こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝塚星組「ロミオとジュリエット」 7月26日
宝塚星組「ロミオとジュリエット」
2010年7月26日(月)千秋楽 梅田芸術劇場メインホール

シェークスピアの「ロミオとジュリエット」のミュージスカル版
初演は2001年フランス。
日本では「ウィーン・ミュージカル・コンサート」でのウィーン版、ルカス・ペルマンとマジャーン・シャキのドイツ語バージョンが少しは知られているかと思います。
日本初演が宝塚で、宝塚テイストも加えられたようですけどね。
歌もダンスもありで、振り付けは宝塚オリジナル。
「スカーレット・ピンパーネル」「太王四神記」「カサブランカ」に続いて、桜木涼介君も振り付けに入っていますね。小池修一郎さん御用達になったのかな・・・

モンターギュ・青とキャピレット・赤と色分けがしてあって、これは良いです!!
衣装も現代的で、Gパンにジャンパーのような(素材はもっとよさそう(笑))
装置も最低限のものを置いたようです。盆を使っていました。

「死」はオリジナルにもあったようですが、宝塚では「愛」も登場。
二人ともダンスのみてせすが、「死」と「愛」は隣りあわせで、最後には一緒になる。。。
「エリザベート」みたいですね!

それと・・・ロミオとジュリエットが結婚したことをみんなが知っている・・なんかでやねん!!

感想を言うと・・・良かったです!!

安蘭けいさんが抜けた後、歌がちょっと弱いかなーと思っていたのですが、
トップの柚希礼音さんはじめ、凰稀かなめさんもがんばっていました!!
涼紫央さんが・・・組長とレオン君をサポートして引っ張っている感じがしました。
それにのっかって、レオン君が自由自在に動いているかのよう・・・。

今回特に良かったのは、白華レミさんの乳母。
歌も芝居もばっちり!!

「死」をやっていたのが真風涼帆さんで・・・水夏希さんのトートにそっくり!!
「愛」は研ニの礼真琴さんがやっていたのですが、男役さんなのに「女役」
しなやかなダンスが良かった!!このひとなら・・・下級生で主役でも納得できそう(爆)

仮面舞踏会のところで見事なバトンをみせてくれたのが・・・後から聞いたのですが
鶴美舞夕さん!下村尊則さんも顔負け?なバトンさばきでした!!

ロミオの柚希礼音さんは歌がかなり上達しましたね~~
でも痩せて・・大丈夫?
ジュリエットの夢咲ねねさん・・・見栄えは良くて、かわいいのだけど、
歌が・・・もう少し良かったら・・・
ティーボルトの凰稀かなめさんは、前回の「ハプスブルグの宝剣」「ボレロ」では歌が危ない。。。と思っていましたが、今回は声と音域が合っていたのか、なかなか良かったです!!

組長の英真なおきさんや専科の一樹千尋さんはしっかり脇を固めていて、ほぼ半分の人数ではありましたが、
迫力もあり、良かったです。半分だったから良かったのかも・・・

カーテンコールでもノリの良い「世界の王 (Les Rois du monde)」で盛り上がりました!!
「AIMER」はそのままフランス語読みで「エメ」となっていました
ドイツ語は「リーベ」でしたね。
「愛」にしてしまうと・・・
宝塚には「愛・愛・愛 ♪」の「愛あればこそ」(「ベルサイユのばら」)がありますからね(笑)
だめかな。

この後8月は博多座公演がありますね。
今回3階席から見ましたが、高いところのシーンや、ロミオとジュリエットの最期のシーンも良く見えました。

さてさて、この作品。来年は宝塚と東京で雪組公演として、フィナーレもつけたり改定して上演されるとか。
ロミオに音月桂さんでトップお披露目。
娘役トップはおかずに、ジュリエットはWキャスト、舞羽美海さんと研一の夢華あみさん。
研一にヒロインをさせるのですね。
どれだけお上手な方なのか・・・新人公演の映像と写真を見ましたが。。。この人がジュリエット?
冗談は顔だけにしてくれ!!と言いたかった。
劇団はどうしてもこの研一さんを、娘役トップにしたいらしいですね。

万引き捏造裁判にも関係していると言われるこの研一さん。
果たしてどうなるのでしょうね~~~
宝塚も所詮は「劇団」
でも、ファンを敵に回すと、こわいよ^~~
余談ですみません。

今も「世界の王」が頭の中ぐるぐるしています(笑)
スポンサーサイト
「アリバイのない天使」大阪 7月25日
「アリバイのない天使」
2010年7月25日(日)千秋楽 サンケイホールブリーゼ

結局のところ、いつものパターン・・・初楽観劇(笑)となりました
「アリバイのない天使」

今回は・・・ちょいと疲れモードでしたので、あちこちで記憶を失っていました。。。
ああ、もったいない!

専務の汚職の罪をかぶって懲戒免職になってしまう元サラリーマンの坂本君演じる「西村」君。
自分を陥れた専務・田中(綜馬さん)のやったことを突き止めようと尾行して、飛び込んだのは「アリバイ屋」
「アリバイ」を作る会社のようですね。
一癖もふた癖もある社長とスタッフ・・
風間君の役名が「多田雅史」ただまさし・・「さだまさし」のもじりかよっ!(笑)
この多田君、実は会社とつながっているカフェの店長?でもあったりする。
あっ・・・都合上女装も出てくるけど、これがまたかわいい!!
愛華さん演じる五十嵐はここのスタッフのトップのようで、アリバイ用のシナリオを作ったり
いざとなると頼りになるスタッフ。

西村も自分も依頼したいというのだが断られてしまう。は実は失業したことを母親に言えずにいたのだ。
ひょんなことで「アリバイ屋」のスタッフとして働くことになり、
アリバイのための「演技」の練習があったりする。
そんなところに、拳銃所持容疑の松本(菅原さん)とか刑事の林(植本さん)・・トレンチコートを着ている、も入り乱れていた。
社長は松本を逃がすが、林も旧知の仲らしい。林の「髪」はかつら。。。鬘とったら「植本さんやっ!」
専務の田中が依頼したのは・・娘(安倍さん)の素行調査??
その娘はキャパ嬢らしく、ばれるのを阻止するためアリバイを頼んでいる。
その友達(田嶌さん)もアリバイ作りの依頼のために来店していたりする。
アリバイ屋の社長は黒川(久ヶ沢さん)。会社に入ってくると帽子を投げて帽子掛けにかけようとするのだが、
初日はかろうじてかかって落ちたけど(拍手あり)、千秋楽は失敗。
なぞのお客「滝川さん(横山さん)」は余命いくばくもなく・・・留守番をしていた西村に自分の「未来」でもある携帯電話を託すのだが・・・

専務の田中は娘を自分のお気に入りの社員と結婚させたいらしいが、西村も知るその男の素行もよくないらしい。
娘はその男とは結婚したくないので、西村を恋人に仕立てていた。
田中は西村が娘と別れたら、会社に戻れるように口利きしてやろう。というが
西村はそれを断り、「娘さんとは別れます。その代わり嫌な結婚はさせないでください」という。
「わかった」と去っていく田中。

滝川さんは実はスタッフで、社長命令で西村の力量を試していたらしい・・・
田中も娘に嫌な結婚は強要しないと言ったらしい。

そんなネタばれがあったあと、みんなで飲みに行くことになったのだが、
「一人にしておいてください」という西村に「きたくなかったら来なくていい、あっ明日からもだ」
と・・・
そこで西村が母親に電話をすると、母親は気づいていた。

せりふは多少違っているのと、ちょっいとそれ違う・・かもしれないけど、こんなニュアンスと思ってください!

「天使」が何だったのか・・・うーーん、突っ込むと突っ込みどころ多彩なのだけど、
トレンチコートを着ている刑事たちって。。季節はいつ?若い子達はキャミのワンピースだし・・夏??
などと季節感が良くわからず。
そんなことも「笑い」のネタにしてしまっているようでもあります。

とにかく・・・テンポが良いし、「間」が良い!
突っ込みどころも「まっいっか」と思わせてしまう(笑)

今回は社長のいい間違いとか、松本が倒れて、棚にぶつかったり。。。
いろんな「ハプニング」もクリアーして、アドリブも多かったのだろうなーー(笑)

初日に感じた「坂本君が何をやっても笑って反応する」観客にはちょっと引いてしまったが
(えっ、ここって笑うところ??)今回はそんなのもなく、笑えるところは笑い、シリアスなシーンはシーン・・(しゃれではない(笑))
あっ・・携帯電話、鳴っていたよ~~~~^
多分、舞台側でも客の反応の手ごたえを感じていたのではないかな。

とにかく、芝居がうまい人ばかりで、楽しい舞台でした!!
坂本君・・・ちょっとよれたスーツ姿も良かったよーー!!

綜馬さんも会社では腹黒く、娘に対しては厳格だけど実は心配している父親が出ていたと思います。
今までないタイプ?の役だったと思いますが、
これからももっと新しいタイプの役に挑戦して欲しいと思います!!

やっぱり社長・黒川の久ヶ沢徹さんが・・・気になったよーーーー!!

〔作・演出〕G2
〔出演〕
坂本昌行、愛華みれ、風間俊介、安倍麻美、久ヶ沢徹、植本潤、菅原永二、田嶌友里香、
鈴木綜馬、横山めぐみ(敬称略)
「ディートリッヒ」のCD
少し前にお友達に教えていただいたのですが
「ディートリッヒ」のCDが、和央ようかさんの公式サイトで販売されているとのこと。


WEB限定販売ですが、ファンクラブの非会員でも買えます。
ライブ版の「歌」だけです。

冒頭から・・・「李香蘭」?、ナチスのところも「李香蘭」の関東軍?
途中には「ミス・サイゴン」のドラゴンダンサー・・だっけ?
な曲もありましたが・・・
綜馬さんの「階段が・・・降りたわ」も入っていました(笑)
2011年の帝国劇場ラインアップ
東宝のHPにはまだ出ていないようなのですが、
地元のスポーツ新聞に載っていました~~~

2011年帝劇開場100周年記念公演

1月    「新春滝沢革命」(滝沢秀明)
2月~3月 「SHOCK」(堂本光一)
4月~6月 「レ・ミゼラブル」(山口祐一郎、別所哲也、吉原光夫、今井清隆)
6月~7月 「風と共に去りぬ」(米倉涼子、寺脇康文、紫吹淳、岡田浩暉)
7月~8月 ミュージカル「三銃士」(井上芳雄、橋本さとし、石井一孝、岸祐二、瀬奈じゅん、山口祐一郎)
9月    「DREAM BOYS」(亀梨和也)
10月   「細雪」(高橋恵子、賀来千賀子、水野真紀、中越典子)
11月   ミュージカル「ニューヨークに行きたい!」(瀬奈じゅん)
12月   ミュージカル「ダンス・オブ・ヴァンパイア」(山口祐一郎)

「風と共に去りぬ」はストレートプレイです。

「レ・ミゼラブル」はスペシャルキャストの日程も決まっているようですが、
2005年の全員集合じゃなくて、2007年の切り売りのような気がしますね。
ミュージカル「三銃士」
もう一つ『来年』の公演
ミュージカル「三銃士」

2011年7月17日~8月26日 帝国劇場

ダルタニャン井上芳雄
アトス、橋本さとし
アラミス、石井一孝
ポルトス、岸祐二
ミレディ、瀬奈じゅん
リシュリュー枢機卿、山口祐一郎
アンヌ王妃、シルビア・グラブ
コンスタンス、和音美桜
ロシュフォール、吉野圭吾
バッキンガム公爵、伊藤明賢
ルイ13世、今拓哉
役者/ジェームス、坂元健児

東宝公式

また豪華なキャストですね~~~
楽しみです!!
「レ・ミゼラブル」キャスト発表
来年の話で、また鬼が笑いますが(爆)
「レ・ミゼラブル」のキャスト発表されましたね!!

バルジャン・・・山口祐一郎、別所哲也、吉原光夫
ジャベール・・・石川禅、岡幸二郎、今拓哉、KENTARO
ファンテーヌ・・知念里奈、新妻聖子、和音美桜
エポニーヌ・・・笹本玲奈、ジェニファー・ペリ、平田愛咲
テナルディエ・・駒田一、三波豊和
アンジョルラス・上原理生、阿部よしつぐ
コゼット・・・・神田沙也加、中山エミリ、稲田みづ紀、折井理子
マリウス・・・・山崎育三郎、原田優一、野島直人
マダム・テナルディエ・・森公美子、阿知波悟美

帝劇100周年スペシャルキャスト 
ジャベール、鹿賀丈史
ファンティーヌ、岩崎宏美
エポニーヌ、島田歌穂
マリウス、石川禅
アンジョルラス、岡幸二郎
司教、林アキラ
テナルディエ、斎藤晴彦
マダム・テナルディエ、鳳蘭
バルジャン、今井清隆

えーーーっと・・・・
何だかテレビと東宝「御用達」の方々ですか・・・
新人が育つ公演ですから・・とはいえ・・ふーーんなキャストも。
元劇団四季の吉原光男さん!!出てきましたね~~
KENTAROさんと野島直とさんが嬉しいです!!
それとスペシャルの林アキラさんの司教様!!
待っていたよ~~~~!!

アンサンブルさんたちは・・・「見えない」のですみません。


東宝公式
不気味な荷物
先日「代引き」で荷物が届きました。
父が受け取り、代金も払っていました。

しかし・・・・
こんなの注文してない!!!

しかも住所が違うし・・・もちろん電話番号も違う。
住所は、郵便番号で検索できるけど、番地はありえないものだった。
父も「住所が違うけど・・・・」
だったら受け取るなよーーー!!!
ったくもーーー。

「代金引換(代引き)」で頼んだものや「着払い」は
「荷物がくるから」と代金をおいておくのだけど・・・

出荷主に電話して注文していないこと、住所と電話番号がでたらめである旨を伝えたところ
「着払いで送ってください」とのこと
代金は振り込んでくれるらしい・・・

運送屋さんで聞いたところ
「たまにありますよ」って・・・・

代引きだから、単に「いたずら」か「いやがらせ」???
住所がでたらめなのはカムフラージュか単にいたずらなのか。

代金は指定した口座に振り込まれましたが、
「振り込め詐欺」ではありませんが
返品しても、もしかして注文した時のメールで
振込先を変更していたら?と心配になり、出荷主さんへ電話しました。
「私はメールでは対応しないので、ご承知下さい、お願いします。」

出荷主さんは「すみません」と言ってくださいましたが、
出荷主さんのせいではないし、こちらも受け取ってしまったのでいけないのですが
不審な荷物は受け取らずに、そのまま持ち帰ってもらった方がよさそうですね。

うちの親父も・・・・世間知らずと言うか、危機感がない!!!
「これからもあるかもしれないから・・・・」と釘をさしておきました。

私は手相占いによると、「味方も多ければ敵も多い」

新手のいやがらせか何か/??
不気味じゃ~~~
訃報 つかこうへいさん
先ほどヤフーのニュースで
つかこうへいさんの訃報を知りました。

宝塚雪組の愛原実花さん・・・娘さんのラストステージまではと思っていましたが・・・
「銀ちゃんの恋」も再々演されるのに・・・残念です。
演劇界に多大な功績を残されましたね。
ご冥福をお祈りします。

みなこ~~~がんばれ!!
視界、爽快!
今年になってから車のワイパーの調子が悪い・・・
拭き取りこぼしが多くなってきて、梅雨時はワイパーなのか、水滴増やしているのか??
な状態でした。

いつもついつい忘れてしまうのですが、やっと車道具やさんへいってきました。

ワイパーブレード交換の目安は1年だったかな?
うーーん、換えてないからブレードごと交換にしました。
「交換無料」
と書いてあったけれど、自分で交換できるからいいやと思いつつ、レジへ。
レジでも「無料で交換できますよ」と言われて、使い古しをまた持ってこなくてはいけないし・・
「お願いします。」と交換してもらいました。

おにーさんが、ブレードの長さを確かめてササッと交換してくださいました。
お礼を言って、店を出たら雨がポツポツ。
早速動かすと・・・
「おおーーー!!すごい!!」
視界爽快!!!!

今まで、いかに見えにくかったか・・・
安全運手のためにも、早めに交換したほうがいいよね~~~。
鈴木綜馬さんのブログ
お友達から教えていただきましたが、
鈴木綜馬さんのブログが見られるようになりました!

まだ書き込みはありませんが、ひとまず復活とみて良いでしょうかね~

追記
綜馬さんからの書き込みがありました!
鈴木綜馬ブログ
ミュージカル「COCO」 再演
ミュージカル「COCO」の再演詳細が決定したようです

【出演】
鳳蘭、彩吹真央
岡幸二郎、大澄賢也、今陽子、鈴木綜馬
大木智貴、後藤晋良、篠原正志、島田邦人、横山敬
今村たまえ、遠藤瑠美子、小野妃香里、逢生 英里、吉元美里衣

【演出・翻訳・訳詞】G2

東京 2010年12月3日~19日 ル・テアトル銀座
大阪 2011年1月9日~10日  シアターBRAVA!
兵庫 2011年1月12日    兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

詳細は
「COCO」公式サイト
にて

ノエルとアンサンブルさんが変更のようですね。
彩吹真央さん、舞台が次々決まっていきますね。

先日「グローブ座」で次の舞台の宣伝映像が流れていましたが、
だんだん「女」になっていきますね~~
「COCO」の頃には・・・どうなっているでしょう^~

また楽しみですけど、12月と1月
「モーツァルト!」とちょうど東京・大阪で重なりますね~~~
どちらも見に行けるかな・・・・
「アリバイのない天使」
「アリバイのない天使」
2010年7月3日(土)初日 東京グローブ座

鈴木綜馬さんが出るストレートプレイ。
「おもしろい」ってな触れ込みでしたが「歌わない」綜馬さん・・どんなんかんなーー

ちょぅど東京に来る予定をしていたので、初日が取れたので行っててきました。

約2時間ノンストップ!

「(内容は)いわないでください」ということなので書きませんが、
役者さんの「はずれ」はないです。
綜馬さんの役は・・・・いままでの『舞台』ではちょっとないタイプかな。

劇場が小さめなのでマイクなし。床のマイク(バウンダリーマイク)はあったかもしれない・・・

予測できそうで、予測はずれの楽しさ。。。どんどん引き込まれていきました。
飽きずに楽しかったです!

Ⅴ6の坂本昌行さんが主演だからか、客席の反応も、ここでこう反応するのか、
と思うとそれも楽しかったです(笑)
さりげに・・・久ヶ沢徹さんが気に入りました!!
風間俊介君、なかなかやるねーー。
愛華みれさん、お元気になって良かったよーー
植本潤さん・・・・えっ・・・この人・・・だよなーー(笑

〔作・演出〕G2
〔出演〕
坂本昌行、愛華みれ、風間俊介、安倍麻美、久ヶ沢徹、植本潤、菅原永二、田嶌友里香
鈴木綜馬、横山めぐみ(敬称略)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。