こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瀬奈じゅん ラストデイ・・・夢のような一日
宝塚月組、主演男役の瀬奈じゅんさん。
12月27日で宝塚を「卒業」されました。

それほどファンではなかったのですが、最初に気になったのは「奇跡」・・・
さだまさしさんの「奇跡」で携帯の着メロで検索していたら「SENA!」(宝塚)でひっかかって
その頃は宝塚もそこそこ見ていたので、
「えっ??瀬奈じゅん??なんでやねん!」
コンサートで歌っていたのですね~~~~あとは友達が好きだったので・・

中日劇場公演「あかねさす紫の花」で最前列を取っていました。
が・・・「今、あさこ(瀬奈じゅん)に夢中なの」という友達に譲りました。
見た後、涙を流して感激していた姿を見て「譲ってよかった!!」

そのあとも、いけるときは見に行っていました。
「ME AND MY GIRL」で相手役の彩乃かなみちゃんが退団して、相手役をおかず退団まできました。

「グレート・ギャツビー」はチケットが取れたので、そして星組「スカーレット・ピンパーネル」と合わせて見に行きました。
白い背中が・・・かっこいい!!!
それまでコメディタッチが続いていたので、よけいかっこよく感じたかも。

「エリザベート」は何となーく影が薄く、なんだかやる気、あんまり無いんじゃない?と感じていました。

そして最後の公演「ラストプレイ」「Heat on Beat」・・・
宝塚大劇場に見に行ったとき・・・ショーで視線がこっちに来た!!こういうときに嵌るんだろなーー!!!
東京行き決定(爆)
「ラストプレイ」も派手さは無いけど、「送る」作品としてはじんわりと心にしみてきて
終わったときには涙涙。あさこさん、かっこいいよーーー!!!
霧矢大夢さんのムーアが「聞かせてくれ・・・」とフラッシュバックでしゃべったのと、舞台上一人で見送る姿に振り向きもせず走り去るアリステア瀬奈さん。このシーンだけでも十分でした。
ショーでは「ダンサー瀬奈じゅん」の魅力たっぷり。
一人で踊るシーンはすごかった!!

このシーン、東京では客席が息をのんで見ていたのか、なんともいえない緊張感というか空気がピンと張っていました。シーンと静かなのです。

さて、ラストデイ。朝も早よから「入り待ち」
オールドタイプのロールスロイスに乗って登場。
白いシャツとパンツとロングコート。
ファンが待ち構えるところを回っていたものの、途中で方向転換・・その先のファンは???
入り口ではアフロヘアー、黒塗り、瀬奈さんの役の写真がプリントされたTシャツを着た組子さん3人に
「騎馬戦」型に担がれて、ファンからの「お言葉」聞いて、その場で一回りしてアーチの向こうに消えていきました。
asako20091227
劇場内では、先ほどと同じ格好の組子さんたちがお出迎えしていました。

その後、ラストデイ中継会場の映画館に向かい、そこで最後の公演を見ていました。
画像は良いし、アップはふんだん!!いつもとは舞台の見方は違うけど、見逃したところも「見せて」くれます。
とはいえ・・早朝からの「待ち」のため、「ラストプレイ」は・・・・ごめんなさい~~~。
心地よさに
ショーからはしっかり見ていましたよ~~~
そしてソロダンス、中継元の劇場の客席では息を殺してみているのではないかという雰囲気が伝わってきたような気がして、映画館内でも、多分、同じ気持ちで見ていた人が多かったのでは。
中継とはいえ、劇場と同じ雰囲気を味わえたような気がしました。
1幕2幕ともラストで泣けたーー

サヨナラショー前に組長さんが瀬奈さんの紹介をしている時に目から涙がこぼれていて、もらい泣きしそう・・・
サヨナラショーのラストはやはり「奇跡」・・・・
生ではないものの、ライブで聞けた事、そして瀬奈さんがこの歌を大切に歌い続けてくれていたようで。
さだまさしファンとしても嬉しい瞬間でした。

最後の公演で「はまった」ようで(笑)ラストデイに「間に合った!」
一日、入りまでの時間も意外に短く感じ、ほんとうに夢のような一日(眠い・・・(爆))でした。

安蘭けいさんの時も同じように一日で、遠くからお見送りもしましたが、
今回はお見送りは諦めて帰りました。

相手の娘役をおかなかったのは、サヨナラショー前のお手紙で
「最強の娘役」といっていたので、彩乃かなみちゃん以外は置きたくなかったのでは・・・
良いコンビでしたものね。あさこさんも、もっと早く辞めたかったのかなーー。

男役が好きで、自分なりの男役を極め卒業していかれた瀬奈じゅんさん。
芝居も上手かった!コメディでの間の取り方は抜群だった!
最後まで、月組を気遣って、霧矢さんを引き立てていましたね。
組長の越乃リュウさんも、胸いっぱいで言葉が出てこないようでした。
トップより下級生の組長さんは、私は初めてでしたが、組長らしかったです。
もう少し、「男役・瀬奈じゅん」を見ておけばよかったかなー、あとはスカイステージででもいいかな。
ご卒業、おめでとうこざいます!あさこさん、かっこいい!!!!

ちなみに「奇跡」は同期の貴城けいさんもサヨナラショーで歌っていて、
今トップの大空祐飛さんも歌われたらいいなーーと友達としゃべっていました(笑)

「どんなにせつなくても、必ず明日は来る ながいながい坂道のぼるのはあなたひとりじゃない。」
発売当時、自動車のCMにも使われていましたので、聞いたことアル人は多いかも。
私も自分への応援歌として、時々聞いて、歌っています!!
スポンサーサイト
「パイレート・クイーン」千秋楽 12月25日
「パイレート・クイーン」
2009年12月25日東京千秋楽 帝国劇場

初日、次の日、そして楽の3回目の観劇となりました。
まとまりは十分に出てきて、舞台からりパワーも感じられました。
曲も好きです。アイリッシュダンスもすごいです。
役者もはずれがないです。
涼風真世さんは今回は、スカートを翻した時に足が見えるという品のなさ以外は、今回は良いかなと思いました(アニメ声は必要ないと思うけど・・)
グレイスとのデュエットで初めは影が薄かったグレイスの存在感が出てきました!!

アイリッシュダンスもいいですね。
「宙に浮いている感じ」なのだそうですけど、なるほど・・・
ここにきて、エキスパートグループとアンサンブルグループの「差」が歴然と見えてきました。
エキスパート、特にタカ・ハヤシさんはアンサンブルにまぎれていても目が行くのです。
上半身が安定していて、ダンスの時はぶれないのですよ。
アンサンブルさんの中には、上半身も動いていて、「美しくない」方も出てきました。
コーラスはいいです!重みも増したように思いました。

どこが・・良くないと思ったか・・・
アイリッシュダンスは、ミュージカルの中に組み込むには、ちょっと「くどい」と感じたところもあり。
小道具の「剣」が、アルミホイルを巻いたんじゃない?(爆)とおもえるようにちゃっちぃ・・・
話にあれこれ詰め込みすぎて、グレイスがとらわれたあたりの辛さはわからない・・・
ティアナンと息子に会える日まで耐えると歌うけど、生まれたばかりの息子と引き離された辛さや、裏切った夫のことは何も語られない。
このあたりが「山」になりそうでならなかったところかと。

そして・・・「山口祐一郎」という役者の使い方が・・・・
いくら役者は何でもこなさなくてはいけないとはいえ、いくらなんでもこれはちょっと違うんじゃないの??
歌も・・・いつものような余裕は感じられない場面多し。
髪型が・・変(爆)、海の男なのに腕が白い(笑)、舞台袖までは走ろうよーー(爆)
など、もっと若いペアで歌える人でも良かったのじゃないかな。
作品としては・・、嫌いではないし、動く祐さんを見るのもいいし、宮川浩さんの「男じゃない!」
な夫もいいし、何より石川禅さんのビンガム卿がいいです!!!
野心を抱き、「アイルランドを女王にささげる」のだけど、女王に向って失言して、おでこペン!!
暑そうなマントもサッと翻していくあたり・・・いいなぁぁ。

ラストのティアナンとグレイスはやっぱり「ジーザス」、ティアナンがなきそうな表情になるのは
「やっと、幸せに・・」だからでしょうか。
反対にキリッとした表情の中に、喜びを感じられたグレイスの表情が対照的でした。

手直しして、キャストも変えたら、もっと良い作品になるのではないかな。

千秋楽なのに挨拶もなく、なんども繰り返されるアンコール。
誰かしゃべれば納まるのにね!!

いろいろつぼにはまるところがあり、また見たくなりました
大阪も行こうかな~~~~!!
2階か3階の上からか1階席なら後方の方が全体が見えていいかも!
『大阪にて、10月編』 シャメとゴマのおばかな毎日、その125
シャメとゴマのおばかな毎日、その125
『大阪にて、10月編』

10月に大阪に「AIDA」を見に行った時のこと。
お友達とお昼にお好み焼きを食べに行きました。
二人なので、「海鮮モダン」と「牛すじこん」にしました。
モダンは焼きそば入り、牛すじこんは、牛筋肉の煮込みとこんにゃくが入っている。
なぜにこの組み合わせで、お好み焼きに入るのか???

oosaka10-1
ゴマ 「まだかなーー」
シャメ「じっと待つ」
ゴマ 「きゅ~~~」
シャメ君は大阪出身なので、慣れてますな。

oosaka10-2こんな感じで待っています。

焼けたので、ソースとマヨネーズを塗って。
oosaka10-3
ゴマ 「早く食べようよ」
シャメ「青のりとかつおをかけるんやで、待て。場所変わっても同じやで。」
ゴマ 「きゅ~~~~」


やっと食べられます!
oosaka10-4
ゴマ 「熱っつい!!!」
シャメ「あたりまえやん!あわてるからやーー」
ゴマ 「きゅ~~~」

モダンはそばがはっている分、ボリュームあり。
牛すじこんはコクがあって美味しい!!これは良いです!
シャメ・ゴマ「美味しかったね!」

写真も撮ってくれた○○ちゃん、
「ありがとーー!!また行こうねーー」(シャメ、ゴマ)
『奈良に行ったよ』 シャメとゴマのおばかな毎日、その124
シャメとゴマのおばかな毎日、その124
『奈良に行ったよ』

先月、奈良に行ったとき・・・もちろんついてきました(爆)

nara1119-1 近鉄特急 
ゴマ 「シャメ君は、初めて?」
シャメ「そやで」
ゴマ 「ゴマちゃんは乗ったことあるよ。オシボリもらえたのに」
以前は出発するとオシボリが配られていましたが、今は使い捨てのものが、デッキに置いてありました。

nara1119-2 電車の中で記念撮影。快適

『阿修羅像展』を見た後、東大寺へ
ゴマ 「あっ鹿さん」
nara1119-8

ゴマに寄ってきたかと思ったら・・・
nara1119-4 

nara1119-5 
行っちゃった・・・
シャメ「シカトされたなーー
鹿だもんねーー

ゴマ「じゃあ、シャメ君は??」
nara1119-3
寄ってくるけど、何ももらえないと思うと行ってしまいます・・・
シャメ「あちゃ~~」
そんなところにゴマによってきた鹿さんが・・・
ゴマに興味あり?
nara1119-6
少し触って、行ってしまいました(爆)
nara1119-7
ゴマ 「遊んでくれへんよ」(遊んでくれないよ)
シャメ「そりゃ、アザラシやから」
ゴマ 「きゅ~~~」

鹿さんは、生き物か食べものじゃなきゃ興味が無いようですわ(笑)
それでも、
シャメ・ゴマ「楽しかったね!!」
「ディートリッヒ」
鈴木綜馬さん、「カーテンズ」の後の舞台のようです。
「ディートリッヒ」
http://www.dietrich.jp/
2010年 3/12~28 青山劇場 4/3.4梅田芸術劇場
出演:和央ようか、鈴木綜馬、花總まり、桜木涼介、宮川浩、今陽子、横内正、吉田都ほか(敬称略)

マレーネ・ディートリッヒの生き様を珠玉の名曲でつづるのだそうです。

「ドラキュラ伝説」の再演も決まったようです。
アマンダ/ミーナに姿月あさとさんが決まったとのことですが、詳細はわからないので綜馬さんが出られるかどうかは???です。

「ローマの休日」が朝海ひかるさん主演で上演されるそうです。
大地真央さん、山口祐一郎さんのものとはスタッフが違うので、別物になるようです。

「パイレート・クイーン」11月29日、ソワレ
「パイレート・クイーン」
初日を見た後、お友達から「2階は照明や床が良く見えるよ」と聞いたので、2階席から見ることにしました。
確かに!!盆の模様がアイルランドの地図になっていたり、照明がきれいだし、人の動きも良く見えます。
2階席だと、ティアナン山口祐一郎さんがどこに居るかも(爆)よくわかります。
1幕冒頭で、マストにえっちらおっちら登って、望遠鏡覗いて、またえっちらおっちら、トートのように降りてくる・・・(笑)
そして初日はエリザベス女王に完全にくわれていた感じのグレイス保坂知寿さんでしたが、2日目にして貫禄というか存在感が出てきました。
エリザベスと対峙しても、衣装は豪華じゃないのに、しっかり「対峙」していました。
二人のデュエットも、高音が続くエリザベスに初日は負けていましたが、今回はバランスがよくなっていました。
音響が考えた?見掛けもよくなっていたので、やはり初日はかなり緊張して萎縮していたのかも。

そして、曲がアンドリュー・ロイド=ウエバー氏を意識したのか?ってなフレーズがあり
「アスペクツ・オブ・ラブ」「キャッツ」「エビータ」・・・などなど頭をよぎりました。

祐さんに違和感を感じるのは・・・髪型が特に前髪!!パッッンになっているのが・・・似合わない。
チラシにあったような上目遣いの時の髪型の方がいいのに・・・そして動きが鈍い。
って他の人でもいいのに・・・でもあれだけ高音から低音をこなせる人がいるのか・・いるかもしれない~~~~

禅さんがまたツボに入りました(笑)
まじめな堅物で、野心家かと思いきや、エリザベス女王にいらんことを言って、自分でおでこパッチンとたたいてみたり・・・・出番が少ないのが惜しいですが、インパクトありでした。

涼風さんのエリザベス・・・マリー・アントワネットとエリザベートとあんまり変わりないように思いましたが「エリザベス」が一番合っているかなと思いました。アニメ声さえなければもっといいのだけどね。

アンサンブルのコーラスが良いです!!
アイリッシュダンスも見費応えはあるのですが、あまり続くと飽きてくる・・・
足だけであれだけ表現するのはすごいです!!

なんだかんだと、まだまだ微妙・・・
グレイスを元宝塚の安蘭けいさんで見たいと思いました!
ティアナンも、もう少し年相応の人を連れてきて欲しいなーー。
何でもかんでも山口祐一郎に頼っていては先が無い・・・

そして、これだけ動く祐さんを見られるのは、最後のチャンスかもしれない!!!
のです(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。