こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなんありました~~~宝塚花組のビデオ
ビデオを整理していたら懐かしいものが・・・
宝塚つながりで、花組さんがNHKに出ていたもの。五木ひろしさんの「いっきにパラダイス」。
劇団四季も「ライオンキング」ダイジェスト版で出ていましたな~~~

匠ひびきさんがトップで、春野寿美礼さん、瀬奈じゅんさんとその後のトップさんも控えていて、今思うと豪華な顔ぶれ。

そして・・・チャーリーさん(匠さん)がセンターで、しっかり足を上げて踊っている姿。
そして後ろに控えているおささん(春野さん)とあさこさん(瀬奈さん)達の黒燕尾のダンスを見て、胸が一杯になりました。
私が持っている映像ではチャーリーさんがここまで踊れているのがこれだけです。
公演のビデオではすでに足は余りあがっていなかったかと思いました。

チャーリーさんは1作だけのトップで退団。大劇場公演で病気になり、途中から得意のダンスがまともにできず、東京公演は代役。ラストの何公演かだけのショーに少し出てきたと聞きました。
悲しいラスト公演でした。

テレビはその前の放映で、まだまだ堅さもとれず慣れない感じがしていました。

黒燕尾のダンスは「すみれの花咲く頃」をボレロ風にアレンジしてあり、重みのあるダンスでした。
おささんの退団公演でも、これくらいの重みが欲しかったなーーー。

また整理していたら何か出てくるかも・・・
スポンサーサイト
宝塚、春野寿美礼さん退団日・・・
宝塚花組のトップスター、春野寿美礼さんが12月24日をもちまして、宝塚から「卒業」されました。今後の予定は未定とのこと・・・・

特にファンではなかったのですが、最後の「入り」を見に行ってきました!
「ムーンライトながら」で上京したので、時間つぶしと知り合い(友達かな?)も来ると言うことで行ってみました。
良い具合に出会えたので、場所取りをして、荷物を預けにいって、朝ごはん調達。
防寒対策はバッチリ!!のはすでしたが、ビル風も手伝って風が吹くとさぶい!!!(寒い)
それでも3人でおじゃべりしていたので、時間はさほど苦にはなりませんでした。

そのうちに人も増えてきて・・・すごい人になりました。
知らないうちに後から来た人が前にでそうになっていたり(笑)

他の卒業する人たちが来ると拍手でお出迎え。
さて。。。いよいよ春野さん登場。
ツインタワー方面からかと思いきや、帝国ホテル側から歩いて登場。
白いコートに襟にはファー付。白いバラの花束を抱えて、ファンの前を通っていかれました。
ツインタワー方面まで延びている列に歩いていかれ、正面玄関に飾られたアーチのところでファンクラブからの「掛け声」を聞いて、笑顔で入っていかれました。
劇場内では組子さん達のお出迎えがあり、かなり盛り上がっていましたがこれは見ることできませんでした。

見ている人は「おしくらまんじゅう」状態。後ろにいるひとが「見えない見えない」と連呼していたりするのですが、こちらも身動きがとれなくてどうしようもなかったです。。ファンクラブの人たちは座ってくれますが、みんな「見たい」がために早くからきているのですよ~~~。

osaan

(肖像権等がわかりませんので顔はぼかしてあります)
こんな感じでした。

入りが終わってもその場を離れない人多数。そのまま「出」まで待っているらしいです。

お天気が良くて良かったです!!

花組ひとすじのおささん(春野さん)、正統派の男役がまたひとりいなくなったなーー。

そして最近買ってなかった「歌劇」を買いました。
おささんのサヨナラ特集・・・特にファンでもないけれど・・・泣けてきました。
『後ろにいるのは・・・』 シャメとゴマのおばかな毎日、その15
シャメとゴマのおばかな毎日、その15
『後ろにいるのは・・・』

アイスが大好物のゴマ。
gomaice

シャメ君がいない間にアイスをこっそり食べようとしたら・・・

syameice

シャメ「ふふふふ・・・」
ゴマ 「キャーーーー!!でたーーーー!!ーーーーごめんなさい、もうしません!!」
シャメ「ひとりで食べようとしたなーー」
ゴマ 「あっ、シャメ君やー。びっくりした!!」

仲良く食べようねーー。
「テノール宇田松の名曲1001ライブ」12月15日
「テノール宇田松の名曲1001ライブ」
2007年12月15日

「宇田松」のライブに行ってきました。今回で7回目だそうですが、今年の集大成のライブでした。
「宇田松」とは・・元劇団四季で「Lk」でシンバ他をやっていた宇都宮直高さん、「LK」のムファサ、「キャッツ」のマンカストラップなどをやっていた田村雄一さん、そしてピアニストで作曲家の松浦美佳さんのユニット。歌うのは主に「テノール」の二人。
今年結成されて、早くも1年だそうです。
なかなか行ける機会が無かったのですが、今回は某様のおかけで行く事ができました。ありがとうございました!!

[「テノール宇田松の名曲1001ライブ」12月15日]の続きを読む
「THE LIGHT IN THE PIAZZA」12月15日マチネ、16日
「THE LIGHT IN THE PIAZZA (ライト・イン・ザ・ピアザ)」
2007年12月15日マチネ、12月16日千秋楽  ル・テアトル銀座

キャスト
島田歌穂、新妻聖子、シルビア・グラブ、小西遼生、鈴木綜馬、寿ひずる
大高洋夫、久保酎吉、佐山陽規、平澤由美

篠原正志、横山敬、右田隆、染谷妃波、中川菜緒子、一井優希、大貫杏里


綜馬さんの久しぶりの舞台・・・「MA」以来ですね。

舞台装置は真ん中後方に四角い穴が作ってあって、そこにオケピがありました。
布団をとったどぼんこのコタツ(っていってもわかるかな?)状態(笑)
場転は背景など変わらず、道具の移動と照明の変化のみ。
オケピの中も上手く使われていて、これは面白かったです。

[「THE LIGHT IN THE PIAZZA」12月15日マチネ、16日]の続きを読む
京都劇場であった「およよ」なこと・・・
かなり辛口の話です。

先日京都劇場へ「JCS」千秋楽を見に行ったときのこと。。。
私のツレが荷物を預けようとしましたが、コンイバック方式のロッカーはいっぱい。
そこで「クロークらしきところ」で預かってもらえないかと。。。並んでいました。
前の方は両手に大きな荷物を持っていらっしゃいましたが・・・
劇場の係の人は「あずかれないので座席へ」とのこと。
その理由を聞いてビックリ

「前の方もそうしていただきましたので」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
預かれない理由をお客のせいにする?いや違う、それは理由になっていない!!
ただの「都合」・・・

劇団四季はここまでお客をないがしろにするのか・・・
チケット代は1万円前後、これだけ払っててにもつ預かりのサービスすらなくて、しかもこの理由。
空いた口がふさがりませんでした。

その大荷物の方はどうしたか心配でしたが見届けられませんでした。
せめて・・・2階席または後方席ではないことを祈るばかりでした。

京都劇場は、行かれた方はご存知かと思いますが、座席間が非常に狭いです。
手荷物を置くスペースは・・・あまりないです。
2階席はもっと狭く、しかも階段しかなくて荷物を持って上がるには結構辛いものがあります。

それはもう動かせないことですのでせめて「サービス」くらいは・・・もっとあっても良いと思います。
最上階のモクモクスペースもなくなったとの事・・・・・・
私はタバコは吸いませんが、ここまでしなくてはいけないのでしょうか。

梅田芸術劇場は、手荷物は快く預かってくれます。
狭いスペースながらも網をかけて管理しています。

何だかなーな劇団四季の対応にはまたまた劇団の印象を悪くしました。

京都、清水寺の夜間拝観
11月29日、京都に「ジーザス・クライスト=スーパースター」を見に行った時に、友達から「清水寺のもみじがきれいよー、夜間拝観もやっているけど、人がすごいよーー」と教えてもらい、良い機会なので行って見ました。

拝観時間は18:30~で400円。
18:00に着いたらすでに列ができていて、入山もできました。

ライトで照らされる紅葉はきれいでしたが・・・
やはり昼間に見たほうがきれいかな・・・・

本堂を抜けて、京都の夜景と共に
kiyomizudera


シャメとゴマはダンゴに目が行っていましたが・・・時間もあまりなかったのでおあずけ・・
シャメ&ゴマ「えーーー!!!」

かわりに「きゅうりのしば漬け」買って帰りました。
かわりにはなら無いってばよーー(シャメ&ゴマ)

ベーゼンドルファー
また先日の話。
サラマンカホールで行われたコンサートのボランティアの仲間で「お疲れさん会」をやりました。
場所は岐阜市にある和食レストラン「布武」
ここにはピアノ・・・ベーゼンドルファーがおいてあります。しかも珍しい「白」

お願いすれば誰でも触らせて。。。弾かせていただけます。
弾く前には手を洗ってね。

弾いてもらいました!
Bösendorfer

(ご本人の許可は頂いています)

憧れの「ベーゼンドルファー」!!!私もちょいと触らせてもらいました。
鍵盤を叩くと「重い」・・・といっても良くわかっていないです(爆)

そして数日後・・・
劇団仲間との集まりのレストランでまたまた「ベーゼンドルファー」に会いました!
こんどは「黒」。
「ティア 茜に吹く風」という自然食のビュッフェレストランで、ここでせはコンサートなどを開いているようです。

ベーゼンドルファーは製造台数が少なく、なかなかお目にかかれないピアノですが、まさかこんな近くで!!しかも岐阜市で2台も!!
何とも不思議な出会いでした。

その「ベーゼンドルファー」の会社が売却の危機にあり、「ヤマハ」も候補に挙がっているとか。
ピアノを愛する方々に受け継いで欲しいです。
『毛が生えた?』 シャメとゴマのおばかな毎日、その14
シャメとゴマのおばかな毎日、その14
『毛が生えた?』

先月、うちの劇団がお世話になっているコミュニティーセンターで「サークル発表会」がありました。
演目は『王様と私』から劇中劇「アンクル・トムり小屋」
奴隷のイライザが悪い王から逃げて仏や天使やアンクルトムに助けられて、恋人とめぐり合う。しかしその見返りとして、かわいいエバが天使に導かれ仏の下に召されます。

その天使のハネがとれて・・・・
ri-zento?


シャメ「ゴマの頭に毛が生えたーーー!!」
ゴマ 「ん???」

誰かにつけられてリーゼントもどきだわよ(爆)
劇団四季「ジーザス・クライスト=スーパースター」エルサレム 12月8日 千秋楽
劇団四季「ジーザス・クライスト=スーパースター」エルサレム・バージョン
2007年12月8日 17:15~ 千秋楽  京都劇場

[キャスト]
ジーザス・クライスト  柳瀬大輔  イスカリオテのユダ 金森 勝
マグダラのマリア    西 珠美  
カヤパ   飯田洋輔     アンナス   阿川建一郎
司祭    佐藤圭一     司祭      田辺 容
司祭    川原信弘    
シモン   本城裕二     ペテロ     賀山裕介
ピラト    村 俊英     ヘロデ王   大塚 俊
【男性アンサンブル】
岩城雄太  上出匡高  佐藤晃仁  染矢 裕  武智正光  松元 朋  中村 伝
二見隆介  松尾 篤   鈴木 聡   森田利夫  赤間清人  北村 毅   斎藤准一郎

竹内一樹  西村侑剛
【女性アンサンブル】
光川 愛     新子夏代  金 寿恵   倖田未稀   金平真弥  松尾千歳  
稲垣麻衣子  上條奈々  小島由夏  大海しずか  伊月リナ   新井裕美

今回の「エルサレム・バージョン」11月29日にも見ました。その時は2階席から、今回は1階席からでした。
29日とは女性アンサンブルが一部変更になっていました。
29日・・・美吉ヘレナ、木村智秋 → 8日大海しずか、伊月リナ  
男性アンサンブルはジャポネスクの白子さんから昇格した人もいますね。

はっきり言います。今回は「大塚ヘロデ」を見に行きました!

[劇団四季「ジーザス・クライスト=スーパースター」エルサレム 12月8日 千秋楽]の続きを読む
劇団四季「アイーダ」 12月6日、「踊ろう」イベント
劇団四季「アイーダ」 
2007年12月6日  新名古屋ミュージカル劇場
『踊ろう』イベント日

[キャスト]
アイーダ  秋 夢子    アムネリス  江寿多知恵
ラダメス   渡辺 正    メレブ     有賀光一  
ゾーザー  飯野おさみ  アモナスロ  川原洋一郎  
ファラオ   前田貞一郎  ネヘブカ   松本昌子 

【男性アンサンブル】
谷本充弘   塚下兼吾  川東優希  富澤和磨  黒木 豪  鶴原谷 圭
影山 徹   海老沼良和  
【女性アンサンブル】
伊藤 恵  西田桃子  西村麗子  杏奈  市川友貴  須田綾乃  オ ユナ

「踊ろう」イベントにつられて取っていたチケット。
キャストはアムネリスの江寿多知恵さんがお初なのと、アンサンブルに西村麗子さんが入っていました。

舞台の方は・・・・
主役3人のバランスが良くないと思いました。
アイーダとアムネリスの声が似ているのかかぶって、2幕冒頭の三重唱は二重唱に聞こえる・・・
1幕で3人にメレブが入るところでは、メレブの声が一番良く聞こえるって・・・・いままででは「ありえな~~い♪」現象でした。

[劇団四季「アイーダ」 12月6日、「踊ろう」イベント]の続きを読む
スポーツニュース
野球の北京オリンピックアジア予選、日本vs台湾・・・いゃーー面白かったです!!
負けると五輪出場の可能性がガクッと減る日本、後がないというか必死でしたねー。
それにこれだけのメンバーそろえて、各々が最大の力を発揮していたと思います。
大量得点前のスクイズには見ていても「やられたっ!!!」な采配の星野監督。ひとまずホッとしたところでしょう。
そしてキャプテン宮本選手。ほんとに周りを良く見ていました。

大半が台湾の大声援の応援の中、日本の応援団も負けずに応援していましたね。

前回の韓国戦も苦戦の末の勝ち星。
北京オリンピックでは思いっきりプレーして欲しいです。

そして岐阜にとって嬉しいのが、サッカー・クラブチームのFC岐阜がJ2に昇格して「Jリーグ」に入会しました!!
J1に上がるには力も、資金も、競技場も問題はありますがまずは「夢」への第一歩、おめでとう!!
NHK杯国際フィギュアスケート競技大会
スケートGPシリーズの1戦だそうですが、他局の中継と違ってアナウンサーも解説者も適度で見やすいなと実感!

今年の注目は高橋大輔選手と安藤美姫選手。
高橋選手はSPの2位から、フリーでは4回転は失敗したけどあとはきれいにまとめて、逆転優勝でしたね!!
期待通りの連覇はすごいですよ!!

安藤選手は故障が続いたこともありますが、本番に弱いのかフリーでぼろぼろ~~~気の毒なくらいの転倒に不本意な成績だったのでしょうね。

それに比べて初参加の武田奈也選手。
終わった時の満面の笑みが印象的でしたが、フリーもミスが少なく、3位に入ってきました!!おめでとう!!
帰る支度をしていて呼び戻されたとか。。。かわいいねーー。

そして翌日の新聞・・・転倒した安藤選手の写真ばかり・・・
武田選手の記事はちらっと・・・これはひどいよ!!
期待されていたのは安藤選手かもしれないけど、自力で栄光を勝ち取ったのは武田選手!もっと大きく取り上げてもいいんじゃないかな。

スポーツ新聞は見ていないのでわかりませんが、通常の新聞でした。
宝塚BOYS
シアタークリエで来年8月再演!

キャストは・・・
葛山信吾/吉野圭吾/柳家花緑/猪野学/山内圭哉/瀬川亮/森本亮治/初風諄/山路和弘

変更ありですね~~~

2008年8月1日~31日

詳細はこちら

キャスト変更は残念ですが、今年の評判が良かったので再演と考えていいでしょうか。
中日劇場は広かったので、舞台が近くなりそうです~~
ミュージカル「SE・M・PO」
来年の新作ミュージカル 「SE・M・PO」
作曲が中島みゆきさん。

公演日程
東京、新国立劇場中劇場 2008年 4月 4日(金)~22日(火)
名古屋、名鉄ホール 2008年 4月 26日(土)~27日(日)
神戸、新神戸オリエンタルホール 2008年 5月 2日(金) ~ 8日(木)

出演者がさりげに豪華!!

杉原千畝 役 ・・・ 後日発表
愛華みれ、今拓哉、彩輝なお、井料瑠美、森奈みはる、泉見洋平、辛島小恵、田村雄一、徳垣友子、池田祐見子、宇都宮直高、川本昭彦、水澤心吾、沢木順  他

東京のほか名古屋、神戸でも公演あり。

杉原千畝さん・・・ご存知の方もあるかとおもいますが、戦中リトアニアの領事館でユダヤ人に「命のビザ」を発給した方です。
岐阜の八百津の出身で、岐阜とは縁のある方なので嬉しいです!
どんな作品になるか楽しみです!

詳しくはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。