こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ロールケーキは初めまして』 シャメとゴマのおばかな毎日、その84
シャメとゴマのおばかな毎日、その84
『ロールケーキは初めまして』 

コーラスの練習の時にいただいた「ロールケーキ」
シャメとゴマには「はじめまして」のお菓子でした。

ゴマ 「でんでんむしみたい・・・」
シャメ「クリームが中やで」
ゴマ 「じゃあ、中だけむにゅっと食べる・・」
シャメ「・・・やめとけ・・・」
rollcake1
ケーキはどちらかというとクリームが好きなゴマ。
確かに、中だけ食べようとすると。。。悲惨なことになりそうだわ~~~^
rollcake2
シャメ・ゴマ「美味しいよ~~~~」

スポンジとクリームが良くマッチしていて、美味しかったです。
「ごちそうさまでした!!」
スポンサーサイト
川島芳子のドラマ
「男装の麗人~川島芳子の生涯~」が
12月6日(土)21時~ テレビ朝日系で放映されます。
川島芳子に黒木メイサさんと真矢みきさん、李香蘭には堀北真希さん・・・「篤姫」の和宮さんですね。

最近、戦争時代もののドラマは今ひとつ満足できない物が多かったのですが、これはどうでしょうね。
見てみようかと思いますが見られるかな~~~

川島芳子で思い出したマンガが
「虹のナターシャ」
虹のナターシャ (上) (講談社漫画文庫)虹のナターシャ (上) (講談社漫画文庫)
(2002/11)
大和 和紀林 真理子

商品詳細を見る


このナターシャ、日本人とロシア人との混血で歌が上手く波乱の人生を歩むあたりは
モデルは「李香蘭」かなと思いました。
川島芳子も出てきますよ。
『ゴマちゃん、がんばったの』 シャメとゴマのおばかな毎日、その83
シャメとゴマのおばかな毎日、その83
『ゴマちゃん、がんばったの』 

つづき・・・・

ダウンしたシャメを担いでいたゴマ。
ゴマ 「フー、フー、えらいよーー(つらいよーー)、でもシャメ君はもっとえらいし」

と・・・そこに来たのは、なかなか戻ってこない二人を心配して探しに来た「チョビ」

チョビ「どうした?」
ゴマ 「シャメ君、ダウンなの。ゴマちゃんもダウンしそう・・・」
チョビ「シャメ、つれてってやるから、こっちへ」
down4
チョビの背中にシャメをのせて
down5
ヨタヨタついていくゴマ。

うちに帰ると・・・疲れて
ゴマ 「ゴマちゃん、がんばったんやもん
down6
水を補給して、元気になったシャメ。チョビと一緒に
シャメ「ゴマ。おおきにな」
チョビ「ゴマ。がんばったよな」
ゴマ 「そぉ?そぉ?」
down7

今回は大活躍のゴマでした。
ゴマ、がんばったね!!
劇団四季の話題
劇団四季のオリジナルミュージカル「南十字星」のテレビ中継、後半だけ見ていました。
この作品、後半が良いです!
私が好きなシーンが・・ラスト近く、処刑に向かう保科と別れてリナが歌う後、男声合唱の「はるかかなた~~祖国よ我等を思え♪」と歌うところ・・・後方の兵士のシルエットがとてもきれいで涙を誘っていたのですが・・・
なっない!!真っ暗!(T_T)
水の中から処刑台が現れるところも・・・今ひとつかなー。
いいところを十分に見せられないでいるように思いました。
いや・・・それは「劇場で」なのでしょうかねーー(爆)

フジテレビの「めちゃ×2イケてるッ!」の企画として岡村隆史さんが「ライオンキング」に乗り込んでから早くも8年。
このたび、10周年記念企画として、またコラボレーション企画があっようです。

12月6日(土)19:57~20:54(番組内で15分程度の特集)
フジテレビ系列 27局ネット(全国放送)

今度はなにをやったのでしょうね。

8年前・・シンバは坂元健児さん、次のシンバとして阿久津陽一郎さんが出ていましたが、
坂元さんは退団して、阿久津さんはシンバから卒業・・かな・
「南十字星」では主役の保科勲を少々さわやかに、潔く演じていたように思いました。
「ガラスの仮面」コミックス、43巻
自分が死ぬまでに終わるのだろうか?と思われている方・・・けっこう「いると思います」な
「ガラスの仮面」  私もその一人です
「別冊花とゆめ」で連載再開かと思いきや・・・早くもお休み(笑)

コミックスが出たと思ったら「花とゆめ」の連載時とはまたかわっていていきなり
「携帯電話」が出てきたり(笑)時代にはあっていたのですが、前巻と比べると
およよ、と思ってしまいました。

さて最新刊が来年1月26日に発売予定だそいうです。

先日、ふと見ていたテレビに美内すずえさんが出ていて
ラストの構想はできているらしいです。
今回の連載再開も続く・・らしい・・・・けど・・・どうなるでしょうね!!
「OLにっぽん」8話
都留康介役の井上芳雄君
今月の「ヨリモブログ」でドラマ初体験談を書いていますが、
「雨」のシーンの撮影の模様も書かれていました。

さて、その雨のシーン・・・・
やっぱり「穴」があって(笑)晴れているのがまるわかりなところもありましたね!!(笑)

「ヒートテック」を履きながらグランドに線をひいていたのかなー(笑)
カッターシャツ姿は、上半身が逞しいぜ!芳雄君!!

yorimo
『シャメ君、ダウン』 シャメとゴマのおばかな毎日、その82
シャメとゴマのおばかな毎日、その82
『シャメ君、ダウン』 

シャメとゴマとお友達と遊びに行った帰り道。
道草食いながら歩くので遅れたゴマとシャメ。
そんなところ・・・シャメが「水切れ」でダウン・・・
down1
ゴマ「シャメ君、大丈夫?」
down2
シャメ「ぐ~~~~」
ゴマ 「どうしよう・・・・
誰かを呼びに戻るか・・どうしようか・・・
ゴマ 「ゴマちゃんがつれてってあげる」
と、シャメを担いだゴマ
down3

ゴマ 「シャメ君・・・結構重い・・・」
シャメ「ぐ~~~~」

さて・・・どうなる????

つづく・・・・かな?
「篤姫」の鈴木綜馬さん!!と「ドラキュラ伝説」
23日の「篤姫」の鈴木綜馬さん、見ました!!
ってまた「これだけ??」(笑)
でも役名のクレジットあり、台詞あり、ザッと立つ「動き」ありで、
今ちゃんの時とどっこいどっこいかな~~~
顔が・・・黒い?いや、暗い?

総集編では「カーーット」確実かな・・・・

そして・・・・幾島と西郷さんのやりとりの迫力はすごかった!!!

お茶の間で見る綜馬さん、「篤姫」はチャンスは後1回
11月29日の再放送です。

そして「上海タイフーン」はNHK、BS-hiで再放送があります。
12月14日(日)10:00~です。

そして「ドラキュラ伝説」もNHK、BS-hiで放映があります。
12月6日(土)9:00~
これはお友達に教えていただきました。
ハイビジョンで見られない方。。。すみません。
『シャメの逆襲』 シャメとゴマのおばかな毎日、その81
シャメとゴマのおばかな毎日、その81
『シャメの逆襲』

トイレに行って手を洗ったけど・・・・・・
シャメ「拭いてくるの忘れた。どうしよう・・・そうだ」
tefuki1
ゴマに鼻水やらヨダレをつけられているシャメ君。
シャメ「ゴマ。ちょっと」
tefuki2
ゴマ 「何?」

tefuki3
シャメ「ふきふき」
ゴマ 「つべたい!!」(冷たい!)
tefuki4
ゴマ 「シャメ君、何てことすんの!!!!」
シャメ「いつもゴマ、オイラで拭くやん」
ゴマ 「きゅ~~~~~」

シャメ君に逆襲されたゴマでした。
 
山口祐一郎さん、ドラマ出演
年末年始のTBSドラマにご出演。
シリーズ激動の昭和
『あの戦争は何だったのか(仮)』
放送日は未定とのことです。
こちら

近衛文麿役だそうで。。。
劇団四季「異国の丘」の九重秀隆さんのお父様にあたる方ですね。
その九重さんを演じた石丸幹二さんは
「白州次郎」にご出演予定でしたね。
こちらは2009年1月17日(土)から3週連続とのこと。

年末年始が楽しみです!

追記
『あの戦争は何だったのか(仮)』
2008年12月24日(水)18:55~
「OLにっぽん」7話では「ルドルフ」共演(笑)
「OLにっぽん」7話・・・

現「ルドルフ」の伊礼彼方君が出ていましたね。
歌っていた歌がなんと「明日への階段」!!
そう「ルドルフ・ザ・ラストキッス」の曲で井上芳雄君演じる「ルドルフ」が歌っていた曲。

新旧「ルドルフ」(エリザベート)で「ルドルフ」の曲とは、同じ事務所の先輩と後輩。
なかなか粋な計らいで(笑)
『今度のプリンは?』 シャメとゴマのおばかな毎日、その80
シャメとゴマのおばかな毎日、その80
『今度のプリンは?』 

冷蔵庫の中にプリンを1個見つけたゴマ。
ゴマ 「またシャメ君に言わないと怒られるよね。シャメくーん
呼んでも返事がない
ゴマ 「シャメくーん」「シャメくーん
なぜに呼ぶ声が小さくなる??

ゴマ 「シャメ君、いないから・・・・・」
ってそういう訳か(爆)
ひとりで【こっそり】食べていると・・・
purin2-1
シャメ「あっ、また一人で食べてるな」
purin2-2
ゴマ 「だってシャメ君、おらなんだもん(いなかったから)」
シャメ「小さい声で呼んでも聞こえんやろ!」
ゴマ 「きゅ~~~」
しっかりばれてる・・・・・
purin2-3

シャメ「そいじゃぁ」
とシャメ君が持ってきたのは・・・・
purin2-4
大きなスプーン
ゴマ 「シャメ君、ずるい!!」

今回もシャメ君にやられたゴマ
ゴマ 「きゅ~~~」
『今度はヨーグルト』 シャメとゴマのおばかな毎日、その79
シャメとゴマのおばかな毎日、その79
『今度はヨーグルト』 

またひとりでヨーグルトをテレビを見ながら食べているゴマ。
yogurt1
かーちゃんが見ていて
かーちゃん「ゴマちゃん、少しちょうだい」
ゴマ「良いよーー」

と、テレビを見ていたら・・・
かーちゃん「これ美味しいねーー。もっと食べていい?」
ゴマ「いいよー」
テレビに夢中で、返事も生返事のゴマ。
かーちゃん「全部食べるよ」
ゴマ「いいよ~~~」
いのかなーー
yogurt2
ふと気がつくと・・・
ゴマ「あれっ、ない」
かーちゃん「全部食べて良いって言ったやん」
ゴマ「きゅ~~~」
食べるか見るかどちらかにしないとねーー


yogurt3
シャメ「あっ、また一人で先に食べてたな」
ゴマ 「かーちゃんに食べられたもん」
シャメ「バチがあたったな」
ゴマ 「きゅ~~~~~」

で・・シャメ君は
ゴマ「あっ、シャメ君も食べとる」
シャメ「これはおいらの分な」
ゴマ 「キャラメル入りやし・・・いいなぁぁぁ」

yogurt4

シャメ「しゃあねーなー」
yogurt5
と・・・・ゴマにも分けてあげたシャメ君。いつもながらやさしいね。
ゴマ「ありがとう~~~」

ゴマが持っていたスプーンは・・・
yogurt6
アザラシの形(爆)
スタジオパークの山口祐一郎さん(笑)
やっとでました(笑)って・・・・「ヤットデタマン」ってありましたけど(笑)

・・・・・・・・・・・・・・(笑)(笑)(笑)
いやー、相変わらず相手を煙に巻いていましたね(笑)
「何話しているのだか、わからなくなりました」
そのとおりですねーー(笑)
うまくはぐらかされて、司会者たじたじ。

スタジオに入る前はいつもの楽屋口の光景。。。。(笑)

にしてもファンには嬉しい時間でした!!!

『ラスクをもらったよ』 シャメとゴマのおばかな毎日、その78
シャメとゴマのおばかな毎日、その78
『ラスクをもらったよ』 

美味しい「ラスク」をいただきました。
美味しいのだけど、難点は・・・・
ゴマ 「ひゃめくん、ほぼえほる」(シャメ君、こぼれとる)
シャメ「ゴマ。口ん中に物入れてしゃべるなっ!」
ゴマ 「ひゅ~~~」(きゅ~~~)
rasuku1

シャメ「ゴマやってこぼしとるで」
ゴマ 「ひゅっ?」(きゅっ?)
rasuku3

食べていると、ボロボロこぼれるのが難点
「下になにか『受け』をおいておこうね」

あっという間になくなってしまいました。
うちではプレーンが人気でした。

シャメ&ゴマ「美味しかったよ!ありがとう!!」
こぢそうさまでした。
『シャメはどこからきたの?』 シャメとゴマのおばかな毎日、その77
シャメとゴマのおばかな毎日、その77
『シャメはどこからきたの?』

77のぞろ目記念(爆)

関西弁をしゃべるシャメ君。
大阪から来ました。海遊館ではない(爆)
syame-1
でも、「おいら」とか「おめぇ」とか言うので、どうやらお江戸から流れてきたみたいで・・・
syame-2
ゴマ 「シャメ君。大阪の前はどこにおったの?」(どこにいたの?)
syame-3
シャメ「そんなん、知るか」
syame-4
ゴマ 「ねえってばーー」
しつこいゴマ
syame-5
シャメ「じゃあ、おめぇはどこから来たんや」
ゴマ 「えっ、ゴマちゃんは・・」
syame-6
シャメ「なぁ」
ゴマ 「しらない!!」

ゴマは母親とはぐれたところを捕獲されたようで、時々うなされています。
ゴマ「怖い人来るよーー」
来ないから大丈夫だよ。

お互い過去は・・・探るのよそうね。
ゴマ 「シャメ君、最近岐阜弁になっとる」
シャメ「えっ・・・まっいっか」
鈴木綜馬さんの情報・・・
友達から
「『月刊ミュージカル』に綜馬さんの予定が出ているよ!!」
メールをもらってみてみたら・・・
(届いていたのですが、まだ封筒から出していなーーい!!)
アダム・クーパーの「On The Town~踊る大紐育~」の来日公演があり、そのオーディションの情報でしたが、その出演者には鈴木綜馬さん、岡幸二郎さん、酒井はなさんが決っているとのこと。
公演は2009年9月17日~26日、オーチャードホール

博多座の「ダンス・オブ・ヴァンパイア」と重なりますねーー。

Yさん、ありがとうございました!!
今ちゃんの台詞!!
「篤姫」2回目出演の今拓哉さん。
友達から「台詞あったよ!」のメールにまだうちにたどり着いていなくて「あと10分」(笑)
録画しておいたものを見ましたが、「岩倉め、たくらみおったな」・・・・
なぜか「シャア!はかったな!」とかぶっていた私・・・(爆)
にしても、この人が「山内容堂」という説明がなくて、知らない人には何とも不親切。
当初は役名のクレジットも出ていたのに。。。ゴールが見えてきたら「手抜きですか?」NHKさん(爆)

今ちゃんの束帯(でいいのかな・・)全身で見たかったです!!

そのあとに出てきた慶喜公のBGMにパイプオルガンが入っていて、思わず「宇宙戦艦ヤマト」が思い浮かんできました(爆)

アニメじゃないってーの!!
『ミルク・・今日もまた・・・品切れ』 シャメとゴマのおばかな毎日、その76
シャメとゴマのおばかな毎日、その76
『ミルク・・今日もまた・・・品切れ』

ミルク好きの2人。おやつ代わりに「ミルク」なのだが・・・
milk-1
「ミルク、今日もまた♪」
milk-22
「品切れ♪」

milk-3
ゴマ 「どうして~~~」
シャメ「買ってなぁ~い!」

時々なくなりかけているのに買い忘れます。
milk-4
シャメ、ゴマ「忘れずに買っておいてよっ!!」
死活問題で切実(爆) 激しく抗議!!
すいましぇ~~ん。

「エリザベート」東京公演、開幕しましたねーー
「ミス・サイゴン」 10月9日ソワレ
「ミス・サイゴン」
2008年10月9日、ソワレ  帝国劇場

saigon1009s7

帝劇での公演は終わってしまいましたが。。。。
初日以来2回目を見ました。
今回は2階のB席から。
そういえば・・・「ミス・サイゴン」を2階席から見るのは初めて。

キャストはキムの新妻聖子さん、エレンの鈴木ほのかさん、トゥイの泉見洋平さんは2回目。

開幕から2ヶ月半以上だったので、まとまりは良かったと思います。
キャストさんたちも、それぞれよくなっていたようで、今回も「歌」をしっかり聞かせてもらいました。

市村さんのエンジニアを見た後だと。。。どうしても「薄っぺらい」のですよーー。
橋本さんもがんばっていて、胡散臭そうなところもよかったのですが、「アメリカン・ドリーム」は
「何かが足らない」・・・・

藤岡君が、また歌い方を変えていたと思いました。
坂元さんに・・・似ている!!!!!(笑)
坂元ジョンの「ブイ・ドイ」もなかなか説得力があって良いです。
泉見さんのトゥイは、怖さがましていました(爆)

今回良かったのがラストシーン・・・
自殺するキムを抱くクリスが「レ・ミゼ」のエポニーヌとマリウスにも見えてきて・・・
手をぶるぶるさせいていた新妻キム。
そして・・・・タムを抱き寄せたエレンに・・・泣かされましたーー!!!

2階からだと、ヘリコプターも良く見えるし「モーニング・オブ・ドラゴン」の隊列もきれいに見えます。
「ブイ・ドイ」のコーラスやドラゴンダンサーの迫力は半減するのは。。仕方ないですね。

これはあまり書いてはいけないかもしれないですが。。。アンサンブルさんの中にひとり小さい人がいて、他は並び的にも「見栄え」もよかったのですが、ちょっとぶよぶよした感じは、GIにもベトナム人にもいないのじゃないの?と思えました。もっと身体締めようよーー!

パンフに「ちびソロに命掛ける」というのもあって・・まぁそれも良いですが「ミス・サイゴン」はコーラスがかなり重要になるのては?と思ったので、コーラスにも命掛けて欲しいな。

今年の「ミス・サイゴン」は2回の観劇で終わりました。
やっぱりこの作品。。。。あんまり好きじゃないなーー。

というのは・・・
何につけても「アメリカバンザイ」、その風潮があった時代なのかもしれませんが、自分達の戦争に勝手に介入してきたアメリカを、ベトナム側がみんなそう見ていたのか。
そして、トゥイを殺してまで、なんとしてでも「タム」を守ってきたキムが最後になぜ自殺してしまうのか・・・
クリスとエレンに預けるため?強いてはアメリカ人にするため?
「ブイ・ドイ」の歌詞にも子どもたちのことを「生まれた、ゴミくず」と一度は言っている。
他の歌詞もご都合主義にも聞こえる。そういうのに、嫌悪感を持ちました。

そして、エンジニア初め、キム、トゥイ、クリス。が「自分のことしか考えていない」(爆)
それぞれの事情も分からなくもない。
クリスもエレンと結婚したのは自分を慰めたいから?
ベトナム戦争からの帰還兵の精神的打撃は想像をぜっするものだったらしい。
トゥイは「婚約」を盾にキムを自分のものにしようとする。当然の権利といえばそうである・
キムはジョンに再会してからは、クリスに会える嬉しさからか、ジョンの話をまともに聞こうともしない。
舞い上がるのはわかるけど・・・・あげく・・そらみなさいといいたい事態になるのですよーー。
これが「究極の愛」なのか・・・究極の愛とは「自己愛」のことなのか・・・
タムのために死ぬことが「究極の愛」・・・これにも違和感を感じました。

ロビーには出演者のメッセージが張ってありました。
何人かが「究極の愛」を掲げていましたが、パンフやチラシにも歌ってある言葉ではありますが、本当に理解してこの言葉を使っていたのかも疑問でした。

欧米側の都合で見ているだけのような話で、雑誌でもどなたかが書かれていましたが
「クリスのいない3年間」をどう表現するか・・・・
あんまり時の流れが感じられないキャストもいました。
曲は好きなのですが、「レ・ミゼラブル」とは違って、アンサンブルさんの個性はあまり見えてこない。。
これもいいのですけど、どうしてもいろいろ「違和感」を感じて好きになれない作品です。
何より「アメリカ賞賛」が、受け入れられないのかも(爆)

今年の2回でよかったのは・・・・キャストさんの成長ぶり・・かな。
『友人の結婚式にて』 シャメとゴマのおばかな毎日、その75
シャメとゴマのおばかな毎日、その75
『友人の結婚式にて』 

先日友人・・といっても年はちょいと下の結婚式に出席しました。
で・・・やはりついてきたふたり。

披露宴をおとなしく(笑)見ているものの、料理が出てくると・・・
kekkonshiki2
ゴマ 「わーーい」
シャメ「うまそう」
kekkonshiki1
といつものふたり・・・・

デザートは「デザートビュッフェ」だったので
ウエディングケーキのおすそ分けと、他にも・・・
「プリン」(爆)
kekkonshiki3
この頃には食べる方に夢中(笑)

ゴマの蝶ネクタイ、また曲がっている(爆)
kekkonshiki4
肝心なことは???
シャメ&ゴマ「おめでとう!!」


この結婚式・・・いきなり「招待状」がきました。
ちょっとびっくり
「聞いてないよーー!!困ったなーー」
というのも、すでに予定は入っている日。
それに「エリザベート」を見に博多にも行く予定で、資金が・・・(爆)
チケットを捌こうにもどこでもいいからと取っていたチケットは
後ろの方・・・どうしよう・・・・・

そんなこんなで、予定変更もなかなか上手くいかず。
ちょっと気が進まなかったのは、以前にここで書いた婚約者さんを亡くした友人の話を聞いた後だったこと。
彼女は伴侶を亡くしたとこで、こちらは・・・・それまでいろいろあったので、
「何でこっちの彼女は結婚できるん?」
つながりも何もないで、関係はないのだけど、
自分の中で整理がつかず、悶々と日々が過ぎました。

招待状がきただけで、本人からはメールもなければ何もなく、
誰が行くのか?と予想をつけて聞いた友達は
「なんか、みんなで歌を歌うらしいよ」
「・・・そっちも聞いてないよーー!!」
ともう一人の友人に聞くも
「結婚するのはある程度聞いていたよ。せっかくだから行こうよーー」
って・・・知らなかったの私だけ??

チケットも何とか値下げして捌いて、お祝い金・・・まだ足らない(爆)
歌の話も、本人から何もなく・・・・楽譜のお尋ねがあっただけ・・・・
手元になかったので「ないよ」と返事。

何だかんだと、まだ気が乗らないまま出席しました。

チャペル形式の「人前式」
披露宴もお仲人さんもなくアットホームな披露宴でした。
結局歌も歌わなくてよかった。

お母様を亡くしていたのが席表にはお母様のお名前が。。
「再婚された??」
のではなく、お母様のお席も作ってあったのですね。

当日になってやっと「おめでとう」が言えたかな。
人のよさそうなだんな様で、よかったです!

久しぶりに会った6人の仲間達の年齢は・・・約10才ごとに離れていたのが4パターン(爆)
「そうだったよね」(笑)
一番若い子が2児の母(爆)、独身が・・・3人

また先を越されてしまった・・・・(爆)
オペラ「ひかりのゆりかご」 11月2日
オペラ「ひかりのゆりかご」-熊になった男
2008年11月2日(日) 長良川国際会議場 メインホール「さらさ~ら」

【出演】
中鉢 聡
渡辺文子、鈴木美緒、大和田晴美、井上白葉、市川和彦、杉野正隆、和下田大典、依田雄士、
庄 智子、江口浩平、出口麻美、津田俊輔、志村文彦、小川茂子、清水一皓、秋本 健、岡山 肇、阿部伸勝、山田智恵、二村千恵子、大梅慶子

オペラ「ひかりのゆりかご」合唱団、郡上八幡少年少女合唱団
しろとり少年少女合唱団、大和少年少女合唱団
郡上踊り

総監督:井戸輝雄、音楽監督・指揮:坂本和彦、演出・台本:高木 達、作曲:吉岡弘行


劇団仲間が出るというので見に行きました。
創作オペラで、舞台が郡上八幡、主役が中鉢さんというのも興味をそそりました。

4月にプレイベントもあり、宣伝していたのかというと。。。あんまり見なかったなーー。

リストラされて、恋人にも結婚を言い出せない弱気な青年が、ふとしたことで「熊」になってしまった。
病院に入院中に、正体不明の少女・ハニーと出会い、恋人と・・・別れた???
子ども達と交流したり、精神科医の実験台にされたり、教祖に祭り上げられたり。
少女とともに、教祖の元から逃げて、やっと「人間」に戻った後は・・・

まぁそんなあらすじ。

テーマは「親子愛」と現代のかかえる問題。リストラ、いじめなどが盛り込まれていました。
郡上踊りを出して、郷土色を濃くしたのは良いのですが・・・どうして「郡上八幡」だったのか・め
豊かな自然・・かな?

郡上踊りの「節」をうまく使って、太鼓の音で「歌」にしていたのは良かったです。
歌手は中鉢さんはじめかなりの「歌い手」が集められていて、良かったのですが
それぞれの出番が少なく「もったいないなーー」が実感です。
どうもはっきりとしない部分があり、あれこれが中途半端で消化不良でした。

中鉢さん演じる「熊崎富男」さん。
熊になった時も人間そのまま(爆)
歌詞の中に「恋人にも捨てられ・・・」というのがありましたが、
いつ恋人に捨てられたのか???
熊から人間に戻るきっかけが・・・たぶん洞窟の中で顔にかかった「しずく」だと思うのですが、
そのあとの台詞から、「僕は熊だった」とすぐに悟るのがなんだか不自然。
台詞部分のテンポもよくないのと、言葉の使い方が古くさく感じました。
富男が倒れたのは、猟師が打ったタマのせいらしく、猟師たちが責任のなすりあいするシーン。
「セーフ」なる言葉が多用されていましたが、これも、面白いわけでもなく中途半端・・・
恋人の静さんも・・・・「捨てられた」らしいけど、最後にまたよりを戻していたら、良かったのに・・

場転なども無駄に時間を使っているのでは?と思う部分と、「そこって消幕でもつけたら?」と
思えるほどスムーズでもなく、素人さんがやっているみたいでした。
富男とハニーが教祖のとこから逃げるシーンの雪原???らしきシーン。
布とムービングライトを使って綺麗だったのですが、それだけの時間が長くて、最後には嫌になってきました。他の装置の準備時間なのか、衣装変えなのか・・・ハニーの衣装に比べて、やけに「軽装」
変な教祖の衣装(「マグマ大使」のゴアみたいだった(笑)ってこれ分かる人・・・・(笑))
この着替え時間?にしては長すぎる。

舞台のセンターのスペースが、かなりの傾斜がついた「八百屋」で、ここまで傾斜をつける必要は?
高い部分は「台」の代わりにもなるけど「歌」中心のオペラで、この舞台では歌いにくいのじゃないかと心配になりました。

1幕最後の緞帳が降りるところ・・・キャストの皆さん。(特にドクター)緞帳下りてから動こうよ!!
みっともないでーーー(爆)
これを筆頭に、袖にはけるところですでに「素」になっている人多し。
合唱団は「歌」は良かったです。
場面によっては「役者」としてでいたのが、出来ている人とそうでない人の差があり
「そうでない人」が目立ってしまっていました。
こちらも「はける」のが・・・・・「素」
子どもたちも元気良く良かったのですが、とまどっているまがまるわかり(笑)

会場が響かないせいか・・・その分言葉がわりとはっきり聞こえてきました。
中にはオケに「声」を消されていた人もあり。

中鉢さん。実物を見て聞くのは初めてでしたが、想像より太め?(ごめんなさい~~)
台詞と歌の声のギャップは仕方ないとして(笑)良かったですが・・・・ラスト近く。父親とわかりあったところで抱き合う間かと思ったら・・・・握手をしたかしないかで、スーッと横を通って後ろに控えていた子どもをエスコート・・・
それはちょっと違うんじゃない???(爆)

男性陣とハニーの鈴木さんがいい声でした!
母熊役の「女性」の人は・・・ちょっと弱かったかな。

そして和下田大典くん。
いやーーびっくり!!上手くなったというか・・・私が最後に聞いたときは、まだバリトンともテノールともつかず、中途半端な声だったのが、しっかり「バリトン」の声になってきていました。
出番は少なかったけど、部分によっては中鉢さんより響いていて(バリトンだからちょっと有利かな)良かったし「芝居」も上手くなっていた。
身内の贔屓目かもしれないけど(爆)成長振りが見られたのは嬉しかったです!

それより・・・プログラムを見て・・・笑った!!
和下田大典・・・ワゲタダイスケが「Masanori Washitada」・・・・・・あんた誰??(笑)
合っているところが「da」だけって・・・(爆)
しかも役名も、説明には「雅行」なのにプロフィールには「正行」
他にもバリトンの人が「テノール」になっていたり・・・
訂正の紙も入ってなくて、これはかわいそうを通り越して「失礼」だわ!!

初日ということもあったのかも知れないけど、何とも「段取りが悪い舞台」
13金の舞台をみているかのよう・・・13金はも少し段取り良いと思うのだけど。。。。(爆)
一緒に行った劇団仲間いわく「イベ大みたい」
「イベ大」とは・・・「イベント大学」といって岐阜市がやっていた舞台の裏方養成講座のようなものです
私は関わったこともなく、発表を「見た」だけるなるほど・・・・

4000円というチケット代を思うと、舞台に立っている人が「プロ意識」を持っていた人とあんまり持っていなかった人の差もあり、全体的にちょっと高く感じました。
製作側に関わっている団体などを見ると、かなり力をいれていたようなのですが、そのわりに宣伝されていなかったこと。
新聞によると、8月にこれを東京に持っていくようなのですが、それまでにはもっと練り上げて欲しいです。

大半のメインのキャストのみなさんの歌がすばらしかったのが、せめてもの救いでした。

製作側の意識は高いようでしたが「見せる」ことにもっと意識を持って欲しかったです。
東京と岐阜との稽古で、全部があわせられたのが本番直前だったらしいですが、そんなことはわかりきっていることで、言い換えれば・・・よくここまで出来たなーというところでしょうか。
そんなこんなで、段取りの悪さなど裏方の「アラ」が見えてしまって、突っ込みどころ満載でした(爆)

ひとまず・・・わげちゃん、お疲れ様でした!
「篤姫」完結編
NHK大河ドラマのストーリー本の完結編がでていました。

ぱらぱらめくっていたら、俳優さんの「セレクト」のコーナーがあり、台詞やシーンを選んで載せてありました。
当然チェックは「山口祐一郎」(爆)

・・・・・・・・・(爆)(笑)(爆)(笑)
相変わらずの「祐一郎節」で・・・
「オジサン」ですかーー(笑)
シーンと台詞は選んでいなかったです。
篤姫役の、宮崎あおいさんへのメッセージもあり、こちらも「祐一郎節」でした(笑)
(「崎」は「大」が「立」です)
まぁ見てみてくださいなー(笑)

篤姫 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)篤姫 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)
(2008/10)
宮尾 登美子田渕 久美子

商品詳細を見る
がんばれリスモ 5
10月31日のリスモ君

lismo8

ハロウィンのかぼちゃの仮面をかぶっていました。
ちょっと不気味・・・・(爆)
『東京でのとある日』 シャメとゴマのおばかな毎日、その74
シャメとゴマのおばかな毎日、その74
『東京でのとある日』 

9月に東京に行った時。。。夜行電車の「ムーンライトながら」で日帰り・・・
朝5時前に着くので<、このときは築地に行きました。
前に入った海鮮丼やさんを探してうろうろ
ゴマ 「ここ??」
シャメ「違ぁう!」
シャメ君の野生の感が頼り・・・(爆)

やっと見つけたけど・・・早いからかお客があまりいない・・・
いいのかな?と思いながら入っていくと「どこでもどうぞ」と
さて、何にしようか。。。
結局「海鮮丼と味噌汁」で同じパータン・・・でも丼が100円高くなっていた。
仕方ないよね。

お待たせ「海鮮丼」、ご飯はまた半分にしてもらいました。
kaisen1
ゴマ 「おさしみがいっぱい」
シャメ「うまそーー」
kaisen2
具の厚みが・・気持ち薄くなった??

さすがに朝早すぎて、全部食べ切れなかった
ごめんなさい

この後に行ったのが「上野公園」
西郷どんの銅像の前で・・・
シャメ「どんつながり・・・」
ゴマ 「えっ?何で」
シャメ「丼の『どん』と西郷『どん』」
ゴマ 「あっ、そっかーー」
saigo1
後ろの西郷どんを見て
シャメ「ゴマ、場所交代」
ゴマ 「ん??」
写真を撮ってみたら・・・・
saigo2
シャメ「ゴマの頭に西郷どん」
ゴマ 「きゅっ??」
なるほど(笑)

この後、東京都美術館で
「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」
を見てきました。
平日の朝でもチケット売り場には列・・・
出展予定の《絵画芸術》が出品中止のとなり、代わりに《手紙を書く婦人と召使い》が出展されているとのこと。
それでも過去最高数の「フェルメール」の展示とのことで、わりとじっくり見てきました。
「フェルメール」といえばコバルトブルーの色が印象的なのと、何かしているところの人物像・・
表情はあまりないような印象したが、女性が笑っているものがあり、これは初めて見るパターンでした。
12月14日までやっています。

この日の目的は宝塚月組み「グレート・ギャツビー」(日生劇場)と星組「スカーレット・ピンパーネル」(東京宝塚劇場)の宝塚マチソワ(笑)
宝塚でマチソワは初めて!!

「グレート・ギャツビー」は瀬奈じゅんさんの「哀愁の背中」(爆)とかっこいいスーツ姿を堪能してきました。
「スカピン」では・・・開幕前に客席で「ピンと張り詰めた空気」を体感しました。
開幕を待つ客席の空気・・・「レ・ミゼラブル」や「エリザベート」ではありましたが、宝塚では初めて。。。鳥肌たってきました
舞台の方も宝塚で見たときよりも良くて、パーシーの「衣装をお貸ししようか?」は
パーシー「着るのに30分もかかる・・・」
ショーヴラン「レーザーレーサーは結構です」
パーシー「なんもいえねぇ」(爆笑)

帰りも「ムーンライトながら」
東京駅で
moonlight

疲れたけど・・・
シャメ&ゴマ「楽しかったよーー!!」
車中爆睡!
スタジオパークに山口祐一郎さん!
国会中継のため延期になっていた
NHK「スタジオパーク」の山口祐一郎さん

11月12日(水)13:05~になりました。
NHK総合です!
劇団四季がDVDを発売
劇団四季がDVD発売を開始するそうです。

第一弾が「李香蘭」「異国の丘」「南十字星」の昭和三部作。

その後「夢から醒めた夢」「ユタと不思議な仲間達」「赤毛のアン」「ハムレット」「ヴェニスの商人」「ひかりごけ」「解ってたまるか!」「人間になりたかった猫」「魔法を捨てたマジョリン」「ジョン万次郎の夢」などが続くそうです。

いよいよというかやっとというか・・・
他のコメントは控えさせてください・・・・(爆)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。