こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Super Live Vol.2 LOVE LEGEND」 来年4月
「Super Live Vol.2 LOVE LEGEND」
またウィーンチームがやってきます!!
構成・演出・振付:広崎うらん 、音楽監督・指揮:塩田明弘
出演:姿月あさと、マテ・カマラス、ルカス・ペルマン、マジャーン・シャキ、伊礼彼方、湖月わたる
(敬称略)

梅田芸術劇場メインホール
4/3(金)~5(日)

東京新国立劇場中劇場
4/9(木)~13(月)

詳細は梅田芸術劇場
スポンサーサイト
『ふるーつ大福』 シャメとゴマのおばかな毎日、その73
シャメとゴマのおばかな毎日、その73
『ふるーつ大福』

コーラスの練習でのおやつタイム
仲間の「いちGO」が1時間も並んでとき別出張販売している
「養老軒のふるーつ大福」を買ってきてくれました!!

岐阜の加茂郡川辺町のお店のオリジナル大福。
以前にもKちゃんにもらったことがありましたが、1個で十分な大きさ。
中にあんことイチゴとバナナと栗が入っています。
シャメとゴマと先生のところの抱き枕のクマちゃんとで・・・「1個」

ゴマ「これ??大きいねーー!」
daifuku1
ゴマ 「どうやって分ける?」
シャメ「一口ずつ食べる」
クマちゃん「いいねーー」
daifuku2
ってことで、あけて一口ずつ食べるのだけど
「何が当たるか分からない」
ゴマ 「バナナやった」
シャメ「イチゴ出たで!!」
daifuku3
ゴマ「いいなぁ~~~クマちゃんは?」
クマちゃん「栗」
シャメ&ゴマ「いいなぁぁぁぁ~~~~」
結構大きいので、中味も仲良く食べられたようです。

シャメ&ゴマ&クマちゃん「美味しかったよ!!ありがとう!!」

わざわざ並んで買ってきてくれたいちGO、ありがとうございました!!

11月のテレビの舞台中継
テレビの舞台中継

NHK教育
11月14日(金) 22:30~
市村正親さん主演 「KEAN」

11月28日(金) 22:30~
劇団四季「南十字星」

日時は確認してくださいね。
「OLにっぽん」4回目の井上芳雄君!
10月29日の「OLにっぽん」の井上芳雄君・・出番も見所もいっぱいでしたね。
話の内容はおいておいて(爆)、なにやら悩める青年・・・

ミュージカルヲタがばれるような選曲のipot(?)を見つけられたり・・
「シェルブールの雨傘」「チム・チム・チェリー」「なにかが起こりそう」「ひとりぼっち」「もしも君を愛したら」「「ラバリー」「ワン~君だけは」「君の瞳に恋してる」「見果てぬ夢」「人生に乾杯」「虹のかなたに」「民衆の歌が聞こえるか」「命をあげよう」で・・・
ちび太が歌っているのが「見果てぬ夢」

さて「素敵シーン」はカラオケか、野外舞台で歌うのかと思ったら。。なんとオフィスで「見果てぬ夢」とは・・・やられたーーー!!
このあたりのシーン、なぜか泣けてきて・・・芳雄君芝居上手くなったよなーー
親心?(爆)
都留君のあきらめた夢は「ミュージカル俳優」?
野外劇場で歌っていた人も声良いのだけど・・・

いやー、それより、芳雄君の歌独り占め!!で抱きつかれる!!
芳雄君の演じるラブシーンっていろいろ見てきたけど、この時ばかりは「観月ありさになりたい!!」と思ってしまった~~~~

番組のHPの「キャスト&スタッフバトンリレー日記」にも芳雄君登場しています
OLにっぽん

話の内容はともかく・・(爆)「ちび太」のからみも面白そうですねーー。
本来のドラマの見方・・していないよなっ

追記
録画したものを何度も見てしまいました。
都留君の「見果てぬ夢」。
ネクタイをはずしながら歌う姿にもなぜか「色気」を感じてしまった!(おばか)
他には何もいれず、リサイタ状態のシーンに感謝感謝!!!
濃さを阿部さんに持っていかれていましたが、今回はしっかりアピールの都留くん=芳雄君だったかな。
こっそりのぞく阿部サダヲさんの「ちび太」も気になりますねー。
『コルモラーニ2008inぎふ にて』 シャメとゴマのおばかな毎日、その72
シャメとゴマのおばかな毎日、その72
『コルモラーニ2008inぎふ にて』

10月19日の日曜日、友人と会う約束があり出かけていったら・・・
「メモリアルセンター」あたりで渋滞。
珍しいような車をみかけて・・・「モーターファスティバル」だ!!

帰ってきてから、パソコンで作業をするも行き詰まり
気晴らしに自転車に乗っていってきました。
『モーターフェスティバル コルモラーニ2008inぎふ』
毎年やっていると思ったのだけど、いつも行きそびれていました。

クラッシックカーとスーパーカーの展示
これはオーナーさんの、「車自慢」のような集まり。

kuruma3

他にモータースポーツカーの展示やイベント、飲食物販売もあり
kuruma2
フォミュラーカーには「ご自由にお乗りください」と・・
靴を脱いで、コックピットに座って記念写真を撮っている人人、子どもが多かったのですが・・・
kuruma1
シャメ「こっちは反対向きやで」
ゴマ 「だって・・・写真撮ってもらえんもん」
さすがに、シャメとゴマでは・・・(笑)

他にトヨタのパリダカに出たというラリーカー「セリカGT-FOUR」や、SWCで優勝、ル・マンで準優勝した「トヨタ TS010」の「エンジン・パフォーマンス」が、FJ1600シリーズのドライバー、寺西玲央さんのトークと共にありました。
ラリーカーの音はまぁこんなものか・・でしたが、プロトタイプのスポーツカーはすごかった!!!
ゴマ 「でーれー音やがねーーー!!」
シャメ「すごいなぁぁ」

シャメ「あっ、ロールスロイス!」
ゴマ 「ルパンの車」
「ケーターハム」だったのでちょっと違うかも・・・

黒いフェラーリもあって・・・川原泉さんの「笑う大天使」にも出てきたよなー
なんて思いながら気に入った車の写真を撮ったりして、少しの時間でしたが楽しんできました。
「パフォーマンス同好会」 10月9日
「ろっくりばー パフォーマンス同好会」
2008年10月9日

日にちが前後しましたが、ファンクラブのイベント「パフォーマンス同好会」に行ってきました。
こちらは山口祐一郎さんのイベントで、祐さんと一緒に皆さんの「パフォーマンス」を見る会です。

最初から祐さんが「すみません」とお詫びから。
「遠くから旅費とホテル代払って、こんなもの見せられて・・・」
いやいや、そんなプロの演技は期待してないし、素の祐さん見られるだけでも十分!
それに祐さんが「お詫び」するほど、悪くないと思うのですけどね。
とりあえず「あたたかい拍手とリアクション・・・こういうのだなということで笑ってください」
と拍手と笑いの「練習」(笑)
説明が・・・長いのだけど、その分祐さんを見ていられるからか、文句は・・・でないよね。(笑)

パフォに出られる人は、本当に素人さんからプ級の腕前の方までさまざま。
共通していることは「祐さんに見せたい!」ではないかな。
回を重ねるともみなさん「受け」を考えられるようで、各公演の「こんな祐さん」パターンが多くなりました。
今回は「レベッカ」ネタが多く、演奏も「レベッカ」の曲もあり
他の演目の曲も合わせた替え歌チーム、指人形での上演版、着ぐるみチームなどなど。
一人で歌われていた方もありましたが・・・・長いとちょっと「飽きる」のが難点。

とはいえ、どのチームも工夫をこらして、笑えるところ多すぎ!!
祐さんの特徴をよくとらえていて「そうそう、それ!!」と言いたい場面多し(笑)

パフォーマンスの間は祐さんは「どこかの席」に座って、一緒に見ています。

質問コーナーでは「かごの乗り心地は?」「どうして内股?」など(笑)

かごは「篤姫」ですね。
衣装とかごの側面と扉と揺れ具合を変えて、全シーンを1日で撮影した。
鹿児島には行ってない(CGだそうで(爆))
「あとは任せた」というのは・・・「日比谷(クリエ)」に行かなくては行けないので、本当は久光さんが出かけて行ったところでも「まかせた」といって日比谷に行っていた。
撮影の時間がなかったのですねーー(笑)
煙管を折ったのは・・・
当初は投げる予定だったのが、投げると撮影にも時間がかかるので、その場で終わる「折る」にした。

内股は・・・(爆)
いろんな役によって代わるのだけど。。(爆)
野球でも、外またになっていると、塁に出た時にすぐに走れない。
内股気味だとすぐに行動できる・・と実演つき(笑)

声がが聞こえないので・・・というのがあり、大きな声で、途切れ途切れに「わかりやすく」
話すようになって・・・これはこれで面白かったです!!
子どもがぐすると赤ちゃん言葉であやすようにしゃべっていました。
あとは「エリザベート」の「闇が広がる」でスタンバっていると、袖のスピーカーがすぐ近くでね耳が痛いほど。
背が高いから「ハス」のシーンでは頭が出てしまうので、かがんでいる。
ドクドルのスタンバイも同じでかがんでいる。
タワーのの中は螺旋階段になっていて、登りはまだ良いけど、くだりは上に来る階段をつかみながら下りる。

祐さんサイズではないところが多いようですね(爆)

友達が出ていたので、「次は一緒に」と誘われたのですが、丁重におことわりしました(笑)
準備も大変だけど、舞台に立つのはもういいかな(笑)
友達もドキドキするのと段取りをうまくやらなきゃとかでたいへんだった!!とか。
それでも「出る」ことにはほんとに頭がさがります。
たった5分~10分の出番に、衣装や道具も整えて、練習してきたのでしょうね。
以前に祐さんが言っていた、客席と舞台の間の「3段(くらい)の差が勇気があるかないかの差」なんですよね。
お疲れ様でした。

他のパフォーマーの皆様も、楽しい時間を下さって、ありがとうございました!!
おなかが痛くなるほど笑わせてもらいました!!

このイベントが続いているということは・・祐さんはこれが「好き」なのかな(笑)
パロディのシーンはその場面になると思い出すとか・・・
いや見ているほうも、思い出して笑いそうになります。

以前のものから。。。
「レ・ミゼ」の最後のろうそくのシーン。「はげの中に・・・・」
「エリザベート」の「いたぞ」が「きたろう」・・・さてどのシーンでしょう(笑)
皆さん、ほんとに良く見ているけど、うなづいている自分も「見ている」のだよね(笑)
今ちゃん、こんだけ?
「篤姫」出演の今拓哉さん
・・・・えっ・・・こんだけ???

顔はまぁなーーんとか見えましたが、役名の紹介もなく、台詞もなく・・・光枝さんの顔無し台詞ありとどっこいどっこい・・・???
唯一、祐さん久光の同席なのと、久光の後から退出するのが救いだったか(爆)

あと1回・・台詞あるんかいなーー

綜馬さんの榎本武揚も・・・どうなるやら
『ドアラがついてる』 シャメとゴマのおばかな毎日、その71
シャメとゴマのおばかな毎日、その71
『ドアラがついてる』

プロ野球の「クライマックスシリーズ」。今年は順当にペナントレースどおりに日本シリーズに進出となりましたね。
この「クライマックスシリーズ」・・・あんまり良い感じではないのですけどね。

負けてしまいましたが、中日ドラゴンズのマスコット「ドアラ」が人気だとか。
友達から「受け狙い」とこんなお菓子をもらいました。
doara1
パッケージには「ドアラ」がいっぱい!

反対側は・・・後姿の「ドアラ」
doara2
あんたたちまで背中見せなくてもいいのだけど・・・
シャメ「クー?」
ゴマ 「きゅ~?」

中はチョコレート菓子がいっぱい!
ビニールもドラゴンズカラーのブルー。
doara3
ゴマ 「チョコエート、おいしいよーーー」
シャメ「チョコレート!!」
シャメ&ゴマ「ありがとう!!」
箱はとっておこうね。
 
中日新聞にネタをパクらレたのかと思った。
8月2日に「からし豆腐」の記事を書きました。

10月になってから中日新聞に「からし豆腐・・岐阜だけ?」という記事が載っていた
こちら
友達から「同じネタやね」と教えてもらいました。
なるほど。。。。

そして昨日・・・10月18日の夕刊には「バナナがない」ネタ・・・
これも10月4日に書いているのだけど。。。
今ではバナナは以前ほど消えていないし。。。話題遅すぎ!!

時事ネタではあるので、同じになっても「良くあること」なのだけど
何だかパクられたのでは?ってな気がした。
って・・・・自意識過剰だなーーー(爆)
宝塚友の会・・・さすが
宝塚友の会のチケットエントリー。
といってもなかなかチケットはとれないのですけど(笑)
電話でのシステムが変わり、1回のエントリーで時間がかかりすぎてしまったことがあり、
早速電話で「何とかならないのでしょうか?」と聞いてみた。
そっけない返答しか帰ってこない。。。とおもいきや
「どんなところがご不便でしょうか?」と丁寧に聞いてくれて。
「そういう声をいくつかいただいていますので、善処したいと思います」

果たして・・・1週間後。
まだ不満は残るものの・・・変わっていた!!!

期待していなかった理由は。。。某劇団の『自動予約』
電話が繋がったと思ったら・・・ツーツー
通話の途中で「ぶつっ」・・・携帯からでもないのに・・・
何度も「途中で切れるのですが」の抗議するも
「そんな報告はきていません」
「うそっ、私は3回目だけど・・・・」

まだ改善されていなかったのでまた抗議・・・
しかも席番を案内された後で・・・ブッッリ切れて、こっちも切れた!!
「携帯からは、切れることがあります」
携帯からじゃなくて公衆電話から・・・
「だから。何とかならないのですか?」
「N○Tの管轄なので、わかりません」
それ以来、何にも変わりなし。

この差は何でしょねーー。
やはり大手鉄道会社が親会社に控えているとこんなに違うのか、
「お客様」への意識が違うのか・・・

さて宝塚に戻して・・・
それでも時間がかかるのと、肝心なところで早口になって、聞き取れない。
また「何とかならないのでしょうか?」ときいたところ
「善処するようにしていますので」とのこと
お姉さんの対応も丁寧でした!

しばらくして・・・変わっていた!!
まだ時間はかかるものの、肝心なところはゆっくりと、
どうでもよさそうなところは精一杯であろうところで早口になっていた!!!

うーーん、こういうところも「清く、正しく、美しく」良いですねーー!!
「OLにっぽん」3回目
録画してみています。
3回目の阿部サダヲさんの戦う姿がかっこよかった!!
公式HPによりますと、女性スタッフの間で「ひそかに」プリンスと呼ばれているという井上芳雄君。
次回は素敵なシーンがあるようですよ!!
OLにっぽん

密かに呼ばれなくても・・・すでに大いに「プリンス」と呼ばれていますが・・「プリンス」の前にはいろいろついているようなんですけどね(爆)

でもこのお話・・・若手の女性社員にリストラ候補をあげさせるとか・・ありえるの???
OL生活から足を洗って長くなりましたが、ありえないような話が多いように思うのですけどね。
『鳩サブレー』 シャメとゴマのおばかな毎日、その70
シャメとゴマのおばかな毎日、その70
『鳩サブレー』 

先日お土産にもらった「鳩サブレー」と「豆楽」
「豆楽」は食べてしまいました
「鳩サブレー」をそれぞれ食べようとしたら・・・
hato1
ゴマ 「ゴマちゃんの、割れとる(われている)。シャメ君、かえっこしようよ(交換しようよ)」

hato2
シャメ「やだよーー。腹にはいりゃ同じやん」
ゴマ 「きゅ~~~~」

どうせ割って食べるんだからさーーー。
小林一三氏に翻弄された、「宝塚BOYS」
宝塚の生徒さんカタログ・・・(笑)「宝塚おとめ」の今年のものを見ていたら
「小林一三語録」というのがありました。

読んでみると、
「女ばかりでは不自然だ、やはり男女の芝居でなければ・・・何べんか宝塚歌劇を良性歌劇にしようと計画したが、今日ではもうそんなことは考えたことがない」

というのに翻弄されたのが「宝塚BOYS」の皆さん・・・・ではないでしょうか。
男性を募集して「男子部」を作りながら、ついには大劇場での「共演」の夢は破れる・・・
この文には続きがありなぜ男性を入れるのをやめたかが書かれています。
「男性美を一番良く知っているのが女で、男役は工夫をして実物以上の惚れ惚れする男性を演ぜられているわけで、そこが宝塚の男性の非常に輝くところである」
ちょっと省略しましたが、そのとおりではあります。

宝塚の男役がかっこいいのは、いかにかっこよくするかを追求しつづけていること。
そして娘役はもいかに女らしく、惚れ惚れするように「男」をみるか・・・
いわゆる「女であることに甘えていない」のである。

以前、宝塚ファンの友達に劇団四季を見てもらったら
「男のダンスは良いけど、『男であることに甘えている』」といわれました。
なるほど・・・・
その友達は、気に入ってくれて「また見に行っちゃったよ(笑)」と・・・

話を戻して、そういう宝塚の世界を確立するには、努力の汗を流しながら
結果は遺恨の涙を流した男達がいたことを、忘れてはいけないのだと思いました。
こういうことを生徒さんや、宝塚関係者はわかっているのだろうか・・・な。

「宝塚BOYS」は作品としても評価は高かったようですが、1年後の再演はちょっと早かったような。。。
ふと、本物のBOYSの皆さんも観劇されたとの記事に、去年見られなかったBOYSの人たちにもみてもらうためにも、早く上演したのでは。。。なんてね。
宝塚星組「スカーレット・ピンパーネル」・・・終わっちゃったけど
宝塚星組「スカーレット・ピンパーネル」を考察してみました(爆)
2008年9月 東京宝塚劇場  演出:小池修一郎

宝塚の公演を見るのは、地方公演、特別公演以外はたいてい「宝塚大劇場」で。
気に入ると東京まで遠征していきます。東京の方が、改定されていたり、まとまりもよくなっていたり・・何回かやっているうちに「練られて」くるのですよね。

今回の星組公演も東京まで見に行きました。
しかも・・・2回(笑)
どうしてももう一度見たかったところ、運良くチケットが転がり込んできて。。。。
行くしかない!!

そこまで駆り立てたものは何だったのでしょうねーー。

一つは「痛快冒険活劇」であったこと。
一つはブロードウエイミュージカルの日本初演とはいえ、新曲も入り、どうやらかなり「タカラヅカ」的に潤色されていたこと。
フランク・ワイルドホーン氏の曲はけっこう好きではありますが、新曲「ひとかけらの勇気」は場面を変え、歌い手を変え、何度も出てきます。これが印象付けていたこと。
もう一つの新曲「栄光の日々」はダンスも交えてタカラヅカらしい場面になっていました。
反面、初登場となる桜木涼介さんの振付が「タカラヅカ的」ではなかったこと。
そして。。。安蘭けいさん、遠野あすかさんのトップコンビの歌の魅力。
歌と芝居がちょっと弱かった柚木礼音さんが、歌も芝居もかなりがんばって
「憎むべき悪役」を好演していたこと。
毎回違うアドリブ(笑)
パーシーが変装した「グラパン」が「怪しい」というより「変な外国人」だったこと。
さらに、組全体から一体感とパワーを感じられたこと。
組子さんたちが、難曲をかなりのレベルまで歌えていたこと。

と・・まぁ個人的、独断と偏見的な観方ではありますが
最後にスカーーッとできるのも合わせて、久しぶりに宝塚を見て「よかった!!」といえました。

宝塚を見るときは、歌はあまり期待していません(爆)
でも、歌に定評があるとうこさん(安蘭さん)は「歌」も期待しています。
宝塚の千秋楽で、組長の英真なおきさんが゜とうこがまぁきもちよさそ~に歌っていて」と言っていたように、のびのびと歌っていて、それに組子もつられていたような・・・・雑誌のインタビュー記事など読んでいると、稽古場から大変だったようで・・そして良い結果を出した感じですね。

さて・・・もしこれが東宝など「男性」が入って上演されるとしたら・・・
このまの演出では「受け入れられない」というか「劣る」部分もあると思います。
そしてまず「歌える人」・・・・いるなぁぁ(笑)
グラパンをこのままにするとしたら・・敵を欺く変装にしなくては・・・(笑)
歌えて演技がきっちり出来る人・・・いるかな?
元のブロードウエイ版を知らないので何ともいえないですが、
そのままの演出か、宝塚版とは変えるとしたら・・もっとインパクトがあるものにしないと負けてしまいます。
さて・・もし、そうなったらどうなるか・・ちょっと楽しみでもあります!


宝塚には「タカラヅカ」なある「スタイル」をキープしています。
それを少し壊したとしても、根本的なところで「スタイル」があり、
ややもすると「マンネリ」となりそうですが、それが宝塚の良いところでもあると思います。
違うのは別の「劇団」なり「カンパニー」に任せればよいのです!!

「エリザベート」も宝塚用に、東宝版は「日本向け」に演出を変えて、結果的に日本で受け入れられましたが、元のウィーン版知る人には不評だったようで。
来日してウイーン版を見た時に、疑問に思っていたところが解決して「なるほど」と思いました。
かといってウィーン版をそのまま日本で上演しても、表現がストレートなところもあり
「隠す美学」がある日本では受け入れられなかったかもしれません。

宝塚の劇場でみかける年配のご婦人方の会話から、ずい分前から見ていらっしゃる方も多いようです。
そういう方にも支えられている宝塚は間もなく95周年・・・すごいですねーー。
『秋味プリン』 シャメとゴマのおばかな毎日、その69
シャメとゴマのおばかな毎日、その69
『秋味プリン』 

またコーラスの練習で、おやつをいただきました。
今回は・・・
ゴマ 「わーい!【モゾロフのプイン】」
シャメ「・・・・・・・ 【モロゾフのプリン】やろ」
ゴマ 「でへへ」
ゴマは「プリン」も言えない・・・・

「好きなのとってね」
栗と焼き芋とプレーンがありましたが
シャメ「栗かプレーンかどっちかな。ゴマ選んでええで」
purin3-1
ゴマ「どっちにしようかなーー。栗も良いし、プレーンも好きやし」
栗とプレーンで悩むゴマ

purin3-2
シャメ「まだ決らんのかよっ!!」
ゴマ 「ちょっと待っとってよーー」(ちょっと待っててよ)

待ちきれなくて。。。。
シャメ「おいらこっち」
と栗を持って行ったシャメ君
purin3-4
シャメ「先に食うからなっ」
ゴマ 「きゅ~~~~」
結局プレーンになったゴマ

ゴマ&シャメ「おいしかったよ!ありがとう!」
「歌劇」10月号に、福本清三さん!
宝塚の雑誌「歌劇」の今発売されている10月号。
ちらりと立ち読み(爆)していたら、どこかで見たような「殺陣」の写真が
「ん???・・・・・・(笑)・・・・福本さんやん!!」

花組公演「銀ちゃんの恋」に出てくる大部屋俳優の「ヤス」(こちが主役じゃないかって?)にちなんでのインタビュー記事が載っていました。

ってことで買ってきました

歌劇 2008年 10月号 [雑誌]歌劇 2008年 10月号 [雑誌]
(2008/10/04)
不明

商品詳細を見る


時代劇が映画やドラマで少なくなり、大部屋俳優も少なくなってきましたが
「斬られ役」「脇役」としての、ややもすると忘れられそうになる心構えも語られています。

「銀ちゃんの恋」は大阪での公演が終わり、東京・青年館での公演があります

中の記事には「グレート・ギャツビー」の公演写真や、「楽屋日記」には「スカーレット・ピンパーネル」の衣装のアドリブの話題なども載っています
「あっ・・・その衣装の日・・見ていた(爆)」
本屋で「ふふふ」と笑っていたので、怪しかっただろうなーー
「レ・ミゼラブル」名古屋のキャストスケジュール
忘れていましたが・・・
鬼も笑う来年3月の「レ・ミゼラブル」名古屋公演。キャストスケジュールが出ていました。
中日劇場HPから

アンサンブルさんは前半と後半に分かれます。
メインのキャスと共に博多座「ミス・サイゴン」からすぐに「レ・ミゼ」に入る人も多いですね。
博多座では「レ・ミゼ」の稽古もあるのでしょうね。

コゼットの神田沙也加さん、初日から登場です!
『《やな》に行ったよ』 シャメとゴマのおばかな毎日、その68
シャメとゴマのおばかな毎日、その68
『《やな》に行ったよ』 

シャメとゴマもやなについてきました。

塩焼きに歓声~~~~~
yana-6

シャメ「どこから食うんや?」
ゴマ 「頭から?」
yana-9
好きなように食べてね。
尻尾と背びれ、腹びれをとって、背中から押してほぐして、頭を引っ張ると骨が抜けるのだけど・・・
写真忘れた!!

食べた後はお店の外の木のベンチで一休み。
yana-8
ゴマ 「おいしかったね」
シャメ「また来たいな」

今年はもう行けないかもしれないから、また来年ね!
安蘭けいさん、退団
友達から教えてもらいましたが、宝塚星組トップの安蘭けいさん。
来年の公演で卒業とのことです。

演目が発表になった時に「そうなのか~」と予想はしていましたが…
やりたかった「赤と黒」や「スカーレット・ピンパーネル」も好評だったようで、、良い時期かなと思いつつも「エリザベート」のトートも見たかったなぁ

今後、もし「女優」の道を歩まれたら、東宝版のエリザベートをやって欲しいなぁ~

「やな」へ行ってきました
先月、家族で郡上八幡へ行った時に・・
帰りに「やな」に寄りました。

「やな」とは、梁漁(やなりょう)の略で
川の中に足場が組まれて、木や竹で「すのこ」状の台を作ってあり、上流側にかたむいているので、すのこに魚が打ち上げられるというしかけです。

「やな」といえば鮎を中心にした川魚料理屋さんですね。

yana-3.jpg
川の中に「梁場(やなば)」があります

yana-1
「すのこ」の上から

もっと近づくと・・・
yana-2

このとき食べたのは・・・鮎のコース料理で5250円
フライ
yana-4
塩焼きと魚田(ぎょでん)、魚田は素焼きにしたものに、甘味噌がのっています。
yana-5

ぞうすい
yana-7

このコースは鮎が大きめ、他にも、甘露煮がついて、鮎が小さめで、塩焼きが1つのコースもありました。

おなかいっぱいになって満足!!

鮎漁が解禁になって、取れなくなるまで・・
季節営業です。
「篤姫」への出演情報
「篤姫」への出演情報

山口祐一郎さん、今拓哉さん・・・10/26(第43回)、11/9(第45回)
鈴木綜馬さん・・11/23(第47回)

今ちゃんは「山内容堂」、綜馬さんは「榎本武揚」役です。
今ちゃんはワンシーンだそうですので、目を凝らしてみてください!!

3人揃って出る回は・・ないのかぁぁぁ
『栗おはぎ』 シャメとゴマのおばかな毎日、その67
シャメとゴマのおばかな毎日、その67
『栗おはぎ』

コーラスの練習後、今回も新しい人がきたのでおやつタイム!
今回は先生に「栗おはぎ」をごちそうになりました!!
おはぎの中身のまわりに栗を細かくしたものがついています。

「さぁ食べようねーー」

kuriohagi0
ゴマ 「ゴマちゃんのがない!!」

と・・・ふと見ると、シャメ君のところに・・・
kuriohagi2
シャメ「おいら二つ食べてええんか?(にやり)」

2人で分けるようにともらったのに分けてなかった・・・

ゴマ 「それ一つゴマちゃんの!!」
シャメ「えっ・・おめぇも食うんか?」
ゴマ 「食べるもん!!」
kuriohagi3

やっともらえたゴマ
ゴマ 「おいしそうやーーー」
kuriohagi4

シャメ「見てるだけなら、おいらにくれよーー」
kuriohagi5
ゴマ 「やん!、シャメ君自分の食べたやろー」(食べたでしょう!)

一人に一つずつね!

結構大きくて・・栗がぽろぽろこぼれるのはちょっと往生しましたが
シャメ&ゴマ「おいしかった!!」
先生、ごちそうさまでした!!
「OLにっぽん」の井上芳雄君
8日から始まったドラマ「OLにっぽん」に出ている井上芳雄君。
なかなか良いポジションですね~
セリフもアップもあり、クレジットも4人目!

動きが少々「舞台的」かとも思いましたが(笑)もっと濃い阿部サダヲさんがいるので、混じってしまうと意外と地味(爆)

ご本人は「テレビに行くのではなく、テレビを見た人が、興味を持って一人でも多く劇場に来て下さったら良いな」てなことを雑誌で語っていました。
劇場の観客が少なくなっているように思いますので、良い傾向かと。

水曜日は「ヘキサゴン」と「レッドカーペット」があって「レッドカーペット」とかぶるので、どちらかを録画だなぁ~
先が楽しみです!
宝塚花組「銀ちゃんの恋」 10月4日
宝塚花組「銀ちゃんの恋」
2008年10月4日  16:00~  シアタードラマシティ

花組
倉丘銀四郎・・・大空祐飛
ヤスの母・・・邦なつき
専務・・・眉月 凰、監督・・・悠真 倫、ヤス・・・華形ひかる
橘・・・真野すがた、小夏・・・野々すみ花

紫峰七海、初姫さあや、日向 燦、白鳥かすが、紫陽レネ、マコト、夕霧らい、聖花まい、
華耀きらり、雫花ちな、望海風斗、嶺乃一真、初輝よしや、煌雅あさひ、梅咲衣舞、
瞳 ゆゆ、輝良まさと、真瀬はるか、鞠花ゆめ、月野姫花、菜那くらら、桜帆ゆか

つかこうへいさんの「蒲田行進曲」を舞台化・・しかも宝塚(爆)

以前久世星佳さんの主演で上演されましたが、見たことはないので初見です。

ところどころ笑いをとるところもありましたが、まだまだちょっとぎこちなさが残り、初日から2日目なのでそれも仕方ないかなー・・・・と思えるのが「宝塚」

ネタバレあり・・・





映画でも思いましたが、「銀ちゃんの恋」というより「ヤス」の恋物語?なような・・・
妊娠した銀ちゃんの恋人の小夏を「おしつけられた」ものの、小夏のことが好きなヤスは受け入れて、
おなかの子の父親になろうとがんばる。
「これ(小指をたてて)がこれですから(おなかを大きくする)」の台詞と
階段落ちの後「銀ちゃんかっこいい!!」も健在。銀ちゃんの「ヤス、上って来い!」もあったなーー。
小夏が映画の松阪慶子さんにそっくりの仕草としゃべり方・・・まぁいっか、でも上手かった!

ヤスのみつるくん(華形さん)が軽くもあり、階段落ちを決めた後の荒れようぶりも良かった!!
銀ちゃんの祐飛君も、いままでは陰のあるような役のイメージが強かったのですが、
スパッットした役もかっこよかったです!!

池田屋の階段は少々しぼかったですが(笑)
階段落ちはフラッシュの中で・・・足にロープつなげて・・・落ちていました!
階段がスロープになった????
ここの階段から落ちるまでの間がありすきで。。。何があるのかと思ったら
「階段落ち」だった・・・・

ヤスが小夏にあたって暴れるシーンと、池田屋襲撃の殺陣のシーンと、このシーンは緊迫感があって良かったーー!!

ラストは、お葬式。。。ヤス・・死んでしまったの???と棺おけから出てきたのは・・
キンキラの電飾をつけた衣装の銀ちゃん!!
そういえば・・初めの方のカラオケバーのあたりでも鼻にティッシュ突っ込んでいたなーー(爆)

ばかばかしくもあり、シリアスありで、飽きずに見れました。

この公演で卒業の初輝よしやさん、
池田屋襲撃のところで「最後に切りかかる浪人役」をもらっていたようですが、まだまだ男になりきっていないかな・・「やーー!!」の掛け声が・・・女だったよーー(爆)

宝塚のドラマシティ公演も初めてだったのですが、銀ちゃんが客席の上手通路を後ろから出てきたり、上手側中ほどの扉から出てきて、客席中央を通り、下手側通路から舞台へ・・・というのもあって、ちょぅど中央の通路の後ろに座っていたので良く見えました!!
なかなかこういう少人数公演も、隅々まで見れて良いですねーー。
生徒さんたちも気を抜けないからか、大劇場で見るより生き生きしていたかと。

「ヤスの恋」にしたら・・・
下級生にぺこぺこするのもおかしいな~~~

宝塚ファン向けより一般向けする作品かと思いました。
『またまたアイス』 シャメとゴマのおばかな毎日、その66
シャメとゴマのおばかな毎日、その66
『またまたアイス』

まだ暑かった頃・・・友人宅にて

「ゴマちゃーん、冷凍庫にアイスあるよーー」
ゴマ 「えっほんと?どこどこ?」

と・・・よそのうちの冷凍庫を開けて・・・(おいおい!!)
ice3-1
ゴマ「あった!!!」

ice3-2
ゴマ「わーい、ハゲのアイスやーーー」
シャメ「アイスはハゲない!!、ハーゲンダッツやん!!」

ice3-3
ゴマ 「おいしいねーー」
シャメ「マカデミアナッツ入りやで!」

って2人だけで食べるなよ~~~~
(都合により(爆)バックは新聞です)

『茶碗蒸しの中には・・・』 シャメとゴマのおばかな毎日、その65
シャメとゴマのおばかな毎日、その65
『茶碗蒸しの中には・・・』

寒くなってきました。
鈴虫も残りあとわずか・・・子孫を増やす作業に入っているようです。

夕食のおかずに「茶碗蒸し」。その中に・・・

kitty1
シャメ「ゴマーーー。茶碗蒸しの中にキティちゃんいるで」
ゴマ 「えっ、ほんと?」
kitty2
ゴマ 「いたっ!!チキィちゃんやーー」
キティちゃんのかまぼこ
シャメ「キティちゃんやって!!」
ゴマ 「きてぃいちゃん・・・・・」
『キティちゃん』とは言えないゴマ・・・・・

kitty3
ゴマ 「食べるのもったいないねーー」

しばしながめた後で食べていました。

シャメ&ゴマ「おいしーよー!」

最近、ネコとご縁がありますねーー。
『お菓子もハローウイーン』 シャメとゴマのおばかな毎日、その64
シャメとゴマのおばかな毎日、その64
『お菓子もハローウイーン』

9月頃から徐々に増えてきている「ハローウイーン」グッズ。
10月になると巷にあふれていますね。

先日いただいたお菓子のパッケージも
halloween
ハロウィーン仕様でした。

ゴマ 「かわいいねーー!! かぼちゃのオバケついてないよ」
シャメ「ネコがついとるで」
ゴマ 「ジジや!!」
シャメ「黒猫はみんなジジなんか」
ゴマ 「時々配達してくるよ」
シャメ「それは宅急便」
ゴマ 「森で迷子になったら大変!!」
シャメ「だから宅急便は迷子にならないのっ!」
ゴマ 「えっ・・・そうなんやーー」

ちぐはぐな会話・・・・
お菓子は・・・
シャメ&ゴマ「おいしーーよーー!! ありがとう!!」
バナナが…消えた?
バナナを買いにスーパーに行ったら…
「ないっ」
いつも3種類はおいてあるのに、1つも
「ないっ」

テレビでダイエットに効果ありとやってかららしいけど、ほんとに「ないっ」
補充されてもすぐになくなるありさま。テレビの影響はすごいな。

でもバナナじゃなくても、繊維の多いものなら良いらしいとかって、本の著者が呼び掛けているとか。

ダイエットはまず規則正しくバランス良く、根気にが良いらしい。
繊維質は腸をきれいに掃除してくれるからかな。

そういえば、まぐろも少なくなってきているとか。
ツナ缶が「まぐろ」から「かつお」に変わっていた。

食品に関するニュースを毎日のように見ますが、今まで消費者があきらめていたようなことが大きな問題になっているようにも思います。
中には過敏「すぎる」と感じるものも。

何でもかんでも「人のせい。誰かのせい」にしてしまうのも、どうかと思う時があります。

気をつけよっ。
第589回「月曜始まり?日曜始まり?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは、「月曜始まり?日曜始まり?」です。月曜日から一週間が始まるぞ!日曜日から一週間が始まるぞ!あなたはどっちのタイプですか?私は、「月曜日から始まるぞ~」タイプです。月曜日からわー今週もお仕事がんばるぞーと思いながら働いて、やっと日曜日だわー・..
FC2 トラックバックテーマ:「月曜始まり?日曜始まり?」



こんなテーマが振られていましたので。。。

うーーん、月曜日始まりなんだけど手帳は日曜日。
だって・・・カレンダーが日曜日始まりなので習慣になっています。
身体は月曜日からかな・・・
といっても最近は「年中無休、しょっちゅう休み」だからあんまり関係ないのだけどね。

ちなみに手帳を月曜日始まりにしてみたけど
どうも落ち着かなくて、日曜日始まりに変えました。
システム手帳のリーフは、日曜日始まりは種類が少ないです。

カレンダーが・・・9月のままだった
山口祐一郎さん、スタジオパークに登場
いよいよ来たか~~~ですが

「スタジオパークからこんにちわ」
NHK総合 10月14日(火)13:05~

山口祐一郎さん登場です。

「エリザベート」公演のない10月・・そろそろくるかな?と思っていましたが、きましたねーー。
でも・・今の司会者って、なーんにもわかっていない人なので、前回以上に祐さんが壊れるのじゃないかとちょっと心配です。

堀尾さんが司会の時がいちばん「まとも」に受け答えしていましたがね(爆)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。