こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手塚治虫が残したもの
今年は手塚治虫さんの生誕80年だそうです。
NHKの「プレミアム10」ではまず音楽とのつながりについてやっていました。

アニメと切って離せないのが音楽。
手塚氏もかなりの音楽好きで、宝塚の舞台も良く見ていたそうです。
作品の音楽にもこだわっていたとか。
「ジャングル大帝」や「リボンの騎士」のオープニングなど、音楽と映像とがマッチしていて、
今見ても遜色はないです。

元をたどれば、映像と音楽はディズニーの「ファンタジア」が秀逸ですが、ディズニー作品にも映像と音楽の調和がみごとな作品が多いです。

手塚アニメも音に合わせて動く・・・ミュージカルのような映像が多用されていたのは
「宝塚」や「ミュージカル」が好きな手塚氏だからだったようですね。

番組では、マンガにクラッシックの音楽を重ねると、その情景がさらに響いてくるように感じられます。
「ジャングル大帝」のアシストをしていたという藤子不二夫A氏も「描いていて、泣けてきましたね」とおっしゃっていました。

宮崎駿氏はかなり対抗意識をもっていたようなのですが(爆)
何につけても各方面にかなりの影響を与えた「漫画家」として、尊敬します。

とても残念なのが「火の鳥」と「ルードヴィッヒ・B」が未完なこと。
「ルードヴィッヒ・B」は「第九」のあたりが見たかった。
「火の鳥」は過去からと未来からとの時間が出会うようになっていたらしいのだけど、
結末は・・・・

番組中でアニメのオープニングが次々と出ていましたが「ジャングル大帝」を初め「海のトリトン」「ふしぎなメルモちゃん」「どろろ」など、どれをとっても今のアニメとは一味違いますね。
昔はオープニングは映像に音楽がちゃんと「合っていた」ものを使っていたのですよね。

いつからか「オープニング」の音楽は、それだけでも成立するような作品とは関係ないものが多くなっていきましたね
スポンサーサイト
「奇跡体験!アンビリバボー」見ていて
久しぶりにテレビをしっかり見ていました。
「奇跡体験!アンビリバボー」
フランス人外交官と中国人美女の恋。話が進むうちに中国人美女は「男」だった!・・ってどこかで聞いた話??あっ「Mバタフライ」
番組中にも「映画になっている」と紹介されましたが、戯曲として、日本では劇団四季が上演していますね。
市村正親さんが中国人美女の役で、この後「ラ・カージュ・オ・フォール」のザザにつながっていくのでしょうかねっ!

そして、ユダヤ人の子どもを助けた、もう一人のシンドラーイレーナ・センドラーさん。
こちらはセンドラーさんのこともすごかったけど、ちょっとしたきっかけでセンドラーさんの「存在」を世間に広めたアメリカの4人の女子高生達。
彼女たちは「歴史コンテスト」の発表の手段として「演劇」を選んだ。
「瓶の中のいのち」として、今でも上演されているらしい。
センドラーさんは一度はナチスに捕まり「処刑リスト」に入れられていたが、密かに助け出され、2008年5月まで生存されていた。

「オスカー・シンドラー」は映画で有名になりましたが、日本人の杉原千畝氏のように、ユダヤ人を助けた人がまだいる。
シンドラーより、困難な活動をしていた人たちも、「シンドラー」がユダヤ人を救出した人の代名詞として使われるのも仕方ないかな・・・

去年のミュージカル「SE・M・PO」といい杉原千畝氏を扱った舞台はまだあります。
もっと世間に知られるようになると良いですね。

検索してみたら
ユダヤ人を救った数
イレーナ・センドラー・・・2500人
オスカー・シンドラー・・1200人
杉原千畝・・・・・6000人

他にもまだいるのでしょうね。

偶然なのか「演劇」に関わる2題でした。
スイセイミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」 岐阜
劇団スイセイミュージカル 「サウンド・オブ・ミュージック」
2009年1月28日(水)  岐阜市民会館 岐阜労演例会

スイセイミュージカルの「サウンド・オブ・ミュージック」
2007年の初演以来の2回目でした。
前回のレポを見ると・・・かなり辛口。
今回はキャストも変わり、劇団員とおなじみの助っ人のキャストでしたが、
結論を先に言うと。。。。。。


感動しました!!!

ネームバリューがある人を何人か入れなくても、十分です!!
練り上げられてきたのと、劇団員中心だからこそ「まとまり」もありました。

前回気になったまくし立てるような台詞も歌も、今回は改善されたのか、気になりませんでした。
大道具がすっきりして、冒頭は山の上にマリアが浮かび、紗幕でさえぎっているのではっきり見えず
有名なフレーズで歌うところは、山の「前」に出て歌っていたのが良かった!!
たしか、前回は「山の上」で。。中途半端だったような・・・

道具は、劇場が狭くて入らなかったらしいのですが、初めて見れば気にならず、かえって「道具達」にまぎれることなく、「演技」が見られたので良かったです!
場転もスムーズで、拍手のタイミングがかなり取れたのですが。・・2回ほど拍手できなかった・・・
ここだったのにぃぃ!!
修道女達も人数は減りましたが、問題なく、素人芝居を見せるくらいなら、この方がいいです。
落ち着いているところとあわてているところのメリハリがあってよかったです。

子どもたちは「大人」がやっていたようですが、ルイザの吉村さんとブリギッタの三好さんが、とってもかわいくて・・!!特にブリギッタはマリア先生に、いろいろ忠告やら報告する「顔」がまた子どもっぽい「含み」があってよかったです!!
フリードリッヒの杉中さんもちょっと気弱な男の子で良かったです!
クルトの駒谷さんも初めは男の子かと思った!
マルタとグレーテルは子役だったようですが、しぐさもかわいくて・・・良かった!
リーズルの相原さん・・思春期の複雑な表情が良く出ていて16歳に見えた・・かな。
ロルフの渡辺君もいろいろ鍵を握る「青年」をよくやっていました。特にラストで「誰もいません!」のあとで「リーズル」と囁く、リーズルが泣き崩れる・・は泣けました。

シュミットさんが「高橋由美子」さんに見えたけど(爆)藤井さんも良かったです。
ゼラーの佐久間さん・・怖かった!!フランツよりこっちが良いです。
フランツの戸田さんも特に言うところはないです(爆)
マックスの吉田さんも「お調子者マックス」としたら、そして吉田マックスならこれでいいかも。
茂野さん、加藤さん、木暮さんのシスター達も、歌が安定していて良かったです。

トラップ大佐の田代さん。。。ゼラーよりトラップの方が良いです!
歌も安心して聞いていられるし(さすが元マリウス!)貫禄もありました。

マリアの中村さん。
ころころ替わる表情が心地よく、歌も○。よくここまで持ってきたなーーと思いました。
修道院長のぺキー葉山さん、相変わらず存在感と暖かさもあり
1幕ラストの「すべての山に登れ」はマリアの泣き声を振り払うような「力」がありました。

今回のベストはエルザの星野真衣さん。
まだ経験も浅いようですが、「金持ちのプライドの高い女」を嫌味なく、堂々としていて、良かったです!
星野さんは次の役が・・勝負ですね~~~

そしてアンサンブルさんたち、あちこちに出ていて、本役以外の人もスタッフさんもいて(笑・みずきちゃん出ていたよね~~~)裏方は大変だったろうけど、少ないなら少ないなりに良いと思いました。

セットもかなり削られていましたが、持ってきたセットが使えないのは身を切られるようで辛いと思いますが、今回はそれが良いほうに動いたと、私は思いました。
曲も映画より増えていたし・・前回もあったよね・・・
トラップ家の下手側の2階の階段の先・・・・
前回はその先に「降りる」ものがまるわかりだったのが、舞台がせまいこともあるのか、今回は大丈夫でした!

そしてスイセイの「サウンド・オブ・ミュージック」はまだまだ発展途上で、また次を見たいところなのですが、残念ながら3月1日で版権所有が切れるそうです。
しかも最後のツアーが「演劇鑑賞会」の例会ツアーではもったいない!!
せめてまた一般公開の機会があるといいなと思いました。
キャストは今のカンパニーで!!!
大きな劇場じゃなくて、客席と舞台が「近い」少しこじんまりとした劇場の方がいいのじゃないかなと感じました。
「ドレミの歌」あたりで、客席降りをして、客も巻き込むとか(笑)
そうすると、なお親しみのある舞台になるかと思いました。

そして初演時には、「矢でも鉄砲でももってこい」や「鬼が出るか蛇がでるか」など日本独特の「言葉」には少し違和感をもちましたが、かえってこの方が「痒いところに手が届く」日本語として、良いかもしれない。翻訳ミュージカルはそのまま日本語にすると、無理がある・・
スイセイはそこからまた掘り下げて、台本をつくったようです。
ラストのロルフが一家を逃がすのは「日本人好み」の「武士の情け」的なところも「日本での上演」には良いかと思います!

そしてやはり「ドレミの歌」といえば「ド・はドーナツのド」・・・
舞台の「サウンド・・・」は日本では、名前のわりにあまり上演されずになじみの浅いものですが、
前回も書きましたが、この歌を日本語の歌詞にして広めたペギー葉山さんを、
もっとはやく「サウンド・・・」の舞台に関わらせてあげていたら・・
もっと舞台も浸透していたかも・・・と思いました。

初演時は作り手の「熱き想い」だけが空回りしていたように思いましたが、
今回はそれをきっちり客に伝えて、また感動も伝わってくる素敵な舞台になっていました。
やはり・・キャストは大切かな~~~~!!
そして「スイセイ版」として曲も映画より増やして、ラストもロルフかせ一家を確立しつつ

このメンバーでぜひ再演して欲しいと思います!
版権がまたスイセイの手に渡って、もっと練り上げられた作品にして、一般公開の舞台にして欲しいです!!

自分も思い入れの強い作品で、忌明け後初めて見たからかもしれないですが、厳しい目で見てしまいますが、とっても心に響いてきました。
今回は「スタンディング!!」でした。

今年の8月には新作ミュージカルだとか。
また期待したいです!!!

【スタッフ】
作曲 リチャード・ロジャース
作詞 オスカー・ハマースタインⅡ世
脚本 ハワード・リンゼイ  ラッセル・クラウス

演出・日本語台本  西田直木    訳詞 西田直木・劇団文芸部
ドレミの歌・作詞 ペギー葉山
振付 吉田潔   翻訳 吉田要士

【キャスト】
マリア     中村香織    トラップ大佐  田代久雄    マックス   吉田要士
エルザ    星野真衣    リーズル    相原奈保子   ロルフ    渡辺 亮
修道院長  ペギー葉山
ゼラー    佐久間義也   シュミット   藤井珠美     フランツ   戸田健二
シスター・ベルテ    茂野陽子  シスター・マルガレッタ  加藤玲子
シスター・ソフィア    木暮侑子
フリードリッヒ 杉中美樹   ルイザ  吉村美喜子  ブリギッタ  三好慎子
クルト      駒谷理恵    マルタ  南雲彩良    グレーテル 水澤奈南果
〔アンサンブル〕
平井智子   角替奈美子   松橋頼良   山本慎吾
『ストーブ、どすこい』 シャメとゴマのおばかな毎日、その92
シャメとゴマのおばかな毎日、その92
『ストーブ、どすこい』

昨日は法要のため、お客さんが来ました。
その前の準備のため、シャメとゴマも「お手伝い」
ゴマちゃん、ストーブ消してね。
ゴマ「はーい。えーっとここ押せばいいんやよね。」
stove1

シャメ「どすこい!」

stove2
ボタンの反動と、シャメの声でズッコケたゴマ。
ゴマ 「シャメ君。『どすこい』って・・・」
シャメ「そのボタン押すと、そんな音するで~~」

ははは、「ズドン」というか「どすこい」というかーー(笑)

stove3
ゴマ「あっ、何か落ちてる」
stove4
シャメ「餅のかけらや~」
ゴマ 「とーちゃん、お餅、焼いとったよー」

父は昼ごはんに、何もないとストーブでお餅を焼いて食べています。
その名残・・・いや、落としただけ。

今日のシャメ&ゴマは・・・・
「後姿でゴメ~ン まことにすいまメ~ン」
「ラップでいいストーブしない?」
「しない!!」
最近2人がはまっているお笑いの『ジョイマン』でした(爆)
『お年玉、2』 シャメとゴマのおばかな毎日、その91
シャメとゴマのおばかな毎日、その91
『お年玉、2』

さて、もらったお年玉をどうしたか・・・
ゴマ 「あっ、シャメ君のお年玉の袋やん」
otoshidama01
ゴマ 「いくら入っていたのかなー、見ちゃおっと」
otoshidama02
ゴマ 「入ってない・・・」
シャメ「何しとん」
otoshidama03
ゴマ 「えっ!・・・・っっっと・・・。あっそれゴマちゃんの」
シャメはゴマの袋をもっていました。
シャメ「おっ、お金はいってるで~~」
otoshidama04
ゴマ 「や~~ん。返して~~~」
シャメ「そこに、ほってあったで」

ちゃんとしまって(片付けて)おこうねゴマ。
ゴマ 「きゅ~~~~。アイス買うんやもん」
ゴマのお年玉は、一年分のアイス代。
でも夏にはなくなってしまいます(爆)
「おくりびと」アカデミー賞外国映画賞にノミネート
映画「おくりびと」がアカデミー賞にノミネートされました。

納棺の時に化粧をする人のお話だそうです。
封切当初、気になりつつも見には行きませんでした。
先ほど、「おくりびと」のHPでプロモを見ましたが・・・
泣けてきて、今はまだ、映画は見られないです。

母を納棺する時、若い女性の方が衣服をととのえ、化粧をしてくださいました。
「おくりびと」ですね。
冷たくなっている手を丁寧にほどき、着物もほんとうに「ぴしっ」と着せて
「お顔に違和感はありませんか?」と綿を入れるなどして、直してくださいました。
最後に化粧をして・・・
「こんな若い人がやってくださる」・・
傍から見ると「死んだ人」を素手で触るのが大丈夫なのかな?と思いましたが、
私達からすると、あんなに丁寧に整えてくださって、きれいになって、感謝感謝です。

仕事なのかもしれませんが、とっても心温まるお仕事だと思いました。
誰でもできる仕事でもないのかも・・・・

また時間がたって、見ることができそうだったら、見てみたい作品です。
映画もきっと心温まるものなのでしょうね~~
宝塚・人事異動~~
宝塚・星組の次期トップと組替えが発表されました。

星組トップ、柚希礼音、夢咲ねね

雪組、凰稀 かなめ・・・4月14日付で星組へ
※宝塚大劇場公演『風の錦絵』『ZORRO 仮面のメサイア』千秋楽後に異動(東京宝塚劇場公演には出演致しません)。

宙組、早霧 せいな・・・2月24日付で雪組へ
   天咲 千華・・・2月24日付で花組へ
※早霧せいなは雪組東京宝塚劇場公演『風の錦絵』『ZORRO 仮面のメサイア』より出演致します。

いやいやいや、若返りを狙ったのか・・
レオン君の前に誰かが入るかと思っていました~~
100周年は、どうなっていいるのでしょうね~

宙のトップと娘役はどうするのか?退団か残留か・・
今後まだ目が離せないですね~~
鈴木綜馬さんの予定
綜馬さんの舞台情報

ちょいと拾ってきました。
「ブロードウェイミュージカル COCO」
演出・翻訳  G2
出演:鳳蘭、湖月わたる、岡幸二郎、今陽子、鈴木綜馬 他

鳳蘭さんのHPで拾いました!
7月にル・テアトル銀座です。

「シラノ」 広島公演
6月10日(水)19:00開演
広島厚生年金会館
お問い合わせ:TSS事業部 TEL.082-253-1010
チケット発売日:2009年2月15日(日)

鹿賀丈史さんのところで拾いました~
チケットぴあでも発売があるようです。

『お年玉』 シャメとゴマのおばかな毎日、その90
シャメとゴマのおばかな毎日、その90
『お年玉』

お正月に「お年玉」をもらったふたり
otoshidama1
シャメ&ゴマ「わーーい!!」
シャメ君が「ピカチュウ」でゴマが「ゴマちゃん」の袋

いくら入っているのかな?
ゴマ 「シャメ君。いくら入っている?」
otoshidama2
シャメ「内緒」
教えてもらえな~~い

ショッピングセンターでくじを引いたら
「一等賞!!」のお買い物券
otoshidama4
ゴマ 「これで何か買おうよ!!」
シャメ「今年の運は、つかっちまったかな」
ゴマ 「きゅ~~~」

晩ご飯の「おかず代」になりました(笑)
シャメ&ゴマ「おさしみ買ってねーー」
はいはい。

今日は「二十日正月」って・・いうのかな?
宝塚宙組 大和悠河さん、退団
友達からメールで教えてもらいました
宝塚宙組トップの大和悠河さんが、次回大劇場の作品で退団とのこと

中日劇場の「ベルばら」は、はなむけになりそうですね

ちょっと意外でしたが、95周年の今年はサヨナラ・ラッシュ年になりそうですね

1月6日に管理人へのコメントをいただいた方。
コメントが上手く反映されていなくて、すみません。
返事が大変遅くなって申し訳ありません。
って・・・お尋ねの件はもう遅いので、本当に申し訳ないです。
阪神大震災から14年の日
阪神大震災から14年もたちましたね。
まだ昨日のことのように思われている方も多いかと思います。
亡くなられた方々のご冥福を祈りながら
今「生きている」ことに感謝。

今日はなぜか泣けて泣けて仕方がない日でした。
母のことを思うと、やはり
もっと優しくしておけばよかった。ご飯も作ってあげればよかった
もっと動きやすいようにしておけばよかった、
言われていたのにやらなかったこと。。。
早く寝ること(これは難しいなーー)
「後悔しない」と言いながら後悔することばかりです。
「心配ばかりかけて、ごめんね」
だから命を縮めてしまったのかと・・・

震災で亡くなられた人たちの魂も帰ってきているのかな・・
当時の知り合いには被害に遭われた人はいなかったけど
後から知り合った人たちの中には、怖い目に合われた方もたくさんいます。

残されたいろんな人の思いも一緒に悲しんでいるような気分です。
こういう「泣ける日」もあっていいかな・・・・

そんな中、友達からのメールにまた涙・・・
ありがとうね~~~
宝塚月組「エリザベート」
宝塚月組公演の「エリザベート」役が決ったようです。
凪七瑠海さん・・・宙組から特出・・
月にはいなかったのかな^~~~~

男役さんですよね。
若手の注目株のようですが、歌えれば文句は“あんまり”言わないよ~~~~

今発売中の宝塚の雑誌「歌劇」が1000号だそうです。
お祝いのメッセージに、井上芳雄君からのがありましたよ^~~
『おおみそか』 シャメとゴマのおばかな毎日、その89
シャメとゴマのおばかな毎日、その89
『おおみそか』

去年の話題で、すみません。
うちは、大晦日の夜に「ごちそう」を食べます。
今年は「おせち」を2組もいただいて
oomisoka1
ゴマ 「すごいごちそう!!」
シャメ「これを3日間食べるんやで」
ゴマ 「食べられるかなーー」

2段と3段できたので都合「5段」
食べきれるわけもなく、元旦に父が「アニキのところに持っていく」と
在所に持っていきました。
「在所(ざいしょ)」って方言?
「実家」というか「本家」というか・・・

さて大晦日といえば「紅白歌合戦」
ふたりは・・「ぽにょぽにょぽによ♪」と一緒に歌っていました!
oomisoka2
静かになったと思ったら・・zzzzzzzzzz
寝ていた・・・

ふと目覚めて何かを探していたゴマ
シャメ「何探しとるん」
ゴマ 「大きなミソ」
シャメ「?????」
ゴマ 「だって『おおみそか』は大きなミソがあるんやろ?」
シャメ「・・・また何を言う(笑)(笑)  『みそか(三十日)』が一ヶ月の最後の日で、!一年の最後の日やで『大』がついて『大みそか』って言うんやで」
ゴマ 「そうなんやーー」

ひとつおりこうさんになったゴマ。
「パイレート・クイーン」大阪公演あり
鬼も笑う・・また来年の話
2010年1月「パイレート・クイーン」が大阪・梅芸で上演だそうです。

「エリザベート」のチラシ群に先行販売のお知らせが入っていた・・・とのこと。
ギフト解体バーゲン
この時期になると・・というか年に2回やってくる「ギフト解体バーゲン」
今まであんまり気にならなかったのがちょぃと気になったのはやはり
にわか「主婦」?(笑)

ところで、この「ギフト解体バーゲン」がNHKニュースでながれていたのですか、
ちょうどうちにきていた「いとこ」と
「ニュースになるって???もしかしてこの地方だけ??」

デパートやスーパーで、お歳暮、お中元の売れ残りを「解体」して単品売りするのですが・・
皆様の地方でもありますか??
「レベッカ」名古屋公演
お友達からメールで教えてもらいましたが・・
鬼も笑うより「呆れる」(別の友人いわく・・・)

「レベッカ」
来年、2010年3月4日~31日(予定)、中日劇場公演。
年間予定のチラシで確認しました!
山口祐一郎さんの名前しか挙がっていません。
シアタークリエサイズなのか、はたまた「帝劇」での再演を狙っているのか・・
いずれにしろ、名古屋は楽しみです!

「ミー&マイガール」は
7月4日~15日です。
山口祐一郎さん、ありがとうございます。
鈴木綜馬さんがまもなく今の所属の事務所を変わられます。
今月のファンクラブの機関紙の綜馬さんからのメッセージは当然ながらその手の話題だったのですが・・・
次の方のメッセージに「今月は違う?」と読みました。
実は・・いつもしっちゃかめっちゃかの文で(笑)さらっと流し読み(ごめんなさーーい)
ところが今月は「真面目な文章」

それは去って行く者へのはなむけのメッセージでした。
申し訳ないのですが、「ファンクラブ」の特典として、こちらでの紹介は控えます。

不器用ながら(笑)その暖かい言葉に、読み終えてハラハラと涙が流れました。
次の方は・・・山口祐一郎さん。

「エリザベート」東京の千秋楽。私は見にいけなかったのですが
見に行った友達が「カーテンコールでふたりとも目を合わせなかったのよ」と
言っていましたが・・
この文章を読むと「目を合わせられなかったのじゃないかなーー」
目を合わせると泣いてしまう。。。。と勝手に想像してしまいました。
そんなことを思わせるような文章でした。

綜馬さんのファンの一人として一言、おこがましいのですが・・・
「祐さん、今までありがとうございました!
素敵なメッセージをありがとうございます。
できることなら(笑)、これからもよろしくお願いします!」
TSミュージカル「天翔ける風に」
TSミュージカルの来年の作品は。。。
「天翔ける風に」
2009年8月、東京芸術劇場 中ホール

出演:香寿たつき、山崎銀之丞、戸井勝海、今拓哉、阿部裕、剱持たまき、福麻むつみ
照井裕隆、友石竜也、川本昭彦、平野亙、福永吉洋、幸村吉也
横田裕市、進藤健太郎、中條郁司郎、高山光乗 (敬称略)

えっと・・畠中洋さんが出ないということは。。才谷は、山崎さん??

今ちゃんも出ます!!戸井さんと阿部さんもいる!
これは見に行きたいです。

今ちゃんといえば・・ファンクラブの会報によると映画にもでるとか!
楽しみですね~~~でも近くでやってくれる作品かな・・・
駅伝が・・すごかった!
元日から「駅伝」がすごかったですね~~

まず実業団男子駅伝。
ニュースでしか見ていないのですが、ゴール近くのデットヒートに「これが駅伝か?」と思ってしまいました!!

そして「箱根駅伝」
今年もたくさんの「ドラマ」がありましたね
そしてたくさんの「思い」を乗せた「たすき」が
つながれていきましたね。

驚異的な記録で5区を走った東洋大の柏原君
井上芳雄君に似ている?(爆)

途中の順位争いも駅伝というよりマラソンを見ているようでした。
そしてシード権争い。予選から勝ち抜くのも大変なのですよね。
復路で途中棄権の城西大。
記録が残らないにもかかわらず、区間1位記録を出したのもすごい!

たすきをつなぐのは10人だけではなく、出られなかったメンバー、そして先輩から後輩へ・・・
あの過酷なレースが毎年続くのは「駅伝」という競技だけではないものが、たくさん含まれているのということを知っている人がいるからではないでしょうか。

一度沿道で応援したいです!
往路は・・・帝劇の横を通るのだったっけ・・・
元旦
年賀状が出せなくて、これまた寂しいのですが、
「年賀状出してしまいました!」
とお詫びのメールを何件かいただきましたが・・・
気にしないで下さいね!!
何せ・・・お知らせしたのも、とっくに受付開始後。
毎年の楽しみが減って、シュンとなっているところですので
楽しみにしています!!

さて、元旦は・・・また寝ていました(笑)
父が一人でお雑煮を作ったようです。
私はお雑煮のお餅は「食べられない」ので、知らん顔(笑)
明日は作らなくっちゃ・・・

少しはなれたところのショッピングセンターに行ってきました。
人・・・多いなぁぁ。
黒のスカートがなかったので、それが目的。
ちょうど友達がいるお店に行ったら・・・気に入ったのがあったのですが・・・
予算オーバー・・・でも、買ってきました。
最近は着る物にはお金をかけなくなりました・・・
というか「お金をかけていられない」(爆)
久しぶりの「贅沢」

そして、大抽選会には時間に間に合わず
横目で見ながらサイフを買ったら
「福引きしてくださいねーー」
ってことでひいたら・・・
2本のうち1本が「1等」!!!
ギフトカード5000円分!!
今年の運は使い果たしたかな????(笑)
大晦日は
大晦日・・・起きたら。・・・11時だった!!やばい!!

お昼に「年越しそば」と「いわし」の予定だったので、洗濯して魚やさんへ!
ついつい他のものも合わせて、いつも母が買っていたように買ってしまった・・
うーーむ多いかも。
帰ったら、私の友達がきてくれたらしい。何年かぶりでったので会いたかった!
電話をしたら「昼なのでいるかと・・」私「いわし買いに行っていた」友「いわしに負けたのね」(爆)

彼女もご両親が倒れて、介護中とか・・子どもも3人いて、大変だよーー!!
暖かくなったら会う約束をしたので楽しみです!

さて、掃除は風呂場、洗面所、トイレ、玄関、居間のこたつを上げて掃除機をかける・・
そして台所。レンジまわりのアルミの敷物を買いに行ったのは、暗くなってから(笑)
あっ、ごはん・・お米洗うの忘れてますがなーー!!

とかバタバタしていたら・・・おせちが2組???
何でも別の取引先の方が持ってきてくださったとか・・・ひえ~~~嬉しいのだけど
「食べられるのかな?」
重箱か合わせて5つ・・こっちにあって、あっちにないものもあり。
3日までは何とかこれで持ちそうです。
ありがとうございます!!

掃除もひとまず、ご飯を食べて「紅白」見て。
洗い物をしていて・・・・昼にいわしを焼いた「魚焼き」部分を洗ってない!!
しかも今までの油で「こってり・・・」できるだけきれいにして、台所はひとまずこれにて終了。
紅白を中間発表の前の秋川雅史さんまで見て、自分の部屋の整理。
紅白聞きながら、周りの書類と本だけ片付けて、大物の「今年のもの」はまた後日(爆)

疲れた~~~

紅白は・・
歌は「聞いたことある」けど、この人誰?な人、多し(笑)
歌と歌手も一致していない(笑)
「羞恥心」は知ってる!
毎年同じ曲の人も、アレンジや演出変えて、良いですね~~~
浜崎あゆみさん。今年は「良かった!!」と思えました。
「千の風になって」は3年目。今年はさすがに泣けました。
トリの和田アキコさんも熱唱!!
そしてオオトリの氷川きよしくん。今にも泣きそうなのをこらえて、がんばりましたね~~
思わず「きよし君、ガンバレ!!泣くな!」と叫びそうでした。

そして・・・ついつい目が行く「バックダンサー」と振付(笑)
白組の方が「聞かせる」のが多かったかと思います。
個人的に嬉しかったのは、久石譲さんの「ジブリコーナー」から「ポニョ」
そして「千の風になって」の前の中居君と仲間さんのメッセージにはジーンと来ました。
仲間さん、前回より司会良かったよ~~~
中居君、突っ込みすぎ(笑)

また録画を飛ばしながら・・見ていないところを見ます。

今年は。。。ずっこけ主婦の話題が増えると思いますが、
今年もよろしくおねがいします!!
「シャメとゴマもね」(byシャメ・ゴマ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。