こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鈴木綜馬さんが劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」に客演
次の舞台は~
劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ大佐のようです。
詳しくは劇団四季のサイトまで
携帯からは
こちら
http://shiki.jp/index.html
パソコンからは
劇団四季HP

綜馬さんが大好きな「サウンド・オブ・ミュージック」。
トラップ大佐は「歌が少ないから~」なんておっしゃっていましたが、やっぱり嬉しいようですね。

私も劇団で携わったことがある作品なので、同じ作品に出られることは嬉しいですが、ワタナベを一時離れて四季ですか~
ちょっと複雑な心境でもあります(-.-;)
スポンサーサイト
『モーツァルト!』キャスト
「モーツァルト!」のキャストが出ました。

ヴォルフガング・モーツァルト(Wキャスト)
井上芳雄、山崎育三郎

ナンネール / 高橋由美子

コンスタンツェ / 島袋寛子(SPEED)

ヴァルトシュテッテン男爵夫人(Wキャスト)
香寿たつき、涼風真世

コロレド大司教 / 山口祐一郎

レオポルト / 市村正親

セシリア・ウェーバー / 阿知波 悟美

アルコ伯爵 / 武岡淳一

シカネーダー / 吉野圭吾

〔男性アンサンブル〕
安部誠司、大谷美智浩、小野田龍之介、小原和彦、
片根暢宏、KENTARO、杉山有大、砂川直人
高原紳輔、寺元健一郎、松澤重雄、港 幸樹、
森田浩平、森山大輔、山名孝幸

〔女性アンサンブル〕
秋園美緒、池谷祐子、石田佳名子、碓氷マキ、
樺島麻美、後藤 藍、鈴木結加里、徳垣友子、
名児耶ゆり、華城季帆、穂積由香、三木麻衣子
(敬称略)

アンサンブルさんが「エリザベート」と重なっている人がいないかな?
ヴォルフガングに山崎育三郎君ですか・・・
優しそうだけど、化けるかな。

コンスタンツェは・・・そうですか・・・
成長を期待したいです。
『春のケーキ・・・』 シャメとゴマのおばかな毎日、その134
シャメとゴマのおばかな毎日、その134
『春のケーキ・・・』

先月、東京に行った時。
コメントを下さるちっちさんとAさんとお茶タイム。
いろいろあって悩んだ末にイチゴがたくさんのっているケーキを頼んだら・・・・

cake201002-1
シャメ「あれ?写真と違う!!」
ゴマ 「イチゴがない!!」
ウエイトレスさんに「写真と違う」といったところ
「こちらがイチゴシフォンです」
・・・・・

cake201002-2
シャメ「ホンマにこれやったんか?」
ゴマ 「もっとイチゴとクリームがのっていたもん!!」
謎だーー
ゴマ 「これ、おいしいよーー」
シャメ「うん。上手いで」

帰りがけに謎が判明。
「イチゴシフォン」と「イチゴシンフォニー」と間違えていた・・・
シャメ「まぎらわしいっちゅーに!!」

ちっちさんとAさんに心配掛けてしまいました。
ゴマ「ごめんねごめんね^~~」
写真も撮ってもらって
シャメ・ゴマ「ありがとう!!」

帰りの新幹線は・・・
少し早いのに変更して、ポイントもたまったので「グリーン車」
cake201002-3
シャメ・ゴマ「快適!!」
でも爆睡(笑)
『お茶を一服』 シャメとゴマのおばかな毎日、その133
シャメとゴマのおばかな毎日、その133
『お茶を一服』

仕事が一段にしたのでお抹茶を一服
シャメ「きれいなみどりで上手そう」
ゴマ 「色が3つあっておいしそう」
シャメ「ん???」
ocha-1

シャメはお茶、ゴマはお菓子に目が行ったようです(笑)

ocha-2
シャメ「ちょっと苦い・・・」
ゴマ 「おだんご、美味しいよ~~~シャメ君、お菓子を食べてから飲むんやよ(飲むのよ)」
シャメ「あっ、そうか」
珍しくゴマが教えていた・・・
ゴマはお菓子が目当てだもんね
ゴマ 「お菓子、美味しいよーーー」

3月に京都で行われるお茶の青年部の全国大会。
プレ行事として「わたしの一碗」運動があります。
どなたかにお茶をふるまうってな運動ですね。
仕事に手伝いに来てくれた、いとこと父に一服ずつ。
お菓子はいとこが買ってくれました。
投稿しようかと思ったら、写真はいやだって言われたから、シャメとゴマに「代理」してもらったけど、
やっばこんなん投稿したら・・・まずいよな~~~
ということで、こちらに登場しました。
『ウェルかめ』 シャメとゴマのおばかな毎日、その132
シャメとゴマのおばかな毎日、その132
『ウェルかめ』

NHKの朝と昼の連続ドラマ「ウェルかめ」
シャメとゴマはオープニングのかめ「かめっ太くん」がお気に入り。
人形アニメのようなのですけどね。
とっことっこ歩くところと、階段から落ちそうになるところ、
電車・・・いや汽車かなに座るときにちょっと飛び上がるようになるところ、
ベンチでウトウト寝ていて、はっとするところ。
そして山か丘のてっぺんについて、目を丸めるところ・・・などなど

welcame-1
ゴマ 「かめったくん、かわいいねーー」
シャメ「ゴマに似ている」
ゴマ 「えっ、ほんと???」喜ぶゴマ
シャメ「ちょっと抜けていそうなところ・・」
ゴマ 「きゅ~~~

で、オープニングが終わると・・・
welcame-2
ゴマ 「終わったで(終わったから)、遊びに行こうよ」
シャメ「おっしゃ、行こう」
って・・・本編は見ないンかい!!

「ウェルかめ」・・・話っていうか主人公のアニメ声に違和感があって、
今ひとつで、ありえねーー!なこともありましたが、まぁ「ドラマ」ですから(笑)
もうすぐ終わりますね。
次は「ゲゲゲの女房」。漫画家、水木しげるさんの奥様が主人公ですね。
朝も8:15~が8:00~になるとのこと。
年々視聴率が下がっていますが、この時間別の局を見ている人・・・多いでしょうね。
8:00にしても変わり無いと思うのだけど・・・・
ミュージカル「MITSUKO」上演決定
音楽家フランク・ワイルドホーン氏の作品を集めたコンサート「Frank & Friends/MITSUKO」が開幕しましたね。
中でも「ミュージカル『MITSUKO‐~愛は国境を越えて~』"-コンサートバージョンでは安蘭けいさんがMISTUKOを演じておられますが、その安蘭けいさん主演で、ミュージカル「MITSUKO」が2011年春、小池修一郎さんの演出で上演が決まったようです。

2005年12月にUwe Kroeger(ウヴェ・クレガー)さん、一路真輝さん、井上芳雄さんの出演でウィーンでコンサートバージョンとして上演されましたが、本公演はこれが初めてなのでしょうか?

光子・クーデンホーフ=カレルギー
この名前を知ったのはNHKのドキュメンタリー。
その後、大和和紀さんのマンガ「レディーミツコ」でおおよそのことを知ることになりました。
オーストリア皇帝、フランツ・ヨーゼフⅠ世と会話した唯一の日本人だとか。
「エリザベート」とも会話していたのかも知れませんね。
息子のリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー氏は{汎ヨーロッパ主義」を主張し、EUの父とも呼ばれ、映画「カサブランカ」のヴィクター・ラズロのモデルとも言われているそうです。
「カサブランカ」は宝塚でミュージカル化されていますね。
関連を調べていくと「エリザベート」「カサブランカ」・・小池修一郎さん、宝塚、ミュージカルとどんどん繋がっていきますね。

それにしても・・来年の春????
鬼もまた大笑い!!
「モーッアルト!」のキャストはまだかな・・・(爆)
鈴木綜馬さん、いずこへ???
鈴木綜馬さんのブログが見られなくなりました。
前日の書き込みでは5月まで今までの所属を離れて、6月から復帰しますとのことでした。

1日もたっていないのに消されてしまっては。。。心配になりますよね。
ひとまず、報告まで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。