こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「オペラ座の怪人」のネットラジオ
劇団四季のHPに出ている「オペラ座の怪人」のネットラジオ・・・
お友達のところで「高井さん登場」を知り聞いてみました・・・・
だはははははは。笑える!!!

でもうちのパソコン、途切れるのですよ~~~
何とかせねば・・・・

こちらから・・・
オペラ座の怪人ネットラジオ
携帯からは聞けないかも・・・ごめんねごめんね~~~
スポンサーサイト
「オペラ座の怪人」 4月21日
劇団四季「オペラ座の怪人」
2010年4月21日 新名古屋ミュージカル劇場

レポも書かずにいましたが、3月末からほぼ週一ペースで・・イベント消化(笑)のため通っていました。
1週あいて、20日のリハーサル見学会には行けず・・・でも先週からキャスティングされていた
沼尾クリスティーヌが気になって・・・
前日予約で見に行きました。

劇場で会った友達から「高井さんが10周年だって」と・・・・
へえぇぇぇぇぇぇ知らなかった~~~~~
10年目になることはわかっていましたが、確か4月で・・・
と思っているうち、お茶の行事で気がそれていて、気が付きませんでした。
(ごめんねーー、それどころじゃなかったの)
そうでしたか~~~

高井治さん、おめでとうございます!!!

実は、この日は久しぶりの晴天で気温も20度以上になるとかで
うちにいて布団を干したかったなー、冬物も片付けなくては・・とちょっと後悔しながら
劇場に向かったのですが・・・
友達と共に「引き寄せられたかね~~」と来てよかった!!

客席には中学生か高校生の団体もいて、ざわざわしていましたが
「落札!」の後は静かになりました。

さて舞台は・・・
沼尾クリスティーヌ。表情が豊かですね。
高音も「楽に出している」感じがして、いいじゃん!!
と思っていたら・・・
「The Phanton of The Opera」で最後のトラベレータが左右の端が上下するのが・・・ん??
動かない??ファントム、つまずくし。。。
と思っていたら・・・ファントムとクリスティーヌが地下に来ても・・・
トラベレータが引っ込まないし、格子の壁は出てこないし、燭台も左右1対しか出てこない。。。
トラベレータが動かないんだ!!
と思っていたらぎりぎりのタイミングでオルガンは出てきました。
初めて見た人にはわからないかもしれないけど、
なんとも奇妙な「地下室」でしたわ~~~~~
ファントム、格子を下げようとしたら「ない???」と思ったのか??
動揺しているようでもあり、声がちょいと上ずっているのか単に絶好調じゃないのか・・・(笑)
格子によっかかっるところも「何か変」・・・・
最後の方にファントムが格子を下げるアクションでやっと出てきて、下まで降りてきました・・・
燭台は増えず・・・・・・・・
名古屋では初トラブル体験!!
その後、気になってね~~~~
裏方のでの作業の音も聞こえてくるし(笑)

後はたいしたトラブルもなく、2幕ではちゃんと格子もいつものように出てきました。

「The Phanton of The Opera」を「見ていて」今回は飽きなかった・・
というのもこのシーン、ファントムだけ歌っているのでどうしてもファントムに目が行くのですが
クリスティーヌの表情によって、「憧れていた音楽の天使のところに来たのだわ」と感じさせてくれる。
ファントムを「ええオトコやなーー」と思わせてくれるのですわ。
このあたりは宝塚の娘役が男役を色っぽい目で見る。
そうすることによって男役が「かっこいい」と思わせられるのです。
それに近いものがありましたね。
沼尾さんの演技に拍手でした。
仮面を剥ぎ取って、「怖いもの見た」あとの恐怖の表情や泣き崩れることで
「ほんとに怖いのね」と思えるし・・・
その後もどこかでファントムの影におびえているような・・・
またラウルもそれを「大丈夫だよ~~」と励ましているかのようです。

高井さんの歌が・・・時々走りすぎているようで・・・
「POINT OF NO RETURN」でもクリスティーヌとタイミングが合わないところもありましたが、
沼尾さんが合わせようとしていたようにも思いました。

ラストの「行けー!行ってクレー、お願いだーーー!!!」では久しぶりにドカンときまして、
ウルウルしていました。叫び方がいつもと違う~~~~~~ような~~~~

カーテンコールのときに、学生さんから「ラウルーー」の声が飛んでいて
そうだよねーー、かっこいいし勇敢だものねーー(笑)
何度も出てきてくれるので「わーー」やら「キャーー!!」やら
自分が忘れていた新鮮な反応に思わずにっこりしていました。

高井さんは決して調子がいいとはいえなかったけど・・(ってか調子いいときにあたっことが少ない!!)
それぞれが向き合っているというか、当然なのだけど、自分の役としての生き方が
「いい感じ」でとても満足できる舞台でした。

前回見たときは・・・クリスティーヌは高木美果さん。
歌は上手いけど表情が乏しいし、「ハンニバル」でのコーラスガールで歌っているときといないときとあり、
仮面を剥いで倒れこんでも泣かないので「何があったの?」だし
最後の地下室でも「哀願する」わけでもないし・・・とっととラウルと行ってしまうし・・
振り返りながらを良く見ていたので、えっそうなの??
何だか「いったい何がしたいの?」と突っ込みたくなるようなクリスティーヌで
好みといえばそうなのでしょうけど、あんまり好きなクリスティーヌでもなかったので
今回は大いに気に入りました!!

役者さんによって違う舞台にすらみえなくもない・・・それでも
「オペラ座の怪人」なのですよね。
今回は特に、舞台は主役だけのものじゃない。サブや脇役が、いかに自分の役をこなしていることで
成り立つかを実感しました。
アンサンブルって・・・大切ですよね。
主役さん、大事にしてあげてね。困ったときにしっかり密かに、サポートしてくれているのだよね。

他の日のレポはごめんね~~~
前方席で見た日があったのですが・・・ファントム、こっち見てる???
みつめちゃいやん~~な勘違い席(爆)
本とは見て無いてばよーーー!!!
近況
最近は情報提供が多くなっていますが、シャメ・ゴマとともに元気です

16日、17日とお茶の行事がありまして、「オペラ座の怪人」名古屋公演ではありませんが(笑)
10何年ぶりの地区担当でした。
「青年部」として参加しましたが、今回はお茶席の担当はなく、前回に比べると
準備段階も、当日も比べ物にならないくらい・・・・楽ではありました。
が・・・外での案内の人たちは、4月とはいえない寒さの中で凍えるようにして案内をしていました。
館内案内は、迷っていらっしゃる方には声をかけてどちらに行きたいかを聞いて、場所案内。
時には少し移動しながらの案内などしていました。
知らされていないことが多く、お客様にたずねられても即答できず、
聞きに行っている間にお客様がいなくなったり・・・その前に誰に聞けばいいかもたらいまわしされたり・・
休むところもなく、立ちっぱなしだったりしていました。

そうかとおもうと青年部以外からのお手伝いの人たちは、お茶やお菓子が出ていたところや、
何もしないで立っているだけの人、髪をだらりとしている人・・・(これもファッション??)
お見送り担当も、出入り口は一気に人が増え、送迎パスの案内、駐車場への案内の係は
声をからしていたにもかかわらず、ただ立っていた人もいたとか・・・・
青年部の扱いって・・雑というか、いいように使われただけ?
青年部はフットワークが軽いのと、臨機応変に対応できていたと思うのですけどね。

お家元ご一行様もいらっしゃって、案内に立っていたら声を掛けていただきました。
他のメンバーも同じお茶席に入ることができたりと良いこともありましたが、
「づがれ゛だーーー」
終わってから片づけを手伝っていたら「明日10時に」といわれて
「聞いてない・・・・」(心の声)
私は用事もあったので行けませんでしたが、一人行ってくださって、面目はたったようです
ありがとうございました。

一昨年からのひとまずの大きな行事は終わりました。
あとは毎年ある行事。協力して乗り切りたいです。
鈴木綜馬さんの7月の舞台
「アリバイのない天使」

東京 7月3日(土)~19日(月・祝) 東京グローブ座
大阪 7月22日(木)~25日(日)  サンケイホールブリーゼ

出演
坂本昌行、愛華みれ、風間俊介、安倍麻美、久ヶ沢徹
植本潤、菅原永二、田嶌友里香、鈴木綜馬、横山めぐみ
(敬称略)

作・演出 G2

チケット発売 5月22日(土)

東京 S席\8,500 A席\7,500 B席\5,500(全席指定・税込)
大阪 S席\8,500 A席\7,500(全席指定・税込)

詳しくは
こちら
クリエ・ミュージカル・コンサート
シアタークリエの6月公演
6月18日~27日

「M・クンツェ&S・リーヴァイの世界 ミュージカル・コンサート」

があります。
「マリー・アントワネット」
「エリザベート」
「モーッアルト!」
「レベッカ」
からの曲となります。

出演者が豪華!!!!
山口祐一郎、今拓哉、笹本玲奈(18,19,20,22,24,)、土居裕子(18,19,20)、涼風真世、山路和弘、新妻聖子(21,23)、シルビア・グラブ、一路真輝(19を除き出演)、石川禅。

スペシャルゲスト
サブリナ・ウェッカレン(「MA」ドイツ・ブレーメン公演マルグリット)
パトリック・シュタンケ(「MA」ドイツ・ブレーメン公演フェルセン)
井上芳雄(21日のみ)

アンサンブル
KENTARO、杉山有大、武内耕中山昇、松澤重雄横沢健司
石田佳名子、碓氷マキ、河合篤子、鈴木結加里、中村友里子、水谷祐紀

司会
村井国夫(18,21,23)、武岡淳一(19,20,22,24,25,26,27)
(敬称略)

5月22日一般発売開始、11,000円
出演者の組み合わせ等、詳細は
こちらへ・・・
クリエ・ミュージカル・コンサート

ACT1に「MA」、他はACT2になりますが、
これはかなり嬉しいコンサートですね!!
チケット取るの・・大変そうです。
初日のもよう
劇団四季のHPに「サウンド・オブ・ミュージック」初日のもようが出ています。
「サウンド・オブ・ミュージック」初日
携帯からは
こちら

今週のキャスト候補は綜馬さんと芝清道さんのWです。
「サウンド・オブ・ミュージック」初日
劇団四季「サウンド・オブ・ミュージック」
2010年4月11日、初日 四季劇場〔秋〕

いよいよ開幕しました、「サウンド・オブ・ミュージック」。初日を見てきました。
ドキドキしながらキャスト発表を待っていたら・・・

トラップ大佐 鈴木綜馬

やった!!!!

ひとまずの感想は・・・
うーーーーーーん、今ひとつ感動できなかった。

この作品・・・長いのよね~~~
それを無駄な部分をそぎ落として、テーマを絞ってきたように思いました。
ナチスとの関係、そして大佐とマリアの関係・・・
そのためかマックスとエルザの歌がなくなっていたり、
曲の入れ変えがあり「ドレミの歌」がマリアがトラップ家に来てすぐ、トラップ家の居間?で繰り広げられたり・・・
ここで子ども達の心をつかむのですが、リーズルだけは・・・なかなかなじもうとしていなかった。
このリーズルがマリアをだんだん受け入れていく過程はかなり省かれた感じ。
マックスは「ベルリンからの電話」を何度も受けることにより、ナチスといい関係をもちつつあるようで、
そのマックスとも親交があるエルザもまたナチスとの親交があるとでも取れるようになっていたかと思います。
すっきりしているといえば、そうなのだけど、話としても無理は無く繋がっているし
これはこれでいいかも。

「サウンド・オブ・ミュージック」は舞台より映画を見ている人が多いと思いますが、
私も「スイセイ」に次いで2公演目となりました。

アンドリュー・ロイド=ウエバー氏の演出?プロデュース?
ということで四季も版権を強引にでも買ったのかな・・・・


以下ネタばれあり

[「サウンド・オブ・ミュージック」初日]の続きを読む
朝もはよから
井上ひさしさんが亡くなられたとのニュースを携帯から見ました。
昨年の「組曲虐殺」を見に行けなかったことが、少し悔やまれますが、どこかでなにかを諦めなくてはいけない、それを受け入れつつある去年ではありました。
井上芳雄君が小林多喜二を演じて好評だったとのこと。井上ひさしさんの故郷山形でも上演されたのは、何か予感があったのか、わかっていたのか。

また一人、舞台人が旅立ちましたね。

ご冥福をお祈りします。
「サウンド・オブ・ミュージック」
劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」
初日を前にした公開稽古の模様が「製作ブログ」に出ています。
製作ブログ

鈴木綜馬さんのトラップ大佐の写真と動画も出ています。
綜馬さん・・・なかなか良いですね~~~
念願(だと思いますが)の「サウンド・・」出演、感無量なのでしょうかね。
いろいろあるかと思いますが「夢」をひとつかなえられたのではないでしょうか。

動画を見ながら、自分達がやった時のことをあれこれ思い出し、思わず涙が出てきました。
前回見たのは「スイセイミュージカル」によって上演されたものでしたが、こちらも年々練られてきて、また見たいと思っていたところに版権切れか、いつしか四季が上演権を握っていました。
スイセイ版もよかった!!
四季はアンドリュー・ロイド=ウエバー氏の演出版になるようですが、どうでしょうね。
そして、綜馬さんはいつ出るのか・・・(@_@;)
めざましテレビで「サウンド・・・」
フジテレビ系の「めざましテレビ」で「サウンド・オブ・ミュージック」の稽古場風景画出るということで
録画して見ましたが、「新入生」ということで子役ちゃんたちとマリア役の井上智恵さんが映っていました。
綜馬さんは映っていなかったのですが、「ディートリッヒ」大阪公演に向けていたかも。

子ども達に「将来何になりたい?」との質問に「俳優!!」
最年少の子役ちゃんにインタビューしていましたが・・・
あのーー、しっかりしているというか・・・何だかね~~~子どもっぽくなくてかわいげが無いのですよ。
大人たちの中で「お仕事」しているからでしょうか・・・・
訃報
巨人の木村拓也コーチ、残念ながら亡くなられました。
ニュース番組でもトップニュースで流れていましたが、人柄がしのばれます。
今日の試合は、巨人軍は全員黒のリボンの「喪章」をつけての試合。
相手の阪神にも喪章をつけていた選手もいました。
ご冥福をお祈りします。

くも膜下出血は動脈瘤が破裂するらしいのですが、なぜ動脈瘤ができるかは解明されていないのだそうです。
「遺伝」という見方もあるようです。

そんなニュースの中、お友達のお母様も亡くなられたと・・・・
詳しい話は聞いていないのですが、歳の順とはいえ寂しいですね。

ご冥福をお祈りします。
めざましテレビに「サウンド・オブ・ミュージック」
すでに遅いかも・・・
明日(もう今日だ!!)6日のフジテレビ系、「めざましテレビ」で
劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」が紹介されるとのこと。
予定では7時台。
「キムタク」コーチ、がんばれ!
最近気になっていることのひとつに、巨人のキムタクこと木村拓也コーチ。
練習中にくも膜下出血で倒れて、まだ意識不明で危険な状態が続いているとか。

母と同じくも膜下なので、気になっています。

人望厚い人と聞いていますが、各方面からも激励が送られているようですね。

人によって状態も違うので、母はだめでしたが、何とか復活して欲しいです!

がんばれ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。