こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「パイレート・クイーン」初日
何かと話題の(笑)「パイレート・クイーン」開幕しました!
初日に行ってきました。最近、初楽しか会わないねと言われますが、初楽しか行ってないもの多いです(笑)

保坂知寿さん、帝劇初登場。
海外版とは違い、日本独自の演出となる。
保坂さんと山口祐一郎さんの劇団四季以来の共演。
アイリッシュダンス。
などなど・・・

ネタばれもありますが・・・私としては「微妙」・・・
舞台の使い方が、今までとは一味違いました。
盆にはア船を中心としたアイルランド。
イギリスはカーテンで仕切った舞台前方。
宝塚で言う「カーテン前」と言うような感じです。
盆がヤオヤ(傾斜)になっていて、船の船首部分が一番高いです。
オケは舞台後方、バイオリンと笛の人が舞台に出てきます。
保坂さんは冒頭のかなり高音の歌は怪しかったですが、緊張していたのか、やはり高いのか・・進むにつれて本領発揮でした。
おいしいなと思ったのが石川禅さん、今井清隆さん。
今井さんは1幕で亡くなってしまわれます。
禅さんは「ウーマンインホワイト」の冷たく計算高さの中に、アブロンシウス教授のコミカルがちらっと顔を出す感じです。
宮川浩さんのドーナルは「ダーナル」とも聞こえたのですが、もなかなかおいしい役ではありますが、悪入っています(笑)宮川さん、悪役多いですね~でも合っています!!

アイリッシュダンスチームもしっかり「アンサンブル」しています。
アンサンブルのコーラスがきれいで、迫力あります。
中山昇さんが、ドーナルの父親で一族の長、これが良いです!!
そして荒木里佳さん、作品の中でも密かにポイントとなる歌があり、その歌がまた良いです!

さて・・・山口祐一郎さん・・・
「無理がある」(爆)
冒頭からかなり高音を出します。
1幕はひざを少し折っています。踏ん張りが利かないのか(笑)船の上だからか、長に仕える者として敬意をはらっていて、保坂さんとの「地位の違い」を表しているのか・・・などなど憶測が飛びます。
髪型も・・・「変」(爆)
手の動きがいつもの祐さんです(笑)
歌は・・・音取りが難しいのかキーが合わないのか、いつもより下手に聞こえました。
そして・・年齢的にもちょいと無理が・・・(爆)
歌はグレースが一族のために結婚を決めた後に歌う「君のそばで」は良いです!!
かっこいい・・・はずなんだけど・・・かっこよく見えたのは2幕のグレースの身代わりになり捕らえ競れるところとラストでグレースと再開するところ・・
ここの衣装が・・・「ジーザス」(笑)終演後、友達ともそんな話になっていました(笑)

そして全体的にいえたことですが、歌詞が曲に乗っていない。そのためか何を言っているかわからない歌詞が多いように思いました。
なんだか1幕がたらたらと長く進み、2幕は山があるようで、登りかけたら降りる感じがしました。

オケのメンバーが舞台に出てくるのが二人?
アイリッシュダンスでは太鼓もでてきますが、オケのメンバーは最小限のようです。
2階席から見ると照明や盆の模様などもきれいで、アイリッシュダンスの脚の動きも良く見えるそうです。
「MA」ほどの「嫌だーーー!!」ってな感じはなのですが、「ヴァンパイア」ほど気に入ったワケでもなく、、良いな~と思うところもあり、部分部分を切り取るとそれなりに良いので、練り上げると良くなってくるかな・・・時間を置いてもう一度見に行ってもいいかな?ってな初日の感想です。
スポンサーサイト
お堂で見る阿修羅像展
ここしばらく、ブログが停滞していました。
ひとまず元気にしています。
というもの、11月はじめはお茶の行事、14日には母の一周忌をしましたので
10年分の忙しさ(ってなワケでもないのだけど(笑))でした。
身体はガタガタ、眠い・・・眠れない・・・
シャメゴマ、ほったらかし(爆)

やっといろんなことが終わりました。
早速以前から「終わったらね」と言っていた友達に連絡して、いつ会おうか・・・
またにしようと言いながらも善は急げで19日に奈良に行ってきました。
目的は「お堂で見る阿修羅像展」
東京でタイムリミットであきらめ。大宰府は予定変更であきらめ。
「210分待ち」のニュースに・・・・・
友達が「いいよ」と言ってくれたので、いくことにしました。
10時過ぎに近鉄奈良駅に着いたので、現地には10時30分前には着いていたと思いますが、
「120分待ち」
まだましかな~と並びながらおしゃべり(笑)
時間は気にならず、仮金堂で見た「阿修羅像」はいつものガラス越しではなく、直接見ることができ、八部衆も全部そろっている!!

「最前列で見たい人は、止まらずに進んでください。
後列は止まってゆっくり見ていただけます。」
これは、最前列でしょう!!
と、歩きながらではありましたが近くで見られました。
相変わらずの少年のような正面の顔と、入る時と出る時に遠くから見たのが右側と左側の顔。
そして普段はそろっていない八部衆も見てきました。

2時間待って入ったかいがありました!!
出てきたら「210分待ちけの表示が・・・やっぱり・・・
そして、特別公開していた「北円堂」にも行き、今回の目的達成。
ところでこんなに待ち時間があると、夕方だと待っても時間切れってこと?
そのあたりは考えているでしょうけどね。

お昼を食べた後に「さあ、どうしよう・・・」
近くだから東大寺、大仏殿に行きました。
修学旅行生や外国からの団体さんいました。
外国からの団体さんの目印の棒の先には「ピカチュウ」(笑)

高校か中学の団体さんについている案内の人の話を聞いていたら・・・
「はい、パンチパーマじゃありませんよ『らほつ(螺髪)」』と言います。
額にあるのはほくろじやありませんよ『びゃくごう(白毫)』と言います。二つ覚えて帰ってね」
とか
「天井の一番上と二段目と三段目。それぞれ四角く見えるところは遠近法を使っていて、
一番上のが一番広くて四重半あります」
とか
後方に大仏殿の模型がありましたが、その右側に入っている大仏さん
「はい、よく見ておいてくださいね。オードリーの若林に似ています(笑)」
生徒さんたち、こぞって覗いていました(笑)つかみはOK!!
皆さん結構聞いていましたが、最近は面白くしないと聞かないのかな?
友達と「現代や~~~」
「柱の穴をくぐる」っていうのにも行列していて、カメラマンさんが一人ずつ撮っていました。
いいな~~~~~~

鹿はせんべいを手にすると・・・群がるどころかせんべい争奪戦(笑)
せんべいを持って手を上げるとお辞儀をするのですが、手を上げるだけでお辞儀しているし、
カメラを構えるとなぜか寄ってくる・・・
せんべいを買って、鹿にやっているところを写真で撮ろうとする人が多い中、
カメラ→せんべい持っている→せんべいがもらえる
ってな図式が鹿の思考には出来上がっているのでは(笑)

角狩りも終わって、発情期だそうですが、かわいい鹿もいて、寄ってきては何ももらえないとわかると
とっとと去ってしまう(笑)

寒くなってきてはいましたが、日が当たるとぽかぽか暖かく、良い日でした。
「阿修羅像展」23日までだったようで、ぎりぎりセーフ。
阿修羅像は以前から若い人にもファンが多いようですよ。
JRの理不尽な表示
携帯からです

常々思っていたことの1つにJRの電光板の時間表示があります。
駅の入り口または改札口で表示されている次の電車に乗ろうとホームに行くと、すでに出てしまった後だったり、扉が閉まったところだったりしませんか?
追い討ちをかけるように「駆け込み乗車はおやめ下さい」……
だったら乗れないような電車の表示を改札口や入り口でしないでほしい!
そして、普通に歩いてホームに行けば乗れる電車だけを表示して欲しい。
次の電車がすぐ来るような東京なら良いですよ。
田舎の電車は次は30分後、1時間後、はたまた何時間後なんてことは良くあることですから!
国鉄からのお役所仕事から抜け出していないのですね。かなり怒りモードです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。