こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『サンタさん・・・』 シャメとゴマのおばかな毎日、その161
シャメとゴマのおばかな毎日、その161
『サンタさん・・・』

ゴマ 「シャメ君、やっぱりサンタさん、来てないのかな・・・」
シャメ「何もないで、きてないのとちゃうか」
christmas-6
ゴマ 「ゴマちゃん、うちにおったらよかった(うちにいたら良かった)
シャメ「えっ、おでかけせーへんのか?」
ゴマ 「あっ、それも嫌やーー。」
としょげるゴマ。。。
christmas-7
シャメ「あそこに、何やらあるでっ」

christmas-8
と・・・そこにプレゼント??

ハチミツのキャンディーとソープ
シャメ「石鹸でゴマを洗えってか?(笑)」
ゴマ 「これ、何やろ」
christmas-9

ゴマ 「入ったら温かいよーー」
christmas-10
友達にもらった、ハチミツものとネックウォーマーでした(笑)

ゴマ 「あっ、カードもあるよ」
christmas-11
シャメ「サンタ、来たみたいやなっ」
ゴマ 「うん!!!」

ゴマ 「まだあるよーー。」
christmas-13

christmas-14
シャメ「これは、ねーちゃんのやなっ」
ゴマ 「みんな、もらえたね」

良かったね~~シャメ・ゴマ

今年もありがとうございました。
来年もよろしく

ゴマ 「来年って、明日やよ」
シャメ「それは言わんでええ」
ゴマ 「きゅ~~~」


スポンサーサイト
『今年のクリスマスは・・・』 シャメとゴマのおばかな毎日、その160
シャメとゴマのおばかな毎日、その160
『今年のクリスマスは・・・』

去年のクリスマスは。。。国境近くのムラで過ごしました。
な訳ではなくて(笑)
去年は東京で「パイレートクイーン」と瀬奈じゅんさんの「さよなら」でした。

今年は・・・・
24日まで東京で、夜行電車で帰ってきて、
25日に「オペラ座の怪人」を見に行ってきました。
予想どおり・・疲れて爆睡
一緒に行ったツレに怒られました・・・
でシャメとゴマは・・・
「ケーキ!!」
ということで、ケーキを食べに行きました。
クリスマス限定のケーキ。どっちにしようかな・・・
christmas-3
隣のも気になるゴマ・・・
christmas-2
半分ずつ食べました。
中にイチゴのクリームが入っていたり、美味しかったです!

1日遅れの26日には、うちでローストチキンでした。
christmas-5
やっぱりこれを食べないと・・ね。

ゴマ 「サンタさん、来てないよ。忙しいのかな」
シャメ「そりゃ、イブの夜は『ムーンライトながら』ん中やでっ、サンタもわからんかったや」
ゴマ 「じゃあ、『ここにいるよー』って旗でも出しておけばよかったかな」
シャメ「煙突ないやん」
ゴマ 「きゅ~~~。今年はこないのかな・・・ヨンタさんでもゴタさんでもいいけど」
シャメ「サンタしかおらん!」
ゴマ 「きゅ~~~」

残念だったね。
劇団四季「サウンド・オブ・ミュージック」 12月23日
劇団四季「サウンド・オブ・ミュージック」 
2010年12月23日 四季劇場〔秋〕

劇団四季のサウンド・・・は2回見ましたが、あんまり好きじゃないです。

自分のイメージと違うから・。。。かな。
でも、土居裕子さんがマリアをやると聞いて・・・
これは見たい!!
ということで東京に行くときにとチケットは取っておきました。
やった!!土居さんマリアきたよーーー!!

ええっと・・・冒頭の修道女の客席降りってとあったっけ・・・?
2階B席と1階3列目でみていたので。。気がつかなかったかも。
修道女の中に・・・相変わらず男がいるし(爆)

土居さんのマリアは・・・贔屓目かもしれないけど、多少しわとか気にならないといったら嘘になるけれど
ほんとうに「マリア」でした。
表情の変化やしぐさで、マリアの心情が伝わってきました。
舞台にどんどん引き込まれていきました。
四季独特のしゃべりじゃなくても台詞はしっかり聞こえてきました。
でも、研究生でいらしたようなので、基礎はできているのかな。
自然なしゃべりでした。

修道院から不安な気持ちでトラップ家へ・・でも勇気をだして、決心するところや

子どもたちの心を捉えるところ。
そして、トラップ大佐との結婚後の堂々とした態度・・・
マリアってこんな人だったのだ!と思わせてくれました。

そして修道院長の佐和由梨さん。
無駄なアクションがなくて、静かに見守っている感じ。
秋山さんの歌い上げるところの手の動きがどうしても納得できなかったので
佐和さんの動きがないものは、威厳を感じました。
1幕最後の『すべての山に登れ』
曲が進むにつれて変化するマリアの表情とあわせて、今回は3回目にして・・・初めて泣けました。
私の理想の形の修道院長でした。

佐和さんに変わってシスターベルテになった倉科絢子さんも良かった。
丸っこいシスター・マルガレッタも相変わらず、楽しくていいですね~~~

村さんの大佐は・・・かっこよさはちょっと劣りますが(爆)
土居さんとの声の相性は良いように思いました。

リーズルの池松さん。
顔がねーーちょっと子どもっぽさが残っている感じです。
背が少し低いので、他の子どもたちに埋もれてしまうのが残念。
池松壮亮君のお姉さんかな?

ロルフは・・・まぁ可も無く不可もなく・・・

エルザの西田さんが、毅然としていて、好きだな~~
シュミットのはにべさんがちっこくてかわいい!!
マックスの勅使河原さんは言うこと無いです!!最高!

子ども達も上手いですね。
グレーテルのちょっと太めが・・・ちょっとね。

総合して、今回は良かったです!!
土居さんのマリアをもう一度見たいです!!
でも次の舞台は決まっているようなので、また期間限定かな・・・

この日はクリスマスのカーテンコールがありました。
「Silent Night」英語で土居さんのソロではじせまり、村さんのソロ
そしてトラップ家で日本語のコーラス。
修道女たちの「ハレルヤ(アレルヤ・・かな)」
その後、「天使にラブソングを」ばりのゴスペルでノリノリバージョン!
他のアンサンブルさんも加わって、楽しいクリスマスソングのプレゼントでした!!

パンフレットの写真から、鈴木綜馬さんのトラップの写真は少なくなっていました。
村さんの大佐の写真が入っていました。
綜馬さんはキャスト候補にはまだ載って。
土居さんの舞台写真もそのうちに載るのかな・・・


【キャスト】
マリア / 土居裕子  トラップ大佐 / 村 俊英
修道院長 / 佐和由梨 エルザ / 西田有希 マックス / 勅使瓦武志
シュミット / はにべあゆみ  フランツ / 青山裕次
シスター・ベルテ / 倉科絢子 シスター・マルガレッタ / 矢野侑子 シスター・ソフィア / あべゆき
ロルフ / 石毛翔弥  リーズル / 池松日佳瑠
フリードリッヒ / 笠原知也 ルイーザ / 今井利奈 クルト / 島内優太郎
ブリギッタ / 片岡芽衣  マルタ / 清水乃愛 グレーテル / 西山寿奈

〔男性アンサンブル〕
池田英治、白倉一成、佐藤季敦、北山雄一郎、長手慎介、奥田直樹、中橋耕平 柳隆幸
〔女性アンサンブル〕
黒崎綾、松尾千歳、松本菜緒、小島由実子、趙ミンジョン、深見雅子、原彩子、小林貴美子

〔コンダクター〕 平田英夫
加藤清史郎君がガブローシュに。他
本日3つ目の投稿(爆)

そういえば友達から教えてもらった「レ・ミゼラブル」のガブローシュ。
加藤清史郎大君がキャスティングされたとか。。。

ネットのニュースで見たら。。。
「大騒ぎがしたいという興味半分で、革命派の学生運動に参加してしまう、路上生活を送るわんぱくな子供ガブローシュ。」
なんですって・・・・・・・・・・・
知らなかった!!
大騒ぎがしたいという興味半分だったのか・・・・
興味半分で参加できるほど余裕ある生活なのかな・・・・
何か違うような。。。


他は
小宮明日翔(こみや あすか)、鈴木知憲(すずき とものり)  

リトル・コゼット/リトル・エポニーヌ
飛鳥井里桜(あすかい りお) 蒲生彩華(がもう あやか)齊藤真尋(さいとう まひろ)清水詩音(しみず しおん)

最近のお子様、名前に振り仮名うたないと読めない人多いですよね。

ついでに・・・
劇団四季の「ライオンキング」が20日に12周年を達成。
特別カーテンコールにフジテレビの生野陽子アナが祝福に駆けつけたとか・・・・
誰?????

ふうーーーん。
最近のアナウンサーはすっかり「タレント化」していますね。
結婚するたら出産したが芸能ニュースのトップになるのですけど、
私は「誰のこと?」です。
せめて緊急ニュースは原稿くらいかまずにつっかえずに読んで欲しいですね。
これが「アナウンサー」なのかというくらい見苦しいです。
本業はアナウンサーじゃなくてタレントでしたか・・・
土居裕子さんのマリア
土居裕子さんが劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」のマリアにキャスティングされています。
いよいよ登場ですね!!

いつも年齢を感じさせない(失礼!)役をやられていますが、
マリアもどんなかんじにされるのでしょうね。
見に行けたら・・・です。
城田優さん、文化庁芸術祭新人賞!!
「エリザベート」で最年少のトート閣下を演じた城田優さん、
文化庁芸術祭新人賞を受賞されました!!!
おめでとうございます!!!

私ははまれなかったけど(爆)かなり「もっていかれた!!」人、多かったようですね。
今までのトートとはまた違うイメージ、新しいスタイルのトートを作り出したようで
再登場されるといいなーー!!
映画「オペラ座の怪人」続き・・・
「オペラ座の怪人」の映画放映、吹き替え版。
結局リアルタイムで見てしまいました~~~

聞いているだけなら、かなりいい感じでした。
でも、見てしまうと・・・口の動きは英語と日本語なので違って当たり前なのだけど、
他のものと違ってかなり違和感あり・・・ということは声優さんがやられる吹き替えって
技術がいるのですね。
ひとまず歌集中ってことで、これはこれでよかったです。

でも、四季版とはストーリーの展開が違うので「マスカレード」の「新しいシャンデリア・・・」
映画ではシャンデリアが落ちるのはかなり後ろの方・・・
「マスカレード」の時はまだ落ちていないけど、新年でつけかえたのかな?

ところどころ「台詞」のあるところとか飛ばしていたので、まさに「劇団四季の『オペラ座の怪人』による映画『オペラ座の怪人』」でしたね。
高井治さんの歌以外の台詞もちょいと心配ではありましたが(爆)良かった!!!
舞台では調子もいまいちの時もむありますが、音響調整で最善の状態ができるわけで
「いいとこ取り」ですね。

とはいえ、最近CDも出ていないので、嬉しい「保存版」となりました!!

毎年テレビ放映される舞台といい、その時に、その役をやっていないとテレビに映るチャンスはないわけで、
今回も「声」だけとはいえ、ほぼ全国ネットのテレビで流れるのはすごいことですね!!!

突っ込みどころはたくさんあり(爆)絶賛とは言いがたいですが、ほぼ良かったと思います。

放映中、お友達何人かと「見てる?こちら現場から」の実況中継(笑)
「(ファントム)いい声だね」
そうなのよーーーー!!!

高井治さんの声が全国に流れたと思うと・・・感慨深いものがあります(うるうる)
舞台でも、毎回これだといいけどね(爆)(爆)
「ウエディング・シンガー」地方公演
先日友達と「ウエディング・シンガー」の福岡公演があるのでは?てな話をしていたのですが・・
あります!!

まとめておきますね。

東京公演 
日時 2011年3月6日(日)~29日(火) 
場所 シアタークリエ
料金 S席11,000円 A席8,500円(全席指定)
チケット一般発売日 2010年12月11日(土)

大阪公演
日時 2011年4月1日(金)~4日(月)
場所 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
料金 全席11,500円(全席指定・税込)
チケット一般発売日 2011年2月12日(土)

名古屋公演
日時 2011年4月8日(金)~10日(日)
場所 中日劇場
料金 A席11,000円 B席7,000円(全席指定・税込)
チケット一般発売日 2011年2月12日(土)

山梨公演
日時 2011年4月13日(水)18:30~
場所 山梨県立県民文化ホール
料金 S席(1F)8,000円 A席(2F)6,500円(全席指定・税込)
チケット一般発売日 2011年1月15日(土)

福岡公演
日時 2011年4月17日(日)13:00~
場所 福岡市民会館
料金 S席11,000円 A席8,500(全席指定)
    学生5,000円(当日座席指定・引換時要学生証・税込)
チケット一般発売日 2011年2月6日(日)

大分公演
日時 2011年4月19日(火)18:30~
場所 iichiko 総合文化センター
料金 S席7,000円 A席8,500(全席指定)
    学生3,000円(当日座席指定・引換時要学生証・税込)
チケット一般発売日 2011年1月29日(土)

盛岡公演
日時 2011年4月22日(金)
会場 岩手・盛岡市民文化センター
◎いわて生協貸切公演のため、一般発売は無しです。
映画「オペラ座の怪人」
始まってますね~今、ファントムが歌っています。
とか実況でツイッターなどで呟いている人、多いでしょうね~

どうしても舞台の顔が頭の中に出てきてしまいます(笑)

沼尾さんってこんなにアニメ声だったっけ~

いや、聞いてるだけでいいかいな~

今日はおうちで「オペラ座の怪人」な人がこれまた多いでしょうね。

あっ、歌のテンポがところどころ微妙に違うのね。

あっ、コマアシャル
鈴木綜馬さんの舞台情報
鈴木綜馬さん、来年8月9月の和央ようかさん主演の「ドラキュラ」に出演予定です。

ブラム・ストーカーの原作で、初めて女性がドラキュラを演じるらしいです。
作曲はフランク・ワイルドホーン

出演
和央ようか
花總まり 安倍なつみ 小西遼生 上山竜司 矢崎広 小野田龍之介 松原剛志/鈴木綜馬(敬称略)

東京:2011年8月20日(土)~9月11日(日)
東京国際フォーラム ホールC
大阪:2011年9月16日(金)~9月18日(日)
梅田芸術劇場 メインホール
(以上予定)

サンケイスポーツ他より
流し台の下が・・・・・大変!!
11月の初めごろ。台所の流し台の下の食器を入れているところに「水漏れ」・・・
どこから水がくるのか????と、探っていたら、流し台と食器を伏せておく台の間に水が漏れるのかと思い、
アルミテープを貼ってみた。

でも。。。。水漏れは変わらず、もっとひどくなったような気が・・・
良く良く見ると、中の上のほうで「結露」していて、水かだたまって、ぽたぽた落ちてきている・・・
そういえば、今ままでは何もなかったのに・・・・
何でやねん!!

今までと違うところは。。。夏前に、配水管がはずれて、流し台の下が水浸しになって、
流し台の床の部分を取ってしまっていた。
冬が近くなって、下から冷た~~~い空気が!!

ってことで、流し台に「床」をつけることにしました。

大きさを測って、ホームセンターでベニヤを買って、カットしてもらってきたけど、ちょっと大きくて微調整。
排水管用の「穴」はあけてもらえなかったので、自分であけて、角もちょっと角に切って。
こんな感じ・・・
nagashiyuka-1

入れようと思ったら・・・一枚板では入らず。
2つにカット
nagashiyuka-2
シャメとゴマも面白がって遊びにきた。
のこぎりで切っちゃうよーーー。遊び場じゃないからね。
シャメ「クー」ゴマ「キュ~~~~」

はめてみたら・・・
nagashiyuka-3
なかなか良いじゃん!!

食器を収めたけど、排水口のところは、穴が大きすぎたので、ちょっと気になる・・・

コーラスに行った時に話していたら、「もう一枚断熱シートとか張ったら?」とアドバイスをもらって、
もう一枚分、カットして置いてみた。
あっ良い感じやん!!
アルミのシートもひいて、これでいいかな。

のこぎりでゴギゴキやっていたら・・・結構疲れたよーー。
これでしばらく良いかな!
結露も減って、水も垂れなくなってきた。ひとまず成功!!
『夏の思ひ出』 シャメとゴマのおばかな毎日、その159
シャメとゴマのおばかな毎日、その159
『夏の思ひ出』

今年の字は「暑」になりましたね。
暑かった夏・・・のおもひで(笑)

昼寝していた二人・・・
hirune-1
ゴロゴロしていたら、ゴマがシャメの上に・・・
hirune-2
シャメ「暑っつい~~~~、誰や!!!」

すっ飛ばされたゴマ
hirune-4
ゴマ「いやーーん、わざとやないもん」
シャメ「わざとやったら余計あかんでっ!!」
hirune-3
ゴマ「きゅ~~~」
といじけるゴマ


で・・・最近は・・・・
hirune-5
こたつの中で昼寝・・・・出てこない・・・

ゴマ「だって寒いもん!」
じゃあ夏のクーラーは要らないよね?
シャメ「それは別!」

あっ、そうなの(笑)
「ワンダフルタウン」 11月21日
ミュージカル「ワンダフルタウン」
2011年11月21日 梅田芸術劇場メインホール

レナード・バーンスタイン作曲のミュージカル、日本初演。
「ウエスト・サイド・ストーリー」「キャンディード」よりも前の作品とか。
今年はバーンスタイン没後20周年だからか、「キャンディード」も上演されたね。

物語は省きます(爆)
全体的に、楽しかった!!面白かった!!でも長くてくどい・・・・・
台詞のテンポも良いし、場展もアパートの壁と、アパートの中と町の中と・・と意外とシンプルだった。
曲も「ウエストサイド」に似たようなフレーズとす「スゥイング」や「コンガ!」あり。

1幕の最後でなぜアイリーンが逮捕されるのかとか、ブラジル海軍の仕官候補生は英語はしゃべれない??とか
アイリーンの逮捕は2幕でなぜかがわかる。
お遊び的なところも多かったけど、・・・
そうか1曲が長い!!!!
だから曲の途中で飽きてくる・・・
音楽は良いと思うので、惜しいな・・・・
といっても短縮するわけにも行かないだろうね。

ルースの安蘭けいさん、コメディはやっぱり良いなーーー。
別所哲也さんのロングトーンの歌もあったりして、よかったです。
何より、アイリーンの大和田美帆さん。
「ファンタスティックス」で見たときはまだまだ・・・・と思っていましたが、歌もダンスも芝居もとっても良くなっていた!!
何より台詞がしっかり聞こえてくるのも良いね~~~
友達から「ウーマン・イン・ホワイト」の時に「大和田美帆は上手くなったよ」と聞いていたのが
本当だった!!

宮川浩さんの明るい役を久しぶりに見た・・・、胸を張っている胸を手で叩くのは・・・オードリーの春日みたいだったけどね(笑)
短パンで足見せて・・・良いね。
青山航士さんのダンスも素敵でした!

元四季の高城信江さんが相変わらずちっこくてかわいかった!!

今回のキャスト陣ははずれがなかったな~~~
演出も悪くないけど・・・やはり曲が長くてくどい(くどいってばよっ・爆)

【出演】
安蘭けい、大和田美帆、宮川浩、照井裕隆、星奈優里、矢崎広 
青山航士、花王おさむ、初風諄、別所哲也

池田紳一、蝦名孝一、加賀谷真聡、五大輝一、仙名立宗、高城信江、竹内真紀、林燈子
原慎一郎、福井小百合、中島康宏、山合大輔、横関咲栄
テレビ番組
いよいよ17日に「オペラ座の怪人」映画吹き替え版が放映ですね。
日本テレビ系「金曜ロードショー」午後9時から
さてさてオールキャストを劇団四季ってなファンにとっては美味しい企画ですね。
高井さん・・・せりふ大丈夫かいな~~~~
先日の「金曜ロードショー」で予告で出ていました。
舞台とは多少場面構成も違うので、楽しみです。
DVD買っただけでそのまま・・・・(笑)

先日公演があった「越路吹雪トリビュートコンサート」
BSで申し訳ないですが、テレビ放映されます。
2010年12月19日(日) 午後1:30~午後3:00
NHK BS2
出演:杜けあき、稔幸、真琴つばさ、えまおゆう、湖月わたる、安蘭けい、貴城けい、春野寿美礼(敬称略)

「坂の上の雲」で広瀬武夫を後援している藤本隆宏さん。
「スタジオパークからこんにちは」に登場です。
12月24日(金) 午後1:05~1:55 NHK総合

劇団四季のミュージカル
「嵐の中の子どもたち」
12月23日(木・祝) 午前9:00~ NHK教育

「映画音楽に乾杯」
12月26日(日) 午後7時30分~8時58分 NHKBS2
出演:村治佳織、伊東ゆかり、サーカス、島田歌穂、シルビア・グラブ、TOKU
ゲスト:津川雅彦、渡辺えり

塩野七生 原作
『カエサルー「ローマ人の物語」よりー』
2011年1月15日(土)午後10時~午前2時 NHKBShi
2011年1月24日(月)(23日(日)深夜) 午前0時40分~4時40分 NHKBS2

コンドルズ「ELDORADO」
12月18日(土) 午前0:45~2:28 (17日深夜)NHKBS2

さだまさし東大寺コンサート2010(スカパー!)
12月12日(日) 午後6:00~午後8:00
●スカパー!
 スカチャン181チャンネル
 スカチャンHD191チャンネル

●スカパー!e2
 スカチャンHD801チャンネル

視聴方法:チャンネル等契約者無料
新規加入、視聴のお問い合わせはこちらへ
http://www.e2sptv.jp/campaign/webwari.html

「年の初めはさだまさし~尾張のはじまりなのだ~」名古屋から
2011年1月1日(土・祝)午前0:40~2:45 NHK総合
※2010年12月31日(金)深夜です。

「ゲゲゲの女房」総集編
12月29日(水) 午前7:20~8:30 NHK総合
31日まで3回

「龍馬伝」総集編
12月29日(水)午後9:00~午後11:00
12月30日(木)午後9:00~午後11:00
各日2回ずつ4回放映
市川海老蔵さんの事件からの展開
ここのところ世間が騒いでいる市川海老蔵さん事件。
退院後の記者会見がありましたね。
無期限出演見合わせですか。「無期限」と言うのが何とも微妙な表現ですね。
期限無しは一見長期間にも思えますが、明日復帰でも「期限は無しだから」と言えますものね。

事件の真相はこれからだと思いますが、今回のことでなぜここまでの処分になったのかは
「舞台に穴をあけたこと。それも原因が不測の事態ではなかったこと」では無いかと思います。
こういう芸能ものは「ファン」「ごひいき」があってのもの、客がいない劇場で公演して何のいみがあるでしょうか。それで満足しているなら、ただの自己満足公演ですね。
お客様がいてはじめて「舞台」が成立するってなことを言っていた人もいたっけ・・・

それと記者会見をチラッと見ていましたが、家族単位で動いている歌舞伎界のようではありますが、
「親不孝した」とか「妻に・・」は、いらないでしょう。
言ったとしても「それ以上に・・・」ともっと大きく謝罪する先があるはずでは・・・

とはいえ、マスコミが騒ぎすぎ!!
中村福助さんがご自身のブログで擁護されていて、それを叩く発言もあったそうですが、
歌舞伎界には役者仲間以上の深い繋がりがあるようなので、
擁護発言も良いではないですか。
その後のブログで福助さんは自分の発言には賛否覚悟の上とのこと。
そうですよーー。
ブログって自分の意見や書きたいことを表に出すかわりに
自分の言葉に責任もあるのですよね。
と・・・書いている私も、自分の意見を書いているだけのことですが、
反対意見もあって当然なので、それも受け入れたいと思います。
受け入れたといっても、それにすぐ賛成ということではなくて、
一度取り込んでから自分の中で処理するってことですね。
自分の主張を通すのも良いですが、たとえば舞台のようにいろんな人に見てもらうものは、
作る側も、いろんな人の意見も聞いてみるのも、良い舞台にするには必須かも。

と話の道がそれましたが(笑)
とにかく、今回のことは良い勉強になるといいですね。ってもうなっているか・・・
役者にとって、舞台に立てないことほど辛いことは無いと思いますので。
ただ、生まれた時から「歌舞伎の世界」な彼は、一般人とは感覚も違うと思うので
一度「社会人修行」するのも良いかもしれないですね。

それはそうと、中村福助さんのブログ、なかなか面白いです!!
そっか「ベルばら」やら「エリザベート」お好きなのねーー(笑)
このブログ自体にも賛否両論あるようですけど、好きに書かせてあげようよーー(爆)


『「歌謡チャリティーコンサート」見たよ』 シャメとゴマのおばかな毎日、その158
シャメとゴマのおばかな毎日、その158
『「歌謡チャリティーコンサート」見たよ』

11月23日の綜馬さんが出ていた「歌謡チャリティーコンサート」、シャメとゴマも見ていました。
綜馬さんが出てくる前にはささきいさおさんが「宇宙戦艦ヤマト」を歌っていて、ちょいと興奮気味
ゴマ 「ヤマトや~~~~~!!!!」

「トイレの神様」ってこの歌だったのね!!
さびの部分だけわかる。

新妻聖子さんと綜馬さんでミュージカルコーナーだよっ
「エーデルワイス」を歌っている綜馬さん、
一緒に歌って手をあげてるゴマ・・・あがってんのかっ??
souma-1

シャメ「ゴマ、音はずれてるで。」
ゴマ 「えっ、そう???」

見ながら歌うのはうちだけにしてね~~~
ゴマ「きゅ~~~~」

「エーデルワイス」の後の演奏だけの「キャッツ」の「メモリー」、「オペラ座の怪人」の「オール・アイ・ アスク・オブ・ユー」、その前の「コーラスライン」の「ワン」。綜馬さんが出ていた演目やん!
「美女と野獣」も良かったですけど・・・
聖子ちゃん、もう少しソフトだといいな~~~
音域が広がった分。丁寧さが少なくなったように思いました。

そして、クミコさんの「祈り」が聞けたのが良かったよ~~~~
ゴマ 「ええ歌やねーー
シャメ「そやなー
二人で号泣・・・・・

最後がちょっと尻切れトンボみたいだったけどね(笑)

こういう、オーケストラのものは生で聞きたかったなーー。
予定があって九州までいけなかったよーー。残念!
宝塚星組「愛と青春の旅立ち」 11月3日朝
宝塚星組「宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り」「愛と青春の旅立ち」
2010年11月3日 11:00~ 宝塚大劇場

先月になってしまいましたが、また映画の舞台化ということもあってみてきました。
さて・・・・あの鬼軍曹やら、過酷な訓練をどうするのか・・・・
今回はツレとそのお友達2人とそのうち一人の人の娘さん(中学生)の5人で観劇でした。

その前に和もののショーがありました。
「ちょんぱ」で開幕!
専科の松本悠里さんは、やはり踊りはきれいです、無駄な動きが無いけど・・・
ちょいとしわが・・それでもいいやなあでやかさでした!!

凰稀かなめさんの歌の「麦や節」が見られるとは!!
富山の民謡で、紋付はかまにたすきをかけて、菅笠を持って踊るのですが、
菅笠を横から上へ、また横にしてまた上にの動作がすきなのですわーー。
今回でサヨナラのにしき愛さんも入っています。
にしき愛さんといえば・・・お化粧がちょぃと濃いピンク気味。
銀橋にも出てくるシーンもありましたが、後の「愛と青春の旅立ち」の役からすると
もう少し「見せ場」を作ってもいいのじゃないかな。

衣装は華やかだけど、似たようなシーンがあり、ちょっと退屈だったかな・・・

曲も以前の公演で使っていたものもあるようです。

「愛と青春の旅立ち」は・・・なかなかうまく作ってありました!!
フォーリー軍曹はちょぃと細めではありましたが、憎ったらしさがもう少しあるといいな。

「DOR」は他の言葉とは言い方を変えていで強調していたようですが、良いかな。
ただちょっと「イイヒト」寄りになっているかも・・・
それなりに良かった。

ポーラに酒場でちょっかいを出すカウボーイがこれまたサヨナラの水輝涼さん
ポーラにに振られて「ヘイ・ポーラ」を歌おうとするも、出だしだけで指揮者から「バッテン」が出て
歌わせてもらえなかった・・・
(千秋楽には○が出て歌えたらしい)

卒業式の時に下手花道でザックのお父さんが見ているのですが、にっこりして敬礼!
これが良かったです!!
それにしても自殺したシドが後ろでセリ上がるっていうのもねーー。
中途半端のような気がしました。

さて、工場へポーラを迎えに行ったザック・・・ポーラとともに銀橋でデュエット。
お姫様抱っこは???下手側に渡ったところでした(笑)

一緒に行っていたツレの突っ込み(爆)
「軍曹殿・・・殿はいらん! 軍曹がすでに敬語になっている」
などなど突っ込みどころは満載でしたが、映画とはまた別物としても楽しめました!!

柚希礼音さん、歌がかなり上手くなってきて、少し痩せたのが気になるけど、良い感じのザックでした。
ダンスが上手いので、見栄えは良いです。
今回はパレードの羽根は無しでしたが、ほーーお、そういう衣装になるのか!!
これもまたかっこいいです!

トップコンビと凰稀かなめさん、白華レミさん以下は若すぎる・・・
まだまだ芝居に雑さがみえる。
ベテランさんか抜けるのは惜しいなーー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。