バッキンガム公爵 / 伊藤明賢
ルイ13世 / 今拓哉
役者・ジェームス / 坂元健児

青山航士、安部誠司、奥山 寛、加賀谷一肇、川口竜也、島田邦人、杉山有大、橋本好弘、原慎一郎、東山竜彦、藤田光之、松澤重雄、山名孝幸、横沢健司
石田佳名子、碓氷マキ、柏木ナオミ、樺島麻美、九路あかり、鈴木結加里、水谷祐紀、安田貴和子、柳本奈都子

指揮 / 西野 淳
『ギターふぐ』 シャメとゴマのおバカな毎日、その201
シャメとゴマのおバカな毎日、その201
『ギターふぐ』

8月20日の夜中、「今夜も生でさだまさし~おいでまさし山口へ~」(NHK総合)を見ていたら、
山口の「ふぐ」つながりで「ギターふぐ」の話題が出てきました(笑)

さださんがやっていたラジオ番組「セイヤング」で聴者からのハガキで話題になった
「そりゃいったい何じゃ?」なものでした。
東京タワーで売っているということで、当時買ってきたはず・・

ということで探したら・・・ありました!!

fugu-1

横から見ると
fugu-2

ちょっと斜めから
fugu-3

乾燥したふぐに貝殻をつけて。ギターも貝殻で作ってあります。
何でこれが東京タワーで売っていたか・・・
「水族館」があったのですよ。
そこの売店にもなっていたので売っていたようですね。

こんなのにコイツらが出てこない訳はない・・・

ゴマ 「『ギターふぐ』やって」
シャメ「変な奴」
fugu-4
ゴマ 「ギター弾けるのかな」
シャメ「そりゃ弾けへんやろっ。手がないでっ(笑)」

左側はちょいとついているのだけど、右は無いねーー。

今でも売っているのかな??
川又米利さんが、「若者は待っている」をリクエスト
鈴木綜馬さんのブログで、ラジオ、FM AICHIの「Dera Dera」に川又米利さんが出られて、「若者は待っている」を流してくださるとか・・

時間は18:30~だったので、ご飯食べて片づけをしているかなーー、な時間で聞けないので録音しておきました。

川又さんの時間は3分ほど。
この番組はファッションを話題にしているようで、川又さんのファッションがカジュアル系で
「結構カジュアルが好きです」とのことでこだわりの靴とかもあるそうです。
「感覚的にすごく若い、年には見えない」と言われていました。
今は太っちゃいけないと思っているとか。
現役の時に長嶋さん(長嶋茂雄さん)が「非の打ちようがないというようなスゥイングをしている」と表現されていたそうで、それを聞いた川又さんは「俺ってすごいなーー、と思った。嬉しいなーー。長嶋さん・王さんを見て育ったのでなけたいというか、なれたらいいなーー。
宮崎のキャンプに行った時に、長嶋さんが名前が出てこなかったからか『社長!』って言われたと(笑)悪気はないのだろうけど」
とここで大うけしていたスタジオメンバー。
パーソナリティーの内藤さんが「あれだけほめた人を社長って(笑)」
「多分ほめたことも覚えていないんじゃないか」・・ってな話で盛り上がっていました。

最後にリクエストをということで、川又さんが
「鈴木綜馬さん。舞台俳優さん。中学の同級生なんですよ」
ということで
昨年の同窓会に綜馬さんも来ていたけど、本名だったので・・・
舞台を奥様とよく見ていた「エリザベート」とか、あとから写真を見た奥様たが
「鈴木綜馬さんに似ているよね」
「そうかも!!」
ということで分かったということです。
「僕にできることっていえば、こういうところで彼の歌を照会することしかできないんで。
とってもいい曲なのでみんなに聞いてもらいたいっていうのはあります。」
ということで川又さんが「鈴木綜馬で『若者は待っている』」
と紹介してくださいました。

曲は1番と、2番の「わっかものは~~~~」でフェードアウト。

リクエストをからは1分20秒ほどで曲が2分15秒ほど。
川又さんご自身のことより、綜馬さんに費やした時間の方が長いってことかな。

川又さん、ありがとうございました!

若者は待っている若者は待っている
(2011/04/27)
鈴木綜馬

商品詳細を見る

劇団四季「マンマ・ミーア!」 7月30日
劇団四季「マンマ・ミーア!」
2011年7月30日マチネ 電通四季劇場・海

「三銃士」を見に行くことにした7月30日、マチソワする予定でふと四季のキャストをみていたら・・
「マンマ・ミーア!」に・・・・えっ・・出雲綾さん????
元宝塚の宙組と月組の組長さん。歌はうまくて、「ファントム」のカルロッタもやっていた・・・

「三銃士」を一緒に見る予定のツレに「出雲綾さんがロージーで出ている!」とメールしたら
マチネはマンマに決定!席もまだある・・・
ということで見てきました。

名古屋の前楽以来なので、2年半ぶりかな。

冒頭の音楽の音が、でかくってびっくりしたのだけど、小さくなっていた。
生オケじゃなくてテープになったから?いや、大阪でも名古屋でもテープだったけど
もっとでかかったよ。

ソフィの開口一発で・・・・これでは客入り良くないわーー。
「下手」というわけではないけど・・・何か違うのよね。
大人すぎるというか20歳には見えない。
スカイも何か違う・・・みてくれと声のギャップにはちょいとこけそうになった。
竹内君・・そういえば歌をソロで聞くのも初めてだった。
名古屋のアンサンブルの時は元気いっぱいでよかったのに・・

お目当ての出雲綾さん。
青山弥生さんに似た感じで、歌もセリフも違和感なし。
台詞も四季独特の開口ではなくて聞きやすい。
ジャンプスーツも似合っていたし、いい感じ!これなら良いわーー!!
3人の並びも良かった。樋口麻美さんってけっこう背が高いのね。
でも、ドナね・・・どうしても「ソフィ」のイメージが取れなくて、
そして保坂知寿さんの真似でもないのだけど、声は濱田さんに似ているし・・・
私はダメでした。
アリとリサ・・台詞がぎこちない。

途中心地よさに寝ていた・・・ごめんねーーー。

初演でも出ていた平田郁夫さんが出ていたのがうれしかったなーー。

出雲綾さん、シーズンメンバーだそうですが「オペラ座の怪人」のカルロッタも良いけど
マダム・ジリーもいけるんじゃないかな。
ちょっと期待しちゃう!!
パンフの追補の写真は・・・「これ誰?」な別人だった。ちょっと違うで――!!(爆)


[キャスト]
ドナ / 樋口麻美
ソフィ / 岡本瑞恵  
ターニャ / 八重沢真美
ロージー / 出雲 綾  
サム・・・渡辺 正   
ハリー / 明戸信吾
ビル / 脇坂真人
スカイ / 竹内一樹
アリ / 木内志奈
リサ / 細見佳代
エディ / 大塚道人
ペッパー / 一和洋輔


【男性アンサンブル】
平田郁夫、杉原 剣、天野陽一、嶋野達也、正木棟馬、 早川英佑、渡井真一、
【女性アンサンブル】
真 優香、 山崎菜摘、井上智映子、山中由貴、大槻純子、小菅 舞、撫佐仁美
「夢から醒めた夢」のカーテンコールで・・・
そういえば書き忘れていましたが・・・

突っ込みたいところ
2幕の暴走族。死んだいきさつの後
「もうあんなバイクの載り方はしない」とかって言ってるけど・・
死んじゃったらバイクに乗れないのじゃない?

カーテンコールで出てくる「配達人」
ひとりだけ「特別」ですね。
人間界でも霊界でもどちらでもないところの『人』ということでしょうか。

ピコが一人で出てきた後、みんなを呼ぶと、高井配達人はコートの前の端をを打掛を持つように持って
そそそっと出てきますねーー。
コートが邪魔になるのかな?ちょっと笑えた(笑)
劇団四季「夢から醒めた夢」 8月14日
劇団四季「夢から醒めた夢
2011年8月14日 新名古屋ミュージカル劇場

他のレポをまたすっ飛ばして(笑)先日見てきた「夢から醒めた夢」
高井配達人・・・もしかしてそろそろ「オペラ座の怪人」???と思って
体調も落ち着いてきたので、前日予約して行きました。
7月13日にも当日券で行ったので、約1か月ぶり。
今回はわりと早く到着できたので、ロビーパフォーマンスも少し見れました。
外にあった魔法使いのおばあさんが管理?している不思議な箱。
覗いてみたら「万華鏡」。きれいでした!
お盆の日曜日だからか、人もたくさん!
今回は2階席でしたが、席も結構うまっいてたようです。

舞台全体は「慣れてきた」感じがしました。
配達人登場は7/13は、拍手も・・・少し遅れてまばらでしたが
8/14は結構拍手がおきていました。
配達人な高井さん・・・台詞は・・・ねぇ・・・まぁ・・・こんなものかな
以前友人が言っていたのですが
「劇団四季って、口を開けてから言葉か出るのがね…」
高井さんの配達人の時の台詞はまさにこれでした。
歌の時は口を開けて準備するは誰でもあることですが、
台詞までも・・となると何となく違和感あり。
言葉って、口を開けると同時に出るのではないかな?
最近特に感じる、四季の台詞の違和感はこんなところにもあるのかも・・・
高井さんの芝居に関してはこれ以上は求められないかも・・
歌が少ないのが残念ですが、前にも書いたようにいつまでも「ファントム」もできないでしょうから
もう少し「芝居」を磨いてほしいな。
表情のかたさが少し取れていた。ブルーのアイシャドーが、7/13より少し幅広くなっていたような気がしたのだけど・・・

ピコの台詞・芝居部分。前よりはいい感じににはなってきましたが、やはり何か「間」が良くない。
最後の「光になったのね」の前に名前を呼ところは、それぞれ調子を変えているのがわかりやすくなっていた。

ピコが人間界に帰るときのやくざ。。。涙をみせまいとしながら最後は帽子を取って振っているところは好きだな~。

お客さんが初めて見る人が多かったのか、けっこう「笑い」が起きていました。
こういう反応が新鮮で、自分の忘れていたものを思い起こさせてくれました。

いつも突っ込みたいこと・・(笑)
2幕初めでピコが気絶した時の暴走族の台詞「死んじゃったのかと思った」
って・・ここ霊界空港で「死んだ人」がくるところじゃないかな・・・
ってピコは「私、死んでない」のだけど、それを聞くのはまだ後だわよーー。
「リンチだ」ってメソを袋叩きにするやくざ、部長、暴走族。
後ろの方で子どもが「リンチって何?」・・・(笑)(笑)
そうだよねーー最近「リンチ」って言わないよね。

ピコが西の館に行く前の遊園地の人たちの並び・・・前よりは良いけど、揃ってない。動き出すタイミングの時間差もばらついている。
霊界空港職員ダンス、揃ってない!ってか変に悪目立ちする人がいる。

ピコの岡村さんって・・・匠ひびきさん(元宝塚)にちょっと似ていると思った(爆)
背が高いようだけど、高さを生かせてないのが残念。
ピコでは、高くなくてもいいのかなーー。

カーテンコールでやくざの野中さん、ほうり上げた帽子が着地したらコロコロと客席に・・・
拾ってもらっていましたが、お礼も言おうよ!

【キャスト】
ピコ / 岡村美南  
マコ / 勝田理沙
マコの母 / 織笠里佳子  
メソ / 藤原大輔
デビル / 川原洋一郎  
エンジェル / 有賀光一
ヤクザ / 野中万寿夫  
暴走族 / 西尾健治   
部長 / 田中廣臣  
老人 / 高橋征郎   
老婦人:佐和由梨  
夢の配達人 / 高井 治

【男性アンサンブル】
ハンドコ・アクアリオ、三宅克典、小野功司、中村 巌、星 潤、入江航平、須永友裕
【女性アンサンブル】
脇坂美帆、木許由梨、相馬杏奈、田村 圭、橋本 藍、泉 春花、織田なつ美、森田真代
井上万葉、雪野なな、月丘みちる
帝国劇場100年~夢の舞台のすべて~
帝国劇場100年関連の番組があります。

「帝国劇場100年~夢の舞台のすべて~」
2011年8月21日(日)19:30~ NHK-BSプレミアム

出演は
松本幸四郎さん、高橋惠子さん、米倉涼子さん、井上芳雄さん、鹿賀丈史さんなど
他に山崎育三郎さん、伴奏で林アキラさん
『まさに、帝劇のすべてが凝縮された決定保存版!』だそうです。


<関連番組>
帝国劇場100年 あの名舞台
8月23日(火)午後1:00~3:20 菊田一夫「墨東綺譚」(1993年)
8月24日(水)午後1:00~3:20 石井ふく子「唐人お吉」(1994年)
8月25日(木)午後1:00~4:00 蜷川幸雄「にごり江」(1998年)
8月26日(金)午後1:00~4:00 栗山民也「ビギン・ザ・ビギン」(2000年)

8月27日(土)午後1:30~5:30 森光子 放浪記奇跡の2000回公演

「ボニー&クライド」
来年の公演ミュージカル「ボニー&クライド」

ボニー役が元劇団四季の濱田めぐみさんに決まりました!

大阪公演も決まったようですよ。

2012年1月8日(日)~22日(日) 青山劇場
2012年1月28日(土)、29日(日) 新歌舞伎座

フランク・ワイルドホーン作曲のミュージカル。
濱田さんと万里生君の「歌合戦」も楽しみなので見に行きたいところですが・・
1月2月・・・行けるかな――

1967年のアメリカ映画「俺たちに明日はない」の舞台化で宝塚では「凍てついた明日」として上演されています。
劇中歌の「ブルース・レクイエム」好きです!

【出演】
ボニー / 濱田めぐみ
クライド / 田代万里生
バック(クライドの兄) / 岡田浩暉
ブランチ(バックの妻)/ 白羽ゆり
テッド(ボニーの幼馴染の保安官) / 藤岡正明・中河内雅貴(ダブルキャスト)
ヘンリー(クライド父)/ 中山昇
シモンズ刑務所長 / 芝崎健太
クロウソン看守 / 戸室政勝
ジョンソン保安官代理 / ヨウスケ・クロフォード
ファーガソン州知事 / 徳垣友子
アンジェラ / 家塚敦子
クレア / 保科由里子
エレノア / 宇野まり絵
カミー(クライド母) / 明星真由美
ヘイマー特別捜査官 / 岸祐二
牧師 / つのだ☆ひろ
バド保安官代理 / 戸井勝海
エマ(ボニー母) / 池田有希子
シュミット保安官 / 木場勝己
(敬称略)
暑いよーーー
毎日暑いですね~~~~

体調を崩してから、今一つすっきりせず・・・
どうやら「熱中症」じんわり継続のようです。
寝ていられるときは寝ています

最近、寝ころびながら携帯でニュースを見ているのですが
マスコミ関係のいったい何やってんの?なニュースが多いように思います。

先日も書いた「ぴーかんテレビ」は打ち切りが決まったようですね。
あらゆるチェック、認識の甘さが「偶然」一気に出てしまったようにも思えますが
これは必然として出るべくして出たのでしょうね。神様からの警告・・ってとこかな。

ドラマで出演者が着ていたTシャツに「リトルボーイ」と書かれていたとか・・
(あえてカタカナにしました)
他にも太めの人が「9」と書かれたTシャツも来ていたとか・・
これは確信犯?
「リトルボーイ」が何を意味しているのか「知らなかった」って・・・・
スタッフもそうだけど、着ている人も知らないの???無理か。
「これ、やばくないですか?」って誰も思わない?言わないっていうのが
マスコミ、芸能関係ってこんなことも知らない人ばかりなのかと、あきれた。


京都の五山送り火で、岩手県陸前高田市の津波で流された松を使う計画があったが、すったもんだの末、セシウム検出で中止になったとか・・・
そもそも、京都の行事に被災地の松?
なんじゃらほいと追って行ったら・・京都でも陸前高田でもないところ人が言い出したとか。
被災地救済のために・・とはいえ、これにはちょっと首をかしげたくなりました。
京都の批判もでているそうですが、当初の京都の判断は非難をうけるものでもないと思うのですがね。

坂本真綾さんが結婚されたそうです。
けっこう有名な「声優さん」なのだそうですが、「レ・ミゼラブル」のエポニーヌでしか知らないので、
「レ・ミゼ」では悲しい結末だったけど、おめでとう!!!

ちょっと前にはなでしこ達が国民栄誉賞をもらいましたね!!
おめでとう!!
ほんとに日本に勇気と感動と・・もっともっといろいろ与えてくれたよ!!
賞品が高級化粧筆とか・・いいなーーー、これなら私も欲しい!!

高校野球がおもしろい!!
今年は優勝候補も次々と消えていき、接戦も多くて見ごたえあり!
関商工を破った如水館。また延長で勝ちましたね!!次も頑張ってください!!
ここの校歌、作詞が大林宣彦さん、作曲が久石譲さんと、なんともうらやましい!!

今年は「熱闘甲子園」を見るのも楽しみです。
「熱闘甲子園」といえば…アナウンサーの植草貞夫さんがナレーターというかキャスターをやっていたころから見ていて、植草さんのコメントが面白かった!!
一番覚えているのはスタンドの映像が出たら応援のしゃもじを片目に当てている生徒がいて「検眼でしょうか」・・
母と大笑いをして、何年たっても母との語り草だった。
負けた方も注目していて、試合後の姿も映していたけど、いつしか個人を注目するようになり、ちょっと面白くなくなった。
野球はひとりの活躍だけで成り立っているわけではないよね。
個人を注目させたくないという理由で取材を断っている学校もあるとか。
えらいよ!!

さて、お盆は・・・
忙しいです。
13日と15日はお墓参り。父の在所のお墓は夜に提灯を持っていくのですよ。
母がいる時は、私は行かなかった・・・
おばあちゃんに『意地悪』されるから。他の孫にはおこずかいをあげていて、私はもらえず。
並べられたおかずも手を伸ばして取られていた。
何故かは子どものころにはわからなかった…嫁が気に入らなかったのでしょうかね。
おばあちゃんが亡くなってからも節目くらいしか行かなかった。
かわいがってもらった「孫」が行けばいいやんってとこで。

今は母のお墓があるし、嫌なおばあちゃんはいない。
いとこのお姉ちゃんが跡取りなので、気楽に「お手伝い」に行っています。
明日はお休みなのだけど、また親戚の誰かが来ると行かなくてはいけない。
突然子連れで大勢で押しかけてくることがあってね・・・
せめて「今日行くから」とか連絡はしないのかな。
受け入れる在所は「来てもあたりまえ」のように対処している、いとこのお姉ちゃんはえらいよな。
在所もうちも子どもはいないので、急に『子ども』が3人も来ると。。
食べたいものがないとぐずるし・・・親もじじばばも「あるものを食べなさい」とも言わないし
どうせいっちゅーうねん!!
在所の妹のいとこが機嫌悪くなる気持ちもわかるよ。

で16日は母の在所のお寺参り。郡上八幡まで行きます。
15日から行きたいけど、お墓参りがあるから・・・
16日に泊まって帰ってくるのがいつものことだけど、今年は日帰り。
17日に・・・物置が来るのだって。
15日に整理しなくちゃ・・・・・
相談しないで決めてくる父…一人でやってよ!!

てなことで今回は愚痴ってことで、ごめんね~~~~
関商工、惜しかったよーーー!甲子園 ほか
夏の高校野球、甲子園大会
最近はあんまり見ていなかったのだけど、今日(8日)は見ていました。

ということで今回は「私の2日間」(笑)

風邪も治って7日の日曜日に午前中にお寺との「お施餓鬼」とお墓に行って・・・暑かった―――!!
お昼ご飯を食べて第九の練習に行きました。
指揮者練習の日なので、治ったとはいえ風邪をまきちらさないように、ちょっくら口パクしていたりして(爆)
少し遅れてしまったので、後ろの方にいました。
井村誠貴先生の指示を聞いておかないとね。。。。遠くてよく見えんけど(笑)

あっそうだ、井村さん「レ・ミゼラブル」のTシャツ着ていらっしゃいました!!
いつのかな・・・2003年か2005年・・スタッフ用のかもしれないし。
私も今度着ていこうか(笑)

練習が終わったら、以前の第九仲間から、別のところの第九に誘われました。
「歌おうよ!ツバつけたからね(笑)」
誘ってもらえるうちが華かな・・・練習日も他の予定とは重ならないし。
第九だと父が気持ちよくだしてくれるので(笑)
少しおしゃべりして帰りました。

帰ってから夕飯の支度。この日は「カレイの唐揚」「鳥の唐揚」ついでに「揚げ出しどうふ」(笑)
揚げ物していたら・・暑かった!
ご飯を食べて片づけをして、ちょっと横になって新聞を読んでいたら寝てしまった・・・
起きて、お風呂に入ろうとしたら・・・めまいグルグル~~~~

風邪のうちにお風呂は控えて、昼間に頭を洗って身体を拭いて、汗もこまめに拭いていました。
で久しぶりに「本風呂」(笑)
何とかお風呂に入ってからもめまいグルグル~~~~~
布団に横になってしばらくしたら、良くなったので起きたらまたグルグル~~~
こんなんでトロトロ寝て、朝になったら少しは良くなっていたけど医者に行ったら
「頭低くして寝ているか、点滴」と言われて「点滴で」と。

お昼頃帰って、洗濯、片づけ、お米も洗って自分のご飯も食べて横になったら
「甲子園」おお、岐阜の関商工だ!相手は広島の「如水館」強そう・・・・

ということでトロトロ寝ながら見ていました。

ふと気が付くと延長戦。
えっ延長やん!!!!
両校とも点が入りそうで、好守ありでなかなか入らない・・・
エラーなのか、不運なのか・・・幸運の女神は如水館に微笑んだようで、
ああサヨナラ負け。
でも、いい試合だったよーー、久し振りにじっくり見たけど、感動!!
1勝できなくて負けて「悔しい」よね。
惜しかったけど、どちらかが勝てば片方は負けるわけで、勝負の世界は非情だけどそういう経験もその「悔しい」と思うことも大切なのだよね。

ということで・・・・めまいもやっと取れてきて
今夜は近くの神社の「みそぎ祭り」
ご飯作って食べて片づけとゴミをまとめて、出かけました。

お世話になっているお茶の先生の社中でお呈茶をしているので、ちょいと覗いたら・・
盛況で「待ち」状態。水屋に顔を出して裏方を手伝ってきました。
お茶もそこでいただいて、おいしかった!!
青年部で一緒のお嬢さん方は浴衣姿で立て出し、浴衣、良く似合っていてかわいいなーーー。
時間までに「お抹茶」があるかどうか・・・・というほどの盛況でしたが何とかさばけて、
じかんも来たので終わり。
そこで失礼してきました。

帰りにかき氷・・じゃなくて「フラッペ」(笑)を買って「ミツ・かけ放題」
イチゴとミルクをかけてそのまま持ってきて、うちで食べました。

お風呂に入ってまた少し寝て・・・
こんな時間にまた起きました(笑)
メールで連絡を忘れていたし・・・・

さてと、一作業したらまた寝るかな
『200回になりました』 シャメとゴマのおバカな毎日、その200
シャメとゴマのおバカな毎日、その200
『200回になりました』

「シャメとゴマのおバカな毎日」も200回となりました。
ご訪問ありがとうございます!1

ゴマ 「200回なんやって」
シャメ「200回かーー」
ゴマ 「見てくれて、ありがとうね・・・・」
200kai-6
シャメ「今度からゴマひとりなっ」
200kai-2
ゴマ 「えーーー!ゴマちゃんひとり?」

ゴマ「シャメ君も一緒やないの?なんで?一緒にやろうよーー
200kai-3
シャメ「おバカはゴマだけやん
ゴマ 「えーーー、おバカはゴマちゃんだけなの?」
確かにね。(笑)
200kai-1
ゴマ 「シャメ君も一緒にやってよーー」
シャメ「しゃーないなーー。付き合ってやるよ

200kai-4
ゴマ 「わーーい!!!」
シャメ「でも、おバカはゴマだけやでっ」
ゴマ 「きゅ~~~」

ということで。
これからも・・・・
200kai-5
シャメ・ゴマ「よろしくお願いします!」
東海テレビ「ぴーかんテレビ」が、しでかしたこと
風邪でちょっとヘロヘロになっている間に、大変なことがあったのですね。

東海テレビの「ぴーかんテレビ」
地元、東海地方の情報やプレゼントなどある番組で劇団四季もよく取り上げていたのですが
まともにリアルタイムで見たことは…少ない。

そこでの岩手のお米のプレゼント当選者を「怪しいお米セシウムさん」とかのテロップが出たとか。

原因として、スタッフがふざけ心で作ったとか。。。。。。
いったい何をやっているのでしょうね。
東海テレビは「放送事故」とかって言ってますが・・・事故????ちがうでしょう!

3月の震災に加えて原発事故で、困難な生活を余儀なくされている方々、身内を失って悲しみの方々、
それでも何とか復興に向けて奮闘しているのですよ。
東海地方は今回は特に被害はなく、ある意味「他人事」ではありますが、明日は我が身。
真面目に支援に取り組んでいる人、何もできないけど募金をせっせとしている人、
ボランティアに出かけている人、何をやっててのかわからず悶々と日々を過ごしている人、
岩手県の人たちはもちろんのこと、こういう支援をている人にとっても怒り心頭ですね。

すでにいろんな人がコメントなど書かれていますが、
リハーサル用に作ったものをチェックして訂正を求めても2回も放置していたとか。
こんなのは即刻削除でしょう。
リハーサル用とはいえこんなものを作るってことは、どこかで嘲笑っていたのではないでしょうかね。
そりゃ自分には関係ないことですから・・・
リハーサル用ならもっと目にしていた人がいるのではないのか?とも思えます。

まぁなーんにも考えていないのでしょう。
本来なら出るはずがないものが出てしまったようですが、
事故じゃなくて「事件」だというのも頷けます。

津波の映像を見て「笑える」とか言っていたことにしろ・・・
最近の報道社会は、アナウンサーは「タレント」、スタッフは悪いことをみつけては重箱の隅をつつくように攻撃。

お米がどれほど手間をかけて作られるのか知らないのでしょう。
それを捨てなくてはいけなくなることの無念さなど、とうてい理解できないでしょうね。

お米に限らず、岩手県に限らず、波紋は広がりつつあるようですが、もっと広がるでしょうね。
ひいては、いつか東海地方が被害にあっても、誰も助けてくれなくても文句は言えないほどのことではないとかと思うのですがね。

戦前とか戦時中と違って情報はどんどん流れます。
地方局とはいえ、「知っている」人がどんどん増えていくのですよ。
報道の管理の甘さは・・・・砂糖菓子以上。
同じ東海地方のものとしても恥ずかしいというか申し訳ないというか・・・
今回の事は謝罪だけではすまされないでしょうね。

それと少し前から騒がれている某局の韓流ごり押し批判をした高岡さんとか、それに賛同するように意見を言ったふかわさん、脱原発宣言をした鈴木さん。
たしかに影響は大きいかもしれないけど、自分の意見を言うくらい「言論の自由」はないのでしょうか。
正直者が馬鹿をみるような社会でいいのか・・・・
なんだかね~~~これだけ情報だの発言の場が増えて、言われたことに対して、反論するのも良いことだと思いますが、お互いに「反省」という言葉が死語になりつつあるような気がします。
あっ自分も気をつけなくては・・・

さて、どうなるでしょうか・・・・
風邪をひいてしまった
久しぶりに風邪をひいてしまった

「夢から醒めた夢」の歌おうイベントにいく予定だったけど、大事をとって出掛けるのはやめました。

洗濯はやらなくてもご飯の支度と片付けはやらなくてはいけなくて、しんどくて立っていられなくて、お昼は父には自分でそうめんを茹でてもらうように鍋にお湯だけわかしておいて放置。
鍋にそうめんが入っていたから、言わなくてもやってるんだと思ったらちょいと台所に立ったら、座敷に座り込んでいる父。
声も出ないのに「やってくれないの?」と言っても聞いてないし~
ほっておきました。

病気に理解のない父は自分のは作っても私のは作ってはくれない。
まぁ吐き下ししているときにすら、助六寿司を「食べんか」と差し出すほどですから~そんな時においなりさんだの巻き寿司だの食べられるわけないやろ!
この時も結局自分で作るしかなかった。

今夜も父のご飯だけ用意して医者へ~
「ご飯は」って聞いてくるけど、ヘロヘロになっているのに医者に連れて行ってくれる気配も無し

医者から帰ってしばらくして自分のご飯作って食べて片付けて。

独り暮らしの人は誰も助けてくれないのだよなと思いながら、人のご飯の世話はしなくてもいいのだし~

おちおち寝込めないのはこんなことがあるからだからかな。

今回は喉が腫れて熱が少し出たくらいで済みそうですが、医者に「汗かいて、腹出して寝ていたやろ」と言われて「疲れて窓開けっ放しで寝ていた」と

とにかく薬の加減かトロトロと眠いのにすぐに目が覚めてしまう。

日曜日はお寺で「お施餓鬼」だけど、行けるかな~

携帯から投稿していますが、「すけろく」も「助六」と変換されないし。こんなものに頼っちゃだめだけど、携帯作ってる奴らのボキャブラリーって意外と少ないのか

AKBだのの歌を聞いていても「キャチューウシャア」って何?
あら「カチューシャ」ね
カキクケコが消える日はそう遠くないかも
まぁ日本語が消える日も来るかも知れない
『スカイツリー、やでっ』 シャメとゴマのおバカな毎日、その199
シャメとゴマのおバカな毎日、その199
『スカイツリー、やでっ』

7月17日に「三銃士」を見に行った時・・・
夜バスで行ったので、早く着いて、さてどこに行こう・・・
スカイツリーを見ていなかったので行ってみようということで、
最寄駅を探したら「押上」…何て読むの??  「おしあげ」だって
すぐ忘れて、後で友達にも聞いてしまった。

乗換案内で検索して、地下鉄で行きました。
「スカイツリー」の標識のところで出たら・・・

skytree-1107-1

シャメ「目の前やでっ」
ゴマ 「どこ?どこでスイカ釣りやってるの?」
シャメ「スカイツリー やでっ、スイカは釣らない!」
ゴマ 「『スイカ釣り』やないの? 食べるんかと思った」
シャメ「・・・・・おばか・・・」
ほんとに、すぐ近く!!

ということで記念写真
skytree-1107-2

「業平橋」まで行くと良いような話を耳ダンボにして横聞きして(爆)
歩いて「業平橋駅」方面へ・・・
業平橋まで行ってみたけど、まだ近くなので、もう少し遠くまで行こうかなと思ったけど、
暑くて・・・
ゴマ 「またこんどにしよーよ~~~」
すでにばて気味
シャメ「そうやなーー」

ということでまた「押上」まで戻ることに。
行くときは気が付かなかったけど、途中にあったのが
skytree-1107-4

シャメ「見学広場やって・・」
ゴマ 「ここで見ればいいんかな」
鏡みたいに怪しいのが写っていた(笑)
シャメ「ほな、見とこか」
ということで、見学・・・・

skytree-1107-6

シャメ「ちょっとまぶしいでっ」
ゴマ 「今度、黒いメガネもってこよーよ」
シャメ「サングラスなっ」
ちょうど太陽に向かっている方向でした。

友達に聞いたら、浅草あたりからだと少し遠くに見えるらしい。
また今度の機会にでも行こうかな。
『いただいたお菓子など・・』 シャメとゴマのおバカな毎日、その198
シャメとゴマのおバカな毎日、その198
『いただいたお菓子など・・』

最近いただいたお菓子。
ちょうどパンダを見た後だったので・・・
okashi-04-1
ゴマ 「ここにもパンダおるよ」
シャメ「ほんまやーー」

盛岡の方に頂いたおお菓子とストラップ
okashi-04-2
震災の影響は「申し訳ないけど、うちは大丈夫だったよ」
とのことで、よかった!

ごぼうとトマトのオカキのようなお菓子・・
okashi-04-3
ゴマ 「このごぼう、どっかで食べたよ」
シャメ「(裏を見たら)岐阜県羽島市やでっ」
(笑)(笑)、何かとご縁があって嬉しいですね!
トマトは初めて食べたけどおいしかった!!

小ぶりのおまんじゅう
シャメ「ゴマ、何をじーっと見てんねん」
okashi-04-9
ゴマ 「大きくならんかと思って」
okashi-04-7
シャメ「そんなに見つめると、恥ずかしがってでかくならんでっ(笑)」
okashi-04-8
ゴマ 「えっ、やっぱり大きくなるんや!
シャメ「なるわけないやろっ
ゴマ 「なーんやーー、大きくならんのかーー」

小ぶりなので食べやすくて、量もこれくらいのが良いなーー

お菓子じゃないけど・・・一筆箋
ゴマ 「何かついとる」
okashi-04-4
ゴマ 「あっ、プーさんや!!」
okashi-04-6
ゴマ 「これ、大事にとっとこっと(だいじにとっておこう)
okashi-04-5
シャメ「おめぇ。何かかけるんか?」
ゴマ 「書けるよ。」

いつかゴマからの手紙が誰かのところに行くかも・・・読めるんかいなーー(爆)

ありがとうございました!
『ゴマのマカロン』 シャメとゴマのおバカな毎日、その197
シャメとゴマのおバカな毎日、その197
『ゴマのマカロン』

「レ・ミゼラブル」を見に行った時の東京で・・・
お友達にごちそうになった「マカロン」

「ゴマと抹茶とどっちがいい?」と聞かれて

シャメ「ゴマは【ゴマ】やろっ」
と言われて・・・ゴマが押してしまったのでヒビがー・・・・

macaron1106-1
ゴマ 「抹茶のみどりもきれいやよ。【ゴマ】は黒いやん」
シャメ「ゴマは【ゴマ】でええんやっ。おめぇ早や手ぇつけたやろっ」
ゴマ 「きゅ~~」

ということで【ゴマ】をもらいました。

もらったら・・・
macaron1106-2
ゴマ 「ゴマちゃんの【ゴマ】や~~~」
と喜んで食べていました。

シャメ・ゴマ「おいしーねーー」
ごちそうさまでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。