こんなん出ました~
どこかで聞いたようなフレーズですが(笑)  観劇レポ、思い出したようなマンガ・アニメ、雑談その他いろいろです。「シャメとゴマのおばかな毎日」たまに更新中(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「オペラ座の怪人」25周年記念公演inロンドン 映画
「オペラ座の怪人25周年記念公演inロンドン」の映画・・というか映画間で録画中継
宝塚のトップさんラスト公演の中継を映画館で見るような感覚かな。

友達、何人かから「良いよーー」と言われていたけど、なかなか時間が作れないまま
名古屋の期間は終わってしまったのだけど、各地で延長ているとかで東京に行った時に時間もあったので、
品川プリンスシネマのラスト上演時間に行ってきました。

客席は8割くらいは埋まっていたかな。

「ほんとに素晴らしかった!!!」
この作品って、こんなに悲しくて切ない「愛」の物語だったのね・・・・

とっても良かったのはクリスティーヌ。
この作品でクリスティーヌに感情移入できたのは初めてかも。

「Think Of Me」
出だしから戸惑いつつ、だんだん自信に満ちてくる変化が良いですね。
マダム・ジリーが杖を「トンっ!」と叩くところは、四季版だとクリスティーヌに近づくメグをけん制するかのようだけど、「自信を持ちなさい」とでも言いたげなマダム・ジリーなのです。
このマダムもファントムに怯えるところも良いです。

カルロッタ・・・おデブちゃんですが、あれだけの声を出すにはこれくらいでちょうどいいかも。
ピアンジが・・・しっかりはずして、実力ではなくてカルロッタの取り計らいで出られるのが良く伝わってきます。

クリスティーヌがファントムに魅かれていく過程も良いし、
「All I Ask Of You」ではラウルに魅かれていく・・・
「墓場にて」はファントムとクリスティーヌにラウルも入って三重奏となる。
そして「The Point Of No Return」
劇中の役の表情から、ファントムに気づいて「素」になるところのタイミングが良くわかって表情がぱっと変わる。
ファントムも穏やかそうな表情をしていても、ラウルが現れると厳しい表情になる。
そして・・・・ラスト・・・キスされて戸惑いつつも二人を逃がす。
クリスティーヌがラウルを引っ張っていたように思ったけど・・
一旦戻ってきたクリスティーヌには「やっぱり戻ってきてれたのか」
とでもいいたげな嬉しそうな表情に
クリスティーヌが泣きながら、指輪を返して、ファントムの手を両手で握る。
ラウルのところに戻るのだけど、半信半疑なラウル
クリスティーヌの手を取って歩き出すまで及び腰で不安そう・・・・

ファントムの最後の言葉は「Night」・・・・夜なのである。

そこに現れるメグも仮面を手にしながら、どこかにファントムがいるのじゃないかと探すようなしぐさがこれまたいいです!!

今まで四季版を見てきて「謎」な行動や表情の変化の無さに理解に苦しむシーンがかなりはっきり見えてきて
さらにどこかで「謎」も残す・・・・
ダンサーの見せどころもあるし、アンドレ、フィルマン他アンサンブルに至るまで「役者」なのである。
流石、シェークスピアの国だな・・・

その後は、アンドリュー・ロイド=ウエバーはじめスタッフ、歴代キャスト。
ロイド=ウエバーの挨拶などの後、マイケル・クロフォードとサラ・ブライトマン出てきた。
サラが歌うのだけど・・・ちょっと衰えが・・・
「The Phantom Of The Opera」を歴代4人のファントムが歌い継ぐところは圧巻です。
「The Music Of The Night」は今回のファントムも入れて5人のファントム。
良かったです!!

舞台装置も、上下する橋や映像を効果的に使って、「Overture」でファントムがオルガンを弾いているところは良いなーー!!
シャンデリアは落ちてこないのだけど、発火したりするのでこれでOK>
火も使っているようだけど「墓場」でファントムが発する「火」はクリスティーヌとラウルの行く手を阻んでいた。そうだ!!これだ!と納得。

舞台ではある休憩部分はなく、約3時間。
ちょっと疲れていて、うとうと~~になったところもあったけど、飽きはしなかった。
そして、エンドロールは、名前も英語で延々と続いていただけ・・・
それでも終わるまで座っていた人が多かったなーー。

名古屋でもまた上映があるようで、これはお薦めです!!

これを見てしまうと。。。劇団四季はいかに「歌っているだけ」で芝居していない!!
特に某クリスティーヌは・・・・・

劇団四季でも特別上映会があったようだですが、これを見た高井治さん、クリスティーヌ・・・どう思ったでしょうね。
といっても以前は四季でも芝居っけがあってよかったのですけどね。

しばらくは、いくら「生」の舞台で「生演奏」でも四季のは見なくてもいいかな・・・・
そのうちにまた見に行こうかな(笑)

1月25日にブルーレイとDVDが発売になります。
初回限定の豪華版もあるようなので、早速予約しました!!
テレビで見るとまた印象が変わるかもしれませんが、止めたり戻したりして
また楽しめるかな。

スポンサーサイト
映画「オペラ座の怪人」
始まってますね~今、ファントムが歌っています。
とか実況でツイッターなどで呟いている人、多いでしょうね~

どうしても舞台の顔が頭の中に出てきてしまいます(笑)

沼尾さんってこんなにアニメ声だったっけ~

いや、聞いてるだけでいいかいな~

今日はおうちで「オペラ座の怪人」な人がこれまた多いでしょうね。

あっ、歌のテンポがところどころ微妙に違うのね。

あっ、コマアシャル
映画版「オペラ座の怪人」、劇団四季による日本語吹替えで放映
映画「オペラ座の怪人」の日本語吹替え版が放映されますが、オールキャストが劇団四季メンバーとのこと!

ファントム、高井治
クリスティーヌ、沼尾みゆき
ラウル、佐野正幸
(敬称略)

これは嬉しい組み合わせです!
CDが出ていないので、永久保存版にしたいですね~

2010年12月17日(金)、21:00~
日本テレビ系列
「金曜ロードショー」
「おくりびと」アカデミー賞外国映画賞にノミネート
映画「おくりびと」がアカデミー賞にノミネートされました。

納棺の時に化粧をする人のお話だそうです。
封切当初、気になりつつも見には行きませんでした。
先ほど、「おくりびと」のHPでプロモを見ましたが・・・
泣けてきて、今はまだ、映画は見られないです。

母を納棺する時、若い女性の方が衣服をととのえ、化粧をしてくださいました。
「おくりびと」ですね。
冷たくなっている手を丁寧にほどき、着物もほんとうに「ぴしっ」と着せて
「お顔に違和感はありませんか?」と綿を入れるなどして、直してくださいました。
最後に化粧をして・・・
「こんな若い人がやってくださる」・・
傍から見ると「死んだ人」を素手で触るのが大丈夫なのかな?と思いましたが、
私達からすると、あんなに丁寧に整えてくださって、きれいになって、感謝感謝です。

仕事なのかもしれませんが、とっても心温まるお仕事だと思いました。
誰でもできる仕事でもないのかも・・・・

また時間がたって、見ることができそうだったら、見てみたい作品です。
映画もきっと心温まるものなのでしょうね~~
「崖の上のポニョ」
他のレポもまだなのに・・・・
あまりの暑さに映画館に避難しに行ってきました。
「崖の上のポニョ」
レディースデーで1000円なので混んでいるのかな?と思ったら・・・・
あらーー意外とすいていました。3割くらいしか入ってない・・・
まぁほぼ1時間ごとに上映ですしね。
ちなみに・・・冷房ききすぎていて、外に出たら「温かーーい」でした(笑)

「ゲド戦記」はついに映画館には行かなかったので、「ハウルの動く城」以来の映画館でのジブリ作品。

「ぽ~にょぽにょぽにょ♪」にも釣られて・・・(笑)

「人魚姫」をベースにしているとはいえ、いたるところに「ジブリ色」満載!

以下ネタばれあり!

[「崖の上のポニョ」]の続きを読む
Mr.ビーン
映画の話がつづきますが・・・・
「Mr.ビーン」・・・前回から10年ぶりってことは・・・もう10年??

元々イギリスのテレビ用の短編として作られたものでしたが、いつのまにやらブレイク・・・

私はたまたまNHKでやっていたのをみたのですが、教会での賛美歌を歌うものと、テストでカンニングをする2編。友達に話してもだれも知らず・・・・
ええーー、こんなに面白いのにぃ!
この放送は不定期だったらしく、後に定期的に放送していました。

ほとんどしゃべらず、「お友達のテディちゃん」を連れて黄色いミニクーパー(黒で塗られた部分がありこれも微妙)であちこちでトラブルを起こしていました(笑)
世間を皮肉っているところもあり、マナー違反にはちょっと心痛むようなシーンもあって、少しダークな感じはありますが、理屈無しで面白い!!

今回も「いんちき」でゲットしたらしい旅行権利でカンヌへ行くらしいです。

テレビで見た素顔はMr.ビーンとは違うイメージの人で、かなりの秀才さんらしいです。
「役者やなー」と思いましたよ~~~

さて、今の時代。この「笑い」がどれだけ受け入れられるでしょう(笑)(笑)
「犬と私の10の約束」・・・犬の十戒
「犬と私の10の約束」と言う映画が3月に公開されます。

たまたま立ち読みしていた漫画に書いてありましたが絵本にもなっているようです。

犬を飼う時に、10の約束をしなくてはいけない、それができないなら飼ってはいけない。

1、私を信じてください。私はそれだけで幸せです。
2、私にたくさん話しかけてください。人の言葉は話せないけどわかっています。
3、わたしと気長に付き合ってください。
4、私にも心があることを忘れないでください。
5、私をたたかないでください。本気になったらわたしの方が強いことを忘れないでください。
6、あなには学校もあるし友達もいるけど、私にはあなたしかいません。
7、言うことを聞かない時は理由があります。
8、私が年をとっても仲良くして下さい。
9、私は10年くらいしか生きられないから一緒にいる時間を大切にしてください。
10、私が死ぬ時はそばにいてください。そしてどうか覚えていてください、私がずっとあなたを愛していたことを

訳詞はいろいろあるようですが、だいたいこんなところのようです。

こちら映画の公式サイト

うちは私が小学生の頃から飼っていましたが中学1年になってしばらくして亡くなりました。
犬フィラリア症だったようです。
当時、たいした知識もなく、蚊の予防もしていなかったのでかわいそうなことをしました。

家族には良く懐いていましたが、お客様には時折吼えることもありました。
庭に洗濯物を干しておいたらじゃれていたので「ダメ!」と怒ったら以後しなくなったので
安心してシーツなども干していたそうです。
一度脱走しましたが・・・雨が降ってきたら帰ってきました。
どこを捜してもいない時があって・・・・洗濯場の台の下にいたとか・・何か怖いことでもあったのかな。
私より、ご飯をあげる母に懐いていて(笑)父は「遊んでくれる」ので懐いていました。
私は・・・多分「自分より下」だったのかもね。
車で「おでかけ」も好きでした。

死ぬ時にそばいたのは母でした。父は仕事、私は学校・・・
もう危ないのがわかっていて、しばらくはそばにいたそうですが、ちょっと離れた隙に天国に度立ちました。
私に見せまいと、学校から帰る前に火葬場で焼いてもらったそうです。

いて「当然」だったものがなくなる悲しみを初めて知りました。
これから親も順にいなくなるのでしょうけど、天国で会えるのかな・・・

立ち読みしながら・・泣きそうになったので買ってきました。
女性週刊誌の連載マンガにもこの「犬の十戒」のことが書かれていました。

私は10の約束は・・・・守れなかったな。
以後「死ぬとかわいそうだから」と飼うことはありませんでしたが
遠藤淑子さんのまんがに「かわいそうなのは犬じゃなくて、自分なんだよ」というのがありました。
そうなのですよね。悲しい自分が「かわいそう」であって、愛情たっぷりに一緒に暮らしていれば犬も幸せなのかと思いました。
愛情は・・・たっぷりあげていたと思います。
映画「薄れゆく記憶のなかで」上映&トーク
岐阜市を舞台にした映画「薄れゆく記憶のなかで」

菊池麻衣子のデビュー作で1991年公開。岐阜市内でオールロケされました。

薄れゆく記憶の中で薄れゆく記憶の中で
(2004/07/21)
堀真樹、菊池麻衣子 他

商品詳細を見る



この映画の上映会と監督とのトークがあります。

岐阜市民会館 大ホール

平成20年2月29日(金)  映画「薄れゆく記憶のなかで」  19:00~20:40(18:00開場)
平成20年3月1日(土)  映画「薄れゆく記憶のなかで」 14:00~15:40(13:00開場)
                トーク 15:50~16:40、座談会 17:00~18:00

全自由席 映画入場券 700円(当日100円増)
トークは入場無料 、
座談会は要申込み(無料)。チケット発売と同時に申込受付開始。岐阜市民会館へ電話、FAX、郵送にて住所・氏名・電話番号をお知らせください。

詳しくはこちら
ロケに参加された方や、ロケの思い出がある方は岐阜市民会館までご連絡くださいとのことです。

実は・・・「岐阜を撮った映画がある」は知っていましたが、この作品であるということはつい最近まで知らなかったのですわーー。
見ていると懐かしい風景があちこちに出てきます。
また・・・その場所からこの場所への移動経路は・・「それは無いでーー」とつっ込みたくなるところも!(笑)知っている場所だからこそですね。
「映画ってこんな感じで作るのかー」と思わされます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。